2017/05/06 23:21
2017.05.06

今日は撮影のつもりで出かけましたが、亜煉路館とイトイサイクルの2軒のはしごで終わりました。

GWも中日を過ぎると道路は上下とも渋滞が常態化し、観光地も多くの観光客で大盛況となりますが、人出が多いだけで休日気分になるのも事実です。人出で混雑するのは決して嫌いではありませんが、輪行は他の観光客たちに迷惑がかかるので自粛しています。
近場でうろうろにはそんな理由もあります。

亜煉路館
亜煉路館

小林さん
マスターのKさん
亜煉路館で珈琲をいただいてるとマスターが、「ほら、Sさんが会いたい人がきましたよ!」というので見ると、カフェのすぐ近所にお住いのIさんでした。
自転車好きでは人後に落ちない人。語らせれば話は尽きません。つまり話好きってことです。w

機材のこと、トレーニングのこと、レースのこと…いろいろ参考になるご意見を聞かせていただきました。
近いうちにご一緒しましょうと毎回オウムのように繰り返していますがいまだに一緒に走ったことはありません。ま、実力的に一緒に走れるような方ではないのですが、もしかするとktyさんやトキちゃんのように僕に合わせてくれるかもしれません。
しかも優しそうな人だから、慣れてきても誰かさんたちのように突っ込んでくる心配もありません。ww

ランチセット
亜煉路館でサンドイッチランチ
Iさんと別れていったんお店を出たもののお腹が空いていることに気づいて引き返し、ランチをいただきました。

Kさんとの話に夢中になって忘れていましたが、今日は輪行に欠かせないリュックを買いなおす予定でした。ジャージのバックポケットに収まるコンデジを携行してのサイクリングでは極力バッグやリュックは持たないようにしています。しかし自転車専用にしている小型軽量のミラーレス一眼(X-T10)とはいえ、さすがに背中のポケットには入りません。交換レンズの出っ張りもあるので、それなりにかさばります。
またサイクリングの途中で行先を急に寒いところに変更したり、最後は深夜近くまでうろついていることも珍しくありません。一部の友だちは、「ついに徘徊老人か!」と心配してくれますが、実は揶揄しているだけw
そういうケースも考えるとしっかり目の防寒着を持たなければなりません。

この二つが理由で、最近は背負いたくないリュックを背負って出かけることが多いのです。

リュックの前置きが長くなりましたが…
ドイターのウルトラライド6がよさそうなのでイトイサイクルに注文に行きました。現物の在庫がないことは電話で確認済みなのですが、代替品があればと思ったのです。シマノのR8が気になりましたが、カメラの収まりが悪そうなのでやめて、結局当初の予定通りウルトラライド6を注文しました。
ドイター
ドイター ウルトラライド6

その間にUさんが僕のCOLNAGO CF4の調子を見てくれていました。特別にお願いしなくても、仕事の手を休めて話し相手になってくれながら、シフトの調子やブレーキの引き具合などを見てくれたり、消耗パーツの交換時期、BBやハブのガタなども発見してくれます。何かしらあることが多いのですが…命にかかわるような重大なトラブルを事前に発見してくれて事なきを得たこともあります。

今日もCF4をメンテナンススタンドに乗せるので、まさかと思いながら「また何かありましたかw」と聞いたら、「エンドが曲がってますね。輪行の時でしょ」とのことでした。
僕のように異音が出たり動かなくなったりしないと大抵のことに気づかない乗り手には、Uさんは本当にありがたい存在です。

しばらくすると知り合いと同じチームに属している若いローディーがやってきました。彼とは初対面でしたが、いかにも速そう!上背もあり、バランスの取れた体をしています。
例によって気やすく話しかけると、青年も気さくに応じてくれました。しばらくいろいろな話をしましたが、中でも印象的だったのは、ついこの間ザ・ピークスにエントリーして完走したこと。しかも自転車始めて2年目!!

ザ・ピークスと言えば過酷で有名ですよね。聞いた数字は正確に覚えていませんが、走行距離は160㎞あまりで獲得標高が5000m!11時間内に完走できたのは40%だとか。それを全然自慢するでもなく淡々と話す様子に好感が持てました。
近いうちにフルマラソンにもエントリーする予定だとか。タイムはどれくらいを目指しているのか尋ねたら、なんと3時間!アマチュアのマラソンランナーなら一生のうちに一度は達成したいというサブスリー! 
気負うところが全然なくて、すごいことを達成し、この後も達成しようとしているのは実にかっこいいですね。

僕の若い友達のようさんと同い年でした。体格的にも似た感じです。マルチに楽しんでいるところも同じです。
この前も書いた気がしますが、目標に向かってというか、限界に向かってというべきか、若い時でなければ成し遂げられないことを目指して進んでいる姿は実に清々しいものです。
しかも死に物狂いにではなく…

前回は清々しいなんて客観的な感想は申しませんでした。きわめて主観的かつ情緒的に羨ましいと…w


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1304-3dc250ea

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク