2016/08/03 23:14
2016.08.03

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

いずみ中央へ
いずみ中央へ
しばらくお邪魔していないとマスターの顔を見たくなります。そんな感情に後押しされてたくさんの自転車乗りが訪れる亜煉路館です。
サイスポにお店紹介の記事が出た直後からですから、もう本当に古いおつき合いになります。

今日は汗をかいたので、アイスコーヒーとチョコナッツケーキをいただきながら、手の空いたマスターのKさんとしばしお話ができました。
アイスコーヒーチョコナッツ
アイスコーヒーとチョコナッツケーキ
ブラックのアイスコーヒーと大好きなチョコナッツケーキの組み合わせです。やや甘めのケーキとコーヒーの苦みがうまく調和して大好きな組み合わせです。いつもはホットですが…

思い返せば初対面の時から親しみがあったマスターのKさん。デジャヴ感覚いっぱいだったのです。なぜかKさんも同様の感覚でしたが、双方の感覚に根拠がないことがまもなくわかりました。どう詮索してもどこかで出会うはずはなかったのです。

それはともかく、Kさんはチャリンコ少年のころからの自転車ファン。僕のような俄か自転車好きとは異なります。
そんな経緯もあっていまだに往時の自転車が大好きな、ノスタルジック自転車乗りです。いや実際は忙しすぎて乗る時間はあまりありません。
そんなKさん、僕の自転車も褒めてくださいますが、本当のところはクラシックなフォルムの年代物のクロモリバイクが大好きなんです。

Kさんが故 森幸春師匠の大ファンであり、彼の愛車(あの有名な緑色のgrove)を譲っていただいた経緯もあって、生前、森幸春師匠は時々亜煉路館を訪れていらっしゃいました。

幸運なことに僕がお店にいる時に二度も同席していただいたことがあります。
二度目の時はお店が混んでいたのを幸いに僕の隣の席を勧めて座っていただきました。

森幸春さんは日本ロード界の草分け的存在であり、その生涯をロードに捧げ、ロードの歴史における彼の存在の大きさは計り知れないものがあったと思います。まさに日本ロード界の生き証人ともいえる方でしたね。
だからこそ師匠とも呼ばれ、敬愛もされる方なのですが、実際に間近に拝見する森さんは少年のように澄んだ目で、自転車が好きで好きでたまらない初老の男性という印象でした。偉大な人にありがちな威圧的なオーラなど微塵もなく、唯々自転車に対する深い愛情が全身から溢れている方でした。お話する表情にも言葉にも自転車に対する愛情が横溢していました。
しかし一旦ロードに跨って走り出すとそのオーラはただ事ではありませんでした。いつもかっこよくAssosを着こなす姿がいまも忘れられません。

僕のようなもの知らずの素人老人ローディーもわけ隔てすることなく、自転車を愛する者同士として対等に接してくださいました。
ご自分の経験や知識を惜しげもなく、時の過ぎるのも忘れて、実に愉しくて仕方ない様子で話してくださいました。
そんな時、歴史を担って来た人にありがちな傲慢なところや気難しさは微塵もなく、あまりのフランクさに隣で話を聞かせていただく僕に師匠であることを忘れさせるほどでした。

今にして思えば、当時お話を聞かせていただいた側にもう少し知識や経験があったなら…と残念でなりません。

森幸春師匠に限らず、僕のごく浅い自転車人生ではありますが、友人たちとの深いかかわりも詰まった亜煉路館なのです。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1159-b57301f4

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク