2016/04/20 11:19
2016.04.19

今日のカメラは、Canon PowerShot G7X

今日は今年一番のサイクリング日和!
しかも往復200km超を走る予定でしたが…

00本日の走行ルート
自宅から柳沢峠へ…
前日になって別の方から翌日のサイクリングのお誘いをいただき、そこのところを考えて僕だけ塩山に下って輪行することでご了解いただきました。
それでさえ、柳沢峠までの片道だけでも十分な山岳ロングライドでした。

01コンビニゴハン
コンビニで朝ご飯
いつものコンビニに集まって朝ごはん。今日の行程を踏まえて皆さん朝からよく食べます。えっ、そんなに!と言うほどです。
どなたも経験あってのこと、やはり山中でのハンガーノックだけは避けたいとの思いが強いのです。

03本日の自転車
本日の皆さんの愛車
次に止まったのは基本的にコンビニはここが最後と決めた古里のセブンイレブンです。単なる第一回の休憩…かと思ったら早くも補給しています。どんだけ本気で走る気なんでしょう!?
僕はさすがに補給はなく…いやしました。つられてエクレアを(^^;

04小河内ダム
奥多摩湖:小河内ダム
長丁場なのでペースはいつもよりのんびりです。それでもずいぶん早い時刻に奥多摩湖に到着です。まだ11時を過ぎて間もなくでした。
午前中の奥多摩湖は空気も澄んで美しいですが、そこは春、空にも水にも長閑な気配が漂っています。

05小河内ダム
奥多摩湖:小河内ダム
今日はパンクの修理もなく、直ぐに柳沢峠に向けて出発です。まだ桜も散り残り、行く春を惜しみながらやがて襲い来る上り坂に向かいます。

06柳沢峠へ
大菩薩ライン:柳沢峠へ
道の駅たばやまに着くまでにかなりの上りがあり、奥多摩湖まで上ってきた分と合わせて、もうこれで十分なんじゃないかと思わせます。ま、愉しいんですけどね。

07柳沢峠へ
大菩薩ライン:柳沢峠へ
さすがに山は高く谷は深まり、絶景です。春の芽吹き時ももちろんですが、秋の紅葉ともなれば大菩薩ラインはサイクリストにとっては絶好のコースです。

12時半には道の駅でお昼ご飯をいただき、少し休憩しました。

08柳沢峠へ一ノ瀬高原
大菩薩ライン:柳沢峠へ・一ノ瀬高原下
その後頑張って一ノ瀬高原への入り口近くまで上ってきました。この時まだ1時半でした。
ここはいつも振り返って写真を撮るところですが、トンネルができて旧道が通行できなくったのが残念です。

09柳沢峠へ一ノ瀬高原
大菩薩ライン:柳沢峠へ・一ノ瀬高原下


この先も新しいトンネルができて旧道は通行禁止になっていました。
花魁渕はトンネル通過で見られなくなったのでしょうか…それとも単なる見落としか。

10柳沢峠へはまやらわ
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわ
なかなかというか相当に厳しい上りを克服して、侘びの風情いっぱいの宿「はまやらわ」に到着です。まだ午後2時を回ったばかりです。
ここに投宿しようというわけではなく、別の楽しみがありました。

11柳沢峠へはまやらわわらびもち
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわのわらび餅
「名水わらび餅」です!
ここのわらび餅は最高です。自転車で上ってくるからか? いや正真正銘の絶品だと信じてます!
今日は通過しましたが、「奥多摩湖畔のラーメンだって、自転車じゃなければおいしく食べられないかもね!」なんて言い合っていたばかりでした。

12柳沢峠へはまやらわわらびもち
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわのわらび餅
小さな小屋で年配の方が作っていらっしゃいます。中で食べるスペースはごく狭いので外でいただくことにしました。

13柳沢峠へはまやらわわらびもち
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわのわらびもち
ほら、見るからにおいしそうでしょ! これが楽しみで後半は厳しい上りに堪えてきたのです。(大袈裟ではなくw)
「焚黒糖」「白糖」「地よもぎ」の三種類あるのですが、全員黒糖を選びました。他の2種類も食べてみなければ…。
上にたっぷりとかけられている「黄な粉」も絶妙です。自転車でなければお土産に持ち帰りたい逸品です。

14柳沢峠へはまやらわわらび餅
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわのわらびもち
真面目にいただくN瀬さん。彼は今回が初めての賞味です。

15柳沢峠へはまやらわわらびもち
大菩薩ライン:柳沢峠へ・はまやらわのわらび餅
既にそのおいしさを知っているU野さん。思わず笑みがこぼれます。w

おいしいわらび餅を堪能し、改めて上りにかかります。
ここから峠までまだ3km近くあります。しかもここからが一層厳しい勾配になります。

16柳沢峠へ
大菩薩ライン:柳沢峠へ・まもなく峠
撮影を言い訳に自転車を降ります。ここはいつも振り返って撮影するポイントなので…
こうして見ているだけで秋の錦に彩られた光景が目に浮かんできます。

素っ気なくも色気のない峠を越えました。道が狭いうえに、その先に空が覗いているだけの面白みのない峠です。

17柳沢峠
大菩薩ライン:柳沢峠
峠の先にある展望台は峠の茶店ととともに、多くの車やバイク、そして自転車乗りが一休みするところ。
春霞の向こうにかろうじて富士山が見られました。この季節から真夏にかけてはなかなか目にすることができないので、幸運というべきかもしれません。

例によって記念写真です。
18柳沢峠nagase
大菩薩ライン:柳沢峠
いつも通りに先頭を牽いてくださったN瀬さん。相変わらずタフです。

19柳沢峠ueno
大菩薩ライン:柳沢峠
めきめきと力をつけてもはや背中を追うことも難しくなりつつあるU野さんです。

20柳沢峠me
大菩薩ライン:柳沢峠
白状すると…やはり年齢を思い知る最近です。だんだん無理が利かなくなりました。
このあと一人だけ温泉に浸かり塩山に下れると思うと元気が湧いてきました。現金なものです。w

21柳沢峠
大菩薩ライン:柳沢峠
来た道を戻って行くお二人を見送りながらやや申し訳ない気分になりました。

しかも脚を残したはずなのに、翌日のサイクリングは中止になりました。内心ほっとしながらブログを書いていますが、同時に全コース自走しなかったことがやや心残りでもあります。

柳沢峠からの下りは別立ての記事といたします。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • U野 

  • 昨日はお疲れ様でした。
    柳沢峠は思ったより遠かったです。19時には帰れるとおもきや21時に帰宅となりました。
    しかし良い天気でしたね。予定では風張峠を通って帰るなんて言ってましたけど時間的にとても無理でした。
    帰りは湖畔を程よい速度で気持ちよく走りながら帰りました。
    遠方は輪行袋を持参して電車でぱっと帰るのも良いですね。
    来週と直江津が楽しみです。
  • 2016/04/20 13:24 | URL 
  • shimagnolo 

  • U野さん、いつもながら愉しいいサイクリングでした。どうもお疲れさまでした。
    僕だけ帰路輪行、少し気が引けましたが、結局今日の山岳サイクリングは中止となりました。こんなことなら一緒に走って帰ればよかったと思いつつ、同時に輪行で帰れて楽だったなぁ…なんて矛盾したことを考えています。

    九時の帰宅はちょっとやり過ぎの感もありますね。w
    僕は一人で遠方まで走るときには念のために輪行袋持参は基本だと思っています。疲労して無理をするとどうしても事故のリスクも高まります。無事であってこその楽しいサイクリングですからね。

    直江津は楽しみですね!
  • 2016/04/20 16:18 | URL   [ 編集 ]
  • N瀬 

  • shimaさん、昨日はお疲れ様でした。
    天気も最高だし楽しかったですね〜。ただ、家から丹波山まで90km走ったあとの柳沢峠はきつかったです。帰りは先頭交代をしながらなので楽をさせてもらいました。U野は全然余裕そうでしたから、これからは交代で牽かせてもらいます。その内U野に着いていけなくなる日が来るかもですね…
    また、来週もよろしくお願いします。
    直江津も?
  • 2016/04/20 17:19 | URL 
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、ありがとうございました。昨日は実に最高のお天気で最高のコースでしたね。
    一人だけ輪行帰宅したものの、翌日(今日のことですが)の山岳行きは中止になりました。
    でも体力の限界を感じる最近、輪行で帰らせていただいたのは結果的には正解だったと思っています。
    こんなことで直江津まで走れるのかなぁ…やや心配ですが、それでも楽しみです。
    こちらこそ来週も、そして直江津もよろしくお願いいたします。
  • 2016/04/20 17:30 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1088-8319b2e8

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク