2016/07/19 19:33
2016.07.18

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

2大月駅
富士急大月駅
今日はなるしまクラブ員の方々の仲間に入れていただいて富士五湖巡り!
もともとktyさんにお引き合わせいただいて今日が二回目の方(まるちゃんとナベさん)もいらっしゃいます。初対面の方(NJさんとIMさん)ともお近づきになれて、最高のサイクリングになりました。

5大月駅
富士急大月駅
前回同様、河口湖駅着8:12の列車で向かいました。現地合流のktyさん以外は同じ列車で輪行なので、富士急で河口湖駅に着くころにはお友だち状態になれています。僕はNJさんとお話しながら富士急の旅でした。

河口湖駅着僕
富士急河口湖駅
我ながらはしゃぎ過ぎです。やや恥しいと思いつつも、せっかく撮っていただいた珍しい写真なので…(Photo by Kaiteya-san)


6河口湖駅
富士急河口湖駅
河口湖で出迎えてくれたktyさん。前回は薄着すぎて寒さに震える様子でしたが…
今回は予想外の晴れもあって、こちらもいかにも嬉しそうです。

13河口湖コンビニ
河口湖コンビニ
他の方々のお陰でこのような好天に恵まれたのでしょうか。ktyさんと二人の時にこれほどの上天気に恵まれることは稀です。
はて面妖な、どうしてでしょう…w
走り出してまもなくの河口湖のコンビニで補給&補水の図です。

14河口湖
河口湖
河口湖畔では、幸いにも雲の上にいただきを見せてくれた富士山。いつ隠れてしまうともしれないので、急いで記念撮影します。

16河口湖
河口湖:大石公園
河口湖の大石公園。既に終わりかかっているものの、まだ少し咲き残っているラベンダーです。北海道では早すぎて見られず、河口湖では1週間ばかり遅かったようです。これも日頃の行いゆえか…

17河口湖
河口湖
隣の西湖へ向かいます。ktyさん先頭、そしてIMさん、NJさん、僕、まるちゃん…あれ、ナベさんはどの位置で走っていたんだろう。彼はこのメンバーの中では抜きん出て速い人。上り坂を見るとじっとしていられない方です。
そこは心得たktyさん。前方に上りが控えているポイントでは事前に彼に知らせます。その時我々は速度を上げて遠ざかって行く彼の背中を見送るだけです。

18西湖
西湖
西湖へ到着。撮影スポット毎にポーズが決まっているようです。微妙に指差す彼方ではないところに富士山の頂が少しだけ見えています。

21西湖
西湖
富士山がもう少し姿を現してくれればいいのに(と思っていたのでしょうね)…目の上に手をかざして眺めるNJさん。

22西湖
西湖
西湖を後にしていいペースでどんどん進みます。僕にもついていけるペースであることにホッとしています。天気がよすぎて暑いけれども、こんな風に楽しむサイクリングは久しぶり。
自転車友だちはいいなぁと改めて思います。さっきまで知らなかった人も親しい人も区別がありません。

西湖の北岸を走り、西湖野鳥の森公園を過ぎるとまもなくR139に合流します。富士パノラマラインと呼ばれる精進湖へのゆったりとカーブする高架道路を爽快に走り、精進湖畔へと右折します。

25精進湖
精進湖
精進湖へ到着です…が相当に暑いです。
みんな大汗を流して…と思ったら、汗でびしょびしょになっているのは、一にktyさん、二に僕のようでした。
汗が目に沁みるので、ハンカチで拭きすぎて目の回りが爛れそう…

26精進湖
精進湖
精進湖での撮影ポーズは合掌の図!
お坊さんのように精進できるようにということのようですが、何に精進すればいいのでしょう。生臭坊主のような日々を愛する故、精進とは無縁な僕です。

27精進湖
精進湖
富士山は完全に雲に隠れています。湖上に目立つのはヘラブナ釣り師の釣り舟ばかり。
精進湖でのもう一つのポーズは腕組みして睨みを利かす。誰とかのポーズだと言ってましたが、誰だったっけな…

ヘラブナ釣りは究極の暇つぶし!とktyさん。ヘラ師が聞いたら怒るかもしれませんが、実に同感です。
僕が中学か高校のころ、年の離れた兄二人がヘラブナ釣りにはまっていておつき合いしたことがありますが、以来すっかり懲りました。暇すぎて我慢できませんでした。

28本栖湖へ
本栖湖へ
精進湖畔をぐるりと回ってR139に復帰します。R139を走って次に目指すは本栖湖です。

30本栖湖へ
本栖湖へ
幸い交通量はさほど多くなく、すぐに本栖湖への右折地点に到着します。

33本栖湖へ
本栖湖
快調に本栖湖畔を反時計回りに走ります。精進湖に近い側とその反対側では全く様相が異なる本栖湖周遊道路です。
「本栖みち」と名づけられたR300は身延へと続き、途中には絶景もある山岳風景へといざないます。その先、下部温泉から富士川沿いに駿河湾へと下るルートもとても素晴らしいです。
昨年荒天で富士山新五合目を断念した折りにktyさんに案内していただきました。

34本栖湖
本栖湖
富士山の美しい姿が見えるはずの開けた地点で自転車を降りて記念撮影です。ここは昔の500円札の裏に描かれた富士山の姿が見られる場所だったかなぁ…全然違うかもしれません。

35本栖湖
本栖湖
富士山が見えないなぁ…という様子。ああ、暑くて参ったなぁ…と背中で語る様子。喉が渇いたなぁ…とボトルを取り出して補水しようという様子。この辺りは暑さでやや参っていた地点かもしれません。
他の人よりおよそ50km余分に走っているktyさんですが、大汗を流せども元気そうです。w

36本栖湖
本栖湖
先頭を行くktyさんがメンバーに水分補給の希望を諮り、自販機ストップです。

38本栖湖
本栖湖
自販機前にある本栖湖の看板がいつもの撮影スポットのようです。本栖湖でのポーズは「シェー!」だそうです。
みんな一斉に「シェー!」のはずでしたが…「Sさん、逆、逆!」とまるちゃんからご指摘をいただきました。頭上にかざす腕が僕だけ左だったようです。w
この時微かに富士山の頂が霞んで見えていました。精進湖以外ではかすかながら姿を見せてくれた富士山でした。
この時期にして3勝1敗は悪くないそうです。(ktyさん談)

本栖湖畔は木立の日陰を走る気持ちのいい道です。
鼻歌も出ようという快調なペースで走る…はずでした。

いきなり飛び出したまるちゃん、先で待ち構えて写真を撮ってくれるようです。
みんなペースを落として用意をしましたが、なぜか前方から引き返してきます。
道路の段差を越えた時にボトルがケージから飛び出して落ちてしまったようです。

急いで拾ってまた飛び出していくまるちゃんでしたが…少し先で自転車を降りています。

39本栖湖
本栖湖
「リム打ちしちゃったよ~。パンク!」と言っています。
ボトルが飛び出すほどの段差でリム打ちパンクをしてしまったようです。

自転車乗りにはパンク修理になれている人もそうでない人もいるのですが、大抵パンク修理の手伝いはしません。他の人たちは傍らで談笑したり、写真を撮ったりするだけです。
これはおそらく自力救済という自転車乗りの掟なんでしょうね。相手が女性だったりすると親切心を出したりしますけどね。w
周りを取り囲んで写真を撮ったり、雑談しながらのんびりと待ちます。
"あっ、やっちゃったよ。ブログに載~せよ"なんて思っているのでしょう。僕もです。w

40本栖湖
本栖湖
湖畔を少し走るとキャンプや水浴びに最適なスポットがあり、行楽の人たちでにぎわっています。
ここで再び記念撮影です。ここはポーズはなく、それぞれ思い思いに写真に収まります。
その場に居合わせた方のご厚意でシャッターを切っていただきました。

41本栖湖
本栖湖
「去年はここで寝そべってたよね」との話が出ましたが、どなたが涅槃仏のような姿だったのか聞き損ねました。

42あさぎりフードパークへ
あさぎりフードパークへ
次に目指すは朝霧高原です。そこの景色が好きなだけでなく、週末や祝日にあさぎりフードパークでランチをいただくのも楽しみの一つです。


その2に続く←ここをクリックしてお進みください

Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1150-864a040e

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク