2017/05/04 11:45
2017.05.03

この連休は能登半島ライド!なんて話もありました。僕が振った話なのに、僕がダメにしました。申し訳ございませんでした。(^^;)
ま、しかし結果的には参加予定の友だちはそれぞれに愉しい企画を楽しんでくれているので、内心ホッとしています。

かくいう僕はGWに忙しく働いているktyさんの仕事ぶりをこっそりチェックしに行くことにしました。折よくトキちゃんも友達を誘ってあさぎりフードパークに行くらしい。これはビッグチャンス!というわけであさぎりフードパークで現地合流となりました。

01aJR御殿場線松田駅
JR御殿場線松田駅
普段は人もまばらな御殿場線松田駅のホームですが、GW中日の今日は自転車を持ち込むのが憚られるほどの人人人…

01JR御殿場駅
JR御殿場線御殿場駅
駅の時計をご覧いただけばわかりますが、8時には御殿場駅を出発できるという態勢で家を出ました。誰とも待ち合わせしてない本日の御殿場駅ですが…

02富士山定点観測
ぐみ沢交差点の富士山
御殿場駅から走ること3㎞のぐみ沢交差点からの富士山ですが、高速の橋桁ができる前から富士山の定点観測地点にしています。
よしよし、今日は晴れだな!という具合に。

籠坂峠は勾配が緩く上りやすい峠道ですが、その手前が実に嫌な道です。通行量が多い上に、道路の端っこへと幅寄せしてくる意地悪なクルマもいます。意図的ではなくミラーを見る余裕のない休日ドライバーが多かったからかもしれません。

03富士山須走登山ルート
富士山須走口登山道
その好ましくない道をクリアすると富士山須走口。ここはあまり上りたくありませんね。
ktyさんとここには近づかないようにしようと約束したので、それを裏切っては仁義に悖りますからね、なんて言い訳にもならないことを考えていたら…

前方からばかっ速い一団が下ってきました。目の前をビュンと走り去ったので未確認ですが、トキちゃんたちではないかと…
4人か5人のトレインで、前の方に黒い自転車がいたような。しかもそれ以外はなるしまジャージだったみたいですが、何しろ速くてわからない。
事前にコースを聞いていたので、彼らがここを通過するのは間違いありません。トキちゃんたちの可能性は大ありでしたが、早朝に東京を出て、さすがの彼らでもこの時刻にここには到達してないでしょう。僕にとってはこの時まだ早朝でした。w
その後しばらくしてもトキちゃんから「すれ違いましたね!」のコメントもなかったので、やっぱり違ったようです。

04a籠坂峠へ
籠坂峠へ
籠坂峠をゆるゆると上っていくと正面の小高い山の上に雪を頂いた富士山が顔を出しています。こちら側の富士山にはまだたっぷり雪があります。

04籠坂峠
籠坂峠
一応籠坂峠で記念撮影。ここで何度撮ったかしれないので今更ですが。
ベストは須走口で脱ぎアームウォーマーも外して夏姿でも十分暑いくらいでした。峠には解け残った雪のかけらもありません。

05河口湖町の富士山
河口湖町の富士山
山中湖へと下り、R138から139へと走り継いで河口湖も通過しますが、左手には雲一つかからない富士山がず~っと一緒です。空はやや花曇りっぽく決してクリアではないのですが、終日富士山に雲がかかることはなさそうです。

06道の駅なるさわ付近のミツバツツジ
道の駅なるさわ付近のミツバツツジ
道の駅なるさわもスルーしたこの日ですが、折しも鳴沢ではミツバツツジ祭りが開催されていたようで、R138沿いの松林の中には紫がかったピンクの花が咲き乱れていました。

道の駅から1㎞あまり、左折して県道71号を走ります。いきなり8%の坂でびっくりさせますが、ほどなく終わり、その後は富士山の樹海の中を緩やかな上りの道が続きます。
戸隠に上る道が好きだと言いましたが、この県道71号も同じ意味で大好きな道です。何度走っても…

07県道71号の乗馬クラブ
県道71号線:パディ・フィールド
そしていつも立ち寄るパディ・フィールド。今日は乗馬愛好家たちが楽しんでいます。

08県道71号線
県道71号線
前回は道の両側や樹海の中に解け残った雪が見られましたが、さすがにGWともなれば樹海の道にも春が訪れています。

09県道71号線大室山西展望台
県道71号線:大室山西展望台
そして上りつめれば「大室山西展望台」です。先に到着していた自転車乗り3人に軽く挨拶をして、南アルプスと本栖湖のツーショットを撮りました。駐車場にもほとんど空きがない状況…本栖湖の芝桜祭りも視野に入れているのでしょうか。

10県道71号線富士ケ嶺へ
県道71号線:富士ケ嶺へ
ドクタービレッジ、富士クラシックホテル(ビビさんのお気に入り!)を通過して、県道71号屈指のビューポイントの「富士ケ嶺」へと急ぎます。急がなくても下り坂なのでスピードが出ます。この先にわずかな上り返しはありますが…
大室山西展望台から富士ケ嶺に向かって走り出す時いつも思い浮かべるのは、クラウチングフォームで思いっきり飛ばす(持ち前の体重も利してw)ktyさんの姿です。

11県道71号線富士ケ嶺
県道71号線:富士ケ嶺
今日は空が白くて富士ケ嶺の一番いいところが見られませんでしたが、それでもこのたおやかさが大好きです。

12県道71号線富士ケ嶺
県道71号線:富士ケ嶺
この近辺のどの道に入って行っても、東側からは見ることのなかった富士山の表情に出会えます。今回あさぎりフードパークでご一緒させてもらったK島さんも期せずして全く同じことをおっしゃってました。

13朝霧高原毛無山
富士ケ嶺:毛無山
裏道や抜け道を通るとすぐに現在地がわからなくなるので、富士ケ嶺を右折してR139にぶつかるわかりやすい道を選びました。
その途中、毛無山が牧草地の向うに現れます。毛無山とか毛無峠とか毛にまつわる話になると異常にヒートアップするやつがいますが、いやですね。w

14朝霧高原富士山
朝霧高原:富士山
R139を左折してあさぎりフードパークへ向かうと、朝霧高原越しに富士ケ嶺とはやや趣の異なる富士山に出会えます。
普段はもっと明るくて爽やかなこの場所ですが、空には陽を遮る雲の広がり、大地には新緑前の裸の梢やまだ芽吹かない下草。両者が相まって景色に奥深さを与えています。これは思わぬ発見です。

15あさぎりフードパークへ
朝霧高原:あさぎりフードパークへ
本栖湖へと向かうクルマの列が延々と続いています。この写真ではたまたまのろのろと動いていますが、すぐにぴたりと止まってしまいます。
GWの行楽地はクルマ移動の人々にとっては地獄の沙汰です。ああ、自転車でよかった!

16あさぎりフードパークへ
朝霧高原:あさぎりフードパークへ
ここもいつも止まっては写真を撮る朝霧高原の看板が立つ場所です。

17あさぎりフードパークへ
朝霧高原:道の駅 朝霧高原&あさぎりフードパーク
気持よく下って到着しました。まだ正午には間があります。
到着は13時から14時ころと言っていたトキちゃんたちはまだかもしれませんが、ktyさんは朝から活躍中のはずです。
みんなに会えるが楽しみです。


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1301-a6923e10

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク