2016/08/17 22:03
2016.08.17

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

暇人であるがゆえに約束や予定は急に変更になります。
本日も急変なり!

時刻は既に10時を回っていますが、何もしないで蟄居しているには天気がよすぎます。何しろ台風一過ですから。

自走では遠くに行けない時刻です。それは時間的にタイトというだけでなく、そんなに遠くまで一人で走れない。この時刻になるとモチベーションが…
従って輪行しか手はありません。

00乙女峠~長尾峠~小田原
乙女峠~御殿場~長尾峠
大急ぎで電車の時刻と乗り換えを検索すると…
最寄りのJR駅まで自走の後輪行して10:33発橋本行きに乗車できれば、なんとか走る時間が確保できそう。
横浜線町田駅着10:42だから、その後急いで小田急町田駅へ。そして10:52発の特急ロマンスカーの座席指定券を購入して乗車。ここまでうまくいけば箱根湯本着は11:52。
この時刻ならまずまずです。

問題は自宅からJRの駅まで自転車で走って輪行袋に詰め込んで乗車するのに15分しかないことです。
ダメもとで家を飛び出します。

道路の信号が黄色になり直前で赤に! 大きい交差点だから信号無視はできません。
急いでいるので交差点の大小の問題なのです。スミマセン…
地団太踏みながら信号が変るのを待ち、再度走り始めた時にはちょっと弱気になっていました。"次の電車にするかな~…"

JRの駅に着いたのは発車まであと5分くらい。
3分で輪行準備して乗車できた実績は伊達ではありませんよ。まぁ荷姿はあまり立派ではありませんが。
ギリギリその電車に間に合いました。町田到着後はちょっと慌ただしい程度の乗り継ぎ劇でした。

きっとなんか忘れてるな…でも自転車があればとりあえずは走れます。こういうドタバタ輪行は単独だから許されるんですね。こうとわかっていたら誰も付き合ってくれません。

01ロマンスカー
ロマンスカー特急座席指定券
切符も無事に買うことができて、席についてホ~ッと思わず長い息を吐きました。

町田から箱根湯本までの特急指定料金は620円。この料金を安いと見るか高いと見るか。利用の仕方次第でしょうか。
他の乗客の邪魔になる輪行袋の置き場所で苦労することもなく、速くて楽ちん。タイミングよく乗車できるときには積極的に利用したいと思います。
途中停車するのは本厚木と小田原のみ。箱根湯本には1時間で到着です。

輪行袋に杜撰に突っ込んだだけの自転車を取り出し、組み立てて走りだします。不思議なことにこの時モチベーションは非常に高かったのですが、理由がわからない…
でも高いのはモチベーションだけで、速度はさっぱり上がりません。w
写真にうつつを抜かしていたことが自転車にいい効果をもたらしたとすれば、自転車乗りとしてはいかがなものでしょう。
相変わらず自転車好きだけど、だんだん走れなくなっています。

02洞門
函嶺洞門
この洞門は目下通行ができません。保存対象構築物になるのでしょうか。早川の上流側から撮った方が美しい洞門です、と言いながらこの写真は下流から撮りました。

03宮ノ下へ
箱根裏街道:宮ノ下へ
宮ノ下を左折するか直進するかまだ決められないものの、気持のいい上りを楽しみます。速度は上がらずとも箱根の道は変化に富んでいて魅力的です。

04今日の自転車
箱根裏街道:宮ノ下へ
箱根裏街道は塔の沢でまた早川の対岸へと移ります。今日はC59にレーゼロカーボンです。

05宮ノ下へ
箱根裏街道:宮ノ下へ
箱根は随所にこんな清々しい流れがあります。山が深く樹木が豊かな箱根ならではです。

コンビニでドリンク、おにぎり、アイスで補給と休憩したのち、宮ノ下をそのまま直進して乙女峠を越えて御殿場に下ることにしました。

富士山が見えたら籠坂峠を越えるか、裾野方面に向かうか、どちらかを目論んでいましたが…
乙女峠からは富士山の姿は望めず、雲に霞む御殿場市街は暑さでぐったりと眠っているようです。

06乙女峠下
箱根裏街道:富士松展望レストラン
残念!富士松展望レストランからも富士山は雲に隠れて影も形もありません。ここまで隠れてしまうと、初めから存在していなのではないかと思われるほど完璧な雲隠れです。
これではこの先のコースを考え直すほかありません。

ひとまず前回のリベンジを果たすべく「炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店」を再訪しましたが、今日も待ち時間がただ事ではありません。どうなってるんでしょう。そんなにおいしいのか!
今回も諦めて、前回立ち寄ったモスバーガーでハンバーグならぬハンバーガーを食べました。自転車が安心という理由でしたが、すごく待たせます。これではファストフードを名乗る資格はないですね。
うっかり忘れていて立ち寄ったモスは大失敗でした。

実はお昼ごはんは浜松の仇を御殿場で討つ!予定でした。
先日逃した浜松の「沼津魚がし鮨」だったので、御殿場プレミアムアウトレット店であさぎりソフトともにリベンジするつもりだったのですが、気づくのが遅すぎました。
ソフトクリームだけでもと、渋滞のわきを走って奥まった駐車場に自転車を止めましたが、人波がすごすぎて退散を余儀なくされました。
次回持ち越しの案件が増えて、再訪する口実ができました。(負け惜しみw)

気がつけば箱根に引き返す地点まで来ていました。

07乙女駐車場
長尾峠へ:乙女駐車場
同じ道を上り返すのもつまらないので、お気に入りの長尾峠を越えることにしました。
前回ポルシェで賑わっていた乙女駐車場はがらんとしています。今日は向うに見えるはずの富士山もあるはずもなく…

08長尾峠へヘビ
長尾峠へ
長尾峠に向かうとすぐに出迎えてくれました。(ありがた迷惑ですw)
写真を撮ってMさんに進呈することにしました。
Hi,M-san! This is for you !
クルマに轢いてくれと言わんばかりに路上で寝こんでいて、近づいてもピクリとも動きません。
足踏みして目を覚ましてもらい、安全な路肩でお休みいただくことにしました。

09長尾峠へ
長尾峠へ
空は雲に覆われ、富士山も姿を見せませんが、長尾峠はいつもと変わらず、クルマも少なく最高の峠道です。

10長尾峠へ
長尾峠へ
こういう道ならアップダウンすら必要ありません。平坦でもいいからず~っと続いていてほしい。飽きずに楽しめます。

11長尾峠へ

道幅もクルマがすれ違えるギリギリなので通行量はいつも少なめ。繰り返し現れるブラインドコーナーもその先が楽しみになり、上りの辛さはありません。(もともと平均斜度も緩い)

12長尾峠
長尾峠
存分に楽しむほどの距離はなく、まもなく長尾隧道に到着。くぐると小さな見晴らし台があります。

13長尾峠
長尾峠
長尾峠からのいつもの見晴らしです。今日の箱根山は富士山に敬意を表してか、やっぱり頂を雲に隠しています。
風がやや強く吹く今日の長尾峠です。

14仙石原へ
長尾峠から仙石原へ
少し下って行くとさらに雲が増え、富士山方面からはもくもくと黒い雲が湧き上がってきました。

このあと芦ノ湖周りで元箱根を目指しても山小屋を訪ねるには時刻が遅く、脚も売り切れ間際だったので、おとなしく箱根裏街道で小田原まで下りました。


Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1168-5c2bb35a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク