2016/01/07 23:13
2016.01.07

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
                XF56mmF1.2 R APD

今日は浅草から向島へと隅田川を遡って歩く計画でした。
昨夜のうちにネットで調べて、「多聞寺(毘沙門天)~向島百花縁(福禄寿尊)~白髭神社(寿老人)~長命寺(弁財天)~弘福寺(布袋尊)~三囲神社(大国神&恵比寿神)」を写真を撮りながらぶらぶらするつもりでした。

我が家のある駅からせっかく座席に座れたことでもあるし、途中乗り換えは面倒なので電車1本で押上駅(東京スカイツリー前)まで行って、そこから歩き始めることにしました。

押上駅に着いて地下から外に出ると真ん前に東京スカイツリーです。
どうせ待ち時間が長いに決まっているので待ってまで上るつもりはなかったのですが、チケット購入の列の最後部の案内係の方にに一応尋ねてみました。そうしたら「だいたい15分待ちくらいです」とのこと。
まだ東京タワーにも上ったことがなく、先日も妻から呆れられたばかりなので、これは鼻を明かしてやるいいチャンス!
天気もまずまずなので、そこそこ展望も利くでしょうしね。
お陰で今日の予定は全てひっくり返ることになりましたが…。

00チケット
東京スカイツリー 天望デッキ 入場券
天望デッキ(展望デッキではない!)への入場料が2060円。金額的には微妙なところです。ランドマークタワーの展望台入場料が確か1000円でしたから。まぁ1mあたりでいくらと料金を決めるわけでもないでしょうけどね。

エレベーターはさすがに速い!350mの展望フロアまであっという間です! 耳がキ~ンとなるほどです。

01スカイツリー
東京スカイツリー 天望デッキ
晴れているので360度よく見えます。しかし期待したような感激はありませんでした。
"バカと煙"の喩は通用しなかったようです。写真もどの方向から撮っても大差ないですし、高所のスリルがあるわけでもありません。

02スカイツリーガラスの床
東京スカイツリー 天望デッキ
ガラスの床が地面まで透けている場所があるのですが、怖がって乗らない大人もいました。

03スカイツリーカフェ
東京スカイツリー 天望デッキ
SKYTREE CAFEです。ガラス越しに下界を眺めながらお茶がいただけますが、ゆっくりするつもりもなかったのでパスです。

04スカイツリー
東京スカイツリー 天望デッキ
お正月の飾りも今日が最後でしょうか。

05スカイツリー
東京スカイツリー 天望デッキ
フロア340へと下る階段です。ガラス越しに眺める下界よりも、天望デッキ内の作りの方が面白いと感じていては入場料は安くないですね。

06スカイツリー
東京スカイツリー 天望デッキ
フロア350もフロア340も大差ないかと思ったら、10m低くなるだけで地上の景色が変わります。近くに見える気がするのは気のせいでしょうか。
いずれにしてもフロア340の方が空いていて、ガラス窓からの眺めはゆったりしてます。

07aチケット
東京スカイツリー 天望回廊 入場券
せっかく大枚はたいて上ったのですぐに降りるのも残念なので、ぶらぶらしましたがそれにも限界があり、天望回廊まで上ってみることにしました。
入場料は当然別途追加です。100m~110mほどさらに上昇します。

07スカイツリー
東京スカイツリー 天望回廊へ
こちらのエレベーターは天井がガラス張りで、スカイツリーの内部構造が見られるようになっています。
が、あまりにも速度が速いのでゆっくり鑑賞している暇はありません。

10スカイツリー
東京スカイツリー 天望回廊
下界から見上げてもわかるように、こちらは狭くてガラスの桟も細かいので眺望ははっきり言ってよくありません。

11スカイツリー
東京スカイツリー 天望回廊
どうしても一番上まで行くんだ!という方は引き止めませんが、ここはパスしてもいいと感じました。
いやどちらかと言えば、全部パスしてもよかったかもしれませんね、僕の場合。

12スカイツリー
東京スカイツリー 天望回廊
確かに天望回廊の方が下界の景色が小さく見えるのは実感できます。
スカイツリーの天望台は強い風が吹くときは営業停止になるのでしたっけ? そういうときには揺れるのでしょうか。

13スカイツリー
東京スカイツリー  出口へ
下りのエレベーターはフロア350で乗り換えて一気に地上五階まで下ります。気圧の変化で耳の様子が少し変になります。
このエレベータの装飾は贅沢なもので、一見クラゲみたいに見えますが、江戸切子のガラスで飾られています。

20スカイツリー
東京スカイツリー
外に出て写真を撮ろうと思っても、大きすぎて(高すぎて)うまく収まり切れません。

時刻は既に2時半をかなり回ってしまいました。当初の予定は来年に延期することにしました。
ここからだと浅草が近いのでぶらぶらと歩くことにします。

21吾妻橋
吾妻橋
吾妻橋のアサヒビール本社社屋です。

22吾妻橋
吾妻橋
駒形橋の袂から川岸に下りる階段の人間模様が目を引きました。

23吾妻橋人力車
雷門
浅草には人力車が多いですが、僕のように単独で歩いているおじいさんには決して声をかけません。狙いはカップルです。老若問わず、国産舶来問わずです。
それから女の子のグループ。
見るからに乗り心地がよさそうですが、いまだに経験がありません。

24吾妻橋人力車
雷門
晴れ着姿の三人の若い女性です。車夫の方も同じ乗せて牽くんならね…笑顔がこぼれます。

25吾妻橋自撮り
雷門
あっちでもこっちでも自撮り棒が大活躍です。こちらも晴れ着の若い女性です。

実はこの後仲見世通りを浅草寺に向かっていると、前から実に美しく着物を着こなした女性が。
背も高く顔だちも美しいのですが、身に纏っている着物が見事で、しかもその着付けが素晴らしい。
抜いた襟から覗くうなじから背中への肌がなんとも色っぽいのです。
ぼ~っと見とれていたので、後ろ姿を写真に撮る間もなく彼女は人ごみに紛れてしまいました。

30浅草寺
浅草寺
おみくじがあっちにもこっちにも用意されています。100円という手軽さもさることながら、こういうことで盛り上がれるのもお正月ならではですね。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • じょんNA8 

  • 吾妻橋からのスカイツリーは見上げた事ありましたが、上からの景色は初めて写真で見る事が出来ました。
    昔は高い所きにしていませんでしたが、最近高所が苦手だと気付きました。
    でも1度はスカイツリー行ってみたいです。
  • 2016/01/08 11:47 | URL 
  • shimagnolo 

  • じょんNA8さん、今年もよろしくお願いいたします。
    スカイツリーの天望デッキや回廊はあまりにも安全な感じ。怖さやスリルが全然ないのがむしろ残念です。遊園地のアトラクションのような期待をする方が間違ってますけどね。w
    ここ数年の日本全国の特徴ですが、外国人観光客の数が半端ではありませんでした。週末を避ければ待ち時間は少ないようですから、話しのネタに一度経験してもいいかもしれません。
  • 2016/01/08 13:16 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1018-a4217182

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク