2016/03/01 20:59
201.03.01

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF23mmF1.4 R

01BD-1.jpg
BD-1
ロードしか乗ったことがないので、ミニベロのインプレッションといっても甚だ恣意的というか超個人的感想にとどまってしまう惧れがあります。それを前提にお読みください。

第1回目の感想ということでもあり、見当はずれなことを書くことになるかもしれません。なにしろまだ40kmほどしか乗っていません。(^^;
なので、「それは違う!」「何言ってんの!」などのご指摘は大歓迎です。いろいろと教えてください。

他のミニベロのことはわからないので、BD-1限定です。現在は代理店が変わって、ミニベロの名称はBD-1からBirdyへと変更になっています。
最新型のモデルで僕のものにもっとも近いタイプはディスクブレーキ仕様になっており、価格もかなりの値上げとなっています。為替相場が影響しているのはもちろんです。
ディスクブレーキ以外の部分はほとんど変わらないと思いますので、今後Birdyを購入予定の方に少しでも参考になればと思います。

BD-1は数あるミニベロの中では走行性能に重点が置かれているとの評価なので、ある程度のスポーツ走行も楽しめるのではないかと期待しました。
確かにそれなりの軽快感もあり、ママチャリなどに比べたら格段の走りを見せます。平地を移動する分にはほとんど不満がないと言えるかもしれません。ほぼクロスバイク並みという評価もあながち外れていません。

02BD-1.jpg
BD-1

走りの場面ごとに検証していきたいと思います。

【漕ぎ出し】の軽さは選択しているギアにもよりますが、ホイールが小さいわりにそこそこスムーズに加速していきます。0~400m加速は(自転車にはそんなのない?)、若者の乗るママチャリなど敵ではありません。
上手に変速すれば、すぐに実用速度域に到達します。実用速度域って、20km/h程度のことと考えていいでしょうか。
街中での通常のスタートについては、まず不満はないといえるでしょう。
(軽量ロードの圧倒的な出足感と比べてはいけませんね)

【加速性能】は低速域、中速域ともに、これまたママチャリは敵としません。しかし胸がすく加速感などとはほど遠く、もたもたしないという程度と心得てください。しかし急いだり焦ったりしない限り不満はありません。
この自転車に高速域はあり得ませんので、割愛です。w
(加速性能はロードと最も大きな違いが出る部分の一つと言えるでしょう。ミニベロでの急な加速などは疲れるだけなので控えたほうがいいでしょう)

【巡航性能】はミニベロの致命的ともいえる弱点です。ホイール径が小さいのですから、巡航性能はロードと比較して取り上げるべき項目ではありません。しかもアップライトな乗車フォームなので、空気抵抗も大きく否定的な要素が多いですね。
(この点一つとっても、ミニベロでロードと一緒に走るのは決して楽しくないでしょう)

【ブレーキ性能】はそこそこ頼りがいがあります。Vブレーキということもあって、きっちりと減速&停止の役割を果たします。しかも急ブレーキでもつんのめるような感覚はありません。
乗車時の重心位置は見た目よりも後ろにある感じです。
(ロードの上級機種のブレーキの剛性を期待してはいけません。剛性に関してはやや頼りないですね。しかし急ブレーキによる停止能力はBD-1にアドバンテージありです。ロードは速度をゼロにするよりも、速度コントロールがメインですね)

【追い越し加速】は平地での加速性能に準じます。駐車している車をよけて道路中央側に寄って追い越すときなど、状況次第ではありますが、後ろから迫る車を意識しつつも、それをかわすのにそれほどの恐怖感はありません。
ただ、できれば後方の車との距離感が読みやすいミラーを装着すると、より安心して走れると思います。
(ロードの速度感のまま、右に膨らんで追い越すのはNGです。慣れるまでは後方のクルマの距離や速度への対応は、ロードよりもかなり余裕を持ったほうがよさそうです)

【上り性能】ですが、勾配と速度に応じてスプロケットのギアを想定よりも一つロー側にシフトすることで、さほど苦労することなく対応できそうです。重めのギアや高めの速度での無理は、ロードと異なって苦痛あるのみです。
通常激坂と呼ばれるような勾配が10%を超える上りには、ミニベロでは最初から近づかないのがよろしいと思います。それが長ければなおさらです。

03BD-1.jpg
BD-1
坂に限らず速度は重要です。ミニベロではどんな条件の路面であっても、ロードのように速度を上げて無理すると愉しさが半減するばかりです。従ってミニベロでトレーニングなどは論外と言うべきです。
(どの場面でも言えることですが、特に上り坂ではロードのことは忘れましょう。ミニベロでは勾配の強弱は気にしないで、上りの速度が遅いことに苛立たないことが大事ですね。遅く上ることを楽しむべきです)

【下りの安定感】はそこそこです。路面への追従性能は傍で見るよりもすぐれています。しかしハンドル周りの剛性がいまいちなので、慣れないうちはDHは40km/h位を限度とするのがいいと思います。

【ダンシング】はしないほうがいいくらいに愉しくありません。加速も、上りも、シッティングでやり過ごすのが正解だと思います。つまりダンシングをしない以上、俊敏な加速や上り性能も期待してはいけないということです。

40kmほど試走した結果の感想は以上です。
一方でミニベロにはロードにはない愉しさがあります。それは次回のブログで紹介したいと思います。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1053-9fd0f2ad

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク