2016/08/10 23:14
2016.08.10

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF23mmF1.4 R

石かわ珈琲ご夫妻、お店で知り合いになったMさん、そして僕の4人で真夏のサイクリングをしてきました。
普段はお忙しいMさんの夏休みと石かわ珈琲の定休日が重なったこの日、Mさんから僕にもお声がけいただきました。
思いがけず、かねてより約束していたご夫妻とのプチサイクリングを実現することができました。

僕自身は電車輪行のつもりでいましたが、我が家までお迎えいただいてMさん運転のクルマでご一緒させていただけることになりました。

さて当日は6:30頃に迎えに来てくださるという親切なお申し出をいただいていたので、お待たせしてはならじ!と少し早めにと思って5:50にアラームをセットして起きました。ややぼ~っとしながら着ていくものを用意しているとスマホに通知が。
「お早うございます。Sさんの家に到着しました。ちょっと早すぎたかな」とMさんからメッセージが!
えぇぇ~!焦りました。まだ6時前です!まだ寝起きのままの姿です。
「おはようございます、今起きたところです。すぐに支度をします(^^;」と返事。
「ごゆっくりどうぞ!」

朝からこんなドタバタの後、Mさんのかっこいい高級車の助手席に収まります。

さすがに朝早いので、運転中はいつものようなつっこみもなく、助手席でボケで応じることもなく、待ち合わせ時間より30分以上も早く「道の駅かつやま」に到着。

01道の駅かつやま
道の駅かつやま
ところが早々にしくじりが発覚!いえ、僕ではなくMさんの。
クルマに積んできたホイールのチューブラータイヤは、チューブが裂けたまんまのものであることに空気を入れる段になって気づきました。
朝からさっそくタイヤの貼り替えです。w

02道の駅かつやま
道の駅かつやま
それでも時間はたっぷり余っているので、カメラを持って撮影しながら時間潰しをしました。

03道の駅かつやま
道の駅かつやま
愛犬2匹を連れて湖畔を散歩する若いカップルです。今日も猛暑の一日になりそうな湖畔の様子です。

何も食べていない二人はすっかりお腹が空いてきました。しかし道の駅はまだ開店しません。そこでコンビニを求めて湖畔を走りましたが近くにはない模様で断念。

04道の駅かつやま
道の駅かつやま
戻ってきて石かわ珈琲ご夫妻の到着を待ちます。
今日は二人揃ってDE ROSAです。MさんのCORUM、彼の自転車の中で僕の一番の好みかもしれません。
一方僕のKING 3、僕の自転車の中で一番好きではない…カメラバッグを取り付けるために今日はこれにしましたが。

05道の駅かつやま
道の駅かつやま
やがて到着したISさんとKさんのお二人。
ISさんが2台の自転車の面倒を見ます。これはトキちゃんご夫婦も同じですね。

予定通りに出発し、御坂みちで天下茶屋を目指します。今日は少し前に出て皆さんの撮影に徹することにしました。

06御坂峠へIS
御坂峠へ
まずはISさんの雄姿!ピカピカの新車Cannondale CAAD12が眩しい。

07御坂峠へKM
御坂峠へ
そして奥様のKさんもまだ買ったばかりのRALEIGH CRF Carlton-Fです(だと思う)。
そして背後を固めるMさん。

08御坂峠へALL
御坂峠へ
少しずつ傾斜が強くなってきますが、まだまだ元気なKさん。気温が上がってきましたが、それに比例するかのように標高も上がります。なので下界の暑さから逃れるヒルクライムです。

09御坂峠へIS
御坂峠へ
ISさんは本気になったら相当走れる方だと思われるので、何とか互角でいられるのはいましばらくでしょう。

10御坂峠へKM
御坂峠へ
思わず笑みがこぼれるKさん。自転車が好きになってくれるといいと思いますが、それにはたいてい時間がかかりますね。みんなでその日を待ちましょう。
今日のMさんはナイトのように最後尾をしっかり守ってくれています。ちょっと頼もしい!

11御坂峠へM
御坂峠へ
そんな褒め言葉が聞こえたかのようなガッツポーズです。w
いつも身につけているETXEONDOがかっこいい! 今日は自転車とのトータルコーディネーションもGood!

13御坂峠へ営業中
御坂峠へ
本日天下茶屋は営業のようです。よかった!
もしもお休みだったりしたら、「あるある詐欺」の汚名に上塗りするところでした。(^^;

12御坂峠へALL
御坂峠へ
真横からのショット! 先頭の小柄なKさんの後にひときわ体格のいいMさん、そして自転車乗りとしては理想的な体型のISさん。

15御坂峠へKM
御坂峠へ
まさに美女と野獣!ww

14御坂峠へ営業中
御坂峠へ
ここまでよく頑張ったKさん。フラットペダルにスニーカーですから、他の男たちよりハンディを背負って上ってきました。
まだ立ちごけなどの心配もあるので、ビンディングペダルの導入はもう少し先になりそうです。

16御坂峠へ山
御坂峠へ
三人仲良く見晴らしのいいポイントに上ってきました。もう間もなく峠です!

17御坂峠へSK
御坂峠へ
二人並んで仲良く走ります。ここまでKさんから笑顔が絶えることがありませんでした。
よかった!

18御坂峠
御坂峠
天下茶屋に到着です。
でも富士山の姿は全く見られません。みんなに見せたかったなぁ~。
それはいったい誰のせいだ!と責められそうなので、どうせ見えないのだから富士山があることも忘れることにしました。
そうしたらKさんが、「心の眼で見ます!」と言うので、なんだかやっぱり自分のせいのような気がしてきました。

20御坂峠山菜とろろ蕎麦
天下茶屋・山菜とろろ蕎麦
お腹もすいたので天下茶屋でお昼ごはんです。
みんな揃って「山菜とろろ蕎麦」です。
「大きな声では言えないけど、意外においしい!」とはMさんの弁でした。確かに!w

19御坂峠山菜とろろ蕎麦
天下茶屋・山菜とろろ蕎麦

21天下茶屋
天下茶屋
お手洗いと水分の補給を済ませて旧御坂トンネルを通過して峠の向こう側まで行って見ることにしました。

22御坂峠トンネルの向こう
旧御坂トンネル甲府側
後でネットで調べてみたら、旧御坂トンネルは心霊スポットの一つとして知られているらしい。以下はその記事です。

【富士河口湖町・笛吹市の境にある御坂峠には、旧御坂トンネルと呼ばれる心霊スポットがある。旧御坂トンネルは、昭和6年に竣工され、工事には36万人が動員されたという。
噂によれば、工事中に多数の死者が出たらしい。加えて、旧トンネルのある旧道では、バイク事故が多発しており、事故死者の幽霊も現れるそうだ。
しかし、旧御坂トンネルで一番出没するとされる幽霊は、僧侶の幽霊。
ネット等で僧侶の幽霊が出る原因等を調べてみたが、真相はわからなかった。
昭和42年の新トンネル開通に伴い、現役を引退したが、現在では富士山を見る絶景ポイントとして、心霊スポットよりもむしろ観光名所として有名な場所である】

実は甲府側から上ってこのトンネルを一人で通過した時のことです。トンネルを抜けて天下茶屋の前で自転車を降りるとリアのブレーキシューが一つなくなっていました。通常あり得ないこと。

この話を聞いたktyさん、「妖怪シュー外しの仕業でしょう!ww」と笑わせてくれました。
さて真相は?

この続きはその2でお伝えいたします。
その2に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1163-9f94894d

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク