2016/09/06 22:49
2016.09.06

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

久し振りにN瀬さんとU野さんのお二人からサイクリングのお誘いをいただきました。
最近めきめきと力をつけているお二人、とりわけU野さんの躍進ぶりは何度もブログに書いてきた通り!
なのでやや恐れをなしていましたが、今日は若くてまだ初心者のMNさんも参加するので少し安心しました。

9:30に東飯能駅まで輪行して皆さんと合流します。
ところが横浜線で実に肩身の狭いを思いをすることになりました。
下りの車輌の最後部なのに結構混んでいます。普通なら輪行バッグが問題になる程のことではないのですが、今日はちょっと事情が違いました。
00秩父サイクリング
秩父サイクリング
実は車椅子の方が乗ってらっしゃったところへ輪行バッグを持ち込んだのだから、実に迷惑千万なことになるのは当然です。
迷惑なので降りたいと思ったのですが、後から乗ってきた乗客に押されて車椅子と重なり合う位置まで入り込んでしまい、途中駅でも降りたくとも降りるに降りられない状態になりました。
そこまで込んでいたわけではないのですが、諸事情を考えると到底許されない邪魔者となり、途中の相模原までは俯いて小さくなっていました。
一番困ったのは、輪行バッグで進路を阻み、降りる方に大迷惑をかけ、不愉快な思いをさせてしまったことです。

本当に申し訳ありませんでした。今後は利用する電車を早めたり、車内の状況に注意を払ってから乗り込むことにしようと思います。

01東飯能駅
東飯能駅
東飯能駅に着いたのは9:06、まだどなたも来ていません。輪行袋を解いて自転車を組み立て、皆さんの到着を待ちます。

02東飯能駅
東飯能駅
やがて全員そろい、まずは朝ごはんです。今日のMNさんはパンクもなかったようで何よりです。

03東飯能駅
東飯能駅
県道70号から同53号へと走り継いでいくこの道、山伏峠を越えるまではフラットで気持ちのいい道です。入間川に沿って遡上しながらほんの僅かづつ標高をあげていきます。
今日がまだ4回目のサイクリング、しかも前回走ったのが4か月前というMNさんにやや疲れが見え始めました。すぐ後ろを走っていた僕にはその様子が手に取るようにわかりました。

皆さんそれを察知して、山伏峠の上りにかかる直前のお店で休憩を取りました。
ここではピストでトレーニングしている方と一緒になることが多いのですが、今日も二人連れがいらっしゃいました。
一目でわかるほどロード乗りとは異なった体格です。一人は若くてバランスの取れた体格で、一同その姿にほれぼれとしました。
別れ際に、「こういう自転車で峠を走るってすごいですね」と話しかけると、「つらいっす!」との答えでした。w

04山伏峠長瀬さん
山伏峠:N瀬さん
山伏峠まではそれぞれのペースでのんびりと上ります。僕はゆっくりペースで走ってくれたN瀬さんとお話しながら楽に走らせてもらいました。

05山伏峠上野さん
山伏峠:U野さん
U野さんは途中までMNさんを気遣って少し遅れて峠に到着。

06山伏峠真中さん
山伏峠:MNさん
MNさんもほとんど遅れることなく頑張って上ってきました。

07秩父へ
秩父市街へ
ここからは基本下りです。R299までは緩やかな山間の下りを楽しみます。
上りは速いけれど下りは慎重なN瀬さん。僕とは対照的です。(^^;;

08秩父へ
秩父市街へ
変らぬペースで秩父目指して安全に下って行きます。こういう場面で僕が先頭だと知らず知らずに速度が上がり、時には後ろの方からお叱りをいただくことも…
下りでの落車は大きな事故につながるので、改めて自重したいと思ったことでした。

09野さか
豚みそ丼本舗 野さか
西武秩父駅からほど近い「豚みそ丼本舗 野さか」が本日の目的地です。
相変わらずの人気店でここはいつでも行列必至です。平日昼過ぎの今日でも3組目の順番待ちでした。
外の待機ベンチにはミストシャワーのように霧が降ってきます。涼しいサービスということのようです。

10野さか
豚みそ丼本舗 野さか
N瀬さん以外は普通盛りとしましたが、それでも十分なボリュームです。

11野さか
豚みそ丼本舗 野さか
うまそうに食べるU野さん。その横でお仕事のメールをチェックっするMNさんです。

12野さか
豚みそ丼本舗 野さか
僕のお隣のN瀬さんはこのメニューが大好きで、必ず大盛りをいただいてます。
食べ終えて話が弾みますが、このあとの行程を考えてほどほどにしてお店を出ます。
どなたと行ってもトーキングタイムは特別に愉しいですね。

13定峰峠へ
定峰峠へ
お腹が満たされた後は定峰峠を越え、さらに白石峠まで上ったところでその後の帰路のコースを決めることになりました。

14定峰峠へ
定峰峠へ
定峰川に沿って上る山道は実に気持ちがよく、何度来ても決して飽きることはないでしょう。勾配は決してゆるくはなく、辛い場面も少なからず訪れるのですが、川の流れを目にしながら豊かな木々に覆われて走る峠道は格別です。

15定峰峠へ彼岸花
定峰峠へ
季節は既に完全に秋! 路傍には曼珠沙華も咲いています。まもなく超スケールの巾着田の曼珠沙華を愉しみにたくさんの方が訪れることでしょう。

19定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
定峰峠に上るときには絶対に欠かせないポイントにやってきました。
こんなお地蔵さまと橋があるのは今まで気づきませんでした。

20定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
橋の向こうの川の上のテラスには先客があるようです。

21定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
ここに来るために定峰峠を目指すといえばやや大袈裟か!ww

22定峰峠へHANAアウトドアテラス
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
こちらの「ジェラテリアHANA」のジェラートやシャーベットは実に美味です。アウトドアテラスで食べればそのおいしさは倍増間違いないのですが…今日は室内です。

23定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
僕は「ブルーベリーのヨーグルト味&ナシのシャーベット」をダブルでいただきました。とりわけナシは実際のフルーツ感そのまま!相当お勧めです。

24定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
そしてこちらはU野さんの「スイカのシャーベット&なしのシャーベット」のダブル。スイカは笑っちゃうほどおいしいと!次いでナシも絶賛でした。

25定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
他のお二人もダブルでそれぞれ注文なさっていました。いずれ劣らぬおいしさです。

26定峰峠へHANA
定峰峠へ:ジェラテリアHANA
おいしいものを食べている時の幸せ顔はいいですね。サイクリングの楽しみの半分はこれかも!

27定峰峠へ
定峰峠へ:渓流定峰川
おいしいシャーベットを楽しんだ後は、定峰川にカメラを向けながら一人遅れて上りました。

28定峰峠へ
定峰峠へ:渓流定峰川
奥入瀬を思わせるような渓流が見事です。

29定峰峠へ
定峰峠へ:渓流定峰川
名勝地としては全く知られていませんが、定峰峠へ上る道沿いにはこんなに美しい渓流が随所に現れ、目を楽しませてくれます。

30定峰峠へ
定峰峠へ
樹林が開けたところからははるか遠くに町が見下ろせます。どこの町でしょう…

31定峰峠へ
定峰峠へ

32定峰峠
定峰峠
やがて苦労しながら登るMNさんにエールを送ってパスし、先行するお二人の背中を視界に捉えることができました。けれども結局追いつけず、遅れて定峰峠にたどり着きました。
そしてほどなくMNさん、若いローディーが続いて二人上ってきました。
ここではややゆっくりと休憩を取ります。

このあとところどころ11%ほどにもなる坂を制すると2kmほどで白石峠です。明覚方面からの白石峠はヒルクライムコースとして有名ですが、そこは絶対に走りたくありません。
下った経験から言えることは、辛そうなばかりで景色も眺望も全くありません。鍛えたいヒルクライマーや上り大好きな方は是非どうぞ!
33白石峠
白石峠
このあとやや疲れた表情でMNさんが到着しました。
今日はややタフなコースだったこと、そして時間的にも難しい状況だったので、奥武蔵グリーンラインは割愛しました。
白石峠を下って日高でみなさんとお別れしました。

お誘いいただいて久し振りにまじめに走らされました。前回皆さんと走った後暑さを避けていて一緒に走るまでに間が空きましたね。懐かしさも含めて本当に愉しいサイクリングでした。
走るのが大好き、辛いのが大好き、食べるのが大好きというこのグループとのサイクリングは、僕のなまくらになりかけている精神に喝を入れてくれます。
次回はどんな辛いところにご案内してくれるのでしょう。今から途中離脱の方法を研究しておきますので、またお誘いくださいね。

今日は一日ありがとうございました。

Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • N瀬 

  • shimaさんお疲れ様でした。
    久しぶりにご一緒出来て本当に楽しかったです。
    おしゃべりしながら、頑張り過ぎずヒルクライムを楽しむスタイルが一番好きなので、今回の様なコースは大好きです。
    これからロードに乗るには良い季節になるので楽しみですね。
  • 2016/09/07 18:22 | URL 
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、昨日はありがとうございました。お誘いいただいて実に楽しい一日でした。
    本気で走られたらすぐに背中を見失ってしまいますが、昨日はペースを合わせてくださったお蔭でおしゃべりしながら愉しめました。そんな走りは上りの辛さを忘れさせてくれますね。
    秩父は本当にいいですね。U野さんとも話していたのですが、紅葉のシーズンには、小鹿野から志賀坂峠と八丁峠を越えるルートをご一緒しましょう。
    毎年走るお気に入りのコースですが、昨年はよそで浮気しているうちにシーズンが終わってしまいました。
    今年の後半も一緒に楽しませてくださいね。
  • 2016/09/07 19:48 | URL   [ 編集 ]
  • U野 

  • Sさん、お疲れ様でした。
    今回は久々のライド楽しかったです。
    もう少し涼しくなったら奥武蔵グリーンライン~豚丼~ふれあい牧場~奥武蔵グリーンラインがいいかなぁとN瀬さんと話していました。
    まずは次回の八丁峠が楽しみです。
    再来週もよろしくおねがいします。
  • 2016/09/08 00:10 | URL 
  • shimagnolo 

  • U野さん、昨日は愉しかったですね。猛暑の間はご一緒する機会が少なかったですが、まもなく絶好のサイクリングシーズンになるのでとても楽しみです。ご一緒するときはあまり厳しくないコースが希望ですよ、そこのところをちゃんと考えてくださいね。(笑)
    八丁峠の紅葉は楽しみですね。あのコースは何度走ってもワクワクします。景色も紅葉の色も素晴らしいですからね。MNさんも一緒に行けるといいですね。
  • 2016/09/08 00:32 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1179-ca362d49

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク