2016/02/09 18:23
2015.02.08

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF56mmF1.2 R APD

写真が撮れずに映画を鑑賞する一日になりました。

初めての経験ですが、なかなか撮影に気持ちが乗らない日ってあるんですね。ま、そういうもっともらしいことを言える立場ではないんですけど。

今日は自分なりのイメージを持って撮影に臨むつもりでした。しかし何を見ても自分のイメージにつながる光景がファインダーから見えてきません。それでも数回シャッターを切りました。
そうこうするうちに気持が疲労感でいっぱいになり、やる気はどんどん下がりました。

思い切ってカメラをバッグに仕舞って、潔く映画鑑賞に切り替えることにしました
上映開始時刻が一番近い映画を探すと「人生の約束」
ハリウッド映画じゃなくてよかった…今日はそういう気分ではありませんでした。

特に話題になるほどの映画ではないかもしれませんが、タイトルが生真面目すぎるところが却って今日の気分にあっているように思いました。
映画も写真も絵画も、人によって評価が大きくわかれるところがいいですが、今日の映画「人生の約束」は封切られて間もないので、内容には触れないことにします。

メインのキャストは、竹野内豊、江口洋介、西田敏行、松坂桃李…、そして映画初出演という新人の若い女優・高橋ひかる。優香、室井滋、小池栄子、ビートたけしらが脇を固めるという豪華なもの。
新人が若さに似合わずいい雰囲気を持っています。将来が楽しみかもしれません。

この映画の全編を貫くモチーフが「新湊の曳山祭り」です。
映画のテーマと曳山祭りが見事に響き合って、この祭りをモチーフとしなければこの映画はないだろうと思わせます。

祭りと言えば、友だちのktyさんが「富士山本宮浅間大社の例祭」を撮影し、そこで繰り広げられる人間模様が垣間見える写真を見せてくださるのを毎年楽しみにしています。
映画でも浅間大社でも、祭りそのもののスケールの大きさや勇壮な見ごたえに圧倒される点は同じです。しかしそれ以上に見る者の心を奪うのは、そこに集う人々の想いと存在そのものではないかと思います。映画は実際の曳山祭りの当日に撮影していますから、その様子は実にリアルでした。

その地に脈々と受け継がれてきた祭りは単なる観光イベントの領域を遥かに越えています。その地の精神的支柱そのものなのです。祭りの主役・脇役はこの日のためにどれだけの準備や研鑽を重ね、心を結集してきたかしれません。どんな想いでこの日を迎えたかしれません。
そのことが祭りを単なる映画の1モチーフ以上のものに昇華させています。

というわけで写真はないのですが、鳩の写真を1枚載せることにしました。

鳩
日向で温まる鳩


Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1038-b45b58b5

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク