2016/04/30 16:40
2016.04.29

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

ktyさんからお誘いいただいて、なるしまのクラブ員の方たちとの富士スバルラインヒルクライムに参加いたしました。
ついて行かれるか、迷惑をかけないか、多少の不安はありましたが、なるようにしかならないのだから愉しむほかないと覚悟を決めました。
久し振りにトキさんとビビさんにも会えそうだというのも背中を押してくれました。

00aスバルラインと朝霧高原
富士スバルラインHC & 朝霧高原
河口湖駅着8:12の電車で集合するということになっていましたので、僕も輪行以外には完全自走しか手はありません。その後でヒルクライムをする以上、そんなことできるわけもありませんし、もちろんしません。

電車の接続に余裕を見て、1本早めの電車で向かいました。
八王子からJR中央本線大月行きに乗車。すると輪行袋を持った方が乗り込んできました。
しかし今日ご一緒する方ではなさそう。

大月駅までお話させていただいたので、退屈せず愉しく時間が過ごせました。ありがとうございました。
東京に単身赴任なさっている40代の方で、ロードバイクを持ってご家族の待つご自宅に向かうところでした。
ご本人はもとより、ご家族も楽しみにしていたGWだったに違いありません。
「息子のサッカーの試合にも、妻のフラダンスの発表会にも自転車で行きますw」と仰います。
目立ちますね!と言うと、ちょっと嬉しそうに、「この黄色いのを着て行くと伝えてあります」とにこやかに笑います。
とても感じのいい方で、朝から同じ電車に乗り合わせて得をした気分になりました。

大月駅から笹子峠を越えて山梨県のご自宅に向かうとのことで大月で一緒に下り、別れ際に「名刺交換」をしました。(我ながらこういうことは抜かりがないw)
なんとJR東日本の社員の方でした。

02富士急大月駅
富士急大月駅
富士急のホームではすでに電車が待っていました。

03富士急大月駅
富士急大月駅
発車まで時間があるので車内はがらがらです。
やがて本日ご一緒させていただける方3名が予定通りのJRから乗り継いでいらっしゃいました。
互いに自己紹介をさせていただき、隣の座席に座った方とお話しながら河口湖駅へ

先に着いて待っていてくださったktyさんが、河口湖駅改札口の外でカメラをこちらに向けていました。
いかに暑がりのktyさんとはいえ、薄着!
でも指先足先が冷えるとのことで、トゥカバーと冬用のグローブを嵌めています。w

04コンビニ補給
コンビニ補給風景
コンビニに寄っていただいて、補給と補水その他買い物をします。

05コンビニ補給
コンビニ補給風景
ほらね、寒そうな顔をしてますね。身体全体で寒そうな様子をしています。w
笑い事ではなく、薄着派の僕も寒い。

06スバルラインゲートへ
富士スバルラインゲートへ
河口湖駅からスバルラインゲートまでが結構な距離でしかもなかなかの上りです。スバルラインよりもむしろきつい感じです。

07スバルラインゲート
富士スバルラインゲート
上りを走れば寒い体も一気に温まります。自転車のいいところです。

スバルラインはあまりメリハリのないヒルクライムコースで、ややもすると飽きてしまいます。
飽きるほどの余裕はないはずなのに、何も考えないうちに距離が進んでいく感覚です。
いえね、上りは得意ではないので辛いことは辛いんです。

少しするとktyさんが飛び出します。事情が分からないメンバーは追う態勢を取りましたが、「多分撮影です」とお伝えしました。
案の定しばらく先で自転車を降りてカメラを後続の人たちに向けます。

08スバルライン
富士スバルライン
僕も時々先頭に出て皆さんを撮影しました。

09スバルライン
富士スバルライン
この時撮影を終えて最後尾を追ってくるktyさんです。このころには寒さはどこへやら、本来の暑がりから滴る汗を拭き拭き走っていました。

01スバルライン
富士スバルライン
僕も撮っていただきました。僕の撮る写真と違って、シャッターを切るタイミングがいいですね。

10スバルライン
富士スバルライン
後を追いながら後ろ姿をパチリ。

11スバルライン
富士スバルライン
そしてまた前に出て撮影しますが、どうもタイミングの取り方が下手です。
先頭の方の顔が切れています。すみません。

02aスバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
4合目駐車場の下で足をつきます。
もうだめだ!と言うことではなく、すぐ上の駐車場よりもここの方が富士山が大きく撮れそうという理由ですよ。

12スバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
写真を撮ってから後を追ってきた様子です。この崖の上が4合目の展望台兼駐車場になっています。

14スバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
完璧な青空に燦々と降り注ぐ日差し! 4合目までくればあと6kmほどで5合目が制覇できるので、みんな上機嫌です。

02スバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
ktyさんと僕が入れ替わってもう1枚!

16スバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
ここで思わぬ思い違いに気がつきました。
彼方に見える湖を指して河口湖だ、いや山中湖だ、西湖だろう…と百家争鳴のごとく意見がばらばらです。
ほとんど富士山の真北から出発したスバルラインは知らないうちに大きく旋回して、もはや自分がどちらを向いているのかわからなくなりました。
メンバーのお一人が太陽を指して、「こっちが南ですねぇ」と。ならば河口湖や山中湖のはずはないけれど…
峠によくあるレリーフ(山の名や町の名や方角が描かれた銅板)を見ながら、「あれ本栖湖らしいですよ」ということで全員納得でした。

13スバルライン4合目
富士スバルライン:4合目
静岡に住んで10年を超える買手屋さん。実は富士スバルラインに自転車で上るのは初めてだったのです。スバルラインの描く軌跡を知って感慨深げでした。

4合目駐車場のあとしばらく平坦が続きますが、それで終わるわけもなく、もう一度登りをやり過ごすとようやくスバルライン終点の富士山5合目です。

17五合目
富士スバルライン:5合目
やりました~!
 
あれっ!、あれ~っ!?……メンバーじゃない人が一人います。しかも女性じゃないですか。(^^♪
よく見れば今日はもう会えないんじゃないかと思っていたビビさんでした。
3合目で引き返すとか、道端でへばっているから見捨ててとか、彼女のご亭主のトキさんがいろいろ言ってましたが、先に上り切って五合目で迎えてくれました。凄いです!

03スバルライン5合目
富士スバルライン:5合目
そして今回ご一緒してくださったメンバーとの記念写真です。ビビさんに撮っていただきました。
白いウインドブレーカーを着た方は断然上りのスピードが速く、遅れた我々は5合目で散々お待たせしてしまいました。申し訳ございませんでした。

このあと。クルマを取りにゲート入り口の駐車場に戻ったトキさんを、ビビさんと一緒に待つktyさんと僕を残して、他のメンバーの方たちは先に下って行かれました。
食事をしてから道志みちで立川まで自走でお帰りになります。
どうもお疲れさまでした。また今日は仲間に入れていただいてどうもありがとうございました。
機会がありましたら是非またお仲間に加えていただければ嬉しいです。

トキさんが戻ってから後の記事は次回に!

※僕が写っている写真は、ktyさん他の方に撮っていただきました。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    お会いできて本当に嬉しかったです!
    そして、富士山パンご馳走様でした!ありがとうごさいます!美味しかったー!!

    初めての富士ヒルクラ。
    ふくらはぎが爆発寸前!
    立ちごけの可能性が何度も訪れて、歩くわ座るわ屈伸するわしておりました。
    おかげで、次の日(今日)は少しの傾斜でも足が回りませんでした。

    しばーらく乗れていなかったので、鍛えてゆっくりでも立たずにくるくる回せるようにがんばります!
    一緒に写真まで!!
    ありがとうございます!
    またお会いできることを楽しみにしています!!
    つよくなりたーい!
  • 2016/04/30 21:51 | URL 
  • shimagnolo 

  • びびさん、こんばんは
    昨日は本当に本当にお疲れさまでした。すごいですね~、やりましたね~。
    五合目にいらっしゃるなんてまったく思いませんでした。(こんな言い方して失礼な奴で申し分けありません)

    でも本当に会えてよかったです。僕が今回参加した目的の一つは、トキさんとビビさんにお目にかかることだったんですからね。
    しかも走り切ったビビさんと会えるとは思いもよらぬことでした。繰り返し失礼な言い方です…m(_ _)m

    お二人揃ってトレーニングとか頑張るとか仰ってますが、僕とご一緒してくださるときにはその成果を発揮しないでくださいね。

    次回はいつお目にかかれるんでしょうね。楽しみにしています!
  • 2016/04/30 22:43 | URL   [ 編集 ]
  • そーめぐ 

  • なるしまな方々と一緒に、軽々とスバルラインを上られるなんて、相変わらずのバイタリティ(とその脚力)に驚かされるばかりです。
    行間から、shimagnoloさんにとっては、どうもスバルラインでは物足りない様にも感じられたので、次回は是非、あざみラインにチャレンジされ、そのインプレッションを聞かせてください!
  • 2016/05/03 17:04 | URL 
  • shimagnolo 

  • そーめぐさん、お返事が遅れて申し訳ございません。
    実はちょっとビッグでおバカな企画に専念しておりまして、ブログが手薄になっておりました。

    なるしまのクラブ員と言えば泣く子も黙る!と言うのは過去のことのようです。今はいろんなランクがあるのだそうです。
    僕がご一緒させていただいた方々はかっとび系でもレーサー系でもなく、今の僕でも何とかご一緒させていただくことができました。

    行間の読みすぎでますよ!いや、読み違いです。w
    行間にはアップアップでいっぱいいっぱいの僕の様子が隠されているのです。

    あざみラインは冥途の土産に…と思ったりはしません。w
    今回もご一緒した友だちとも「アザミだけは近づかないようにしようね」と申し合わせております。

    今日中にはビッグ目標達成(2度目にして、今回が最後)の様子をアップいたしますのでよろしくお願いします。
  • 2016/05/04 10:11 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1094-764867ba

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク