fc2ブログ
2011/10/28 20:05
明日は栃木方面へ輪行サイクリングするので、こんな秋晴れの一日なのに無駄なエネルギー消費を控えた。
いくつか近場で所用を済ませた。

今回は珍しくニューバイクの選定に迷っている。
何かヒントはないかと、なじみのIサイクルに出かけた。
行く道々あれこれ思案しつつ…
【チューブラー+BORA ULTRA twoを経験したら、他のホイールやタイヤが色褪せたなぁ…】
【KING3が復活したら、チューブラー+WH-7900-C35&C50-TUを履いてしばらく乗る。そして決め手を欠く2012モデルを少し見合わせるかなぁ…】
などなど
遠回りをしながら相模大野に到着。

店長やメカのUさんの顔を見たときには、ほとんど腹は決まっていた。
で、【WH-7900-C35&C50-TU】の在庫を確認してもらったら少しあるとのこと。
即、注文した。
注文したのはいいが、内金も払わずに店を後にしてしまった。
しかもそれに気づいたのは亜煉路館でコーヒーを飲みながら"買っちゃった!メール"をしていたときだ。

亜煉路館はほぼ満席状態で商売繁盛!
Kさんは忙しく立ち働いている。
行きつけのお店が繁盛しているのを見るのは気持ちがいいものだ。
3時頃になるとようやく手が空いたKさん。
新しいメニュー"カフェラテ"をご馳走してくださった。
まったりして美味いなぁ!
実はブレンドを注文してから、"季節限定の新メニュー"としてガラスにポップが貼ってあるのに気づいたのだ。
Kさんはロードマップを取り出してきて、「風張峠って…」とか、「道志道は…」とかいろいろ尋ねながら、地図上で山岳サイクリングに想いを馳せている感じだ。
忙しくて自転車に乗るのも儘ならない人を前にして、我が暇人ぶりにやや忸怩たる思いが…
いつものことながら、Kさんのカフェは我が家のように落ち着く。
マスターの人柄かな。

IサイクルのメカのUさんは僕のブログを読んでくださる一人なのだが、「若洲リンクスに行ったんですね。私の住まいはすぐ近くなんですよ」とおっしゃる。
何の疑念もなく相模大野の近くに住んでいらっしゃるのだとばかり思っていた。
そして、僕のサイクリング仲間のことを話しているうちに意外なところで繋がった。
Uさんのお兄さんご夫妻は、水曜日に一緒に遊んでもらっている40代半ばの友人たちと同じ会社にお勤めだとわかった。
人はどこでどう繋がるかわからない。いい加減なことはできないぞ…


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



2 Comments

  • kudou 

  • やっぱり購入したんですね【WH-7900-C35&C50-TU】
    35+50の組み合わせも王道ですね

    蘇ったキング3との組み合わせでどんなパフォーマンスなんでしょうね
    インプレ期待してます!

    境川を走るといつも亜煉路館に車輪が向いてしまいまね
    おいしいコーヒーも勝る事ながら、Kさんの御人柄が車輪を向かわせるのでしょうか
    ついつい御尻に根が生えて自転車談議に花が咲いてしまいます

    今日、会社帰りにPF5の様子を見舞ってきました
    主治医は他店S店長の息子さんから治療方法を入手し、見事に患部を突き止めて、一時オペは終了していました
    後は患部交換→縫合すれば退院!
    主治医との信頼関係はサイクルライフを送る上で大事だな~と思う、今日この頃です

    明日は職場の仲間と海方面へ向かいます
    帰路はやっぱり亜煉路館でしょうか

    栃木輪行、気を付けて楽しんで下さい
    ブログの更新を楽しみにしています

    kudouでした!
  • 2011/10/28 21:14 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん

    ろくに走る力もつかないくせに、物に対する欲望ばっかり強くて…(恥)

    メカのUさんとも話していたのだけれど、C59ってやや不信感を持たせる数字ですよね。
    次はどうなるの?って気になります。
    次がC60じゃなくて、C62だったりしたら笑えますけどね!

    冗談はさておき、カーボンディープリムとチューブラーにはすっかり参りました。
    バイクはもちろんフレームが要なのでしょうが、回転するパーツをないがしろにしたら、どんなフレームも本来のパフォーマンスを発揮できませんね。
    それを逆手にとってバイクを楽しむ方法もあるのではないかと思うのです。

    フレームはそのままでも、回転するパーツを走りに影響が大きい順にいいものに交換していったら、バイクは進化し続けると思うのです。
    コンポをカンパのスーパーレコードに換装し、ホイールをレーシングゼロ2way fitのCULTにしてチューブレスに履き替えたら、C40は見事に生き返りました。

    フレームを次々新調するのもいいですが、自転車は育てていく楽しさがあり、育て甲斐もありますね。
    kudouさんのようにメカをしっかり管理し、バイクのご機嫌を自分で診られるようになると、一層バイクがいとおしくなるのでしょうね。

    愛車のピナレロも早期退院の見通しで何よりでした。バイクのメカの何もかもがわかっているだけに、不具合に心が痛む度合いも僕とは桁違いでしょう。

    亜煉路館のKさんは、なぜか初対面の時に"Deja vu"の感覚でしたが…
    お互いにそう思ったのですが、今となってはあれが初対面だったのだろうと思います。
    彼の優しい人柄は珈琲の味わいにも勝りますね。
  • 2011/10/28 21:50 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/127-86885f2b

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク