2017/04/20 00:10
2017.04.19

ネコ(MUGI)が無事に戻ってきて気が緩み、自転車で遠出をする気力はなく、昨日勘違いで定休日に訪ねてしまったヤルクコーヒーに出直すことにしました。
せっかくだから、というよりもダイレクトに行くR246~環状8号という自転車に甚だ向かないルートを迂回して公園を回ってから伺うことにしました。

まずは武蔵野公園です。ここは隣り合う野川公園と共に広大で緑豊かな自然のままが特徴の公園です。
裏手には野川が流れ、自然観察の場所も備えられています。

ソメイヨシノや枝垂桜は既に終わり、八重桜が見ごろを迎えています。

01武蔵野公園
武蔵野公園
この八重桜は「ショウゲツ」という種類のようですが、柔らかな花の色といい、過剰に咲き誇らない様子といい、実に美しい花です。

02a武蔵野公園
武蔵野公園
がよく見るとやはり八重桜ならではのボリュームを誇る花!
色の優しさがやや慎ましい印象御与えるのでしょう。

02武蔵野公園
武蔵野公園
一方こちらはボリューミーな花房と桃の花のような濃い桜色!俗に八重桜といえばこの花を指すのでしょうか。八重桜の種類を知らない僕にとってはこちらが八重桜の代表です。あくまでも僕にとって。
かつて我が家のお隣にこれと同じ大きな八重桜があったことを思い出しました。ソメイヨシノが終わった後に、咲き誇るその花の豪華さに改めて目を瞠ったものでした。

03武蔵野公園
武蔵野公園
つぼみがあるので満開はこれからか…と思わせたショウゲツでしたが、萌え出た緑の上には既に花びらが散っています。

04武蔵野公園 野川
武蔵野公園
裏手の野川沿いの道に下りると、こちらも春の雰囲気一杯です。釣り人を映す水もどこかぬるんだ感じがします。

05武蔵野公園 C59
武蔵野公園
今日は実に暖かい一日で、こんな日影が恋しくなる瞬間さえありました。そよそよと吹く春風が気持ちのいい午後の日陰です。

06a武蔵野公園
武蔵野公園
さて、この印象的な赤い花は何でしょう。Googleで画像検索しましたが出てきません。

07武蔵野公園
武蔵野公園
樹全体の印象はこんな感じです。検索結果が余りにも多いのですべてを確認したわけではありません。

08武蔵野公園
武蔵野公園
せっかくの桜吹雪ですが…
背景が明るすぎてほとんど写らないのが残念! 強い一陣の風が吹いてきたのでまさに花吹雪の様相だったのですが…

09武蔵野公園
武蔵野公園
こちらの赤いドレスの女性も正面の桜吹雪にスマホを向けていました。

青空の下の満開のソメイヨシノもいいですが、風に舞う花びら、雨に打たれた姿、地面に散り敷いた花びら、流れに浮かぶ花筏…いずれも素晴らしい。
花の命が短い桜ですが、姿を変えて長く楽しませてくれます。

10野川公園
野川公園
こちらは隣の野川公園です。似た雰囲気ではありますが、緩やかな起伏のある広い芝生の広場のせいで武蔵野公園よりも明るい感じがします。

11野川公園
野川公園
自然を残した広い公園の素晴らしいところは、こんな見事な木がそこここにあることでしょう。
華やかなこぶしや桜もいいですが、花を咲かすこともなく、ただその地を見守り続けてきたような巨木のゆるぎない存在感に神々しささえ感じます。

このあと井の頭公園に…と思ったのですが、時間もエネルギーも消費し過ぎたので公園巡りはこれくらいにして、お昼ご飯を済ませてヤルクコーヒーに向かうことにしました。
吉祥寺界隈でお昼ごはんを!と思ったのですが、安心して自転車を止めて食事できるところがなかなかありません。

井の頭通り沿いなら何かあるだろうと思ったら、安全に駐輪できるような食事処がなかなか見つかりません。コンビニでもいいかな…と思った矢先、マックがあったので小腹を満たすつもりで入りました。

今日初めてのスマホチェックでしたが…
なんと、なんと、なんと、石かわ珈琲のマスターのISサンからメッセージが! 「こんにちは!今日は何してますか?これからヤルクさんへ行こうかと思っています」とのお誘いでした。しかし発信時刻は午前11:12。
急いで電話しましたが、「今、電車の中なので電話できませんが、ヤルクさんへ行って既に帰路につきました。Sさんに会えるのではと期待してたんですが残念!」とのご返事…う~ん、残念、実に残念でした。

13ヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー
ヤルクコーヒーの前で自転車にロックしていると中から奥様が出て来て「さっきまで石かわ珈琲のISさんがいらっしゃったんですよ」と。

お店に入って席に着くとISさんからさらに「もう少し居ればよかったです。もう完売してると思いますが今日のスペシャルケーキ「ティラミス」をいただきましたよ」とのメッセージをいただいたので、同じティラミスを!と注文したら、お店のお手伝いの女性が「今日は完売してしまいました」と思った通りのつれない返事。
とりあえずマスターにおすすめを聞いてエルサルバドルをいただくことにしました。
するとその女性が再び席にやってきて「ティラミスですがちょっと確認してますのでお待ちください」と。

ちょうどカウンター席が一つ空いたのでそちらへ移動させていただきました。
するとお隣の席の若い女性のお客さんが「ティラミスを…」と注文していましたが、完売ということでラムレーズンのアイスクリームに変更していました。
12ヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー
こっそり…というわけでもないのでしょうが、目の前にティラミス登場!
お店が混んでいたので、お代わりの珈琲ができるまで冷蔵庫に戻してくださいました。

ケニアと一緒に改めて出していただいて、最後の1個ではなく、本当なら食べられなかったはずのティラミスを堪能いたしました。
僕の目からすればなぜ?と思うのですが、お客さんには提供しないつもりだったようで、サービスでいただいちゃいました。ごちそうさまでした。おいしかった~♪
「ぼかして撮ってくださいねw」と奥様がおっしゃたので、やはり見た目が問題だったのでしょうか。僕には全然わかりません。

しばらくカウンター席で話し相手になってくださったマスターが、「Sさんに見せたいものがあります」といって、あるカメラ部品を見せて、実際に触らせてくださいました。
これが実に素晴らしく、帰宅して早速それをデザインし、制作なさった方に問い合わせを致しました。その詳細は入手してから別の機会に…

14砧公園
砧公園
ヤルクコーヒーからの帰路、日没が迫る世田谷の「砧公園」に立ち寄りました。
木の影が歩道に長く伸びる時刻です。この公園はいつ訪れてもとても素敵です。

15砧公園
砧公園
ずいぶん日が延びました。この時すでに5時半をかなり回っていましたが、自転車で走る親子の向うは明るい西陽が一杯です。

16砧公園
砧公園
ここはマラソンランナーには絶好の場所でしょう。地面は芝生で足に優しく、緩やかな起伏があり、日差しの強い時でも豊かな木陰に守られます。

17砧公園
砧公園
ソメイヨシノの花見の頃には花見客で一杯になる砧公園。桜の見事さはただ事ではなく、どの木も芝生に触れんばかりに巨大な枝を広げています。しかも花見客の大騒ぎは見たことがありません。

18砧公園
砧公園
別名ファミリーパークの名の通り、花見のころでも家族連れやカップルがほとんどです。

19砧公園
砧公園
木々の影が長く伸びる中をマラソンランナーがまた一人。

20代半ばまで自転車で通えるほどの距離(歩けば40~50分)に住んでいて、子供のころはよく遊びに来たものでした。
今は歩いて30分ほどのところに娘一家が住んでいて、孫がまだ小さいころお守りを頼まれて遊びに連れてくるのは、ほとんどここと決まっていました。


Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク