2017/02/20 18:58
2017.02.19

トキちゃん&ビビさんにお誘いいただきました。いつも一緒のktyさん、この日は出張のなれないお仕事のお疲れが残るばかりでなく、時間の都合もつかず参加いただけませんでした。残念…
本当は布団にくるまって眠っていたい、まだ若いトキちゃんとビビさんですが、5時半にはご自宅を出るとのメッセージが届きました。僕は起きたばかり。申し訳ない…

01我が家出発
早朝に我が家出発
東京のはずれから横浜市の我が家までクルマを走らせてのお迎えありがとう! 
丁寧に自転車をクルマに積んでくれます。いつも感心するのは、僕と同種のアバウトな人間だと言いながら、実はその作業はち密で隙が無い。意外です。

02サービスエリア
サービスエリア
朝ご飯の調達に途中のサービスエリアに寄ります。これはいったいどうしたんでしょう。手の間から鼻だけ出しているポーズ!ww
朝からしっかりと食べているトキちゃん。ま、運転手ですからね、しっかり補給してください。とか言いながら僕も過剰に食べてしまいました。人が食べるのを見ると抑制が効きません。

丁寧な運転をするトキちゃん。後席でくつろいで気持ちよく伊東マリンタウンへ到着です。
まずは記念の場所で撮影しましょうとトキちゃん。僕がktyさんと初めて走った時にここで記念撮影をしたことを覚えていてくれたんですね。
ろくでもない記事で埋まっている拙ブログですが、それを読んでいてくれて細部まで覚えている記憶力が凄い。もちろん書いた本人はすっかり忘れています。普通以上に記憶力が劣っています。
記憶力の良さという点ではktyさんとトキちゃんは双璧です。なんとなく忘れるビビさんと僕でいいでしょうか。一緒にしてはいけませんね、すみません。
03伊東マリンタウン
朝の伊東マリンタウン
まずはビビさん! ウエアとカラーコーディネートのバイクフレームが素敵です。Scottも女性らしいきれいなカラー、両方ともおしゃれです。まさにビビさんカラー!!

04伊東マリンタウン
朝の伊東マリンタウン
そして僕。初めてktyさんと待ち合せて訪れたのはデ・ローザKING3に赤いウエアだったと記憶しています。トキちゃんたちと初めて朝霧高原を一緒に走った時もそれでした。それでビビさんからデローザさんと呼ばれるようになりました。

05河津へ
河津へ
いつも通りビビさんを気遣いながら前を牽くトキちゃん。ktyさんや僕が後を走るときももちろん合わせてくれます。そしてとんでもなく速い人にも合わせられる実力者です。
ロードと長い付き合いを経て、今は猛烈に走るだけではなく、おいしいものを食べたり、きれいな景色を眺めたり、同行の人との会話も楽しむようになったとのこと。そうでなければ僕などが彼と一緒に遊べる道理はありません。

その点はktyさんも同様です。実に長いロードとの付き合いと豊かな経験がありながら、僕のように経験も力もなく、おまけに若さもない人間と遊んでくれています。それはトキちゃんと同じように長い時間経過の末に、現在の心境に行きついたからに他ならないと思っています。

06河津へ
河津へ
突然通行止めの看板にぶち当たりました。どうしよう…スマホで別ルートを探すトキちゃん。少し戻って選んだ別のルートがいきなりとんでもない激坂!かわいそうにビビさんは自転車を降りました。

07河津へ道の駅手前
河津へ:グランパルモール
前回ktyさんの案内で伊豆半島の東側を走った帰路に立ち寄ったモールでドリンク補給しました。
すると従業員の女性が寄ってきて、「自転車の方ですよね。試しに自転車をかけてもらえませんか。スタンドを設置することになったんです」とおっしゃいます。
「私のは標準のサイズですが大丈夫ですね」とトキちゃんが言ってましたが、僕のはサイズが小さすぎて決して標準にはなりません。しかし前輪が浮いてしまうようなのっぽ用ではないので納得しました。
きれいな木製で使いやすいスタンドです。ここを訪れる自転車乗りには朗報ですね。

08宇佐美
河津へ:稲取温泉
突っ込みネタを自分から提供するのもどうかと思いますが…
稲取温泉がこんなに伊東から離れているとは思いませんでした。すぐ近くのイメージでした。これでは道に迷ったときに正規のルートに戻るのが困難なわけです。

河津桜に向かう車の列の横をすり抜けながら到着した河津。現地に着いても駐車場を求めてどの路地もクルマが列をなしていました。自転車でよかったとつくづく思いました。

09河津桜原木
河津桜:原木
原木の下でポーズをとるビビさん。今日は自転車もヘルメットもウエアもワンポイントは桜色です。♪

10河津桜原木
河津桜:原木
この原木を指して「これはデローザさんと同じで…」なんて余計なことをビビさんに説明するトキちゃんです。いちいち癇に障ります。w

11河津桜ビューポイント
河津桜:ベストビューの橋
河津川沿いの桜並木が最も美しく見える橋です。この橋から眺めた様子は見事です。

12河津桜ビューポイント
河津桜:ベストビューの橋から
橋から上流を眺めた様子です。絵にかいたような河津の代表的な風景のポイントです。
河津桜の並木は言うまでもありませんが、背後の山々も、河原に続く階段で憩う人々も、大きく広がる空も!

13河津桜ビューポイント
河津桜:ベストビューの橋
その絶景を背景にビビさんと僕を撮ってくれるトキちゃんです。しかし後になってここで撮った写真が物議を醸します。悔しいのでその話は割愛!w

14河津桜ビューポイント
河津桜:ベストビューの橋から
海へと続く下流はこんな様子です。右岸の桜並木がいまいちと言うこともありますが、やはり背景あっての桜です。

15河津桜ビューポイント
河津桜:ベストビューの橋
橋の上のいい写真がありました。トキちゃんの頭上と言うか背後には黒い雲が広がってますね。しかも背景は絶景でもなんでもありません。行いに関しては僕以下だと前々から思ってましたが、それに間違いはありませんでした。w
自撮りするビビさんの背後にはきっと青空が広がっていたことでしょう。

さて、自転車を鍵で柵に繋いでおいて川べりを歩いて屋台の食べ歩きをします。
たくさんの屋台が連なって並んでいますが、人気のお店には人の列も…

16屋台
河津桜:屋台で買い食い
いろいろな串焼きが並んで焼かれています。あたりにはおいしそうな匂いが漂い広がっています。

17屋台
河津桜:屋台で買い食い
思い思いに買い込み、逆さにしたビールケースをテーブルにお昼ごはんです。
ちゃんとしたお店でいただくのもいいですが、こういうハチャメチャなお昼ごはんもいいですね。

18屋台トキちゃん
河津桜:屋台で買い食い
一方は箸を咥えて写真を撮り、他方は…? 箸で何かつまんでいるところでしょうかね。この写真気に入ってます。♪

この後さらに大判焼きやわらび餅を買って食べました。で「はまやらわ」のわらび餅が話題に上り、今度是非試しに行くように勧めました。そこらへんのとは格が違う美味しさです。
食べることには熱心なお二人です。遠くない将来、みんなで食べに行きましょう。

19河津桜
河津桜
この後は川沿いに桜を楽しみます。いかに花より団子とは言え、花を見ずに帰るわけにはいきません。透き通った水が花や青空を映して美しい!

20河津桜
河津桜
河津桜はソメイヨシノの儚くも華やかな美しさとは異なり、早咲きで愛らしいところが好まれるのでしょうね。とてもチャーミングなお花です。

21河津桜
河津桜
原木はやや花の盛りを過ぎてしまったので、まだ若いこちらの木の下で記念撮影をしました。

22河津桜
河津桜
人の少ない右岸を自転車を押して歩きます。二人乗りのカヤックに乗る若者と河津桜。もはや春の光景です。

23河津桜
河津桜
気持がよさそうです。多摩川の上流に行くとカヤックに乗る人の姿が見られ、興味を惹かれます。いろいろ理由があって踏み切ることはありませんでしたが。

24河津桜
河津桜
長閑な景色です。桜並木の美しさもさることながら、こんな風に春を待つ人々が戯れる様子はとてもいいですね。

25河津桜
河津桜
こちらは階段に腰を下ろして対岸の桜並木や人々の様子を眺めて楽しんでいます。今年は河津桜とセットで楽しまれる菜の花があまり見られません。土壌を入れ替えて来年に備えるのでしょうか。

26河津桜
河津桜
さて下田へと向かおうとするものの、狭い道幅いっぱいにクルマが渋滞しているのですり抜けもできません。
移動する歩行者と一緒に自転車を押しながら右側通行してようやく下田へ向かう国道に出ました。

『後編』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1254-df8f5c53

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク