2016/05/09 13:57
2016.05.08

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF56㎜F1.2 R APD

僕たちが山小屋にお邪魔した時、常連らしき女性が静かに本を読んでいらっしゃいました。
Kondohさんは「こういうところで読書したら最高ですね」なんて言いながら、すぐそばで大きな声で話をしていました。僕もでしたが…

その方と入れ替わるように、これまたお馴染みらしい方。今度はおじさんです。僕より1歳上の大柄な方。
世代が近いこともあって、Sさん中心に話が盛り上がりました。
いやいや愉しいですねぇ~。

自転車の話になって、Sさんが時々お見えになる女性ローディーのことを話していると…
「あ、来ましたよ!」とSさん。
その女性が山桜の下に忽然と現れました。

その直前に僕が話していたことは…
「この歳になると人とのおつき合いも性別や年齢を超えてできると思ってます。相手が女性か男性か、若いか老人かは関係ない気がします。それは家の中で二人きりになった女房も同じ。だから、若い女性と二人きりになっても居住まいに困ったり、身の置き場に窮したりすることは全然ないんです」……

「今話していた女性ローディーが…」とSさんが言ったとたんに立ち上がってそちらに関心を寄せたのは僕でした。言わなきゃよかったその前の話しでした…(^^;;

浦和から来たというその女性。ここに来るまでに乙女峠に上ったり下ったり、ずいぶん走っていらっしゃった様子です。
なんのかんのと言いながら、それまで男子老人四人だけで話していた時とはすっかり雰囲気が変わり、華やいだ感じになりました。

彼女にFBでお友だちリクエストを承認していただきましたが、まだ初対面。なので写真を載せていいかとは聞けません。いや、載せないから撮っていいですか?って聞いたので写真は無しです。
僕の周囲の人は顔を晒すのが平気な人ばっかりですが、顔出しは立場や性別によりますからね。Sさんの写真も載せたかったのですが、まだ2回目だし遠慮しました。

庭の写真を撮らせていただいてからお暇をし、旧道を下って小田原へ。
小田原駅から輪行する僕は、早川口の信号でKondohさんとお別れしました。

小田原城の人出の様子を見て帰ろうと、ふらりと立ち寄りました。
交換レンズを持ってきたのにほとんど使っていなかったので、スナップ写真を撮ることに。

外国人が多い。日本人は小さなお子さんを連れた若い家族だけ。いつもならどこへ行っても必ずいる日本人老人グループもあまり見かけません。

a小田原城
小田原城
その代わりと言っては何ですが、外国人の老人グループが腰を下ろしてたむろしています。凄い人数!

b小田原城
小田原城
年寄りは国籍を問わず似たり寄ったりですね。妙に親近感がわきます。

c小田原城
小田原城
小さい子は本当にかわいい! 幼い子ならではのふっくらとした手、リュックにぶら下がったアンパンマン、走る姿、なんとも言えません。

d小田原城
小田原城
こちらはお姉ちゃんと弟の二人のお子さんを連れた若いママ。女の子のポーズは何だろう。坊やが何か問いかけているようにも見えます。

e小田原城
小田原城
手前の男性はアジアからの観光客らしい。
向こうの親子、坊やは望遠がセットされたカメラで天守閣から手を振る知り合いを撮ろうとしていました。そしてやや疲れた表情の柴犬。

f小田原城
小田原城
フランス人ぽい雰囲気の金髪の女性。本を読んでいる姿が画になるなぁ…写真は下手だけど。  何語で書かれた本なのか確認できる距離には近づけませんでした。

金髪の女性と言えば、先日直江津ロングライドの帰りの田園都市線でのこと。若い外国人の男女の集団が渋谷から乗ってきました。
その中に髪の長い金髪美女が二人。僕の左側の席が空いたらより美しい金髪美女が座り、やがて右側も空き、もう一人の金髪美女が! 両手に花だ! 
誤解のないように言っておきますが、ブロンドに弱いわけでも、西洋人コンプレックスがあるわけでもありません。
しかしなんだかいい匂いがしてきそうでした。

やっぱり若くて美しい女性はいいということに宗旨替えします。w

g小田原城
小田原城
こちらは日本人のおじさん。三人は何かの団体に属しているのでしょうか。同じ色のネクタイを締めています。それぞれの表情が面白いと思いました。

h小田原城
小田原城
これも嬉しそうな様子の子! 子どものあどけない様子は最高です。僕の孫たちはこの時期をとうの昔に過ぎてしまいました。

このあと綿菓子を買うマリンストライプの親子の様子を撮らせてもらいました。
【1】~【4】は4枚で一組のつもりです。
i小田原城1
小田原城【1】
まずお兄ちゃんに先に買ってあげます。
どうしてだろうと思ったら…

i小田原城2
小田原城【2】
なるほど! 
お兄ちゃんに、先にあっちのベンチに行ってなさいと指差すお母さん。
弟君はなぜかへそを出しています。w

i小田原城3
小田原城【3】
そして二つ目が出来上がるのが待ちきれない様子の弟君。
手を伸ばさんばかりにしています。
早く欲しいんだよね。w

i小田原城4
小田原城【4】
綿菓子を手にして、踊るようにお兄ちゃんが待つベンチへ走って行くのでした。w
人の手の表情は、時に言葉よりも雄弁ですね。

j小田原駅
小田急線・小田原駅
小田急小田原駅から輪行しました。ややお腹が空いていたけれど、前回のようにパンを買って車内で食べられるほどは空いていそうもありませんでした。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1101-54270e31

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク