fc2ブログ
2011/10/19 20:41
レギュラーメンバー揃って、久し振りに「三太郎鮨」でランチ
店の前に来るとシャッターが閉じられ、道路の反対側の新しい建物で営業していた。
HTさんはそうとは知らず、旧店舗のシャッターが閉じられているのを見て、"ありゃ~、ここまで来て…"と思ったそうだ。
そりゃそうだ。我が家からは往復で130キロ弱もある。食べずには帰れない。
小田原三太郎鮨ルート
本日の走行ルート

早川を渡る橋の袂の信号から三太郎鮨までは、まだ100m以上ある。
鮨屋の建物の壁と思われるあたりに、DSさんが目ざとく看板を見つけた。
「あれ、看板なんてありましたっけ?」と言っている。
そう言われてみてれば、あったような、なかったような…。
実は、これこそが新しい店舗の2階部分にかけられた看板だったのである。

新しい店の二階に通された。
仲居さんが注文を取りにきたので、「新しい店はいつからですか」と尋ねたら、なんと、なんと…
「去年の12月からです」と言う。
「え~っ!俺たちって、ここへ来るの一年ぶりなんだねぇ」とみんなが驚く。
みんなが驚いたのでよかった。一人だけ驚く可能性も大いにあるわけで…

みんな「本日のランチセット」を注文した。

本日のランチセットは下記の通り
ライス:平日1,000円 土日1,575円
ちらし:毎日1,575円
・刺身
・揚物
・小鉢
・キンメの煮付け
三太郎ランチ
なぜかちらしは大盛がサービスなのに、ライスつまり白米の大盛は105円増し。なんでだろう…
ちなみに上の写真を撮る前に、大根のサラダとお新香は食べ終えて、皿は片付けられている。

今までみんなふつ~に大盛をオーダーしていた気がするのだが…
なんだか今日は様子が変だ。
誰も大盛にするといわない。僕だけが断固大盛にするというと、かろうじて一番大食のDSさんだけがお付き合いしてくれた。
HTさんは「大盛だと、途中から完食することだけに集中してゆっくり味わえないんだよね」と言う。
TIさんに至っては「大盛を食べると、夕飯になっても腹が減らない」と言う。
大盛に付き合ってくれたDSさんでさえ「帰り道は国府津あたりまで胃が重いんですよね」なんて言ってる。
NTさんはカロリー過摂取を責められないように、静かに普通盛で…

僕一人だけ、大盛が過大なボリュームだったことを忘れていたのだ!
みんなはちゃんと覚えていたのに… 
とは言うものの、結構あっさりぺろりと完食した。

どこで珈琲タイムにするかいろいろ意見が出たが、出たとこ勝負ということにして小田原漁港を後にした。

で結局いつもの「亜煉路館」まで喉が持たず、大磯の「マグネット」で珈琲タイムにした。
ブレンド珈琲にケーキのセット。
三種類あるパウンドケーキのうち、「ラムレーズン」に人気が集中した。NTさんだけが「クルミ」を選んだ。
ところがラムレーズンは二つしかないという。今日は年長者らしく辞退して「クルミ」にしたが、二番目の年長者のHTさんは知らん顔してるので、DSさんがランチに続いて僕にお付き合いしてくれた。

夕飯の時間になっても腹が減らない。TIさんの言うとおりだ…orz

そうそう、今日もすんでのところでランチの写真を撮りそこなうところだった。
箸をつけようとすると(大根サラダとお新香は既に食べた後だが)、HTさんから「写真!、写真!」と促されて何とか間に合った。でも、キンメの煮付けは食べやすいように裏返した状態。見栄えが悪いな。orz…


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



2 Comments

  • kazu+kano 

  • カワハギの刺身が美味しそうですネ。醤油瓶がトックリに見えたりして・・・。一寸、寒い一日でしたが、食欲の秋には関係ないすばらしい一日のようで何よりでした。週末は天気がくずれそうで…体調が悪くなりそうです。
  • 2011/10/19 22:38 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん、今度是非ご一緒しましょう。
    鶴間公園から小田原まで往復の距離は110キロほどで、しかも平坦路ですから今のKKさんなら楽勝です。

    三太郎鮨は値段がリーズナブルで、魚も新鮮なのでおすすめですね。
    しかも満腹!満腹!
    寒くならないうちにご案内しますね。

    週末に天気が悪くなると困りますね。
    僕など土方と同じです。雨の3日も降れば…ですよ。
  • 2011/10/19 23:16 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/123-8307c8ef

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク