2017/08/18 14:04
2017.08.17

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

恐らく小学校以来の岩屋です。この辺り一帯には怖い言い伝えがあるという漠然とした記憶だけが残っています。
岩屋は一時期閉鎖されていたこともあったように記憶していますが…

16江の島岩屋
江の島 1:岩屋
磯遊びのできる岩だたみから見上げたら、久しぶりに洞窟内を歩いてみたくなりました。

17江の島岩屋
江の島 2:第一岩屋・入口
入り口から下に降りる階段横で、人々をよけながら岩壁に張り付き、通行人が少し減るのを待って撮りました。
かなり混雑していました。

18江の島岩屋水に映る石碑
江の島 3:第一岩屋・神秘の池
洞窟内の静かな池。人が少ない時に訪れたら神秘的な雰囲気に浸れそうです。再訪することにしました。
岩屋全体がパワースポット or 心霊スポットとしても知られているらしいですが、(お化けが出そうな)恐怖を感じなければ、その種のことに関心はありません。

19江の島岩屋絵傘
江の島 4:第一岩屋・絵傘
たくさんの番傘が通路の壁に飾られ、一つ一つに言い伝えられているストーリーが描かれているようです。あんまり多すぎていちいち読んでいられません。w

20江の島岩屋ロウソク
江の島 5:第一岩屋・手燭
いよいよ暗い通路へと進む関所のようなところ。
一人一人に手燭を手渡してくれ、帰りには元のところへお返しします。
そんな事情でここは渋滞。

21江の島岩屋すわっターミネーター
江の島 6:第一岩屋・すわっ!ターミネーター現るw
フラッシュは焚いていませんでしたが、なぜか赤目っぽくなっています。
よく見るとメガネのレンズに前方の照明が映り込んでいるだけのようです。w

22江の島第一岩屋最深部
江の島 7:第一岩屋・弁財天発祥の場所
こちらは弁財天の発祥と言われているようで、小さな石の社のようなものが鎮座しています。

23江の島第一岩屋空海座像
江の島 8:第一岩屋・弘法大師座像1
照明の当て方もいいのですが、数ある石像中の白眉でした。
いいお顔です。

24江の島第一岩屋空海座像
江の島 9:第一岩屋・弘法大師座像2
こちらは別の弘法大師座像です。
静けさがここに集中しているかのようでした。

25江の島第二岩屋へ
江の島 10:第二岩屋への廊下・眼下に稚児が淵と海
第二岩屋へと続く階段を上り切ると洞窟の巨大な窓!
本日のブログの一つ目の写真はこれを下から撮ったものです。
下で手を振っているらしいご家族か知人かにVサインで応える様子。

26江の島第二岩屋へ風鈴
江の島 11:第二岩屋への廊下・涼しい音色の風鈴
風が吹き渡る廊下通路、涼やかな音色に癒されました。

27江の島第二岩屋行燈
江の島 12:第二岩屋・行燈
第二岩屋は通路沿いに行燈が並べられているので、足元を照らす手燭は不要です。

28江の島第二岩屋龍
江の島 13:第二岩屋・龍1
「天女と五頭龍」という言い伝えがあるらしいのですが、この龍の仕掛けは人寄せそのものです。

30江の島第二岩屋龍
江の島 14:第二岩屋・龍2
脇に置かれている太鼓を打つと、照明がいろいろな色に変わるらしいのです。
確かに真っ赤になったり緑色になったり…w
しかも運勢まで占ってくれるらしいww

31江の島第二岩屋眠るカップル
江の島 15:第一岩屋へ戻る廊下の一隅・寄り添って眠るアジアンツーリストカップル
涼しい岩屋を楽しんで第一岩屋へと戻る廊下の一隅。
肩に頭をもたせかける女性、その頭に頬を寄せる男性。
目を閉じて静かに座る二人の様子は本当に気持ちがよさそうでした。

『その1』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク