2017/05/01 15:28
2017.04.30

先日は朝寝坊して逃した戸隠サイクリングのチャンスでしたが、天気予報に拠れば明日は絶好の日和であるらしい……前回も全く同じことを書いたような気が。

アラームを二つセットして4時半起床、摂るものもとらず着替えて顔洗って歯を磨いて輪行袋を担いで駅に向かいました。
さすがに早すぎましたが、すっかり明けたホームで始発電車の到着を待ちます。
この4月からダイヤ改正になり、従来の始発は渋谷止まりの急行になり、それより4分前に各駅停車の始発が追加されました。
始発が4分早まったものの、途中で急行の待ち合わせをするので、渋谷より先に行くなら時間的には以前と変わりません。しかし渋谷までの急行利用の客が相当数いるとみられ、以前よりずいぶん空きました。

しかし鉄道会社同士によっては互いの発着を考慮したダイヤになっていません。
一方は大手町に6:01に到着し、他方に乗り換えるにはエスカレーターを2基上って別のホームに行かなければなりません。電車が出るのは6:02。奇跡的に間に合うことがあるのでとりあえず急ぐ乗降客たち。僕も過去2回ほど間に合った経験があります。しかも輪行袋を担いで走って!ww
こういうダイヤの組み方は不便なばかりでなく危ないとさえ思えます。
乞う、ご再考!

この日は前夜のうちに切符を用意していないので東京発6:16のかがやきは諦め、6:28発のはくたかに乗り込みます。
GWの二日目とは言え、この時刻だと自由席でも余裕で座れます。

01北陸新幹線
北陸新幹線の車窓から
昨夜チェックした天気予報はズバリ的中!軽井沢を通過しても空の青さは変わりません。今日一日走る予定のサイクリングコースを想像すると自然に笑みがこぼれます。

長野駅でしなの鉄道に乗り換えます。急がない旅のローカル列車はいつでも長閑な気分にさせてくれます。普段忙しさと引き換えにしているものの存在にも気づかされます。

02しなの鉄道線
しなの鉄道の車窓から
子供じゃあるまいに…と思いつつも、途中でほとんどの乗客が下車してしまったのをいいことに、窓を開けて身を乗り出して車窓の風景を楽しみました。
前回同じこの列車で隣り合わせた一人旅の高齢のおばあちゃんは元気にしているだろうか…車窓の景色を眺めながら、思いがけずその時のおばあちゃんの顔が浮かびました。

03しなの鉄道黒姫駅
しなの鉄道黒姫駅
黒姫駅前は前回も、そして今回も人通りもなく閑散としています。客待ちのタクシーがあるのみ。輪行を解いて走り出し、今回は駅の反対側へと回ってみました。

04しなの鉄道黒姫駅
しなの鉄道:黒姫駅
左手にはまだ桜が残り、その背後には黒姫山。そして右手に聳えるのは妙高山でしょうか。

05しなの鉄道黒姫駅至近の製材所
しなの鉄道:黒姫駅
目を引くレンガ造りの建物、その手前は貯木場でしょうか、あるいは製材所があったかもしれません。

今回は急がず見たいものは余さず目にすると覚悟を決め、県道を外れて畑の畦道のようなところを自転車を押しながら歩きました。早朝の澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込む幸せに浸ります。これだから輪行サイクリングはやめられません。

県道36号へ戻って少し進むと、すぐに上り勾配がきつくなります。しかし上り勾配の厳しさを忘れさせるほどに好きなこの道です。
自転車で走るだけで心が昂ってくる道がいくつかありますが、ここもその一つです。それは○○スカイラインと呼ばれるようなところではありません。もちろん○○スカイラインがいずれも素晴らしいのは論を待たないのですが…
06戸隠へ県道36号
県道36号:戸隠へ
今回も通過の「らんぷ屋」です。いつかはここのアウトドアテラスで珈琲を飲みながら朝食をいただきたいと思うのですが、ここまで朝食を我慢できた試しがありません。

この後も厳しい上り勾配が続きます。時々10%を超える急勾配です。がしかし、左側には深い谷とその向こうには山の斜面、耳をすませばせせらぎの音も…ここで上りが辛いと思ったことがないのは不思議です。辛いと思うほどペースが上げられてないだけのことですね。
07黒姫山
県道36号:黒姫山
急に空が開けるこの地点、黒姫山の全貌が眼前に現れます。もちろんこの麓の広場は人工的に切り開いたものですが、これがなければ黒姫山とこうして対峙することはかないません。観光整備と自然保全は基本的に対立概念。両者の併存の難しいところです。

08戸隠へ県道36号10
県道36号:戸隠へ
この後も続く気持のいい山道! 滴るような新緑の時も、燃え盛る紅葉の時も、そして今回のようにまだ春の便りが届かない時でも、心行くまでのっそりとサイクリングを楽しむことができます。サイクリングをたしなむようになって優に10年を超えますが、ここに肩を並べて愛せる道は五指にも満たないほどです。(個人的思い入れによるベストファイブですが…)

09a戸隠へ県道36号雪解けの流れと残雪
県道36号:戸隠へ
ここも決まって自転車を降りる地点です。長野電力の鳥居川の古い施設のようです。
清冽な水しぶきに、上りでかいた汗もす~っとひいていきます。

09戸隠へ県道36号雪解けの流れと残雪
県道36号:戸隠へ
横道を少し上って踏み入ると、目の前を雪解け水を集めて鳥居川が流れていきます。今はまだ春の訪れにも早すぎる季節ですが、緑が萌え出るころも山から紅葉が降りてくる頃も実に素晴らしい光景となります

*****************************************
実はこの先で重大なトラブルに見舞われた今回でした。鳥居川と戸隠キャンプ場の中間地点でのことです。
シャッターを切ってペダルにクリートをはめようとするものの、右足にはさっぱりクリック感がありません。
泥でも詰まったかとそのまま走りましたが、やはりおかしい。
ステップインできたような感覚なのですが、ぐらぐらするのです。

道端に自転車を止めてシューズを脱いで確かめました。やはり左も右もクリートに少し泥が詰まっています。
木の枝を拾ってその泥を掻き落して再びステップインして走り出しました……が…右足のぐらぐらは解消しません。
この時までペダルを疑うことはなく、泥詰まりか悪くてもクリートのネジの緩み程度だと思っていました。
再び自転車を降りて右のペダルを確かめようと手で触ったらカーボンブレードがパラリと落ちました。ありゃ!
実はこれで二度目なのですが、前回の時はカーボンブレードが吹っ飛んだので失いました。
もちろん手で元に収めることなどできません。

片方のペダルが使えないって冗談事じゃありません。
ここならまだ引き返せる、しかも下りだし……しばし悩みました。

上りはこの後もまだまだ現れます、というよりこの後がメインです。平地や下りならともかく、片方のペダルが機能不全になったのだから走り切れる自信がありません。もとより走れないうえにこのハンディは大きすぎます。

しかし前回は寝坊、今回はトラブルでスタート直後同然で引き返し!
これでは何を言われるかわかりません。w でも人を案内しているわけじゃないから引き返しても誰の迷惑にもなりません。
でもなぁ…

少し悩んだのは事実ですが、頭の中は怒りの方で一杯でした。途方に暮れるならまだしも、怒ってる場合じゃありませんがそうとうと怒っていたと思います。何に対してかって、こんなところでカーボンブレードが外れたルックのペダルに対してです。~(-゛-;)~

結局冷静な判断をしないままに先に進みました。
中止できない&戻れない…命を落としやすいタイプだと言われています。
進むと決めたのだから、進むしかありません。片足ペダルだということも極力気にしないことにしました。
*****************************************

県道36号で大きなこぶを一つ越えるとそこは戸隠キャンプ場の入り口。今日もキャンプ場へとハンドルを切ります。ペダルがダメなのは腹立たしいけれど、見るべきものは全部見ると決めた今回ですから…
ペダルのことを気にしないというのはウソです。一足ごとに気になります。ちゃんと踏めないからつま先付近が痛み出します。
10戸隠キャンプ場
県道36号:戸隠キャンプ場
キャンプ場のセンターハウスのような施設ではキャンパーや宿泊者のための準備に余念がありません。この絶好の晴れ日和を当て込んで毛布がずらりと干されています。まもなく本格的なキャンプシーズンを迎えるのでしょう。

11戸隠キャンプ場
県道36号:戸隠キャンプ場
子供たちがまだ幼かったころにSUVの時代が訪れていたら、こんなキャンプ場を訪れたかもしれません。今では考えられないですが、当時移動手段としてはクルマしか考えない時代でした。
しかし当時のクルマと言えば4ドアセダン、ハードトップクーペ、せいぜい車高があまり高くないスタイリッシュなワゴン。キャンプは決して一般的ではありませんでした。

娘一家はSUVを購入し、男の子二人を連れてキャンプによく出かけます。このキャンプ場にも来たことがあるとのこと。今度誘われたら一緒に来たいな、自転車も持って! そんなに積めないヨ!と断られます。w

前回の紅葉シーズンには戸隠の奥社まで歩きましたが、今日は通過して小鳥池へ…しかし解け残った雪に阻まれて、小鳥池へと降りる道がありません。この上雪どけ水がシューズに滲み込んできたらたまりません。
少し引き返して鏡池へと向かうことにしました。でも黒姫駅へは引き返しません。

12a戸隠鏡池
戸隠:鏡池
前回この池を訪れたのは水に映る紅葉が真っ盛りのタイミング。数少ない紅葉の経験による個人的ランキングですが、指折りの美しさでした。
鏡池という名称の池は全国に散在するようですが、戸隠の鏡池も他の池と同様溜池なのです。外部からの川などの流入がないので、湖面が静かで濁りも少ないのですね。

12戸隠鏡池
戸隠:鏡池
まだ新緑が萌え出るには早すぎたこの日、池はそのおよそ半分に解け残った雪を浮かべていました。
「まだ次の季節の準備中ですよ!」そんな様子の鏡池です。

今日もカメラマンたちが撮影を楽しんでいましたがその数は少なく、他の観光客に遠慮を迫るような我が物顔も見られませんでした。

13戸隠鏡池
戸隠:鏡池
新緑や紅葉の頃になると状況は違ってきますが、今日の写真グループは楽しんで撮影している様子で好感が持てました。時にはほかの観光客を考慮しなかったり、場所取りで殺気立ったり、ぐずぐずして場所を空けられない人にいら立ったり、そんなカメラマンたちの場面を目にしていやな思いをすることもあります。

14戸隠鏡池
戸隠:鏡池
指導者やベテランのカメラマンが居合わせるときには、その方たちの撮影を観察して参考にさせていただきたいと思うのですが、穏やかで平和だったけれども今日は僕と似たり寄ったりの方たちばかりでした。参考には…

写真を撮って再出発しましたが、奥社だけでなく中社もスルーした今日なのに思ったほど時間の余裕がありません。
それはそうです。ただでさえ走れないのに右のペダルは役に立たない状況。スピードも出せないし、間違えてもダンシングなんてできません。クリートの堅い樹脂とカーボンペダルですから、いつ何時足を滑らせて踏み外すかわかりません。
そんなことになったら悶絶ものです…

15戸隠宝光社
戸隠:宝光社
ここは今回拝観する予定の場所でした。長い階段があることは事前に知っていましたが、もはやその程度のことでテンション下げていては先に進めません。もっと重大な…以下略

16戸隠宝光社
戸隠:宝光社
深い杉木立に囲まれたいい雰囲気の社です。
ここならまだ戻れますが、この先まで進んだら後戻りは難しくなります。タクシーでも呼ぶしかなくなります。


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク