2017/01/17 21:06
2017.01.17

昨日よりも暖かく、風もなくて穏やかな今日、三浦半島をぐるりと回ろうと家を出ました。しかしそもそも三浦半島一周には時刻が遅すぎて、スタートの時点で先が危ぶまれました。暗くなるのは構わないのですが、暗さに寒さがつきもののこの季節です。
こんな時期には、楽しいコース設定をしないとソロサイクリングはいとも容易に挫折します。まず寒いので早い時刻に出られなかったり、ちょっとしたことでモチベーションがゼロになったり…。下がるなどという程度では収まらないことが多いのです。今日も…

01鶴見川CR
鶴見川CR
我が家を出て間もない鶴見川CR。眩しいほどの晴れです。しかしこの時点で横浜ぶらぶらサイクリングがほとんど確定していました。
"あのお店で好きなランチが食べたい…"

02クルマのルーフにカモメ
暖を取るカモメたち
二ッ谷の信号を渡ればみなとみらいはすぐです。ふと見ると駐車してあるクルマのルーフでカモメたちが暖を取っています。明らかにそう見えます。ネコみたいです。ウミネコですよね、そういえば。
しかしこの後クルマのルーフはどうなるんでしょう。それに気づいたオーナーのやり場のない怒りが目に浮かびます。

04にっぽん丸
帆船 にっぽん丸
寒さ知らずの暖かい日差し、このまま走り続けたい気持がないわけでもなかったのですが、三浦半島にはそこまで惹きつけるものがありません。
走る能力の低下と反比例するかのように、観たり食べたりの欲求が高まる最近は困ったものです。ニンジンがないと一人ではなかなか頑張れません。
その意味でもみなとみらい地区は新鮮味を欠いている最近なので、今日は大岡川沿いに少し遡ることにしました。桜の季節にはたくさんの花見客が押し寄せて屋台もずらりと並ぶ川沿いですが、桜がないので敢えて裏通りを歩いてみました。

05日の出町
大岡川沿いの飲み屋さん
この辺りは日の出町になるのでしょうか。日が暮れると飲み屋の看板に灯が入り、仕事の疲れをお酒で癒す人々が集まるのでしょう。左手の弧を描く建物はハモニカのように小さな飲み屋やスナックが上下にぎっしりと並んでいます。
昼下がりの今は眠っているように精彩を欠いた裏通りです。

06日の出町
大岡川沿いの飲み屋さん
ハモニカの裏側は大岡川に面しています。2階のお店はこちら側に出入り口があるのでしょうか。全部で何軒あるんだろう…

07日の出町大岡川
大岡川の揺れる水面
大岡川に映ってゆらゆらと揺れる簡易宿泊ホテルやマンション…

大岡川から伊勢崎モールを通り過ぎ、大通公園を目指せば目的のお店はすぐそこです。ずいぶん久しぶりです。覚えていてくれるだろうか…
お店の前には6人のお客さんが順番を待っています。ウエイティングリストに名前を書いて待つことしばし…
順番が来るといつもの接客の女性が出迎えてくださいました。
「お噂をしていたんですよ!」とおっしゃいます。「え、え、どうして??」
「先週おいでになった時にお話が出たんですよ。石川さんがお見えになったんです!」と。ここでの石川さんは石かわ珈琲のご夫妻のことです。
そして新年のご挨拶もいただきました。こちらこそ今年もよろしくお願いしたいと心より思いました。
08アルペンジロー
アルペンジロー
カウンター席にご案内いただいて注文を済ませました。

09アルペンジローにぎやかサラダ
アルペンジロー
まずは「にぎやかサラダ」
野菜が新鮮できりっと冷えているので(ビールじゃないw)、パリパリと歯ごたえも素晴らしい。ドレッシングも好みでおいしいです。

10アルペンジロースタッフ
アルペンジロー
すると目の前で肉を調理してくださるスタッフの方が「(石川さん)先週お見えになったんですよ!」とおっしゃるのでビックリ!
アルペンジローのスタッフはどなたも客の顔をよく覚えていてくれて、しかも僕が石かわ珈琲で親しくさせていただいているという関係もちゃんとわかっているのです。2度ほどご一緒したことがあるのですが、それにしてもその一言がうれしいです。
料理がとびきりおいしいのは言うまでもなく、それに加えてスタッフの感じの良さも素晴らしいお店です。

11若鶏のカリーエベレスト
アルペンジロー
「若鶏のカリー」!
何種類かいただきましたが、これにとどめを刺しますね、僕の場合!
もちろん他の種類のカリーやサイドメニューもおいしいのですが、やはり今日は若鶏で!

12若鶏のカリーエベレスト
アルペンジロー
スペシャルオーダーで「釜炊き」の御飯が予約できるのですが、ディナーの時などお勧めです。しかし「釜炊き」ではないものの、飯盒に詰められたご飯も吟味されたお米なのだろうと思われます。
カレーはご飯のうまさと炊き加減が実に重要ですから。

気持もお腹も、そしてもちろん舌も満足してお店を出て向かうのは三浦半島ではなく…
そもそも写真を撮るのが目的の半分を占めていたので、裏町をぶらぶらしながらみなとみらいへと引き返すことにしました。

自転車を押しながら「伊勢崎モールを」通り抜けます。夜になると生き返ったように活気づくモール一帯ですが、昼間はただの歩行者専用の通路にすぎません。
14伊勢崎モール祭り用品
伊勢崎モール:祭り用品
祭り用品を扱うお店。日没後は店内の照明が輝いて、祭り用品も鮮やかに生き返ります。

15伊勢崎モールクロスストリート
伊勢崎モール:クロスストリート
ここはイベント会場にもなっているようで、モールの中心地点にあり、集まってくる人々の年齢や顔ぶれはイベント次第で様々です。

17長者町あたり
長者町界隈
日中の伊勢崎モールは退屈なので大岡川方面へと向かいました。
モールを外れるとすぐに裏通りに入り込みます。
日中の裏路地にはごく普通の生活臭はなく、全体がひっそりと静まり返っています。抜けるような晴天と裏腹な様子の、何とも言えない違和感が漂っています。

少し広い通りに出ると街の様相は一変します。
いずれも飲食店ですが、日中から営業しているお店もあれば、夜からの営業らしいお店もあります。一様に路地裏の澱んで沈んだ空気はありません。

18長者町あたりred
長者町界隈:Red
赤いお店はダイニングカフェとワークショップが一つの店をすみ分けている様子です。

19長者町あたりgreen
長者町界隈:Green
緑のお店はグリル、こちらは入り口です。難しいグリーンをいい雰囲気の色にまとめています。

19a長者町あたりgreen
長者町界隈:Green
こちらはエントランスの左隣にあり、客席がある広い部屋になっているようです。

20長者町あたりblue
長者町界隈:Blue
青いお店は日中は営業していません。お酒を飲むところです。

21野毛あたり
日の出町界隈
都市部のカモメはすれてます。人を警戒せず、怯えることもなく、すぐ近くに寄っても逃げません。

22野毛あたり
日の出町界隈

みなとみらい地区と運河沿いの古い町はみなと横浜の二面性をよく表しています。
まさに表裏!

一方はどこか不穏な空気を漂わせながらも、昼間は眠り込んでいるよう。
ふと裏の裏を覗いてみたくなるような好奇心を掻き立てられます。

そして一方は底抜けに明るく、明るすぎてどうかすると浅薄に見えてしまうかもしれません。能天気…ふとそんな言葉が浮かびました。

*****************************************

この後は明るくて気持ちよく開けた地域を散策しました。解放感、爽やかさ、近未来的…そんなフレーズが似合う地域ですが、西に傾く日が、底が抜けてしまうほどの明るさを補っているかのようでした。

23みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

24みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

25みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

26みなとみらい新港パーク
みなとみらい:新港パーク

27ポートサイド公園
みなとみらい:ポートサイド公園

*****************************************

そこそこに切り上げて日が没する場面に立ち会いたいと急ぎましたが…
28鶴見川CR
鶴見川CR
時すでに遅く、西の空は焼け残るのみ…


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • デローザさん!

    横浜の写真の数々!どれもかなり素敵ですね!ビルと水面の情景を撮す写真はよく見ますが、水面がメインなのはいい感じです!!
    色鉛筆で描いた絵のようですね!
    横浜は絵になるなー(^-^)
    そしてそして!
    アルペンジローさん!素敵で本当に美味しそうです!さすがオシャレな皆様の行きつけのお店ですね‼

    横浜の看板を横目にしたという理由でコメントです!
    予定変更により鎌倉へのrideになったことで、石かわ珈琲は外せないだろうと、デローザさん不在のままお邪魔しました。
    美味しいケーキをゆっくり頂きながら4杯の珈琲を飲み比べさせて頂きました。
    私は深煎りのケニア。トキコーチはパナマが今日の好みでした(^-^)
    少しでしたが奥さんの今の状況をお聞きし、内容は全て経験済みの症状。
    まーだまだ痛いのは続きますと話して帰ってきました。可哀想に、、、毎回痛いんだよなー最後の痛みは秘密にしておきました(笑)
    経験が痛みを緩和させていくのは仕方がない事実だろうなー
    今回のrideは、アップダウンがあり走りごたえがかなりありました。

    デローザさんの行方も夜まで心配してたんですよー(゜Д゜≡゜Д゜)?

    長々とコメントをすみませんでした。
    また近いうちに!ですね!


  • 2017/01/22 08:06 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、こんにちは
    写真誉めていただいてうれしいです。自転車に次ぐ僕の趣味ですからね~(^^)
    それからアルペンジローはぜひご一緒したいです。共通のお気に入りにリストアップされること間違いありません。道が安全ではないので、自転車が無理なら電車でも車でも…そのうちぜひ実現させましょう。

    それから僕がいなくても石かわ珈琲に寄ってくださったことも嬉しいです。ktyさんが本人のいないときに僕たちが朝霧高原を走って愉しんだことを喜んでくれたことと被ります。ちょっと違うか(^^;
    4杯飲み比べって、二人でいかなければできないテイスティングですね。立て続けに飲むと違いが分かりますね。
    Kさん、頑張り屋ですよ。最近だんだん自転車が楽しくなってくれているようで僕もうれしいです。ビビさんからの応援もありがたいです。いつか皆で朝霧高原走りたいですね。

    僕の行方まで心配してくれて本当にうれしいです。実際最後の方は自分がどこへ向かっているのかの走行でした。GARMINもスマホも電池切れ(次回からは予備バッテリー持ちます)、日が暮れて誰かに聞くに聞けないし…恥ずかしくてktyさんにも電話できないですしね。w
    正確にはGARMINは「充電してください」の表示のまま走り続けたので、終点の清水駅の近くまでは記録は残ってます。でも画面表示は「充電してください」だけwww
    そうは言うものの所詮街中ですからね、朝霧高原で道に迷うのとは大違いです。コンビニもあるしクルマも通行してるし、明るいですからね。
    ご心配かけました。
  • 2017/01/22 15:18 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1242-35122724

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク