2016/08/21 21:24
2016.08.21

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

明日は台風の接近で本気の雨降りになるという予報。
今日の日中は何とかもちそうなので湘南三浦方面を走るつもりでした。
誰とも約束をしていないので気ままに…と家を出て駅前へと坂を下りました。
駅前の信号で止まり、青で踏み出そうとするとペダルが重い! アウタートップじゃ重いに決まってる!とシフトボタンを押すが…あれっ反応がない。
ありゃりゃDi2のバッテリーが完全に死んでます。赤のLEDすら点灯しません。こんなギアで走れるはずもなく、大急ぎで家に取って返しました。

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
まだ数百メートルしか走ってないのに暑いこと暑いこと。汗だらだら。
ちょっと冷たいものを飲んで自転車を取り替えて出直しです。
せっかく出直したのだから行き先を変更しようかな、最近行ってない風張峠に行ってみよう…知り合いに会えるかもしれないし。
しかしこんな陽気の日にわざわざ横浜くんだりから行くところではないと、まもなく先に立たない後悔をしました。

こんなコースを選んだのには小さな理由がありました。
最近走りに身が入らず不真面目なので、もともと頼りない走りがさらに低下している気がしてならなかったからです。
気がしているだけでなく間違いなく低下の一途をたどっています。
歳を取ると低下するのはまさに急降下ですが、元に戻るのはただ事ではすみません。

武蔵五日市駅を過ぎるまでは走って楽しい道ではありません。
五日市街道では次から次へと風張峠方面から帰ってくるローディーとすれ違います。
まぁ、こんな猛暑の日だし、こんな時刻に風張峠へ向かえば(僕の速度では)早い帰宅はあり得ません。ちなみにこの時とうに正午を回っていました。

戸倉のコンビニにたどり着いた時には13時ころだったでしょうか。自転車乗りが一人もいません。普段の日曜日ならあり得ないことです。
しかしこの猛暑、しかも一日の内で一番気温が上がるこの時刻です。上り坂に向かうのは酔狂というほかありません。正気の沙汰ではありません。
実はここで引き返そうかという弱気の虫もかなり疼いたのですが、食べもので何とか凌ぎました。
フルーツがいっぱい入ったゼリー・ドーナツ・カフェラテを腹に詰め込んで仕切り直しました。

01数馬へ
檜原街道:数馬へ
戸倉から少し上れば、檜原街道は両側に立ち並ぶ檜のお陰で真夏でも涼しい!
しかしこういう道は長くは続きません。

02秋川の水遊び風景
檜原街道:秋川の水遊び風景
林間を過ぎると秋川が檜原街道の右に左に深い谷を刻んでいきます。ところどころに現れる淵は水遊びの親子で賑わっています。
誰が考えても自転車より水遊びでしょう、こんな炎天下では!

03秋川数馬へ
檜原街道:上川乗へ
さっき腹に詰め込んだばかりですが、こんな烈しい日差しの下でハンガーノックになってはたまらないのでお昼ご飯を食べることにしました。
ラーメンを食べる気分ではないので橘橋際の「たちばな家」はパス。少し先の「手打ちうどん はたの」で冷やしタヌキを食べました。量が少なめなのですが、今日はそれで十分です。
うどんが出てくるのにずいぶん時間がかかりました。まさかうどんを打つところから始めたわけでもなかろうに。

腹も満たされて、もうちょっと先に進んでみることにしましたが、その一方で辛かったら上川乗で引き返すことも考えていました。
頭に浮かぶのは、どこで引き返すかばかりです。

うどん屋を出ると下から若い二人のローディーがゆっくりと上ってきました。
見ると前を走っている青年はかなり体格がよく、というよりもムチムチに肥えています。後ろを走る青年も決して自転車向きではなく、どちらかと言えばポッチャリ。
二人とも体育会系の重量級ではなく、有体に言えば、走れなさそ~…
でも彼らから勇気をもらいました。いかに若いとはいえ、この炎天下に超重量級の身体を風張峠まで運ぶ心意気と楽しそうな様子に感激しました。

少しあとからスタートしたのですが、まるで彼らが止まっているかのようにすぐに追いついてしまいました。
後に付かれるのは愉しくないだろうと、ちょっと挨拶して前に出ました。
僕ののろい速度ではありますが、すぐに視界の遥か後方に消えました。
自転車との付き合い方は十人十色。彼らは彼ら、あれでいいんですね。だって走っている様子は実に愉しそうでしたから。

その後、勾配は徐々にきつくなっていきますが、彼らのお陰でその後のモチベーションが高まりました。

しかしそれも長くは続かず(なんといっても今日は暑すぎました)…
数馬の湯の手前に現れる激坂(実は全行程でここが一番嫌い)で打ちのめされて、今日はもうやめたいなぁの気分。

04数馬の湯
檜原街道:数馬の湯
それでも数馬の湯の駐車用でドリンクを飲みながら「進むべきか?退くべきか?」悩むだけの気持ちは残っていました。
文字通り進退窮まりました。

05数馬の湯込んでる
檜原街道:数馬の湯
「このまま下るべきか?風呂に入ってからにすべきか?」、悩みはいつのまにか下り方に替わっていました。
下り方に悩むこの時、既に進む選択肢は消えていました。(^^;

結局温泉の誘惑に負けました。
込んでいるようです。
今日は名前と人数の記入までは求めていませんが。

06数馬の湯バイクラック
檜原街道:数馬の湯
この季節ですから、風呂に浸かってから下っても何ら問題はないはずなのですが…
ジャージもレーパンも絞れそうなほどびしょびしょ!入浴後にまたこれを着るのか!と迷ったわけです。

奥多摩で自転車競技が開かれた時以来らしいのですが、バイクラックが備え付けられています。
でもご覧のとおり! ここで入浴するような軟弱者は一人だけでした。w

07数馬の湯
檜原街道:数馬の湯
建物内部はこんな様子です。この奥に浴室があります。

08数馬の湯
檜原街道:数馬の湯
そしてこちらは玄関を入ってすぐの空間です。向こうに下足箱が並んでいます。

09数馬の湯
檜原街道:数馬の湯
例になくのんびりと風呂に浸かりました。ジャグジーにじと~っと沈んでいたおかげで疲れが取れました。

10数馬の湯
檜原街道:数馬の湯
ロッカーにしまったジャージとレーパンは汗で濡れたまま。身につけるとなんとも気持ちが悪い。
体の熱を冷ますのもかねて、ジャージは着ずにベースレイヤーの上にレーパンを履いて、少し乾くのを待とうと無駄な抵抗をしました。
しかしこんな時はさっさと走り出すに限ります。やはり着て長い下りで風を切って乾かすのが一番のようです。

戸倉のコンビニで再度休憩&補給するころにはすっかり乾きました。状況に快適に適応するという点で、サイクルウエアは実によくできています。
気持が悪いのはほんの一時、何とかなるものです。今後サイクリングにますます温泉が欠かせなくなりそうです。

11今日の夕焼け空
多摩川の夕焼け空
西の空を振り返ると、美しいというには不敵すぎますが、こうした不安定な気象状況ならではの夕焼け空が広がっていました。

12今日の夕焼け空
多摩川の夕焼け空
急いで多摩サイの見晴らしのいい場所へと走り、やや不穏ながらも心惹かれる夕焼け空を堪能しました。

13今日の夕焼け空
多摩川の夕焼け空

14今日の夕焼け空
多摩川の夕焼け空

かつては一人で一日中走って楽しめたのですが、最近は一人だと気持ちが上向きません。もちろん速度も距離も…です。
友だちと走る愉しさが一人の気安さを上回るからか、この年齢になって人恋しさが強くなってきたからか。
おそらくその両方でしょうね。(それと走る力が目に見えて衰えてきたからw)
これも仲良くしてくれる若い人の功罪です。
いや、もちろん彼らには感謝あるのみです。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • U野 

  • Sさん、ご無沙汰しております。
    ご一緒したのは5月が最後でしょうか!?
    風張峠お疲れ様でした。戸倉側からは暫く走っていませんね・・・日当たりが良すぎて夏は気が進みません。。以前はみんなで良く走ったものですね。
    私たちの最近は暑いので各々の車に車載して麓に集まり山の中だけを適当に走っていました。それも主に奥武蔵グリーンラインの涼しい所だけです。
    温泉いいですね!私もいつも帰りに温泉に入ろうと思いタオル等を車に準備していたのですが時間の関係で入らずじまいです。駐車場の水道で水浴びして帰ってました。

    そろそろ秋の良い季節になりますね。またみんなでワイワイのそのそと1日中走りたいものです。

    9月以降またご一緒出来ることを楽しみにしています。

  • 2016/08/23 10:48 | URL 
  • shimagnolo 

  • U野さん、本当にご無沙汰しています。また一緒に走りたいですね。
    N瀬さんのブログで、U野さんとお二人で奥武蔵グリーンラインを走られた記事を読ませていただきました。この暑さではお互いに自宅から離れたところで合流するのは大変すぎますからね、羨ましく思いながらも、もう少し涼しくなってから!と自分を納得させています。

    今年の夏も水浴びでもしないと先に進めないほどの猛暑ですね。涼しくなったら是非ぜひまたお声をかけてください。
    その時には義理の弟さんやK木さんも誘って賑やかに走りたいですね~。
    僕のことを忘れずにコメントくださって、本当にありがとうございます。
  • 2016/08/23 21:20 | URL   [ 編集 ]
  • びび 

  • デローザさん!ただいまでございます!
    台風と追い付け追い越せしながら、北海道の旅、1日以外は走りました。

    今回のコースは、平坦ばかりではなかったのですが、大変ながらも、「走ったー(;゜0゜)」といった毎日を過ごしました。
    キツーイ峠越えもありましたが、なんとか夫婦仲は保たれました(笑)
    詳細はまたお会いした時にー(^-^)

    数馬の湯は都民の森の途中ですね!
    そこまでは何度も。少し先の神社?過ぎてからいつも脱落します(涙)

    まだ見えない疲れがとれないようで、よーく眠れます(笑)
    また近いうちに!\(^o^)/

  • 2016/08/24 00:20 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、おかえりなさ~い!
    トキちゃんのFBとtwitterで旅の様子は毎日楽しみに読ませてもらいましたよ。雨がたくさん降ってよかったのかよくなかったのか(笑)
    普通は晴天が最高ですが、トキちゃん&ビビさんの場合は毎日がサイクリング日和だったら夫婦仲が危うくなったかもしれませんね。(笑) どれだけ走らされ、どれだけ上らされたか!(笑)
    でも実際はトキちゃんもちゃんとわきまえてコースを考えてくれたようで安心しました。

    北海道の話は是非是非聞かせてください。それからまだ見ていない名カメラマンが撮った写真の数々も!

    風張峠はなかなか厳しいですよね。適当なところで脱落しても全然問題ないと思いますよ。どこを走るにしても頑張りすぎずに愉しんで走るのが一番ですよね。
    そういう意味でも有間峠は愉しかったです。疲労がすっかり取れてちょこっと走ろうかな、という時でもいいですからまた声をかけてくださいね。
    近々にお目にかかれるのを楽しみにしています。♪
  • 2016/08/24 14:09 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1170-696ee0a0

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク