2017/12/13 21:15
2017.12.13

今日のカメラはX100F

もう少しましに走れた日々を取り戻すために、乗り鉄で横着な日々を送っている場合ではありません。
サイクリングのお誘いをいただいているこの師走、脚を引っ張らずに楽しく走りたいという思いもあります。

しかしこの日も陽が高くなり、気温が上がるのを見計らってのスタートだから、遠くへ行くことはできませんでした。
しかも一年で最も日が短いこの季節です。

ロードで走るまでもない、サイクリングウエアに着替えるまでもない…あれこれ理由をつけて今日もBD-1で走りました。
勢いポタリングペースにならざるを得ません。
ロードに乗ってもさほどの違いはないのですが…

先日自転車の達人(持ち上げすぎかw)から、「小径車だとロードと違って巡航させるのが難しいので良いトレーニングになったでしょう」とのコメントをいただいたので、BD-1でも走らないよりましと自ら納得しました。

自宅~新横浜~鶴見川CR~三ッ池公園…とロードに乗り始めたころによく走ったコースを久し振りに辿ってみました。
結局、写真が主で走りは従となりました。

01三ッ池公園
BD-1ポタリング 1:三ッ池公園

03三ッ池公園
BD-1ポタリング 2:三ッ池公園

04三ッ池公園
BD-1ポタリング 3:三ッ池公園

05三ッ池公園
BD-1ポタリング 4:三ッ池公園

07a鶴見川の落日
BD-1ポタリング 5:鶴見川CRの落日

07b鶴見川の落日
BD-1ポタリング 6:鶴見川CRの落日


07鶴見川の落日
BD-1ポタリング 7:鶴見川CRの落日


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2017/12/12 23:13
2017.12.12

今日のカメラはX100F

前夜までは伊豆半島か駿河湾沿いの宿場に出かけるつもりでしたが寒くて起きられず。
目覚まし止めて二度寝しました。

00見送り
見送りw
ひとり家に残されるのがいかにも不服そうなMUGI
玄関で見送るときはいつでも、置いてけぼりにしないで!という不満顔をします。

01みなとみらい
みなとみらい 1:横浜ベイクォーター
一時行方不明になっていたBD-1ですが、ジャージやレーパンでなく普段着でふらりと出かけるには便利です。
最近日の目を見ることが多いBD-1です。

02みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 2:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム
クリスマスシーズンで様々なディスプレイが楽しめそうなので "DISPLAY MUSEUM" を冷やかしてみました。
男性客の姿がすくないのに納得です。女性好みのものが多く、僕にはさほど目を惹くものはありませんでした。

03みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 3:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム
並べられた商品にカメラを向けても店員に制止されることはありませんでした。

04みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 4:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム

05みなとみらいいつもの運河
みなとみらい 5:横浜市場裏手の運河
かつてと景色が変わってしまったので、「いつもの運河」を通り過ぎようと思いましたが…

06みなとみらいいつもの運河エイ
みなとみらい 6:横浜市場裏手の運河
まだ写真に熱心でなかったころをふと思い出して自転車を降り、橋にもたれてしばしボ~っとしました。
ふと橋の下の運河を見ると何かうごめくものの姿が目に留まりました。しかも相当な数!

07みなとみらいいつもの運河エイ
みなとみらい 7:横浜市場裏手の運河
なんとエイの群れでした。どうした加減でこんな運河の浅瀬にやってきたのでしょう。気候変動で海水温が変化したからでしょうか、それとも今まで気づかなかっただけでしょうか。

それにしても水族館以外では生きたエイを見たことがないのでやや興奮しました。
いや正確には初めてではなく、石垣島でスキューバダイビングでマンタのポイントに案内してもらい、図らずも数頭のマンタに出遭ったことがあります。実にラッキーな経験でした。

※スキューバをしたのは妻で、僕はシュノーケリングでした。そもそもスキューバダイビングのライセンスもってません。訂正が多いなぁ…(^^;

08みなとみらい臨港パーク
みなとみらい 8:臨港パーク
いつもと変わらぬルートで赤レンガ倉庫方面に向かう途中の臨港パークです。
冬の澄んだな空気の遥か向うには、ベイブリッジもつばさ橋も一点の霞もなくくっきりと見られます。

09みなとみらい臨港パーク
みなとみらい 9:臨港パーク

10みなとみらい臨港パーク帆船MIRAI
みなとみらい 10:臨港パーク・帆船MIRAIE

11みなとみらい大さん橋
みなとみらい 11:大さん橋
大岡川沿いに走って黄金町や日ノ出町などの路地裏の光景を撮るつもりでしたが…
ランチの後あまりに高くて青い空に誘われて、ごく自然に大さん橋へと足が向かっていました。

12みなとみらい大さん橋から赤レンガ倉庫方面
みなとみらい 12:大さん橋
空気が澄んでいたので、対岸の赤レンガ倉庫群の微細な部分までくっきり!

13みなとみらい大さん橋
みなとみらい 13:大さん橋

14みなとみらい大さん橋自撮り
みなとみらい 14:大さん橋
先日のktyさんの写真を思い出して、柄にもなく自撮りをしました。
なんだか背が高く見えますが、気のせいか?!ww

15みなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 15:大さん橋
やはり最近の流行りなんでしょうね。結婚の記念撮影をするカップルを大さん橋だけで3組も目にしました。

16みなとみらい大さん橋
みなとみらい 16:大さん橋

17みなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 17:大さん橋

18aみなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 18:大さん橋

18みなとみらい大さん橋
みなとみらい 19:大さん橋

19みなとみらい大さん橋
みなとみらい 20:大さん橋

20みなとみらい大さん橋
みなとみらい 21:大さん橋

22みなとみらい
帰路:滝の川のカモたち

結局この日のBD-1でのカメラ散歩は、大さん橋での撮影で幕を閉じました。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/11/29 17:34
2017.11.29

今日のカメラはX100F

ほとんど自転車に乗れていない最近…
2017.11.12「朝霧高原サイクリング:富士宮~朝霧高原~蒲原~新富士」以来、移動はもっぱら乗り鉄です。

そんな体たらくの日々を送っていた昨日のこと、「2周年記念 富士山周遊サイクリング」が実現することになりました。

師走となる来月は猫の手も借りたい日々になるにもかかわらず、ktyさんはじめ仲間たちのお陰です。感謝です。

冠の"2周年記念"の意味するところは、「チーム ADT with B」が発足してちょうど2年になることによります。
チーム名は非公式かつ非公開でした。活動らしい活動はせず、少しだけ走ってはしゃべったり飲み食いばかりなので公開する理由もありませんでした。(^^;

年末は他にもサイクリングのお誘いをいただいているので、走れないのを理由に参加できないような事があっては一大事!
今日を境に少しでも走り込むことにしました。
まずはBD-1から…w

一日目はサイクリングというよりも単に撮影のための移動となりました。

「Sさんが参加しないと晴天に恵まれるからかまいませんよw」という憎まれ口を封じるためにも、明日からはロードで!ww

01BD-1_20171129172542278.jpg
港北ニュータウンの紅葉 1

02港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

03港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

04港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

05港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

06港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

07港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

08港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

09港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

10港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

11港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

12港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

13港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

14港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

15東名青葉インター
東名青葉インター


Twitter : @pa_hoehoe

2017/04/12 21:28
2017.04.12

今年はもういいかなと思っていた矢先、今日は絶好のお花見日和の天気!
毎年のように欠かさず訪れる「二ヶ領 用水」と「根川 緑道」へお花見に行きました。
多摩サイ経由でのんびりサイクリングしながら散り行く桜を楽しんできました。

二ヶ領 用水
*****************************************
01二ヶ領 用水


02二ヶ領 用水


03二ヶ領 用水


04二ヶ領 用水


05二ヶ領 用水


06二ヶ領 用水


07二ヶ領 用水


08二ヶ領 用水

多摩サイ
*****************************************
09多摩サイ


根川 緑道
*****************************************
10根川緑道


11根川緑道


12根川緑道


13根川緑道


14根川緑道


15根川緑道


16根川緑道


17根川緑道


18根川緑道


19根川緑道

この1枚のみ残堀川
20残堀川


21根川緑道


22根川緑道


23根川緑道


24根川緑道


25根川緑道


26根川緑道


27根川緑道


28根川緑道


Twitter : @pa_hoehoe

2017/01/17 21:06
2017.01.17

昨日よりも暖かく、風もなくて穏やかな今日、三浦半島をぐるりと回ろうと家を出ました。しかしそもそも三浦半島一周には時刻が遅すぎて、スタートの時点で先が危ぶまれました。暗くなるのは構わないのですが、暗さに寒さがつきもののこの季節です。
こんな時期には、楽しいコース設定をしないとソロサイクリングはいとも容易に挫折します。まず寒いので早い時刻に出られなかったり、ちょっとしたことでモチベーションがゼロになったり…。下がるなどという程度では収まらないことが多いのです。今日も…

01鶴見川CR
鶴見川CR
我が家を出て間もない鶴見川CR。眩しいほどの晴れです。しかしこの時点で横浜ぶらぶらサイクリングがほとんど確定していました。
"あのお店で好きなランチが食べたい…"

02クルマのルーフにカモメ
暖を取るカモメたち
二ッ谷の信号を渡ればみなとみらいはすぐです。ふと見ると駐車してあるクルマのルーフでカモメたちが暖を取っています。明らかにそう見えます。ネコみたいです。ウミネコですよね、そういえば。
しかしこの後クルマのルーフはどうなるんでしょう。それに気づいたオーナーのやり場のない怒りが目に浮かびます。

04にっぽん丸
帆船 にっぽん丸
寒さ知らずの暖かい日差し、このまま走り続けたい気持がないわけでもなかったのですが、三浦半島にはそこまで惹きつけるものがありません。
走る能力の低下と反比例するかのように、観たり食べたりの欲求が高まる最近は困ったものです。ニンジンがないと一人ではなかなか頑張れません。
その意味でもみなとみらい地区は新鮮味を欠いている最近なので、今日は大岡川沿いに少し遡ることにしました。桜の季節にはたくさんの花見客が押し寄せて屋台もずらりと並ぶ川沿いですが、桜がないので敢えて裏通りを歩いてみました。

05日の出町
大岡川沿いの飲み屋さん
この辺りは日の出町になるのでしょうか。日が暮れると飲み屋の看板に灯が入り、仕事の疲れをお酒で癒す人々が集まるのでしょう。左手の弧を描く建物はハモニカのように小さな飲み屋やスナックが上下にぎっしりと並んでいます。
昼下がりの今は眠っているように精彩を欠いた裏通りです。

06日の出町
大岡川沿いの飲み屋さん
ハモニカの裏側は大岡川に面しています。2階のお店はこちら側に出入り口があるのでしょうか。全部で何軒あるんだろう…

07日の出町大岡川
大岡川の揺れる水面
大岡川に映ってゆらゆらと揺れる簡易宿泊ホテルやマンション…

大岡川から伊勢崎モールを通り過ぎ、大通公園を目指せば目的のお店はすぐそこです。ずいぶん久しぶりです。覚えていてくれるだろうか…
お店の前には6人のお客さんが順番を待っています。ウエイティングリストに名前を書いて待つことしばし…
順番が来るといつもの接客の女性が出迎えてくださいました。
「お噂をしていたんですよ!」とおっしゃいます。「え、え、どうして??」
「先週おいでになった時にお話が出たんですよ。石川さんがお見えになったんです!」と。ここでの石川さんは石かわ珈琲のご夫妻のことです。
そして新年のご挨拶もいただきました。こちらこそ今年もよろしくお願いしたいと心より思いました。
08アルペンジロー
アルペンジロー
カウンター席にご案内いただいて注文を済ませました。

09アルペンジローにぎやかサラダ
アルペンジロー
まずは「にぎやかサラダ」
野菜が新鮮できりっと冷えているので(ビールじゃないw)、パリパリと歯ごたえも素晴らしい。ドレッシングも好みでおいしいです。

10アルペンジロースタッフ
アルペンジロー
すると目の前で肉を調理してくださるスタッフの方が「(石川さん)先週お見えになったんですよ!」とおっしゃるのでビックリ!
アルペンジローのスタッフはどなたも客の顔をよく覚えていてくれて、しかも僕が石かわ珈琲で親しくさせていただいているという関係もちゃんとわかっているのです。2度ほどご一緒したことがあるのですが、それにしてもその一言がうれしいです。
料理がとびきりおいしいのは言うまでもなく、それに加えてスタッフの感じの良さも素晴らしいお店です。

11若鶏のカリーエベレスト
アルペンジロー
「若鶏のカリー」!
何種類かいただきましたが、これにとどめを刺しますね、僕の場合!
もちろん他の種類のカリーやサイドメニューもおいしいのですが、やはり今日は若鶏で!

12若鶏のカリーエベレスト
アルペンジロー
スペシャルオーダーで「釜炊き」の御飯が予約できるのですが、ディナーの時などお勧めです。しかし「釜炊き」ではないものの、飯盒に詰められたご飯も吟味されたお米なのだろうと思われます。
カレーはご飯のうまさと炊き加減が実に重要ですから。

気持もお腹も、そしてもちろん舌も満足してお店を出て向かうのは三浦半島ではなく…
そもそも写真を撮るのが目的の半分を占めていたので、裏町をぶらぶらしながらみなとみらいへと引き返すことにしました。

自転車を押しながら「伊勢崎モールを」通り抜けます。夜になると生き返ったように活気づくモール一帯ですが、昼間はただの歩行者専用の通路にすぎません。
14伊勢崎モール祭り用品
伊勢崎モール:祭り用品
祭り用品を扱うお店。日没後は店内の照明が輝いて、祭り用品も鮮やかに生き返ります。

15伊勢崎モールクロスストリート
伊勢崎モール:クロスストリート
ここはイベント会場にもなっているようで、モールの中心地点にあり、集まってくる人々の年齢や顔ぶれはイベント次第で様々です。

17長者町あたり
長者町界隈
日中の伊勢崎モールは退屈なので大岡川方面へと向かいました。
モールを外れるとすぐに裏通りに入り込みます。
日中の裏路地にはごく普通の生活臭はなく、全体がひっそりと静まり返っています。抜けるような晴天と裏腹な様子の、何とも言えない違和感が漂っています。

少し広い通りに出ると街の様相は一変します。
いずれも飲食店ですが、日中から営業しているお店もあれば、夜からの営業らしいお店もあります。一様に路地裏の澱んで沈んだ空気はありません。

18長者町あたりred
長者町界隈:Red
赤いお店はダイニングカフェとワークショップが一つの店をすみ分けている様子です。

19長者町あたりgreen
長者町界隈:Green
緑のお店はグリル、こちらは入り口です。難しいグリーンをいい雰囲気の色にまとめています。

19a長者町あたりgreen
長者町界隈:Green
こちらはエントランスの左隣にあり、客席がある広い部屋になっているようです。

20長者町あたりblue
長者町界隈:Blue
青いお店は日中は営業していません。お酒を飲むところです。

21野毛あたり
日の出町界隈
都市部のカモメはすれてます。人を警戒せず、怯えることもなく、すぐ近くに寄っても逃げません。

22野毛あたり
日の出町界隈

みなとみらい地区と運河沿いの古い町はみなと横浜の二面性をよく表しています。
まさに表裏!

一方はどこか不穏な空気を漂わせながらも、昼間は眠り込んでいるよう。
ふと裏の裏を覗いてみたくなるような好奇心を掻き立てられます。

そして一方は底抜けに明るく、明るすぎてどうかすると浅薄に見えてしまうかもしれません。能天気…ふとそんな言葉が浮かびました。

*****************************************

この後は明るくて気持ちよく開けた地域を散策しました。解放感、爽やかさ、近未来的…そんなフレーズが似合う地域ですが、西に傾く日が、底が抜けてしまうほどの明るさを補っているかのようでした。

23みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

24みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

25みなとみらい象の鼻パーク
みなとみらい:象の鼻パーク

26みなとみらい新港パーク
みなとみらい:新港パーク

27ポートサイド公園
みなとみらい:ポートサイド公園

*****************************************

そこそこに切り上げて日が没する場面に立ち会いたいと急ぎましたが…
28鶴見川CR
鶴見川CR
時すでに遅く、西の空は焼け残るのみ…


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク