2015/12/10 21:00
2015.12.10

今日のカメラとレンズは、X-T10、XF23mmF1.4 Rです。

またまたMさんに美術館の招待券をいただいて「上野の森美術館」に行ってまいりました。
その後は撮影の練習ですが、両方楽しむことができました。
00浮世絵展
上野の森美術館
今回鑑賞した浮世絵は版画ではなく肉筆です。もちろん版画は版画で素晴らしいのですが、肉筆ならではの生きた線や色の乗り方はおそらく別物でしょう。
肉筆の浮世絵を見たのは初めてなので、両者の違いはほとんど推測でしかありませんが…。
シカゴウエストンコンレクション収蔵の浮世絵を展示したものですが、その点数は膨大です。
最後の方は鑑賞する集中力がもちませんでした。

江戸文化の真価の一面を見た思いがしました。細い線で丹念に描かれた顔や肌が実に美しく(着物や帯などの柄の描画は驚異的)、しかも構図も独特で、ヨーロッパの印象派画壇に影響を与えた理由もそんなところにあったのでしょうか。
しかし美人画に代表されるような中心画題よりもむしろ背景の描き方に興味が惹かれました。確かな日本画の素養と技術あっての浮世絵なのだと感じました。

01横撮り
外国人観光客
外国人の観光客が近くの日本人に撮影を頼んでいました。一眼レフだから自撮りとはいきません。w

02寛永寺観音堂
寛永寺観音堂の紅葉
上野公園の紅葉もそろそろお終いです。あちらでもこちらでも落ち葉を掃き集める光景が見られました。

03銀杏
上野公園の銀杏
色づくイチョウの葉よりも散り敷いたイチョウの方が見事だったですね。

04大道芸
大道芸
美術館を出た後は、美術鑑賞とはある意味対極にある大道芸を楽しみました。アウトドアで誰に気兼ねすることもなく笑ったり拍手したり、しかも写真まで撮らせてもらえます。やや大袈裟ですが、人としてバランスが取り戻せた感じです。

05大道芸
大道芸
この方は僕よりも一回りほど若いのですが、すごい肺活量です。いや肺活量もさることながら、膨らませるコツがあるのでしょうね。金管楽器を吹く人のように唇と頬の筋肉を使っています。

長い風船を膨らませてねじったりからめたりしていろいろなものを作って見せてくれます。

指名されて風船を渡された若い男の子たちは誰一人として30㎝ほども膨らませることができませんでした。

忘れたころに20歳くらいの男の子が悪戦苦闘の末に30㎝ほど膨らませることができました。
それでフレンチプードルを作ってその子のガールフレンドにプレゼントしていました。
06大道芸
大道芸
この後、左手前でうれしそうに笑っているおじさんがゴムから手を放して…パチン!
観客を笑わせるのにも身を挺して大変なことです。w

07大道芸
大道芸
遠巻きにしていた観客を上手にリラックスさせて演者と観客が一体になります。さすがにプロです。

08大道芸
大道芸
調子に乗って鼻息で挑戦します。上の写真に写る4人の学生に乗せられて、2本の風船が4本になりました。
すごいですね、4本膨らませて見せました。

09大道芸
大道芸
最後に大作を作って見せてくれました。季節柄、トナカイが引く橇に乗ったサンタクロース! サンタさんはおもちゃを入れた白い袋まで背負っています。

最後の最後に作業用ゴム手袋をすごく大きく膨らませて割って見せました。割れる5秒前から観客に大きな声でカウントダウンを要求していたのですが、見事にゼロでバンッ!

10大道芸
大道芸
彼の髪はハート形に刈られ、そこだけカラーリングされています。w
愛を届けますとか何とか言ってました。♪

12大道芸
大道芸
最後に楽しませていただいたお礼です。
僕は真ん前でただ一人堂々とカメラで撮影させていただいたので、相応のお礼を入れさせていただきました。

※この方は「バルーンアーティストMoto」と名乗っていましたが、僕と名前が似ているので親近感でついついたくさん撮ってしまいました。w

13浮世絵燈籠
浮世絵燈籠
不忍池の方へ通じる道の植え込みには浮世絵が浮かび上がる燈籠がたくさん並べられています。日が落ちるころには点灯されるのでしょう。
今日は浮世絵デーです。w

14スズメ
スズメ
不忍池の端の一角からスズメのさえずりが聞こえてきます。
近づいてみたらすごい数のスズメが集まっています。

15スズメ
スズメ
ご近所に住む老人が餌付けして手乗りスズメにしているのです。
自転車で川沿いのサイクリングロードを走っていると時々目にする光景ですが、こんなにすごい数が群れているのは初めてです。
これは老人に促されて手のひらに餌を載せてスズメを集めているご婦人の手です。

16アメ横
アメ横
上野公園のあとアメ横を歩いてみました。
すごい活気ですが、ある意味ここは日本の商店街ではあまり見られない光景も…。
ほんの一部のお店ですが、ややいかがわしい販売!しかも堂々と!
もちろんほとんどのお店は安くていい商品を提供しているはずです。

瓜二つのやや怪しい売り方をしているお店が3軒あったのですが、売り方は全く同じ。その内容は…

どこも今日が閉店日です。十数年この地でお世話になったお店という触れ込みです。
「長い間みなさまにお世話になったお礼です。商品の追加はありません。店内にあるだけで終了です。この機会を逃さないでください。全品3000円です!」
しかも同じ業種で同じ値段、呼び込みのセリフも似たりよったり…
中には「盗んできたものではありません。安心してお求めください!」なんて言ってるお店まであります。ますます安心できませんね。w

これからお正月に向けて、食料品の調達に集まる人でごった返すことでしょう。乾物類やつまみの類、漬物など買って帰りたいと思うものがありましたが…例によって持てません。
何も買わずに駅に向かいます。

17銀座線上野駅
銀座線上野駅
上野の後に回りたいところがあったのですが、すっかり疲れて銀座線に乗車して帰路につきました。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1001-a99645f8

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク