2016/05/29 21:36
2016.05.29

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

昨日の午前中、珍しくMさんからサイクリングのお誘いがありました。
普段は激務でなかなか時間が取れないMさんです。前回のビーナスラインも参加していただけず残念に思っていたので、もちろん喜んでご一緒させていただくことに!
00本日の走行ルート
本日の走行ルート
コースも時間もすべてMさんに決めていただき、僕は後をついて行くだけの楽ちんサイクリングとなりました。

01境川鷺舞橋
境川鷺舞橋
境川鷺舞橋際の休憩所に午前9時に待ち合わせです。先にベンチに座って待っていてくださいました。いや僕も早めだったのですよ。遅刻はしてません!w
今日の自転車は色違いの兄弟車です。COLNAGO C59。コンポもホイールも同じ!
サイズは大違い。身長差はおよそ20㎝!(^^;

Mさんに牽いてもらってできるだけ交通量の少ない道を選んで進みますが、気温が高くて汗だくです。

02境川鷺舞橋
コンビニ休憩でアイス
コンビニ休憩でさっそくガリガリ君! まだ10時だというのに!
Mさんは牛乳の紙パックにストローが刺さらない…老眼か?

1時間も走らないうちに噂の清水屋さんに到着です。既に先客数名。しかし自転車乗りはいません。皆さんまだ真面目に走っている時刻なんですね。

こんなに近いならガリガリ君を食べずに辛抱すればよかったとちょっと後悔…

03清水屋かき氷
大山の清水屋みやげ店:かき氷
メニューの多さにびっくりしながら迷いに迷って「黒蜜黄な粉ミルク(…だったかな)」をチョイス!
子どもの頭ほどもある盛りの良さ! しかもこれで700円也、安いですね。

04清水屋かき氷
大山の清水屋みやげ店:かき氷
Mさんは「トリプルマンゴー」です。こちらもおいしそうですね~。

05清水屋かき氷
大山の清水屋みやげ店:かき氷
ご本人には異論があるかもしれませんが、Mさんはお話好きというか、きりなく喋る人。
「Sさんには負けます!」なんて言いますが、いえいえどういたしまして!
まぁ、僕も人のことは言えませんが…って言ってますね。w

07浅間山林道
浅間山林道
清水屋さんのかき氷を堪能し、浅間山林道を抜けて蓑毛へ! 
両側は深い木立に覆われ、勾配も程々でとても愉しい道です。
途中で「ここがヘビに出遭ったポイントですよ!」と指差すMさんも相当なヘビ嫌い。
そう言えば伊豆サイクリングでへたばって座り込んでいた山道で、「ヘビ!」の一言で二人揃って飛びのいた素早さが半端ではなかったことを思い出しました。

08かろうじて開けた
浅間山林道
木立があって日陰が豊かなのはいいですが眺望はほとんどなく、せいぜいこの程度です。

浅間山林道で大山の麓から上り蓑毛へと下ります。
さあ、蓑毛へと下ってきました。次は気合を入れてヤビツアタック!

するわけありません。Mさんと一緒ですからね、当然しません。
坂嫌いなMさんですから! 僕もあえて好きではないですが、軽量級の分だけ僕の方がやや有利かもしれません。機材に差はありませんしね。w
しかし当初からヤビツアタックはしないとの約束でした。

ここから蕎麦屋の「石庄庵」までは僕が前を牽きました。いや、ウソです。激下り坂ですから牽いてません。

この蕎麦屋のロケーションはやや常識外です。ヤビツから下って名古木まであとわずかのところで左折するのですが…
曲がってからいきなりくねった激坂を500mほど上らされます。ここでは牽きました。
いや、Mさんが遅れたので、ここでも牽いてません。(^^;

到着した場所の周囲には他に何もなく、建物や庭は崖の中腹を切り開いた斜面そのものにあります。
坂嫌いなMさんは「これは500mじゃない!」と文句を言ってますが、気持ちはわかります。w
ハンガーノックだったら多分途中で行き倒れになりますね。w

09石庄庵
石庄庵
こんな場所なのに、満席どころか順番待ちの人がぞろりと!
待つ間に眠くなったと居眠りするMさんを残して、敷地内をウロウロして写真を撮りました。

10石庄庵
石庄庵
広い斜面にはこんな小屋があり、散策路もできています。

11石庄庵
石庄庵
お店へのアプローチ部分です。室内にも十分な席数が確保されていますが、アウトドアテラスにも15人程度のテーブル席があります。

12石庄庵
石庄庵
斜面を下って行くと昔の農機具や催し物の案内ポスターなどが展示されています。

13石庄庵
石庄庵
涼しげな水場には睡蓮の鉢があり、中ではメダカが泳いでいました。

14石庄庵
石庄庵
そしてこれは稲の苗です。すぐそばには棚田もあるようで、蕎麦屋の傍ら稲作もしているのかもしれません。

15石庄庵
石庄庵
たくさんのお客さんが順番待ちをしています。抱かれる孫とおじいちゃん。

16石庄庵
石庄庵
僕たちの恰好では室内よりも室外がふさわしい。隣のテーブルには同じく室外がふさわしいペット連れです。
ラブラドール、8歳だそうです。腰が悪いということでしたが、さすがにお利口さんな犬種。飼い主のそばでおとなしくしています。

17石庄庵
石庄庵
二人とも「鴨刻みせいろの大盛り」を注文しました。
ここでは三色蕎麦と天ざるを食べたことがありますが、いずれ劣らず大変おいしいです。

18石庄庵
石庄庵
本日の蕎麦はやや変化球気味ですが、もちろんおいしい! 
蕎麦好きの方は是非一度「石庄庵」をお訪ねになってみてください。ただし徒歩では無理です。

19石庄庵
石庄庵
由緒正しい日本蕎麦屋にすれば確かに大盛りなんでしょうが、自転車乗りにはやや不満な量でしょうね。
それよりも税別でも2000円超えは自転車で駆け回っているだけの輩にはやや贅沢ですね。だって天麩羅とかがついてるわけじゃないんですよ。

でもおいしいです。財布に余裕のある方はどうぞお試しください。
(余裕のない人間が言うことではありませんでした^^;)
足りない方は名古木に下って名古木食堂で補ってさらに財布を軽くしてください。w

※価格表?メニュー?の撮影を最後にバッテリーが死にました。したがってこの後の写真は無しです。

美味しいお蕎麦を楽しんだ後は、一部あまり楽しくない道路をひた走り、最短距離で(先導したMさんの勘が冴えていたということにしておきますw)いずみ中央の亜煉路館
もちろんスイーツ付きで珈琲ブレイクです。
Kさんも交えていつも通り賑やかな漫才のような状況になりましたが、時間が遅かったこともあって、気がつけば他にお客さんはいませんでした。
もしかして…他のお客さんは退散しちゃったのでしょうか。だとしたらマズイ!

Mさん、今日は久しぶりの100kmサイクリングで疲れたでしょうね。ゆっくり休んで来週末からのロンドン出張に備えてください。
僕はサイクリングのコースもペースもこだわりませんので、またお声をかけてください。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1115-c2f4d033

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク