2017/03/24 16:19
2017.03.22

白馬村に下って雪景色を堪能したら安心してお腹が空きました。いろは堂のおやきのエネルギー効果も切れる頃でした。

「何食べたいですか」と聞いてくれましたが、食べるものは若い人の希望を優先する主義なので何でもいいよと。

ジェネレーションギャップを拡げるのも埋めるのも、食べ物の選択が大事なカギを握っていると経験から学びました。
幸い僕は大抵のものはおいしくいただけます。贅沢も決して言いません。中でもB級グルメをアウトドアでなんて言うのは大好きです。

ちょっとええかっこして言わせてもらうと、年長者が○○食べたいというと若い人は我慢して従いがちなので、それも嫌です。これまで二人でご飯を食べるチャンスはありませんでしたから、こういう時は相手に任せた方が気が楽です。
それでも多分僕に気を遣いながら(年が年だからあんまりなものは食べさせられないと思っている様子。実はそんなことない)、いろいろと考えてくれてあそこかここかと行きつ戻りつしました。

ここで個人的なご返事ですが…
ktyさんからご指摘いただいた「Relive」で迷走したような動きがあったのは上記が理由です。

24白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
頼りないスマホのナビに導かれてたどり着いたのがちょっとおしゃれなリゾートホテル「ラ・ネージュ」です。
サイクリングジャージにサイクリングタイツのおじいさんと、あと数年もすれば立派なおじさんになろうというトキちゃんの二人連れにはふさわしくありません。

22白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
止まると必ず写真をチェックするトキちゃん。実は結構写真好き。同時にどうにも使えないものはその時に削除しているようでした。たくさん撮ったからねぇ、事前整理も必要です。

10白馬のホテルでランチ
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
ミズナラの雑木林に囲まれた雰囲気のいいラウンジ風ダイニングです。リゾート地のホテルなので門前払いされることはありませんでしたが、おめかししたおしゃれな客が多かったらそれもあったかもしれません。過去に何度か経験あり!
幸い僕たちのほかに客はありませんでした。時刻は午後1時ころだったのですが、週末ならこんな状況はないでしょう。

23白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
ピンクのナフキンが清潔感あるテーブルセッティングです。

25白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
スープ、サラダ、メインディッシュをおいしくいただき、食後はコーヒー。しかし気づいてみればコーヒーカップは空でした。w
トキちゃんは黒米のリゾット、僕はボロネーゼ風パスタでしたが、ちょっと皿の縁に分けてくれたリゾットはおいしかったです。もちろんパスタも。

白馬駅周辺は寂れていますが、若いスキー客や登山客が宿泊するこの辺りには他にもおしゃれなホテルやレストランやカフェがありそうです。

26白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館

27白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館

28白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
「ここならきっとビビも気に入る」ぼそりと一言…
いつかビビさんと二人で訪れることを想定していたのか……
いいんですよ別に、僕もおいしくいただきましたから。ww

ここが見つからなかったら鰻にしようなんて言ってましたが、一人の時はもっと全然雑な食事で済ます我々です。僕のために無理させちゃったのかもしれません。自転車乗りは雑なもの食べて走るのが本義ですね。
自転車で走った後は何を食べてもおいしいので、食べるものはあまり気になりません。

29白馬ホテル
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
おしゃれな食事を済ませてホテル前で記念撮影をします。なかなか立派な佇まいですね。フランク・ロイド・ライト設計の建物をイメージしたのでしょうか。

11白馬のホテルでランチ
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
この建物の雰囲気はいいですね。適度に重厚なこの佇まい、そして品格、ロイドの建築を意識しているのでしょうね。パクリだとしても好きです。

12白馬のホテルを後に
白馬リゾートホテル ラ・ネージュ東館
ほら、いいでしょ。ミズナラの雑木林の向うに佇むこの雰囲気! 芽吹きのころも紅葉の頃もきっと絵になります。

31白馬村
白馬村
白馬の雪原越しに間近に見る本日最後の後立山連峰です。この光景、たまらなく好きです。
嶺方峠からの神々しい眺めはもちろん素晴らしいですが、人の営みと共存しているこの風景も好きです。

30白馬村
白馬村
トキちゃんも本日最後の白馬をしっかり目に焼き付けておいてください。次回はビビさんと二人で訪れるんでしょ。予行演習に付き合えた僕は幸せ者です。w

13R48白馬村
白馬村
ここからは白馬村を駆け抜けます。写真に写る人物は気にせず景色をお楽しみください。この季節、天気がよけれが実に走りやすいこの地です。

14R48白馬村
白馬村
雲はあれども景色のアクセントにこそなれ、全く邪魔になりません。

16R48白馬村
白馬村
後に見えるスキー場は斜度がきつそうです。上級者コースでしょうね。

学生時代以来数十年ぶりに息子一家と訪れた車山スキー場。
あれはもう10年以上前のことです。

調子に乗っててっぺんまでリフトで上った僕たち夫婦は揃って降りてこられなくなり、ゲレンデ閉鎖後にスキー場の監視員に助けれた恥の記憶があります。

17R48白馬村
白馬村
昔はスパイクタイヤで削られて傷み放題だったこの道。一年中路面が荒れたままで酷い状態でしたが、今はスノータイヤの進歩とともに路面の傷みが気になりません。

18R48白馬村掲載したくなかった写真
白馬村
道の駅 白馬に立ち寄りました。この辺には食べる場所がないという僕に食事ができる道の駅があると案内してくれました。
寄るからには何か食べずには通過できない我々です。

ソフトクリームを食べた時のこの写真。あんまりなので掲載に気後れしましたが、トキちゃんのドアップを何の断りもなく掲載しているので仕方なく…
口の傍にお弁当をつけているのをシャッターチャンスだと撮ったカメラマンに敬意を表して恥を忍びます。
ご覧いただく方たちにはスミマセン…

19R48.jpg
白馬村
この後もしばらくは白馬村の雪景色が続きますので、飛ばしていただいて結構です…

20R48.jpg
白馬村

21R48.jpg
白馬村

22R48.jpg
白馬村

23R48.jpg
白馬村

青木湖手前で湖水を周回するかどうか聞いてくれましたが、何度か走ったことのある場所だったこと、かなり寒い道だということ、結構疲れていたことなどで、国道を直進する方を選ばせてもらいました。

24R48青木湖
大町市:青木湖付近
ようやく大町市に入ってきました。左手にちょこっと写るのが青木湖です

25R48木崎湖
大町市:木崎湖付近
そして木崎湖へとやってきました。ここまで来ればJR信濃大町駅までいくらもありません。

26R48最後のコンビニ休憩
大町市:最後のコンビニ休憩
文字通り本日のライドの最終補給地点となったコンビニです。その裏手に今年の役割を終えたラッセル車が止められています。
僕がこの手の作業車が好きだと言ったのを覚えていてくれたトキちゃん。それを前に写真を撮ってくれました。
プロフィール写真にと思いましたが、これからどんどん薄着になるこの時期です。やや季節外れですね。しかも今日は酷寒を想定して滅多にないほど着ています。

「この後どうしましょうか。トロリーバスの乗り場まで行ってみますか。この時間なら大丈夫ですね」とトキちゃんから提案です。
いつもならホイホイ乗る僕ですが、この時は即座に断りました。今にして思えば断ることを知らない僕としてはよくやりました。のこのこついていったら、今回最大のネタ作りになったかもしれません。この地域の地理を多少知っていたから避けられた地獄でした。w

帰宅後に調べたら、この地点から扇沢~JR信濃大町駅往復で30㎞、上り平均勾配は5%もありました。
帰路のスーパーあずさに間に合わせる為に死ぬ思いで走ることになったでしょう。いや死んでたかもしれません。ww

32信濃大町ウインナ珈琲
大町市:JR信濃大町駅前・喫茶かじか
扇沢をパスしたので駅前のカフェで時間調整です。珍しくウインナ珈琲をいただきました。疲れているときは自然に高カロリーなものを選ぶようです。

33信濃大町ウインナ珈琲
大町市:JR信濃大町駅前・喫茶かじか
ここでも写真を選んで削除するトキちゃん。
FBにアップすると写真の順番が狂うことがあり、それが理由で(それも理由でw)写真の順番を間違える僕にSDカードごと渡してくれるためです。

34松本駅弁
スーパーあずさ:駅弁
駅弁を買って食べることに…どれだけ食うんだ!

JR中央本線松本駅のホームにトキちゃんを残してまず僕が買いに走りました。好みがあるので人の分は選べません。バトンタッチしてトキちゃんが買ってきたのも結果同じものでした。「ほかにいいのがなかったし、最後の1個でした」と。僕が最後から2個目を買ったのでした。

35松本駅弁
スーパーあずさ:駅弁
中味まで撮らなくても…と思ったら、「あさぎりさん(ktyさん)なら、食べた後、箱だけ撮ったんだろうとか言うかもしれません」というので、確かにと思って証拠写真を撮った僕でした。

前夜の荒れ模様を乗り越えて目にした嶺方峠や白馬村の光景でした。初めての二人旅でしたが、実に愉しい一日でした。
それもこれも扇沢への寄り道を断ったからでした。ww

僕に走りを合わせてくれて楽しませてくれたトキちゃん、ありがとう!
次回はどこへ行きましょうか。春になったら、またみんなで走りましょう。

『その1』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • なにぃー!この素敵なランチはー!!
    と思いましたがーーー

    旦那様の呟きを見て許されました、アーメン(笑)(´- `*)
    気持ちいい空気に、白馬のrideでよかったです!

    私は上まで行って降りてこられなくなった先輩を後向きで滑っておろした記憶が。。。
    キツかったーです。
  • 2017/03/25 13:49 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん
    あの一言はビビさんの反応を想定してわざと聞こえるようにつぶやいたのでしょうか。だとすればなかなかやるな~、トキちゃん。w
    今回の彼はビビさんとの再訪を頭のどこかに置きながら楽しんでいたと思いますよ。僕たちには油断できないいじめっ子ですが、ビビさんにはいい旦那です。

    まさに我々夫婦は後向きの監視員のストックにつかまりながら降りてきました。もう二度と一緒に行かないと息子からは責められましたが、その後懲りずに2度くらい一緒に行きましたかね。スキーは全くダメです。
  • 2017/03/25 14:01 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1276-e4549aa1

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク