2016/02/11 23:48
2016.02.11

下手な鉄砲の上、不発の本日でした。写真のことです。(^^;;

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF56㎜F1.2 R APD

本日石かわ珈琲のISさんとようさんがマラソンの練習で三浦半島を走るというので、追っかけならぬ先回りでゴール後を一緒に楽しむことにしていました。
何でも忘れやすい僕なので、昨日改めてISさんからお誘いをいただいて、ランチ予定の三崎漁港で落ち合う手はずにしました。

最近本調子でないということは再三ブログにも書きましたが、今日も気合が入りません。自転車をやめて電車にしました。

01a京浜急行
京浜急行
現地に向かう途中の車中でFBに書き込みをすると早速友だちから反応があり、そのうちのお一人のMさんは合流できるかもしれないとのこと。
今日の走行予定をお知らせくださる方、桜情報をくださる方などもいて、三浦海岸の河津桜がかなり開いていることを知りました。

01b河津桜
三崎口駅の河津桜
バスを待ちながらふと後ろを振り返ると、木によっては7分かと思われるほど咲いている河津桜が風に揺れています。
さっそく写真に撮って、お礼方々FBにアップしました。すると再度Mさんからコメントがありランチタイムをご一緒できることがほぼ確実になりました。

特に予定のない祝日だったのに、俄かに愉しくなりそうな気配になってきました。Mさんからの突っ込みはいつものことなので積極的に楽しむことにしています。♪

バスはまさに老人会の旅行の様相を呈しています。まあそれはいいのですが、聞こえてくる会話がどうにも……でイヤフォンを持ってこなかったことが悔やまれました。

そうこうするうちに城ケ島着。三崎漁港だと時間を持て余しそうなのでターミナルの城ケ島まで乗ってきましたが…
観光客が訪れるにはまだ時刻が早いので、島全体が閑散としています。
本日の主たる目的は写真撮影なので、こう人がいないと困ります。島の先端の岩場まで行っても人の気配はわずか。しかもあまり代わり映えのしない釣り人がちらほら…

02a海の色
城ケ島
穏やか過ぎる海はやや味気ない様子です。それでもこの季節、海水の透明度は高く実にきれいです。惜しむらくはべた凪でほとんど波しぶきらしいものが立たなかったことです。

こうなると撮影センスのない人間には何をどうしていいかわかりません。この時点で人が活発に働く三崎漁港でバスを降りなかったことが悔やまれます。

01城ケ島
城ケ島
そうも言ってられないので気を取りなおし、転んだらカメラもろとも甚大な被害になりそうな岩場をよじ登ったり飛び降りたりしながら水際まで進みました。
当然ですが岩に隠れて見えなかった海の際にはそれ相当の釣り人がいます。しかし足場が悪くてなかなか近寄れず、今日持参したレンズでは豆粒のようにしか撮れません。

それでも何とか近寄って人らしく撮れたのが数枚でした。
02カップルで釣り
城ケ島

03カップルで釣り
城ケ島

やがて連絡が入り、あと2kmほどの地点まで走ってきたらしいお二人。ランニング後に入浴することになっている城ケ島京急ホテルで待ち合わせることにしました。
すぐ直後にMさんから佐島を出て城ケ島に向かうとの連絡。

一番楽をしている僕がみなさんをお待たせするわけにはいかないので、撮影を早々に切り上げて一足先にホテルのロビーへ参りました。
やがて到着したISさんとようさんはホテル内の日帰り温泉「雲母の湯」へ。
するとその後、サイクリングを楽しんだグループがお湯に浸かりにやってきました。もしかすると「三浦半島サイクリング→城ケ島→日帰り温泉入浴」はポピュラーなコースなのかもしれません。

そしてクロスバイクでMさんが登場。風呂を済ませた二人と合流して三崎漁港へ向かいます。我々はバスで、Mさんはクロスで。
04城ケ島
城ケ島
バスは待ち時間があるので、おそらくクロスバイクのMさんが先着することになりそうです。

05城ケ島
城ケ島
バス停まで麗らかな日差しと心地よい風を楽しみながらそぞろ歩きです。二人とも風呂上がりでさっぱり!

06城ケ島
城ケ島:バス停にて
吹きさらしのバス停、やや風が吹くものの寒さを感じるほどではありません。

07城ケ島コーラ
城ケ島:バス停にて
エネルギー補給中のようさんです。「普通はビールですね」と言う彼も下戸です。「でもコーラはうまいですよ」とISさんが言う通り、普段は飲まないコーラでもこういうときは別だという方が結構いますね。

08城ケ島コーラ
城ケ島:バス停にて
う~ん、沁みますね!ww
演技派の表情を写真向けに作ってくれたようさんでした。

バスに乗って三崎港へ…
09三崎漁港まるいち食堂の魚や
三崎漁港の魚屋さん
目的の中華の店を探しながら覗いた魚屋さん。いかにも新鮮そうです。しかもここで魚を選んで隣にある食堂で食べられるという魚屋直営ならではのお店です。
三崎と言えば海鮮!は、ようさんも承知のうえで中華の店を探しておいてくれたのです。
祝日の昼時はどこの海鮮屋も混雑ですからね。

さてシュウマイが美味しいというので、やや大きめのを一人当2個注文。「まぐろラーメン」はややチャレンジングなメニューと思われ、最初は尻込みをしていましたが、Mさんとようさんが注文しました。
ISさんと僕は「チャーシュー丼」にしました。
10牡丹:しゅうまい
三崎の中華:牡丹
写真を撮るときには「シューマイ」は既にこんな無残な状態になってます。みんな箸を出すのが早い!

11チャーシュー丼
三崎の中華:牡丹
「チャーシュー丼」はちょっといけてませんでしたね。後で聞いたらISさんの感想も同じく…でした。


14まぐろラーメン
三崎の中華:牡丹
後でようさんが言うには、「まぐろラーメン」はまずまずだったとのこと。「Sさんは何にも言わないで食べていたからどうだったのかなと思いましたが、やっぱりw」と笑いました。
初めての店ですからね、当たるも八卦、当たらぬも八卦です。みんなで食べれば何でもおいしいです。

もちろんお茶をせずにランチは終わりませんが、居合の稽古が控えているMさんとは三崎でお別れしました。

15カフェ探し
三崎漁港
三崎漁港の周辺には狭い路地が入り組んでいますが、昔のままの姿です。この雰囲気は昭和ですね。

さすがにちゃんと目星をつけていたようで、ISさんが道案内してくれました。間違えながら!w
16ミサキドーナツ
三崎:ミサキドーナツ
着いたところが「ミサキドーナツ本店」でした。

17ミサキドーナツ
三崎:ミサキドーナツ
人が並んでいます。なのにケースの中にはドーナツが人数分にも満たないほどしかなく、気をもませます。
出来上がると奥から追加してくれるので大丈夫そうでした。必要以上にホッとしました。

ところがレジで接客の若い子が大変なマイペース。はっきり言えばちょー遅~い!
一人二人を捌くのにそんなにかかるのか!と言いたくなります。待たせるのが平気なんですね。実際7~8人僕らの前にいましたからね、ずいぶん辛抱がいりました。

ようやくのことで注文できる番が来ました。番が回ってきただけです。w
ここで問題! 我々3人なのに目を惹くのが1つしかありません。幸いなことにそれと同じくらい目を惹くのが2つありました。
前回のこともあるので、もめた挙句に1つしかないのを僕が選ぶと「ほらね、やっぱりw」と言われそうなので様子見です。w

今回はうまい具合にそれぞれがぞれぞれの好みをゲットできました。よかった。

注文品をトレーで受け取るのにまた一辛抱!

18ミサキドーナツ
三崎:ミサキドーナツ
三人が2Fのカフェスペースに揃うまでになんと時間がかかったことか!

19ミサキドーナツ
三崎:ミサキドーナツ
この時間のためにやってきた僕ですが、いつもは聞けない、あるいは話せないことを語り合い、教えてもらいました。
どうやってここまで大きくなってきたか(歳をとってきたか)、普段の素顔からは決してわからないことも話の合間にこぼれてきます。
実家のこと、かつての居住地のこと、故郷のこと、趣味のことなど、語るともなく、尋ねるともなく(僕が尋ねていたかも…w)、話し続けた3時間弱の愉しい時間でした。

話し疲れて席を立ったという感じです。時計を見ると16:30を回っていました。
20三崎口へのバス停
三崎:バス停にて
この後16:48発のバスで三崎口駅へ、そこから京浜急行で家路につきました。京浜久里浜駅でISさんと、上大岡でようさんとお別れしました。

ISさんとようさん、32kmのマラソンのあと長々とお付き合いいただきありがとうございました。
Mさん、お一人でクロスバイクでの参加、ありがとうございました。居合の稽古がない時にのんびりお話しましょう。愉しいつっこみつきで。w

いつでも会えるはずの方たちですが、それぞれがお忙しいので揃って集まるチャンスは意外とありません。
今日集まれたおかげで、今年も「お泊りサイクリング」の計画が具体化しそうなのが嬉しい。
ISさんは今年はロードで参加となるのでしょうか。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1040-ecc708bc

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク