2017/03/21 11:04
2017.03.19

前回のブログでは事件が起こった場所を間違え、あまつさえ写真まで取り違える不始末でした。今回ばかりはさすがに落ち込みましたが、一晩寝たら忘れました。w
見栄を張らないを処世訓にしているのだから、この程度のことでへこんでいられません。

※写真の枚数も多いのであと2回に分けて掲載するところですが、ひとまとめにアップしたので長いです。写真の枚数も多いです。ご覧いただいている方は、適当なところで切り上げてください。


※今回もブログ写真の順番やキャプションにも間違いがあることが判明しました。今回はすべてを知り尽くしている地元のktyさんから教えていただきました。他にも微妙な間違いがあるようなので、また訂正することになるかもしれません。悪しからずご了承ください。

*****************************************

さてさてここからが正念場のこの日のサイクリングです。たま~に脚を休められる場所もありますが、基本は本栖湖まで着実に標高をあげていきます。

1_201703211106509a7.jpg
本栖みちへ 1
トキちゃんは少し後方でビビさんの背中を押していますが、僕もお願いしたい心境でしたね。(^^;

3_20170321110652608.jpg
本栖みちへ 2
写真を撮るふりをしながら僕も路肩に止まります。麗しいですね~、ビビさんには優しいトキちゃんです。
この写真はktyさんが撮ったものです。

a_20170321110656902.jpg
本栖みちへ 3
前に出て、あるいは前で待って写真を撮ってくれたktyさんでした。
トキちゃんがビビさんのサポートから外れた時にカメラマンとして活躍してくれなければ、ktyさんの前からのショットはほとんどなかったでしょう。
こういう場面以外には僕がktyさんを撮るチャンスはありませんでした。最初から前に出る気もないので、これで勘弁していただきました。

5_201703211106531b0.jpg
本栖みちへ 4
遅れ組を待ってktyさんが撮ってくれたショットです。
この日のktyさんはブランクがあったというのがウソのように、前になり後ろになり八面六臂の活躍でした。

6_20170321110654ab7.jpg
本栖みちへ 5
道の駅「下部」より手前でktyさんに撮ってもらった最後の写真です。この後は道の駅「下部」での休憩写真になります。こんな按配だったのでこの日のktyさんの写真は数が少ないのです。

7_201703211113043d1.jpg
本栖みち 6 : 道の駅「下部」
やれやれ~道の駅に到着です!
休めるし食えるし飲めるし…ロングライドで一番楽しみな場面です。こういう写真一つ見ても、トキちゃんだけが元気なのが…w

b_201703211113067f2.jpg
本栖みち 7 : 道の駅「下部」
上半身のストレッチをしているわけじゃありません。座ったままでそっくり返って写真を撮ってくれたんです。

9_201703211113056df.jpg
本栖みち 8 : 道の駅「下部」
その写真がこれです。なんだか疲労困憊の顔してますね。「あさぎりフードパークでおいしく食べられなくなるから補給はどうしようかな」と言ったら、「まだ先が長いからここで食べても大丈夫ですよ。むしろ食べないと」とktyさん。
ミスターハンガーノックの仰せなので素直に焼きそばをいただくことにしました。半分あげようと思っていたら。自分の分をしっかり買ってました。ミスターハンガーノックですからww

c_20170321111308c54.jpg
本栖みち 9 : 道の駅「下部」
唐揚げと焼きそばを分け合って食べるトキちゃんとビビさん。何やら元気が出るらしいらしい瓶や缶が並んでいます。

d_20170321111309810.jpg
本栖みち 10 : 道の駅「下部」
本日大活躍のktyさん、いつもより落ち着いて見えるのはやはり疲れているからでしょうか。

g_20170321112034333.jpg
本栖みち 11
さてお腹も喉も満たされてリスタートです。相変わらず先頭を牽くktyさん。明日は疲労感で仕事にならないなんてことがなければいいけれど…
ビビさんも復活を果たせたようです。食べるのは大事ですね。
トキちゃんは余裕の撮影!こちらは何の同情も心配もいりません。

h_20170321112035f44.jpg
本栖みち 12 : ビューポイント
本栖みち最高の絶景が拝めるポイントです。道の反対側に渡って眼下の光景を眺めて癒されます。

201.jpg
本栖みち 13 : ビューポイント
実はここに上る直前にアタックをかけたktyさん。先にここに到達して、下に見えるカーブを上る我々を撮影してくれる目論見だったそうです。
がしかし、ビビさんの走りが復活した分、速度に誤算があったktyさんでした。既に通り過ぎた後でした。そのショットがないのは残念です。

i_20170321112037380.jpg
本栖みち 14 : ビューポイント
さすがに疲れがうかがえるktyさんです。寝てるわけじゃないですよ、この写真!w

205.jpg
本栖みち 15
頑張りすぎたビビさん、本日初の足つきです。もうほとんど上り切ったようなものですからすごいです。しかも長いブランクがあっての今日ですからね。その点はktyさんも同じ。このところ走れていませんでした。
その間そこそこ自転車に乗れていたのはトキちゃんと僕だけでした。

j.jpg
本栖みち 16
ほらね、ここでも元気いっぱいなのはトキちゃんだけです。この人はいったいどうなってるんでしょうかね。w

この少し後だったと思います。最後のトンネルを抜ければ本栖湖なのですが、そこまでの距離を確かめてビビさんに伝えるべくアタックをかけてくれたktyさんでした。もちろん戻ってきて正確な数字をビビさんに伝えてくれました。ここまで先頭を牽いてくれただけでも大変なのにさらに上り返す!限界を迎えそうになっているビビさんのためです。みんな優しいですね~。
僕にも少しだけおすそわけがあるとさらに…ww

214.jpg
本栖みち 17
気を取り直して仕切り直しのスタート後ですが、本栖湖へと続くトンネルはすぐそこです。この時さすがにみんな疲れが色濃い表情です。ただしトキちゃんは除く。

13_20170321112033214.jpg
本栖みち 18
あ、この写真。僕は決して元気で余裕があったわけじゃなく、こういう時は笑うしかない性分なのです。

k2.jpg
本栖みち 19
後ひと踏ん張り! 一旦アタックして下った後の上り返しですからね、さすがにktyさんも体いっぱいに疲労感をにじませています。僕は彼の後ろを走ることが多いので、背中を見ただけで疲労指数が手に取るようにわかります。
上りの最終地点は目の前のトンネルを出たところ、頑張れktyさん!

l.jpg
本栖みち 20 : 本栖湖へ
トンネルを抜ければ…本栖湖~! 上りは実質終了です。トキちゃんはともかく他のメンバーはよくやりました! 特にビビさんがここまで頑張るとは! みんなの想定を裏切る見事な走りでした。

14_20170321112344fc6.jpg
本栖みち 21 : 本栖湖
やりました!
ktyさんがペース配分をして優しく牽いてくれればどこでも走れますね。しかも隣には疲れ知らずの頼もしい人動アシストもついてます。ww

15_20170321112345a12.jpg
朝霧高原へ
さっき焼きそばや唐揚げを食べたのに、ちゃんとお腹が空いてます。あさぎりフードパークでの「わんぱくセット」を脳裏に浮かべながら緩やかな上りも楽々こなします。
自転車は食べるのが好きな人にはたまらなく嬉しい相棒です。いくらてべても食べられる、いくら食べても太らない…とは限らない。(^^;

16_20170321112347362.jpg
朝霧道の駅到着
いよいよというかやっとというか、基本的に最終目的地の「あさぎりフードパーク」へと到着です。ある意味ここは朝霧高原にある我が家のような趣になっています。
多分みんな似たような感覚だと思います。他のサイクリングの終着点では決して見せない安心しきった表情いっぱいになるのが不思議です。

n1.jpg
あさぎりフードパーク 1
本日のヒーローのktyさんです。忙しい日々の中、我々のために割いてくれたこの日、やや疲れを心配したのですが全くの杞憂でした。
お疲れさまでした。

n2.jpg
あさぎりフードパーク 2
そして本日のヒロインのビビさん! 走っている最中から筋肉痛様の症状もあったと聞きましたが、走り通した姿は立派の一語に尽きます。普通のロード乗りにも十分タフなコースでしたからね。
それをペース配分や絶妙の牽きで支えた買手屋さん、文字通り人動アシストとして背中を押したトキちゃん、ともに功労賞ものです。
ついでにトキちゃんのことですが、向かい風になればす~っとビビさんの前に出て風除けを務めるあたりもさすがでした。
走っている間は常に周囲の我々を気遣ってくれるのもありがたいです。それは相手を生かさぬように殺さぬように痛めつけるうえでも大事なスキルなんですね。ww

17_20170321112619d2e.jpg
あさぎりフードパーク 3
さてさてみんなが待ちに待った時間です。朝霧ミルクコーヒーで無事到着の乾杯!

n.jpg
あさぎりフードパーク 4
これは食べ過ぎじゃないか?! でもなめたようにきれいに食べきった我々でした。

o.jpg
あさぎりフードパーク 5
いつものメニューの第1番目、じゃがバター! 
小食ならこれだけで十分なボリュームです。

p.jpg
あさぎりフードパーク 6
そしてモッツァレラピッツァ、みんなにとってはおかずの様なものでしょうか。これも大好きです。

q.jpg
あさぎりフードパーク 7
最後はバターチキンカレー…と隣を見ればトキちゃんはすごいスピードですでに完食。次のターゲットに向けて準備完了中です!

18_201703211126211df.jpg
あさぎりフードパーク 8
大の大人が揃って幸せそうに食べるあさぎり牛乳ソフトクリーム!
以前のブログにも書きましたが、数あるソフトクリームの中でも出色のうまさです。コーンもスペシャルなおいしさです。

19_20170321112622b87.jpg
あさぎりフードパーク 9
割けるチーズを食べているとき、割かずにパクパク食べるトキちゃん。
ビビさんと二人で、それはおかしいでしょ! えっ、と人の手元を見ています。

ミルクコーヒーはトキちゃんに、割けるチーズはktyさんにごちそうになりました。お二人に、どうもごちそうさまでした。

s1.jpg
あさぎりフードパーク 10
ここを最後に買手屋さんはご自宅へ、僕たちはクルマで東名へと別々に向かうはずでした。
出来れば富士宮まで一緒に下りたい僕でしたが、それを察してくれたトキちゃん。「私たちは買い物もあるし、自転車も片づけなきゃなりませんから、お二人でゆっくりktyさんのお宅まで先に行ってください」と言ってくれました。

s2.jpg
あさぎりフードパーク 11
それではとktyさんと僕はトキちゃんビビさんにお見送りしてもらって一足先にあさぎり高原を後にします。

r.jpg
朝霧高原
この後は写真を1枚撮ったのみ。今日の朝霧高原の富士山はフォトジェニックではなかったのでびゅんびゅん下ります。
"トキちゃんがゆっくり"と言ってたのは聞いていないかのような速度! まぁ気持ちがいいのですが、いかに都会の道とは違うと言っても、落車やケガには注意してくださいね。

富士宮のkty家に到着し、上がらせていただいてひとしきり二人で話をしているとトキちゃんビビさんが到着。そのタイミングを計ったかのようにkty家の奥様と二人のお子さんが帰宅されました。

二人のお子さんはとても人好きで、いつも大歓迎してくれます。歓迎しすぎてktyさんにたしなめられ、時に叱られてしまいます。でもこれだけ歓迎してくれれば子供が苦手な人でも嬉しいに違いありません。
僕は幼い子供は好きなのでじゃれあって楽しませてもらっています。

珈琲を淹れていただいて虎屋のようかんもいただいて、まぁ何ともにぎやかで愉しいひと時でした。みんな話が好きで沈黙という語がそれぞれの辞書から脱落しているかのようです。
こういう時ニコニコしながら話を聞いてくれるトキちゃんですが、それと好一対なのがktyさん。実に楽しそうによくしゃべる人です。僕もですね。

今日は文字通り朝から晩まで一緒に過ごさせていただき、ありがとうございました。
kty家には大挙してお邪魔して長居してしまいました。奥様やお子さんによろしくお伝えください。
トキちゃんには我が家の門前までクルマで送り届けていただきました。タフだから疲れは心配しませんが、渋滞の道中運転は一人、そのうえ我が家から自宅まではさらに1時間半ほどはかかるのです。
帰宅は恐らく日付が変わるか変わらないかの時刻だったに違いありません。

いつもいつも皆さんにお世話になるばかりで申し訳ありませんが、この状況は変えようがないのでこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。


『1』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • デローザさん、本当に楽しい1日でしたねー!
    正直、この本栖みちは、はるか上に白いガードレールが見えるのでかなりびびりました。
    ほんっとうに上!!
    都民の森よりも凄い目視ですね!!

    私の約3週間振りのrideに本当によくあのルートを選択したなーと思いますよー

    足が疲れると、上品さを管理できない脚の座り方になってしまうのがいつも恥ずかしいです。
    支えてもらうよりも一キロでもウエイトを落とす方がいいはずなのにねー

    本栖道は、凄い道でしたが、朝霧高原がゴールで最高の1日になりました!
    後ろを守ってくださりありがとうございました!!
    自転車って深いですね!!
  • 2017/03/21 21:16 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、本当にほんとうにお疲れさまでした。よく頑張りましたね~。みんながビビさんの頑張りに感激した一日の締めくくりでした。
    あのルートは確かに厳しいですね。僕はトキちゃんが回収車を取りにダッシュするのがいつなのか、そればかりが気になっていました。
    これを機に自信をつけてください。無理をしなければ走れるものなんだと!

    一杯いっぱいになるとなりふりかまえなくなるのが自転車のいいところです。誰も気にしてません。

    トキちゃんみたいには走れなくても、ビビさんも僕もそれなりに追い込めるのも自転車なんですね。
    でも追い込まないで愉しく走りたいのが本音です。この仲間ならそれができます。僕はついていくだけですが、ktyさんもトキちゃんも誰もが落伍しないように気配りのできる人たちです。
    僕たちは恵まれてますね。なかなかこうは行きません。こっそり感謝しましょう。ww

    明日はトキちゃんと頭おかしいツアーをやってきます。ビビさんお留守番お願いいたします。
  • 2017/03/21 22:23 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1273-8382756c

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク