fc2ブログ
2011/09/24 19:23
KKさんが日ごろ走っている都内をご案内いただくことになった。
参加は毎度お馴染みのMY, EY, 僕, そしてKKさん。
大江戸ツアー第2弾
大江戸ツアー第2弾コース

日比谷公園大噴水の前に9:30に集合し、最初に豊洲海浜公園を目指す。

kkさんの後について走るのは久し振りだが、後姿が引き締まってスマートになった。
体重の減少はわずかだと仰るので、皮下脂肪が減少して筋肉量が増えたのだろう。
走りにも著しい進歩が見られる。
フォームやペダリングにはさほどの変化はないのだが、体から以前より力が抜けてその分走りが力強くなった。
特に上半身の力みがなくなったのは特筆モノだ!
巡航速度も早く、軽やかな走りになった。
峠を含む長距離ランもこなせるわけだ!

豊洲海浜公園の前身は"夢の島"…、つまりごみの上に突如現れた海浜公園というわけだ。
海だったところに人工島ができたのだから、当然周囲は海に囲まれて眺めは抜群だ。
今日は秋晴れに恵まれて気持ちのいいことこの上ない!
EYさんが「都内を走るにはもったいない天気。山へ行く時のためにとっておきたい」と仰るが、その通り!!
豊洲海浜公園1
豊洲臨海公園 背後にはレインボーブリッジ(ではなくて、臨海大橋)、お台場が見える

訂正!
HKさんからご指摘をいただきました。背後に見えるのは臨海大橋だそうです。
もちろんアレがレインボーブリッジでないことは知ってましたが、観覧車が見えるんだから見えるはず程度のいい加減な気持ちで書いてしまいました。
地方に住んでいる方がこれを読んだら、中にはアレがレインボーブリッジかと思われる方もいるかもしれません。
身内と友人だけを読者と考えてはいけないのですね。
HKさん、ご指摘ありがとうございました。
今後も気づいたことがありましたら、お知らせください。


海の向こう側には、葛西臨海公園もディズニーランドもくっきり見える。
ディズニーランドのサンダーマウンテンなど、まるで手に取るように細部まで見える。
豊洲海浜公園2
豊洲臨海公園 海の向こうには葛西臨海公園やディズニーランドがくっきり!

ファミリーサイクリング、カップルサイクリング、そしてローディーの一団も…
休日中日ということもあって、大勢の人々で賑わっている。
豊洲海浜公園3
豊洲臨海公園 好天に誘われて、ローディーもたくさん

葛西臨海公園へ向かう
葛西臨海公園に向かう

葛西臨海公園1
葛西臨海公園

旧江戸川河口からサイクリングロードで上流を目指す。
やがてサイクリングロードは江戸川本流に沿って進み、我々は柴又目指して快走!
やや向かい風ではあるものの、秋ならではの澄んだ空気で、肺胞の奥まで浄化されそうだ!
そういってはナンだが、タバコ好きのEYさんはその恩恵のありがたみがワカラナイだろうな…
冗談はさておき、台風一過(2,3日経っているものの)の空は限りなく澄み渡っている。

あっという間に柴又に到着。帝釈天の参道沿いにある"やぶ忠"で昼ごはんだ。
やぶ忠2
やぶ忠(店舗前)

丁度正午だったので参道にも人並みがあふれ、蕎麦屋もなかなかの繁盛だ。
やぶ忠1
やぶ忠(店舗内)

KKさんが「大盛は結構な量ですよ!」というが、腹も空いていることでもあり、迷わず大盛を注文!
ご本人もMYさんも大盛! EYさんは我々のようにバカ食いはしない方、普通盛を頼んだ。
味はまぁ普通だろう。
天せいろ大盛
やぶ忠 天せいろ大盛 写真の前に危うく食べつくすところ。つゆの中に既にねぎとわさびが投入されている!

食事を済ませて参道を戻る時、居並ぶだんご屋を通るたびに僕が「団子うまそう、饅頭うまそう」というのを聞いて、EYさんが「食べたばっかりなのに!」という。
一人だったら、絶対に買って食ったと思う。我が家ではいつも別腹を用意しているのだ。

GPSに頼って、やっとこさっとこカフェバッハに行き着く。
都内に来てここを通り過ぎるわけには行かない。
ここの珈琲は好きなんだなぁ。
それぞれ別の銘柄を頼んだのだが、ケーキを注文したのは僕だけ。
いつもなら付き合いのいいKKさんなんだが…
我々が着いたときには空席が目立っていたが、飲み終わってお喋りしていると長居が憚られるほど、店の内外に順番待ちの客が集まっていた。
カフェバッハ
カフェバッハ 
グアテマラ&モンブラン、ケニア、コロンビア、ブルーマウンテン№1ピーベリー

カフェバッハの外で順番を待つ老夫婦が(爺さんばかりの)自転車乗りが珍しいのか、話しかけてきた。
なんでもすごくこだわりの強いマスターのいる珈琲店が(どことかに)あるとか…。場所は忘れた。
値段が普通じゃないほど高く、奥方が仰るには先日飲んだのは1杯2500円だったとか!
値段が高いだけじゃなく、コーヒーを飲みながらのお喋りも禁じられているし、30分以上の滞在もお断りだという。なんだそりゃぁ!
そんなとこには行きたくもないが、店の名前を聞いたのに4人揃って誰も覚えていない。
だめだな、こりゃぁ…
「オレは聞いてないヨ」なんてとぼけるのもいたり…

雷門前の信号に差し掛かったとき、"スゴイ景色だなぁ"とあきれて、シャッターを切った。
ありえないような取り合わせの建造物の群れに絶句!
雷門交差点から駒形方面を望む
雷門交差点から駒形方面を望む ありえないほどアンバランスな景色!

一元屋 きんつば
一元屋のきんつば
最後に麹町にある"一元屋"(きんつばで有名)に寄ってお土産をゲット。
本日は参加していないTMさんから教えてもらって以前に一度来たことがあった。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



2 Comments

  • kazu+kano 

  • 日頃走っているコースでしたが独走と違った楽しさのある一日を楽しめました。皆さん、ありがとうございました。東京都のゴミを埋め立てた夢の島を岡本綾子設計の都民ゴルフ場にした若洲リンクスゴルフ場から葛西臨海公園までのコースは地図でルート確認したのですが、葛西臨海公園から旧江戸川を経て江戸川サイクリングコースに行くルートは偶然「デブ」と「ヤセ」の不釣り合いなローディーの後を付いて行って見つけた穴場ルートでした。今回好評で「よかった」!天候にも恵まれラッキーでした。
  • 2011/09/24 21:05 | URL 
  • shimagnolo 

  • KKさん、掛け値なしで実にいいコースでした。
    変化に富んでしかも走りやすい!
    平地を走りたいときに、一人でもう一度走ってみたいと思いました。
    もちろん仲間と一緒なら何度でも走りたいですね。
    唯一の汚点は、カフェバッハまでの途中の裏道!
    なんと走りにくかったことか。
    ここは僕が先導したところでしたね…。
    でも悪いのは僕ではなく、GPSです!
    東京の下町の道は、裏通りよりメインストリートの方がずっと走りやすいことがわかりました。

    今日は、コースのよさはいうまでもないのですが、絶好の秋晴れが後押ししてくれたサイクリングでしたね。
    こういう日はどんなところを走っても納得&満足ですね。
    しかし、こういう爽やかな季節は思ったより短く、あっという間に過ぎ去ります。
    寒くなる前にまた楽しい企画を立てましょう。
  • 2011/09/24 21:28 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/107-7ab9ce55

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク