2017/03/12 13:45
2017.03.11
(ほぼ終日晴れなるも、御殿場周辺と朝霧高原から富士宮にかけては…)


散々朝霧高原サイクリングのことをメッセンジャーで話し合ってから…「はて、その実行日はいつだったっけ?」
1週間早めに勘違いしていたのは僕だけではありませんでした。しかし結論は来週ということになったので、せっかくその気になった気持を封印するのもいかがなものかと一人で走ってきました。

01御殿場駅富士山口
JR御殿場駅:富士山口
JR御殿場駅に降り立つと、もう少しいいはずだった天気なのに雲で覆いつくされる空…
富士山を回って富士宮か新富士まで走る予定だったけれど、山中湖から西湖あたりまでの寒さを考えると早くも身がすくむ。
だからといって峠を越えて箱根湯本に下る道も寒さでは負けていない。
この時、御殿場駅の乙女口ではなく富士山口へ出てきていたので、予定通り富士山へと向かうことにしました。

朝ご飯を食べる暇がなかったので、補給のために途中のコンビニに立ち寄りました。
ホットコーヒーに卵サンドとドーナッツを食べていると、ガラス越しにちらちらと雪が舞っています。
既に低温と曇り空でへこんでいたこの時点では、残念というよりもむしろ救いでした。この時雪を見るまでもなく曇り空にテンションが下がり、相当帰りたい気持ちになっていましたから。
ところが外へ出ると雪は止んでいます。しかも富士山は思ったよりも見えているじゃないですか…ここは進むことにしました。

02道の駅すばしり口
道の駅すばしり
またもや休憩です、というかソロサイクリングではほとんど撮影に気持が行って、走りを楽しむことが少ない最近なので問題ないのですが…

道の駅すばしりまで来たのに(ここまでが、駕籠坂峠よりもきつい)、またもやこの様子の富士山!
楽しみにしている朝霧高原や富士宮方面から雨雲が大挙して流れてきます。
この雲から判断すると最悪の場合は山中湖から山伏峠を越えて自走で帰宅か…

03グレートデン
道の駅すばしり口:グレートデン
自転車を止めて一旦温かいところへ避難しようとすると、前方に2頭の立派な大型犬をつれた方がいます。

04グレートデン
道の駅すばしり口:グレートデン
犬種はドイツ産のグレートデンだそうです。もちろん見たことがある犬ではありますが、こわもての顔つきが怖くて近寄れず、犬種も知りませんでした。
「おとなしいから大丈夫ですよ」という飼い主さんに勇気づけられて顔や体を撫でさせてもらいました。
手入れが行き届いているらしく、実に美しい毛艶で手触りもよく、大型犬にありがちな体臭もありません。

「写真を撮らせてもらってもいいですか」(既に遠くから撮っているw)、とお尋ねすると「どうぞ」というご返事をいただいたので、思い切り寄って撮りました。
こちらの犬はまだ若く、3歳になったばかりだとか。見かけが老けていますが、そういう顔の種類なので。ww
もう1頭は既に8歳になり、そろそろ寿命とのこと。大型犬が短命であるとは聞いていますが、8歳くらいが平均寿命とは…

05グレートデン
道の駅すばしり口:グレートデン
さらに近寄って撮りましたが、全く無関心というか実におとなしい。ちゃんと訓練を受けているのでしょう。
顔まで舐められそうになり、犬と交流を深めましたが、飼い主にお礼を伝えて先へと向かいます。

06ラッセル用の車両
道の駅すばしり口:ラッセル用車両
そろそろ今年の役目を終えるラッセル用の車両にはお疲れ様の一言。
一分の隙もない究極のデザインを纏うスーパーカーは地上で最も華麗な造形物かもしれませんが、機能をとことん突き詰めた作業車の逞しさには、造形美を越えたものがあります。

07富士平原ゴルフクラブ
富士平原ゴルフクラブ付近
引き返したい気持ちを抑えて走ってきた甲斐がありました。籠坂峠への上り口のゴルフ場から姿を見せる富士山!
薄い雲がかかるものの、すぐにも消えそうです。

08籠坂峠へ
籠坂峠へ
御殿場から須走口までの上り道のストレスを帳消しにしてくれる籠坂峠、あまり辛くないことも含めて好きな上りです。

09籠坂峠
籠坂峠
のんびり上って到達した峠ですが、気温は一気に下がって1℃です。電光表示板の数字が写りませんでしたが…
峠から山中湖への下りがいつも通りに寒い!

晩秋から早春まで、山中湖はとにかく寒い。標高以上に寒さが厳しいのは、地理的なことも影響しているのでしょうか。

10山中湖小作前
小作・山中湖店前から
富士山を取りまく雲は思ったほどには晴れませんでしたが、山中湖は籠坂峠で想定したほど冷たい空気ではありません。

11山中湖桟橋
山中湖桟橋
家族連れに群がる水鳥たち。1袋100円の餌で観光客たちに飼いならされています。

今日の山中湖畔、穏やかに降り注ぐ日差しのお陰で実際以上に暖かく感じます。風もなく、やや薄らいだ空の青さを見ると、春が近いことを感じます。

12東富士周遊道路入り口
東富士五湖道路:富士吉田インター付近
東富士五湖道路のインター近くで左手に現れた富士山!
山頂や山腹にかかっていた雲も富士山を離れていく様子です。眺める位置が右へずれたからか…w

13浅間神社
北口本宮冨士浅間神社:参道
途中にある浅間大社の境内をゆっくり歩いてみたい気もしますが、参道入り口で撮影を済ませて先を急ぎます。
一番楽しみにしている目的地で天候が激変しては元も子もなくなります。この晴天が続くうちに…

14富士急ハイランド
富士急ハイランド
富士急ハイランドのジェットコースター「FUJIYAMA」が好きで、絶叫マシン好きの娘と二人でそのためだけに訪れたことがあります。今日も自転車でなければ乗りたいところです。

15船津登山口付近
船津登山口付近
惜しげもなく全貌を見せる富士山。時間を追って雲が切れていくというラッキーな今日の富士山です。
今日は夕日に染まる富士山を楽しみ、さらに日没後にその色を徐々に濃くしていくシルエットも見られるかもしれません。

16道の駅なるさわ
道の駅なるさわ
ktyさんが奥様に買い物を頼まれたのを口実に、ごくたまに富士宮から野菜買い出しサイクリングにやってくる道の駅です。
ここまでは上り基調、野菜を買った後はご自宅まで下り貴重ですからね、こういう買い出しなら頼まれたいですね。w

17道の駅なるさわおやき
道の駅なるさわ:おやき
一番楽しみにしているこの後のライドでハンガーノックになってはたまらないので補給をします。しかしあさぎりフードパークで食べる目的があるので補給の加減に気を遣います。で、おやき一つで我慢します。

18県道71号線
県道71号線
R139から県道71号線へ左折するといきなり8%近い上り。短いその上りを越えると「バディ・フィールド」乗馬クラブがあります。
静かに佇み、じっと目を向けてくる馬たちがいとおしくて、ソロの時も仲間と一緒の時も必ず足を止めて写真を撮ります。

19県道71号線
県道71号線
この季節の県道71号線はいろいろな記憶を呼び覚まします。その一つに、2年前の3月下旬にktyさんと富士宮~東京を二日かけて往復したときのことがあります。二日目の帰路(ktyさんにとって)同じような時刻にここを走りましたが、道端や樹海の中にうっすらと解け残る雪の様子もあの時と同じです。今でも鮮明に記憶に残る愉しい長距離サイクリングでした。

20県道71号線
県道71号線
適度なアップダウンに富むこの県道71号線。道の両側は富士山の樹海に囲まれ、風が凪いだ真夏の午後でも涼しい風が吹いてくるような錯覚に陥ります。

21県道71号線
県道71号線
ここを走ったこの日は11日。そして御殿場をスタートして1111mの標高に達した瞬間です。
敢えてこじつければ3月の3でトリプルイレブンです。

『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください



Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1268-b4a00a9a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク