2016/12/22 10:29
2016.12.18

書き終えたブログ記事【その2】が保存直前にフリーズして消えました。気落ちしましたが、あの愉しかったサイクリングを記録せずには終われないので再度やり直しです。忘却が進み、一層適当な内容になる予感…

※【その1】も【その2】もktyさんとトキちゃん撮影の写真を多数使用させていただいてます。

01山中湖
山中湖
三国峠のパノラマ台からの最高の眺めを満喫して戻ってきたみなさんと再度合流し、山中湖畔のサイクリングロードへと走りだします。
当初の予定より遅れること1時間余り。誰のせいかは不問に付すとして、13時を回るとさすがに山中湖畔も気温が上がって空が霞んでいます。
そうは言っても冬の日差しにきらめく山中湖と富士山は見事です!
子育ての真っ最中の白鳥のお父さんから反撃を食らったブログ記事を覚えていてくれた二人。人並み以上に記憶力が優れているので、助かることもありますが、そんなこと忘れろよという場面もあり…です。w

00山中湖
山中湖
念願のパノラマ台からの絶景を拝むことができたビビさん、よかったですね。そしてこの後はビビさんを気遣って周囲を引き回すような走りは決してしないトキちゃんなので、僕も安心して走れます。

01a山中湖
山中湖
ハンディがたくさんあったはずなのに、本日絶好調なり!のktyさん。騙されました…ここに至るハードなコースではあっさりと僕の視界から消えました。

30分前の体たらくからはすっかり立ち直れた僕でしたが、普段に戻ったところでそれなりです。
トキちゃんのせいでいつもより強度が高い走りだったのも事実ですが、補給の失敗が一番大きな原因だったかもしれません…だといいな。衰えじゃなくて…。ww

山中湖畔を半周してR138へと出ました。通行量が多いのもあって、舗装の傷みが激しいR138です。ほどなく僕の背後に一人のローディーがつきます。
まるで仲間のように左から右から割り込むような走りをするのでちょっと気になりましたが、そのうち失せるだろうと…
しかしいつまでたっても離れないのでちらと見るとまだ子供です。

道の駅なるさわに立ち寄るとその子もついてきます。もはや我々から離れる気はないようです。ww
トイレ休憩と軽い補給をして(僕は道志の分岐点にあるセブンでたらふく食べたので無し)、いつもと違う道を行く先頭のktyさん。

※ktyさんのブログを改めて読んでみたら……「道の駅なるさわ」と「なるさわ活き活き広場」は訪れた順番が逆のようです。
訂正は入れませんが、逆が正解です。(^^;


04富士山広場
なるさわ活き活き広場
こんな富士山ビューの場所があったんですね。しかし「なるさわ活き活き広場」という名称はグーグルマップで僕が適当に探したものなので違う可能性があります。w
広場の向こうに見る富士山は初めて目にする美しい姿です。

03富士山広場
なるさわ活き活き広場
くっついて離れない少年も一緒に写真に収まりました。自転車はビンディング仕様ではなく、フラットペダルにスニーカーです。

a_20161220230718aaa.jpg
なるさわ活き活き広場
ktyさんが長男、写真を撮っているトキちゃんが次男、ビビさんは長女(実際はトキちゃんの奥さんですが)、そして孫の中学生。僕はお父さんでありおじいさんであり…
あり得なくもない年齢構成です。

05県道17号
県道71号線
こんな構成で笑顔を絶やすことなく一日一緒に楽しめるのも自転車ならではです。
こうして帰宅後に改めて写真を見ていると、自転車っていいなぁとしみじみ思います。

05a県道17号
県道71号線
樹海の中を抜ける県道71号線は自転車乗りなら誰しもが楽しめる絶好の高原道路です。目をつむっても走れるほどになじんでいるktyさん、活き活きと走り、前になり後になり写真を撮ってくれます。

06県道17号
県道71号線
後ろからの撮影を終えて追いついてきたktyさんですが、この後猛然とアタックしてみんなを置き去りにします。
休憩地点の大室山西展望台までさほど距離がないことを知っているからに他なりませんが…ww

07県道17号
県道71号線
この写真を撮っているトキちゃんもこの後バトルに加わり、例の小僧も猛追します。この時のトキちゃんの加速力は文字通りエクスプロージョンといった趣でした。上りなのに唸りを上げて抜き去っていくホイールの音が今も耳に残っています。
僕は大人なので参加せずビビさんをエスコートします…単に上りだったからですがw

06大室山西展望台
県道71号線:大室山西展望台
県道71号線を走るときには必ず立ち寄る大室山西展望台です。今日は本栖湖のはるか向こうには雪を頂いた南アルプスが美しくも神々しい姿を見せています。いつ来ても季節感が豊かなこの展望台です。

07大室山西展望台
県道71号線:大室山西展望台
どのコースにもそれぞれに楽しさがあり、どの自転車仲間も無条件に愉しい時間を共有させてくれます。だからこその自転車であり自転車仲間です。
そしてこの「朝霧高原 & ADT+B」の組み合わせも、いつしか我々に共通の大事なものとなりました。
※ ADT+B はビビさんが名付けた我々の仲間の名前です。ww

07a大室山西展望台
県道71号線:大室山西展望台
僕にとってはみんなとんでもなく若くて可愛いもんですが、さすがに中学生の小僧はあどけなくて一段と可愛い!

この後のルートは下る一方。ここで体重を活かして走るのがいつものktyさん。交通量は少なく見通しもよく脇道もないので安全だけれど、飛ばし過ぎて自爆しないようにと少し心配します。

やっぱり! クラウチングフォームで下っていき見る間にその姿が小さくなるktyさん。
すると脱兎のごとき勢いで後を追うトキちゃん。例の小僧が続いてアタックしそうだったので大人げなく僕も小僧とビビさんを置いて後を追いました。(^^;
小僧は最後まで食らいついて頑張ったようですが、最後は老獪なおじさんにしてやられて千切られたようです。負けた理由をあれこれ並べる小僧だったようですが、見どころあります。
ktyさんやトキちゃんによれば、こうした経験こそがこれからの小僧の自転車ライフに大きな意味があるのだそうです。彼ら二人はそうした経験を経て今があるので、確かに説得力があります。
臆せずこんな大人の中に割り込んできた小僧、見上げたものでした。

08富士が嶺
県道71号線:富士ケ嶺
走りで遊んだあとやってきた大好きな場所!
この光景を初めて目にしたのはもう1年半以上前のことですが、以来富士山といえば僕にとってはこの姿です。富士山の東側に住んでいるのに…不思議ですね。

08a富士が嶺
県道71号線:富士ケ嶺
決して威容を誇るのではなく優しい姿!

08b富士が嶺
県道71号線:富士ケ嶺
この写真ww  トキちゃんが是非にブログで使えというのでw
どうしてこんなにばらばらで妙な様子になっちゃってるかというと、「はいチーズ!」といったん撮影して気が緩んだところへ急にもう一枚と言われたので、対応が間に合わない人もいたわけです。
撮影者がよくない!w  それにしても僕が一番反応がよかったようです。まだ衰えは大丈夫か。w ただ小僧の目線が気になるww

09あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
小僧の住まいは忍野村だというので、あさぎりフードパークに到着した時点で引き返させました。上りの上に距離もあり、下手すると途中で日没を迎えてしまいます。

09aあさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
大人だけになって「さぁ、食うぞ!」の瞬間です。
まずはktyさんから冷たいコーヒー牛乳をごちそうしていただき疲れを癒します。

14あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
汗による水没を防ぐポリ袋からカメラを取り出すktyさん。彼の汗は自転車をも錆びさせるという強烈なレベルです。師走だというのに、午前中の気合の走りではしっかり汗をかいてました。w

10あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
「ごちそうさまでした!」コーヒー牛乳で乾杯です。

12あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
トキちゃんはこういう時はいつも甲斐甲斐しいのです。率先して注文に走って、テーブルまで運んでくれたりします。この日はフードパークの女性が運んでくれましたが…

13あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
あさぎりフードパークで定番のじゃがバター! 熱々でうまい。

15あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
そしてバターチキンカレー。自転車でエネルギーを消費した体に滲みるマイルドな辛さとトッピングのバターが最高。

16あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
そしてモッツァレラチーズのピッツアは大好き! シンプルでありながら適度な塩味と上質なチーズに、いい焼け具合のクラストがたまりません。

僕たちは必ずフルセットで食べるのです。長距離でエネルギー消費しているので安心してたらふく食べられます。これが楽しみでここまで走ってくるといっても過言ではないかも。w

17aあさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
陽が陰ってきて、食べ終わるとさすがに寒くなってきたのでレストラン内に引っ込んで温まるのかと思ったら…

17bあさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
こんなの食べてます。しっかしよく食うなぁ、冷たいものまで…と人ごとのように感心してますが、僕も食べてます。

18あさぎりフードパーク
あさぎりフードパーク
牛乳ソフトにするかソフトクリームエスプレッソにするか迷いましたが、こちらで。
こっちなら両方楽しめると言うトキちゃんのおすすめに従いました。

17a毛無山
牧草地の富士山を走る
日中の絶景と食を堪能した後は、夕暮れ迫る見事な景色の中を富士宮まで下ります。
富士ケ嶺の富士山と並んで好きな牧草地越しの優しい姿。

17毛無山
牧草地で毛無山を背景に
道を挟んで反対側の毛無の山々が見せてくれる光景も決して富士山に劣りません。その何とも言えないいい雰囲気の場面は走っていて写真に収められませんでしたが、左に富士山&右に毛無の山々のここは最高のロケーションです。

18a富士山
牧草地の富士山
ktyさんによれば、今日は空も山肌も染まりが今一つとのことですが、十分に見事な美しさです。

98.jpg
最高の富士山ビュー:富士宮へ
見慣れたはずの静岡県側の富士山ですが、晴れた夕景の中に立つのは今日が初めてでした。
この美しくも雰囲気豊かな夕暮れの中を走ってみて、次回はカメラを携えて時間をかけ放題かけて撮影を楽しみたいと思ったことでした。

ktyさんの言う「下りだけだよ!」はちょっと嘘で、少し上り返しもある道をビビさんも楽しそうに走り切りました。
本日の終着点はkty家の裏庭。そこへちょうど車で帰宅したktyさんの奥様と二人のお子さん。ご挨拶もそこそこに二人のお子さんがじゃれついてきました。
嬉しいことに長男のカズくんから手紙をいただきました。秘密の内容ではないのでここに書いてもいいよね。

お元気ですか。
僕は勉強がんばっています。
ふだんはおとうさんの友だちとしてきているけど、
今度はぼくのともだちとしてきてください。


もちろんお父さんのともだちだけど、いつもカズくんやミキちゃんにも友だちとして会いに来てます。

奥様にご挨拶をし、二人のお子さんにも手を振ってお見送りをしてもらい、トキちゃんはレンタカーで自宅へ(愛車は車検中とのこと)、僕はいつものようにktyさんにクルマで新富士駅まで送り届けていただきました。

ktyさん、トキちゃん、ビビさん、一日ありがとうございました。
本当に楽しかったですね。また近いうちに一緒に過ごしましょう。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    スーパー楽しかったですねー!!
    白鳥も、冬だからか、かなりボリューミーで可愛かったです。
    その白鳥に襲われたデローザさんを想像すると、かなり面白い!

    面白いー!
    確かに家族にもなりうる構成ですね!
    少年は、ずっとブツブツ述べていましたねー(笑)いきなり当たり前のように着いてきて、楽しかったようですねー(笑)
    名前くらい聞いておけば良かったかなー
    また会えそうですね!!

    それよりも、いくつになられても男子はー┐( ̄ヘ ̄)┌でしたね(笑)少年を相手に、次々加速していくメンズ達の背中はわらってしまうくらいでした!(笑)(笑)
    あっという間に失速した少年は相当悔しそうでした(笑)当たり前だー(笑)
  • 2016/12/23 02:39 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、本当に楽しかったですね。でも最近2回のサイクリングで一番喜んでるのはトキちゃんかもしれませんね。SCOTTは谷底に投げ捨てられずに済んだし、これからも土曜日はスルメになれそうだしww
    冗談はさておいて…一年前に今日を想像した人はいないでしょうね。あの日限定だと思っていたトキちゃんビビさんとのお付き合いがこんな風に続くなんて予想もしませんでしたよ、少なくとも僕は!
    三者三様互いに遠く離れた住まいだし、時間を都合しあうのだって決して容易ではありません。僕を除いてですが…w
    どんな付き合いもきっかけは思いがけないほど小さいのですが、我々の場合も軽い気持ちで出したFBの友だち申請(僕からからktyさんへ)がすべての始まりでした。
    このたびの一周年を振り返って、人との出会いの大切さを切実に感じました。

    あの独り言つぶやき小僧の名前、聞いとけばよかったですね。あの後ビビさんも僕に続いて小僧を交わしていたんですね。悔しがったんだろうな~www
  • 2016/12/23 09:54 | URL 
  • びび 

  • 大掃除をしながら、我が家の玄関にある写真立ての写真を入れ換えました。
    みんな楽しかったこの日々の自転車写真です。
    ADT+B(笑)本当はピコ太郎風にしたかったんですけどねー(笑)

    「あぁーど~してつらいんだーびびー」
    ではなく
    「あーどうして楽しいんだーbicycle!」
    にしたいです(笑)うまいっ!(笑)

    本当に、奇跡的な出会いに感謝しています。
    仲間に入れてくださり、本当にうれしいです。
    最高の仲間!
  • 2016/12/23 17:18 | URL 
  • shimagnolo 

  • いつか玄関に飾った新しい写真を見せてください。僕も写っていると思うとなんだか嬉しい気持ちです。♪

    それにしても大掃除!Σ(・□・;)
    トキちゃんはお片付けが得意らしいから、きっと大掃除でも役に立つのでしょうね。
    できることなら我が家にもお掃除係としてお招きしたいところです。

    「あぁーど~してつらいんだーびびー」 →「あーどうして楽しいんだーbicycle!」、はうまい!
    座布団あげたい!ww

    来年は楽しいことをもっともっとみんなで共有しましょう。今から2017年がとても楽しみです。
    この1年、こちらこそありがとうございました。
  • 2016/12/23 23:35 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1226-3141380c

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク