2016/04/03 18:15
2016.04.03

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF56㎜F1.2 R APD & XF23mmF1.4 R

下手の横好き写真、アップする枚数が多いのは毎度のことです。本日は記述することもなく、文字通り写真ばかりです。
たびたび申し上げるように、拙ブログは自分用の備忘録であり、アルバムでもあるので、興味がない方は黙ってスルーしてくださいね。

01英国大使館
英国大使館:正面ゲート
今年は例年になく桜への興味が薄く、毎年欠かさず訪れていたお花見スポットにも行かずじまい。

まぁいいかという思いもあったのですが、今日の天気では自転車で出かけるのもままならず、"ならば" と花見に行ってきました。

日本で一番人気があって激混みで有名な「皇居周辺」、中でも人出の多さで知られている「千鳥ヶ淵」です。

我が家からだと乗り換えなし、電車1本で行かれるというのも理由でした。
半蔵門駅で降りるとさらさらと春の雨が落ちできます。撮影に傘は邪魔なので持ってきませんでしたが、持参した帽子で何とかしのぐことにしました。


今日は春の霞ではなく雨で霞む皇居周辺でした。
決して空いているとは言えないものの、進むのも立ち止まるのも大変というような人出ではありません
まずはお濠を挟んで内側の「千鳥ヶ淵緑道」を歩くことにしました。

02お濠の桜
お濠の桜
クリアで満点な景色も好きですが、欠けたり擦れたりぼやけている景色(写真)も悪くないと思うようになりました。年のせいでしょうか。
自転車に乗らなければ、静かに降る春の雨はむしろ好きです。

03お濠の桜
お濠の桜http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=1078#
僕のカメラは小型化のために防塵防滴仕様になっていないので、その点が心配です。
今日持ち出してきたレンズは2本とも防塵防滴仕様になっているのですが…

訂正:多分両方のレンズ共防滴にはなっていません。そうならばレンズ品番にWR(Water‐Resistant)の2文字があるはずでした。

04お濠の桜
お濠の桜
いっそ花びらにもっと水滴がついていればと思ったのですが…

05旧近衛師団司令部庁舎
旧近衛師団司令部庁舎
この写真を撮ったあと建物全体を収めたかったのですが、退くだけの場所がなく換算85mmのレンズでは無理でした。
雨が降るときにアウトドアでのレンズ交換は危険なので、広角レンズに付け替えるわけにはいきませんでした。
そうでなくても輪行サイクリングに持ち出した時、既にセンサーにゴミが着いてしまったかもしれません。
サービスセンターに持ち込むほどではないと思うのですが…

06貸しボート
千鳥ヶ淵の貸しボート
雨が降っているので、貸しボートは休止中です。
雨が止んだら再開するというアナウンスが響いていました。

ボートに乗りたがっている人がいかに多いか後で判明することに!
長蛇の列に並んでまで乗りたいのですね。しかもボートに乗っている人は望遠レンズの餌食でした。w

07千鳥ヶ淵の桜
千鳥ヶ淵の桜
今日は最後まで、青い空と水と緑と菜の花の黄色とそして桜のピンクという色のコンビネーションの美しさを堪能できませんでした。それでもなお千鳥ヶ淵の人気のほどがわかります。


北の丸公園はまさにお花見を楽しむ人でいっぱい。
お花見とは桜花を愛でることではなく、集まって飲み食いし、そして少し騒ぐことですからね。w

「写真撮ってもいいですか」とお断りした場面もありますが、ほとんどそんな必要はありませんでした。お花見気分が警戒心を解き、撮影されることに拒否反応がないのです。笑顔でピースサインで応じる人もかなりいましたが、その後改めてシャッターを切らせてもらいました。視線を向けてくる人を撮るのは、僕の腕とセンスでは無理そうです。

撮影を目的に来た人たちはさすがに花は撮り飽きて、ほとんどのカメラマンが人にレンズを向けていました。
まぁ、僕もそれに便乗したというわけです。

08北の丸公園
北の丸公園
近すぎる!!! どこをクローズアップしたいんでしょう。w

10北の丸公園父子
北の丸公園
ママの方を向いて、「はい、チーズ!」です。赤ちゃんもやっとお父さんと目線を揃えてくれました。

11北の丸公園カップル若
北の丸公園
仲良く見つめ合ってお弁当を食べているカップル。
誰にもこういう時代があったのですね。もう忘れましたが…w

12北の丸公園カップル老
北の丸公園
こちらは淡々とお弁当を食べています。時折話しかけるおばあちゃんに、うんうんと頷くだけのおじいちゃんでした。
わかるわかる。w

13北の丸公園人物
北の丸公園
この一団は何でしょう? お互いに写真を撮りあったり、通り過ぎるカメラマン(多くは外国人)にポーズをとったりしていました。
どさくさに紛れて僕も数枚撮りましたが。

14北の丸公園人物
北の丸公園
こちらはスマホで撮る友だちに向かって「はい、チーズ」です。
お花見はやっぱりいいですね。怒っている顔の人はいません。

15北の丸公園人物
北の丸公園
ここ数年、どこへ行っても本当に外国人観光客が多いです。

16北の丸公園人物
北の丸公園
先ほどの女子の一団がはしゃいでいるのを取り囲んで見ている人たちも笑顔です。

17北の丸公園人物
北の丸公園
この人はグループ女子の中の撮影係のようです。いい写真が撮れたわよ!と言ってるかのよう。

18北の丸公園人物
北の丸公園
外国人の男性が、居合わせた小学生の男の子を撮って、本人にその写真を見せています。お母さんもお父さんも嬉しそうに笑っているので、シャッターチャンスを捉えたいいショットを撮ってくれたのでしょう。

19北の丸公園人物
北の丸公園
かわいい! 
たくさんの人がこの坊やを撮影していました。

20北の丸公園人物
北の丸公園
カップル! 彼女を撮る男性です。

21北の丸公園人物
北の丸公園
こちらもカップル! 花びらを接写する彼女を見守る男性です。

22北の丸公園人物
北の丸公園
こちらは中国から来た女性のようです。とても熱心に自撮りしていたので、僕も彼女たちを何枚も撮らせてもらいました。
目が合うとニッコリ!

23北の丸公園人物
北の丸公園
自撮りが堂に入っていますね。
おじさんやおじいさんだって自撮りを恥ずかしがったりしない時代ですからね。
僕には人前ではできません。けれど人がいない道路のカーブグラスに映る自分は撮ったことがあります。w

24北の丸公園人物
北の丸公園
犬好きのおじさん。花見客が連れてきたイヌと戯れています。

25北の丸公園人物
北の丸公園
水辺の静かな場所には人が少ない。
綺麗なお母さんとかわいい坊やでした。

26北の丸公園人物
北の丸公園
老人仲間も愉しんでいますが、なぜか自ら日陰者になっています。どうして?w

東御苑にはさすがにはしゃぐ花見客はいませんでした。
27東御苑
東御苑
若い外国人カップルです。

28東御苑
東御苑
案内用のパンフレットで位置を確認する女性、スマホで調べる女性、そして背の高い女性の三人組です。
僕も自分がどこにいるのかさっぱりわからず、パンフレットをもらってこなかったのを後悔しました。

東御苑を最後に皇居から出ました。外はお濠沿いに歩く人並みで激混みになっています。
雨が上がったので、お花見最後の日曜日とばかりに出てきた人々でしょう。
29千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵
雨が止んだので、アナウンス通り貸しボートが再開されたようです。乗る人もなく係留されていたボートが全てお濠に漕ぎだしたようです。

30a千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵
一番千鳥ヶ淵らしい撮影ポイント(華やかという意味で)は混雑していたので、順番を待ってまで撮る気力がありませんでした。実はハンガーノックになりそうなほどお腹が空いていたので撮影どころではありませんでした。
ということで、この写真で代用です。

30千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵
上の撮影現場から反対方向を撮るとこんな感じでした。
花もこれでもかという華やかさはなく、ボートも少なくてむしろこちらのほうがいいです。

31千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵
外国の街角ではないかと錯覚しそうな光景でした。

それにしても疲れました。まだ寄りたいところもあったのですが、全部パス。
皇居周辺ではちゃんと食事ができる店は混雑で入れません。
コンビニも満員で外まで人があふれています。
仕方なく少し離れたコンビニまで我慢して、サンドイッチ、フルーツケーキ、シトロンケーキ、そしてカフェラテを買って地下鉄の駅まで歩き食いをするという、なんともな幕切れとなりました。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1078-48d156f5

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク