2016/08/01 14:00
2016.07.31

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

昨日のうちに記事をアップしようと思ったら、家庭内ランが崩壊してました。
ネット環境が絶たれると何も手につきません。やけになって早寝したら午前3時前に目覚めてしまいました。
無い知恵を絞って…じゃなくて、無いから絞れない。
単に通信関係の機器を全部コンセントから外し、リセットスイッチも押しまくって再接続したら…
あら不思議!? 3度目に開通しました。理由がわからない。崩壊したのも開通したのも。

僕もメカオンチだから結果さえ良ければ理由なんてどうでもいいのです。

00箱根サイクリング
長尾峠越え箱根サイクリング
さて、昨日(7月31日)はMさん、ようさんと3人で松田~御殿場~長尾峠~仙石原~湖尻~旧街道で小田原という、短いけれどもなかなか疲労するコースを走ってきました。
天気予報はやや不安な予報を出していましたが、サイクリング中は雨らしい雨はなく、"あれっ、ぱらっと来たかな…"という瞬間があった程度。
地域によっては土砂降りだったとか。まさに局地的ゲリラ豪雨だったようです。

01新松田駅
新松田駅
小田急新松田(JR松田)駅前で8時に集合。
僕が前を走りました。一応道案内(ガーミンのナビで)致しました。
ルートナビでR246を極力避けるルートを描いてきたのですが、意外と空いているので、じりじり照り付ける太陽のもと、アスファルトの照り返しが厳しい246を走り通してしまいました。時間の節約にはなったけれどご一緒の方から不評だったかも…

02道の駅ふじおやま
道の駅ふじおやま
あまりの暑さにたまらず「道の駅ふじおやま」に立ち寄りました。

あさぎりソフト
道の駅ふじおやま
あぁ冷たいもの、冷たいもの!…お、あさぎりソフトを発見!
爽やかでない僕をモデルにMさんがパチリ!モデルが悪くて申し訳ございません。
ボリュームたっぷりのおいしいバニラソフトでした。♪
しかし誰も写真一つ撮らないがっつきぶり…orz

04道の駅ふじおやま
道の駅ふじおやま
富士山が実に美しい梅雨明けの午前中です。
今日は昼過ぎまでサイクリングができるとおっしゃっていたktyさんでしたが…
写真がアップされるのを楽しみにしていたら、見事な夏富士の姿をご披露してくれました。

そのあと懲りずにさらに246を激走!できず、ぽたぽたと走って御殿場へ。
ここに至るまでに水をがぶがぶ、冷たいものをパクパク。みんなの様子を尋ねるとお腹は空いていないとのこと。
今日もアンドロワパレは素通りです。先頭を走る僕はその前を通過しながら、"ここだよ!"と手で合図。

05湖水前コンビニ
御殿場・湖水前
湖水前の信号際のコンビニでエネルギーとドリンクの補給&トイレを済ませます。深沢東までの短いけれども厳しい上りをクリアして長尾峠へと右折します。

コンビニの先は短いながら厳しい上り坂。そこを上り切るとまもなく乙女駐車場があり、富士山の絶景ポイントの一つとなっているので立ち寄ります。
06乙女駐車場
乙女駐車場
ここから富士山が見られるのは実に久しぶりです。こんなにきれいに見えるのなら少し下の「富士松展望レストラン」にも立ち寄るのだったと悔やまれます。そちらの方がより大きな景色が望めます。

07乙女駐車場
乙女駐車場
富士山を背景にMさんとようさん。二人ともでかい。次の写真でそれをご確認ください。w

08乙女駐車場
乙女駐車場
ようさんと僕。彼は僕の子どもよりずっと若く、孫との中間的年齢ですが身長差はご覧のとおり。

09乙女駐車場
乙女駐車場
駐車場に次々と入ってきたポルシェ。バイク乗りにも自転車乗りにもこういう集団はよく見られますね。
他の色がなかったように思いますが、白ポルシェの仲間?
この一団の真ん中に堂々と駐車していた軽の方がずっと個性的に見えてしまいました。w

長尾峠への上りは、梅雨明けの激しい日差しにもかかわらず実に気持ちがいい。
お二人には先に行ってもらって写真を撮りながら上りを楽しみました。

10長尾峠へ

ちょっと道を外れたところから眺められる御殿場の街と富士山。ここには必ず立ち止まります。

11長尾峠へ
長尾峠へ
この林間の峠道! 今は濃すぎるほどの緑ですが、春先の萌黄色や若緑はこの峠道ならでは!

12長尾峠へ
長尾峠へ
少しだけスパートして先回り。お二人を撮影しました。勾配が緩やかな長尾峠だからできる技です。
いつも余裕のようさん。多彩なスポーツをこなすアスリートならではです。彼がロードに乗り始めた時から敵いません。
後をやや俯きながら上るMさんです。w

13長尾峠へ
長尾峠へ
ほらね~、若いっていいですね。子どもより若い人だからあえて羨んだりはしませんが…。

14長尾峠へ
長尾峠へ
僕より二回りほど身体が大きいMさんは平地が得意。さすがに上りはややしんどい様子です。でも山をご一緒して一度も落伍したことはありません。

15長尾峠へ
長尾峠へ
一応ビューポイントになっていますが、脇の汁粉屋が店を閉じたせいもあって荒れています。
それにしてもこの天気! 他のお二人にはいつも変わらぬ日ごろの正しい暮らし方に感謝していただきましょう。
誰の?それはもちろんw

16長尾峠
長尾峠
長尾峠からの眺めはいつ見ても爽やかです。吹いていない風さえもが見えそうな俯瞰図。ジオラマを見ているような錯覚に陥ります。

17長尾峠
長尾峠
多くの車やバイクは乙女峠を越えるようで、長尾峠はいつも静かです。

18長尾峠
長尾峠
スマホで雲の様子をチェックするMさん。今日の予報ではこれから雲が出て一雨来るかもしれません。

19長尾峠
長尾峠
新しいカメラで撮影するようさんと相撃ち!
僕も今日はミラーレス一眼を持ってきましたが、彼も。
たすき掛けに背負えるようにストラップを工夫していましたが、結果はやはり好ましくないようでした。フロントバッグに入れた僕も同様です。
サイクリング用のカメラは、やはりバックポケットに収まるコンデジに尽きますね。やはりG9Xか…

20仙石原の蕎麦屋
仙石原の蕎麦屋
気持よく下って仙石原。ようさんがスマホでチェックした蕎麦屋でお昼ごはんです。
まさに仙石原のススキの原の真下です。ここを通るたびに寄ろうかどうしようか悩んだお店でした。

21仙石原の蕎麦屋
仙石原の蕎麦屋
みんなそろって冷たいとろろ蕎麦です。さすがに量が少なすぎる…

22仙石原の蕎麦屋
仙石原の蕎麦屋
レジですぐ近くの団子屋の割引券をくれたので(同じ系列店かもしれません)、自転車を引いて向かいます。

23仙石原のだんごや白玉ぜんざい
仙石原のだんごや
ここでもみんなそろって冷たい白玉ぜんざい。100円引きでした。(^^)v

しかし楽なのはここまで。このあと桃源台までの上りは長くきつい。まっすぐで景色もなくクルマと並走ですから愉しくもありません。
しばらく先頭はMさん。途中で前へ出ろと右手で合図をするので、一本道ということもあって僕が先頭を走らせてもらいました。

愉しくない一本道は互いに無理にペースを合わせるのではなくバラバラに走る方が心理的にも楽です。
僕は速い人たちにはお先にどうぞというスタイルです。僕より遅い方は要所でゆっくり待たせていただきます。

せっかちが原因ですが、こういう愉しくない道は一刻も早く終わらせたいと思うのです。急いでも一刻も早くはならないのが現実ですが。
息切れしない程度に少し頑張りました。が、後ろのようさんは楽々と付いてきます。プレッシャーにはなりませんが、やっぱりすごいなと思うのです。普段ほとんど乗ってないですからね。

今日は桃源台からアップダウンを繰り返す湖畔の涼しい小径を選ばずに県道75をひたすら耐えて走りました。
さらに湖尻へと向かいます。こちらも道の様子は変わらず…

24宮ノ下への分岐点
宮ノ下方面への分岐
ここで全員合流します。ここを左に曲がると別荘地を通って宮ノ下方面へと通じていますが、一休みの後湖尻へと直進します。
みんなさっきから美味しい珈琲が飲みたいと言ってますが、箱根でそれを望むのは無理があるかもしれません。
Mさんは終いには缶コーヒーでもいいと!w

でゆっくりできそうなBakery & Table HAKONEへ案内しましたが、混雑!
こんな時ようさんは率先して様子を見てきてくれます。2F席に余裕があり、そちらでは待たずにコーヒーがオーダーできました。
25湖尻でコーヒー
Bakery & Table HAKONE
僕はどうしてもホットが飲みたくて…他のお二人はさすがにこの陽気ですからアイスをオーダーしていました。

26湖尻でコーヒー
Bakery & Table HAKONE
ここでMさんから衝撃のお話がありましたが、「おしゃべり!」と言われるので内緒、な・い・し・ょ(笑)
今日は初めてここでゆっくりお話しする時間がありました。

27湖尻でコーヒー
Bakery & Table HAKONE
※ガラス越しなので、フィルターがかかったように青みがかっています。
今日から芦ノ湖夏まつりウィークリー花火大会が始まります。湖上には大きな流し灯籠も浮かんでいます。

珈琲ブレイクのあとは少し上り返して旧街道で小田原を目指します。
「山小屋はこのあたりですか?寄らなくていいんですか」と言ってくれたMさんの言葉に甘えて、ちょっと寄り道してお二人に場所のご案内をさせていただきました。

時刻が遅いので門から拝見しただけで下ろうとするとそこへご主人が現れました。
「暇だから草取りしてました。バルセロナのお話もありますからまた来てください」と仰っていただき、僕も山小屋で知り合ったAKYさんのご様子をお訪ねするだけで失礼しました。
次回はみんなでゆっくりお邪魔させていただきたいと思います。

旧道は下りを慎重に走るMさんを先頭に、僕、ようさんの順です。
毎度思うのですが、Mさんもようさんも下りはともに慎重で、僕のDHが無謀に見えてしまいます。
実は無謀なのか、他で一緒に走る方が大無謀なのか、いずれにしても最近周囲で自転車事故の話が多いので気をつけたいですね。

Mさん、ようさん、お声をかけていただいてありがとうございました。急な暑さでややばてたかもしれませんが、本当に愉しい一日でしたね。
ぜひまたご一緒しましょう。撮影でもね!


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1157-034e05f9

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク