2016/07/08 10:26
2016.07.07

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF23mmF1.4 R

長尾峠は雰囲気のいい日陰の道であり、斜度も緩いので汗はかきましたがさほど苦しむことはありませんでした。
むしろ湖尻~元箱根へと向かう県道75号線のアップダウンの方がよほどつらかったように思います。7~8%の上りが平然と現れます。しかもバスやクルマと並走ですからここを走るたびに"湖水のヘリを通っている道なのにあり得ない!"と呪う気持ちになります。

しかしそうは言っても県道75号線、仙石原までは平坦路です。
仙石原のススキの原のあたりの空気感を一変させるような緑一色はいつ来ても爽快でした。

21湖尻
湖尻
この道を走るときには必ず湖尻で脚を止めます。
元箱根の遊覧船乗り場ほどの混雑がなく、芦ノ湖の対岸も近くて小ぢんまりした感じが好きなんです。
そしてここには看板ネコもいます。

22湖尻
湖尻
あまりの暑さにすっかり伸び切っているネコです。その向こうには若い女性の膝に乗っているネコも…
ネコはかわいいので好きですが、お姉さんもちょっと気になります。

23湖尻
湖尻
中国からやってきたと思われる美男美女カップルでした。ネコの幸せが羨ましい。(笑)

24元箱根へ
元箱根へ
気を取り直して元箱根に向かいます。これから先も楽しくないアップダウンが続きます。
湖水に沿っている道なのにこれはないだろう!と思う気持ちが楽しくなれない理由だとわかっているのですが…それともそろそろ疲れているからか。

25遊覧船乗り場
元箱根:遊覧船乗り場
元箱根はそろそろ黄昏時を迎えようとしています。日が傾き始める時刻となりましたが、富士山は依然としてその姿を見せません。

26遊覧船乗り場
元箱根:遊覧船乗り場
やや金色を帯びて傾いた日差し。この時間の眩しさが好きです。
しかし美しい夕焼けは望むべくもありません。
しばしこの夕景を楽しみました。

27鳥居の前の地蔵
鳥居前の石仏
遊覧船乗り場のバス停前にこんな石仏群があるのは知りませんでした。
いつも通りかかる時刻だと日陰に隠れているのですが、今日は傾いた日にその一角が明るく輝いていたのです。

普通ならとうの昔に帰路につく時刻を過ぎているのですが、どこか立ち去りがたいのです。
夕景の美しさもその一因でしょう。
出かけてきたのがまもなく正午という時刻だったので、やはり物足りない気分もありました。

遅い帰宅ついでに、しばらく立ち寄っていない箱根神社まで戻ってみることにしました。

28箱根神社手水屋
箱根神社:手水屋
さすがにこの時刻、訪れる参拝客も少なく静かな境内です。
まずは手水舎で両手を清めました。

29箱根神社拝殿へ
箱根神社:89段の階段
本殿に向かう長い階段。箱根神社はこの階段だけでなく各所に木製の燈篭が立ち並び、明かりが点されています。
両側は見事な杉木立です。
階段は89段あって、ここを上ると厄(89=やく)落としになるとされているようです。

30箱根神社拝殿へ
箱根神社:89段の階段
階段脇に祀られている小さな社。朱色があたりの緑に映えます。

31箱根神社拝殿
箱根神社:御本殿
階段上には堂々とした本殿と拝殿が待ち構えています。神域というかパワースポットというか、杉木立に囲まれて厳かな雰囲気を湛えています。

境内をゆっくりと一巡して駐輪場所へと戻ります。盗まれても仕方がない離れた場所ですが、神社の神通力で護られていることでしょう。

32箱根神社
箱根神社:参道
辺りはさらに闇が増して、燈籠の輝きが一段と鮮やかさを増しています。

33箱根神社
箱根神社:第三鳥居
もと来た道を戻って出口へとやってきました。帰宅後に調べてみたら第三鳥居のすぐ近くに駐輪したようです。

34黄昏の芦ノ湖
黄昏の芦ノ湖
再び芦ノ湖の観光船乗り場へと戻ってきました。やはり美しい夕やけはお預けのようです。
往生際悪くととどまっていても仕方がないので、旧道で小田原へと向かうことにしました。

35お玉が池の夕焼け空
お玉が池の夕焼け空
お玉が池まで上り返して後ろを振り返ると…不思議な夕焼け空! 
もう少し辛抱していれば芦ノ湖に映る夕焼け空が拝めたのでしょう。
誠に間が悪いことでした。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1143-61b8ce4e

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク