2017/03/04 18:02
2017.03.04

今日はMさんにお誘いいただいて西永福の「ヤルクコーヒー」にお邪魔しました。
あらかじめお店のFBにコメントを入れて伺うことをお知らせした時に、「週末なので混んでますでしょうか」」との問いに、「いらっしゃる少し前に電話をいただければ確実です」とご返事いただきました。

01松本さん
お待たせしてしまったMさん
地理的に近い僕の方が先にお店に行って座席を確保する段取りだったのですが、家を出るのに手間取り、逆にMさんをお待たせすることになりました。そんな事情もあって、渋谷駅に着いたところでヤルクコーヒーに電話を入れました。
お店に着くと既にMさんがお待ちになっていました。申し訳ございませんでした。

ヤルクコーヒーではこれまでいろんな方に出会いました。役者さん、そしてプロカメラマン、イラストレーター…そんな経験からついつい誰かに会えるかもしれないとの期待感でドアを開けます。

一方おなじみの北鎌倉の「石かわ珈琲」でもたくさんお友だちができ、いい自転車仲間にもなっていただいてます。Mさんもそのお一人です。北鎌倉に行くときも誰かに会うことを念じながらドアを開けます。

02グァテマラと紅茶とのケーキ
ヤルクコーヒー:珈琲とケーキ
まず1杯目は「グァテマラのピーベリー」と「紅茶と自家製ラムレーズンのパウンドケーキ」。Mさんは「東チモール」とヤルク定番の「チーズケーキ」
カップ&ソーサーは和のテイストが素敵なコペンハーゲンです。初めて訪れた時以来、好きな器です。

03チーズケーキと東チモールとライカ
ヤルクコーヒー:珈琲とケーキとライカ
久しぶりにご一緒したMさんはライカの2台持ちです。僕はX-T2の1台持ち。レンズは単焦点二本持ちでしたが。w
後になって地声の大きさが幸運を招いたと知ったのですが、写真好き&カメラ好きのMさんとCP+など素人同士の写真談議を楽しんでいました。

04カウンター越しに
ヤルクコーヒー:カウンター越しに
やがてカウンター席が空いたので、お代わりをしたタイミングで席を移動させてもらいました。
目の前でコーヒーをドリップするマスター、そしてケーキを作る奥様、そして間もなく引っ越して簡単には会えなくなるスタッフの近くに移ったというか、僕のお気に入りの席でもあるので。ww

05リンゴのケーキ
ヤルクコーヒー:リンゴのケーキ
お代わりは二人ともお気に入りのケニア、そして出来立てのリンゴのケーキをいただきました。まだ温かいリンゴのケーキは紅玉の甘酸っぱさと甘さがなんとも言えないおいしさです。Mさんもすっかり気に入っておいしいと…がしかし、Mさんは珈琲のお代わりの時に「紅茶と自家製ラムレーズンのパウンドケーキ」もいただいていたので、本日3つ目のケーキです。朝ご飯も昼ご飯も食べていないからと言い訳しきり!w

08ポートレートのススメ
藤崎一郎氏の写真本:ポートレートのススメ
マスターもカメラ好き。カウンター席ではマスターもも交えて珈琲とカメラの話題でもちきりになりました。とその時マスターが1冊の本をカウンター越しに差し出して窓際の席に目を向け、「あちらにいるのがFUJI FILMの契約のプロで、この本の著者ですよ」と。
「ポートレイトノススメ」という写真単行本でした。著者であるプロカメラマンの方と出会えるとはなんという幸運でしょう。藤里一郎氏でした。

その写真を拝見してプロならではの写真に唸る我々。プロならではの構図はもちろんですが、現場の光や色彩などを想像すれば、その撮影の難しさだけは我々にもわかります。
本を拝見しながらの我々のやや見当違いかもしれない話の内容も藤里氏の耳に届いてしまったらしく、お帰り間際に親しくいろいろなお話を聞かせていただきました。

そのいかにも人懐こそうな風貌、そして気さくに素人の話相手になってくださるざっくばらんなお人柄にすっかり安心した我々でした。初めてお目にかかったプロなのに、数年来の知り合いのように親しい気持ちになり、いろいろな質問を浴びせてしまいました。
その一つ一つに陽気に愉し気に答えてくださる藤里氏、一目で好きになりました。こういう方に写真を習ったらさぞ楽しいに違いありません。
しかも僕たちは腰かけたままなのに、藤里氏とお連れの方は立ったままでずいぶん時間を割いてくださいました。
Mさんともどもいい勉強をさせていただき、感謝の言葉もありません。
藤里さん、ありがとうございました。

Mさん、本日はお誘いいただきありがとうございました。所在なく退屈に過ごすはずの午後でしたが、お陰で実に愉しい時間になりました。またお声がけください。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1262-c763efe0

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク