fc2ブログ
2014/04/29 20:49
本日の火曜走行会はゲストをお迎えしています。ブログ「Fun of Road Bike」のSnufkinさんです。
Snufkinさんとの出会いは、dorokeさんは昨年のツールド八ヶ岳で、僕は昨年8月にdorokeさんと一緒にお目にかかった時でした。以来、友だち付き合いをさせていただいてます。

力量が近い若い二人がめったにないチャンスにロングライドをしようというのです。父親のような僕は遠慮して二人が思う存分楽しめるように配慮してもよかったのかもしれませんが…

でもやっぱり一緒に行きたくて、辞退はしませんでした。
00ロングライド
本日の走行ルート
睦橋通り際のいつものコンビニに7時集合です。
今回も僕がびりでした。dorokeさんに「遅刻ですw」と言われてしまいました。アラームの時刻のセットを間違えました。
支度もそこそこにはせ参じたのですが…申し訳ございませんでした。

今日は僕だけが走れない人で、他の二人は速くてタフです。
こういうトリオで走るのに気後れはないのかと言われそうですが、ちょっとは心配しましたよ。
でも、わかっていて誘ってくれるのだから「先に行ってもいいけど待っててね!」と頼むしかありません。

dorokeさん、Snufkinさん、僕のオーダーで戸倉のセブンを目指します。

今日はSnufkinさんの後ろを走らせていただいて、勉強させていただきます。
考えてみれば僕は誰と走っても二番手を走ることが多いのですが…先頭の方の走りを観察して参考にさせていただきたい願望が潜在的にあるのでしょうか。いつもはdorokeさんの後ですが、今日は三番手です。

睦橋通りは信号が多いので頻繁に足を着きます。でもそのお蔭でSnufkinさんから遅れることはありません。
01ロングライド
戸倉のセブンで:dorokeさん&Snufkinさん
02ロングライド
戸倉のセブンで:Snufkinさんと
さっき食べたばかりだけど、ここで重ねて補給します。
ここからTTのスタート地点の檜原村役場まで7~8kmしかありませんが、スギやヒノキの木立の中を走る気持ちのいい道です。

さて橘橋でスタートを切ろうとすると、トライアスロンの練習チームがぞろぞろとやってきます。彼らをやり過ごしてからTTのスタートです。
お二人はあっという間に、それはないだろうと言いたくなるほど見事に置き去りにしてくれました。
ま、どっちみちすぐに一人旅になるのだから構いませんけどね。

一昨日の疲れや昨日の疲れが脚に残っていますが、頑張ります。ツールド八ヶ岳の失敗に懲りて最初からペースを上げます。
やがてトライアスロンのグループが長い棒状になって前方を走っています。
このあたりはまだ元気で抜き去ります。
上川乗りで先頭グループと一緒になりましたが、彼らは甲武トンネルを目指すようです。

ここからは抜かしていく人も抜かしたくなる人もいません。本当の一人です。
GWだというのに風張峠を上るローディーがいないのはなぜだろう…答えは単純です。
時間が早すぎるからw

時計を見ながら頑張ります。ペダリング、使うべき筋肉、上半身の使い方、腕の引き…いろいろ意識しながら登ります。
でも力が出ません。いや出ないんじゃなくて、僕の力はこんなもんなのでしょう。

数馬の湯をパスするとき、「ここからどれだけスピードを上げられるかですよ」というdorokeさんの言葉を思い出します。でも思い出すだけでスピードは出ません。

奥多摩周遊道路の旧料金所まで登ってきました。ここからが辛いセクションだという方が多いですが、僕にとって一番つらいところは数馬の湯より少し下ったところです。
dorokeさんもそういってましたね。ま、見かけは確かにここからが辛そうですけど。

間もなくのこり1.5~2kmという地点で、スペシャライズドに乗った若いお兄ちゃんがこともなげにパスしていきます。
後についていこうともがきますが、全然だめです。背中はどんどん遠くなります。
既にこの時点で記録更新はないことがわかっていたのでなおさら頑張れません。いや頑張るつもりではいるのですが、力が出ないのです。

何とかゴールしましたが、時間は前回よりさらに1分遅れて、1時間8分21秒、遅い!

お二人には長いことお待ちいただきまして…すみません。
お二人の記録は言うまでもなくすごいのです。特にSnufkinさんの記録! さすがのdorokeさんも脱帽の様子です。
後でStravaで見てみよう。

少し休んで風張峠に向かいます。

今日はマジに走るので、景色の写真はありません。しかもあたふたと家を出てきたので、カメラも持ってきませんでした。
それと買いだめしてあるPowerGelを持って来なかったのも残念です。それがあればもう少しタイムが縮んだのに!なんていう気はないですよw
03ロングライド
浅間尾根駐車場1
カメラはなくともせめてスマホでと、いつになく参加者の写真を撮ります。
04ロングライド
浅間尾根駐車場2
05ロングライド
浅間尾根駐車場3
写真を撮ったら風張峠に向けて直ちに出発します。

06ロングライド
月夜見第一駐車場1
風張峠をそのまま通り過ぎ、月夜見第一駐車場で止まります。(高いところから撮って短足を強調してすみません!)
ここは目の前に秩父地方の山々、眼下には奥多摩湖が満々と水を湛え、なかなかの絶景です。
07ロングライド
月夜見第一駐車場2
08ロングライド
月夜見第一駐車場3
09ロングライド
月夜見第一駐車場4
奥多摩周遊道路のダウンヒルで、ロードにTT用のハンドルバーをつけた赤ヘルを我々三人が一人ずつ見通しのいいところで抜かします。
下りきったところで小菅村方面に左折すると、その赤ヘルも猛然と後についてきます。

ここから小菅村役場まで7~8kmありますが、けっこうアップダウンに富んでいます。かなりの速度で走っているのですが、赤ヘルを振り切ることはできません。
途中の上りでSnufkinさんがダンシングでスパートをかけますが、赤ヘルじゃなくて僕が置き去りにされそうです。
赤ヘルに抜かされるわけにはいかないので頑張りましたね。赤ヘルとの距離が徐々に開き、どうやら彼は別の道を行ったようです。
その間、TTスタート地点で出会ったトライの練習チームとすれ違います。彼らは甲武トンネルから下りきって右折し、鶴峠を越えて奥多摩湖へ向かうようでした。
みんな頑張りますね。しかし集団は散り散りになって、遅れてヨタヨタしているメンバーもいます。

さて、小菅村役場前でドリンク補給をして今川峠に向かいます。
この時点で僕はもう帰りたいなぁ…と弱気の虫が心の隅でささやきます。今日は上りでかなり消耗しました。

がしかし、頑張りましたよ。スピードこそ出ないけれど、老体にムチ打って斜度が16~18%にもなる上りに堪えました。
峠でお二人が待っていてくれました。またもやお待たせいたしました。

10ロングライド
道の駅たばやま:大人の買い食い
下って「道の駅たばやま」で小休止です。
鶏のもつ煮やブルーベリーパンを買って、お昼ごはんまでのつなぎとします。

下り基調の道をのんきやに向かいます。

11ロングライド
のんきや1
のんきやの窓から見える奥多摩湖はいかにも春らしく、ぼんやりと霞んでいます。ただ低気圧の接近で怪しい空模様です。
13ロングライド
のんきや2
ランチはみんな同じものを注文しました。
「チャーシューメン」と「ご飯セット」です。

本日初めてのんびりと向き合ってみんなで話ができました。
Snufkinさんがご自分のこれまでの人生を振り返り、仕事を振り返り、いろいろお話ししてくれました。
当たり前ですが、人はこうして向かい合って話をして初めてお互いが理解できるのですね。このためだけでも、今日はお邪魔虫を承知で参加した甲斐がありました。

食事を済ませて外へ出るとポツリポツリときました。
ここからは下り基調ということもあって、走る走る、速いです。
漕ぎまくります。

14ロングライド
へそまんじう
あっという間に「へそまんじう本舗」に来ました。
出来立て、蒸かしたてなので、うまいですね。次回からここを通る時には必ず買い食いすることに決めました。

この後もぶんぶん走って、僕は多摩大橋のたもとでお二人とお別れしました。

dorokeさん、Snufkinさん、本当にお疲れさまでした。
僕とはレベルが違い過ぎるお二人なので、待たせること合計○○分!
でもこれに懲りずにまた誘ってください。


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク