FC2ブログ
2018/03/13 12:19
2018.03.12

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF60mmF2.4 R Macro・一部X100F

横浜港を眺めるコンビニ横のテラスで休憩した後、当初の目的だった大岡川沿いへと向かいました。

20横浜公園木々の春
01 横浜公園
途中の横浜公園は工事中で残念したが、春の明るい日差しを受けて光る街路樹の葉。赤から浅緑へと変化していくらしい葉ですが、今日初めて気づきました。

21日の出町フルモンティ
02 日の出町:FULL MONTY(^^)
狭い道を1本挟んで大岡川に面したこのお店。
「すっぽんぽん」というほどの意味ですが、同名のイギリス映画に"THE FULL MONTY」"があります。

22日の出町フルモンティ
03 日の出町:FULL MONTY(^^)
愉快なのにペーソスに溢れ、実に心温まる映画です。機会があったらご覧下さい。おすすめです。

23大岡川川面
04 日の出町:桜には早すぎる大岡川
後2週間もすれば花見の人出で賑わう大岡川ですが、まだようやく桜の蕾が膨らんできたばかり。地元の人が行き交うだけで実に静かな浅き春です。

日ノ出町駅から黄金町駅に向かう京急本線のガード下も昼間は眠っているように見えます。
しかしそろそろ夜の営業の準備に取りかかる時刻です。
24黄金町ガード下のカフェ
05 黄金町:ガード下のカフェ
デロンギのエスプレッソマシーン?やミニ焙煎セットが飾られているカフェですが、これで生豆を煎ろうという気にはなれません。煙臭くなりそう。

25黄金町ガード下の店
06 黄金町:ガード下の店
こちらもまだ開店準備中の様子です。バーでしょうか?

26黄金町ガード下芸術センター
07 黄金町:ガード下の芸術センター
アートを展示するギャラリー、カフェ、アーティストの工房、オフィス……などなど
武蔵小杉の東横線ガード下の光景とは好一対をなすもの。ちょっと不安定な感じでドアを開く勇気は涌きません。

28黄金町ガード下階段広場
08 黄金町:ガード下の階段広場
ここは「階段広場」と名付けられ、使用上の注意事項が掲げられていますが誰もいません。

27黄金町ガード脇
09 黄金町:ガード沿いのアパートの壁画
狭いアパートのようですが、将来を期す若い芸術家たちが住んでいるのでしょうか。外壁画は彼らの手になるのだろうかと想像が涌きます。

六本木東京ッドタウンや青山辺りの贅を尽くしたハイソな都市空間も悪くありませんが、いつ目覚めるのかもわからず、夜は眠らずに夜明けを迎えるのかもしれないこの地域の名状しがたい様子もいいです。
しかし互いに完全な異空間です。


『その1』に続戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト
2018/03/12 22:53
2018.03.12

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF60mmF2.4 R Macro

ようやく春が来たというのに自転車に乗れず、ウォーキングも思うに任せない日々でした。
しかしこの数日は自分でも信じられないほど気持ちが軽く、「病は気から!」の通り、足取りも軽くなりました。これは他ならぬ大切な自転車友だちのお陰です。

昨日は10km余りをかつてのせっかち歩きそのままにウォーキングをしましたが、これまで頻繁に襲ってきた症状は現れませんでした。
帰宅後に改めてジムにも出かけるという状況が自分でも信じられませんでした。
ま、ジムはさすがに風呂だけでしたが。w

これまでは体調がやや持ち直したとしてもその日限定で長くは続かず……
今回はそれが5日にも延び、しかも昨日は信じられないほどに好調な1日でした。
それが一夜明けた今朝もかつての自分が実感できたこの日でした。

自転車友だちへの恩返しは、まずは自転車復帰を果たすことです。
復帰第1日目の今日はBD-1から。
ロードは明日以降の楽しみに取っておこうと思います。

昨日買ったカメラリュックにX-T2とXF60mmF2.4 R Macroを用意しましたが、この組み合わせが街歩きスナップには向かないかもしれないので、X100Fも持ちました。XF60mmF2.4 R Macroで撮ったことは2〜3度しかなく、60mmとして街中でどう使えるかわかっていなかったからです。

ブログを紐解いたら……
このレンズをX-T10にセットして撮影したのは、輪行で栂池自然園に出かけた昨年7月19日が最後でした。奇しくも体調が不全になる前に一人で遠方に出かけた最後の輪行サイクリングでした。そんな自覚もないままX-T2にセットして出かけた今日でした。

****************************

片道およそ20km余りの横浜に出かけることにしました。
鶴見川CRを走り、途中で岸根公園に寄り、みなとみらい&山下公園に向かいました。
その後は体調次第ということにして……

03岸根公園
01 岸根公園

04岸根公園
02 岸根公園

05岸根公園
03 岸根公園

06山下公園BD-1
04 山下公園

14山下公園船
05 山下公園

08山下公園船
06 山下公園

15山下公園カモメ
07 山下公園

10山下公園カモメ
08 山下公園

12山下公園かもめ
09 山下公園

13山下公園自撮り
10 山下公園

走った距離は50km程度ながら、昼前から日没近くまで写真を撮りながら歩きそして走った1日でした。
帰宅後には買い物にも出かけられるほど元気になれました。
どうかこのまま続きますように!

※今回はX100Fの出番はなく、写真は全て「FUJI X-T2 + XF60mmF2.4 R Macro」でした。


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe
2017/12/13 21:15
2017.12.13

今日のカメラはX100F

もう少しましに走れた日々を取り戻すために、乗り鉄で横着な日々を送っている場合ではありません。
サイクリングのお誘いをいただいているこの師走、脚を引っ張らずに楽しく走りたいという思いもあります。

しかしこの日も陽が高くなり、気温が上がるのを見計らってのスタートだから、遠くへ行くことはできませんでした。
しかも一年で最も日が短いこの季節です。

ロードで走るまでもない、サイクリングウエアに着替えるまでもない…あれこれ理由をつけて今日もBD-1で走りました。
勢いポタリングペースにならざるを得ません。
ロードに乗ってもさほどの違いはないのですが…

先日自転車の達人(持ち上げすぎかw)から、「小径車だとロードと違って巡航させるのが難しいので良いトレーニングになったでしょう」とのコメントをいただいたので、BD-1でも走らないよりましと自ら納得しました。

自宅~新横浜~鶴見川CR~三ッ池公園…とロードに乗り始めたころによく走ったコースを久し振りに辿ってみました。
結局、写真が主で走りは従となりました。

01三ッ池公園
BD-1ポタリング 1:三ッ池公園

03三ッ池公園
BD-1ポタリング 2:三ッ池公園

04三ッ池公園
BD-1ポタリング 3:三ッ池公園

05三ッ池公園
BD-1ポタリング 4:三ッ池公園

07a鶴見川の落日
BD-1ポタリング 5:鶴見川CRの落日

07b鶴見川の落日
BD-1ポタリング 6:鶴見川CRの落日


07鶴見川の落日
BD-1ポタリング 7:鶴見川CRの落日


Twitter : @pa_hoehoe

2017/12/12 23:13
2017.12.12

今日のカメラはX100F

前夜までは伊豆半島か駿河湾沿いの宿場に出かけるつもりでしたが寒くて起きられず。
目覚まし止めて二度寝しました。

00見送り
見送りw
ひとり家に残されるのがいかにも不服そうなMUGI
玄関で見送るときはいつでも、置いてけぼりにしないで!という不満顔をします。

01みなとみらい
みなとみらい 1:横浜ベイクォーター
一時行方不明になっていたBD-1ですが、ジャージやレーパンでなく普段着でふらりと出かけるには便利です。
最近日の目を見ることが多いBD-1です。

02みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 2:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム
クリスマスシーズンで様々なディスプレイが楽しめそうなので "DISPLAY MUSEUM" を冷やかしてみました。
男性客の姿がすくないのに納得です。女性好みのものが多く、僕にはさほど目を惹くものはありませんでした。

03みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 3:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム
並べられた商品にカメラを向けても店員に制止されることはありませんでした。

04みなとみらいディスプレイミュージアム
みなとみらい 4:横浜ベイクォーター・横浜ディスプレイミュージアム

05みなとみらいいつもの運河
みなとみらい 5:横浜市場裏手の運河
かつてと景色が変わってしまったので、「いつもの運河」を通り過ぎようと思いましたが…

06みなとみらいいつもの運河エイ
みなとみらい 6:横浜市場裏手の運河
まだ写真に熱心でなかったころをふと思い出して自転車を降り、橋にもたれてしばしボ~っとしました。
ふと橋の下の運河を見ると何かうごめくものの姿が目に留まりました。しかも相当な数!

07みなとみらいいつもの運河エイ
みなとみらい 7:横浜市場裏手の運河
なんとエイの群れでした。どうした加減でこんな運河の浅瀬にやってきたのでしょう。気候変動で海水温が変化したからでしょうか、それとも今まで気づかなかっただけでしょうか。

それにしても水族館以外では生きたエイを見たことがないのでやや興奮しました。
いや正確には初めてではなく、石垣島でスキューバダイビングでマンタのポイントに案内してもらい、図らずも数頭のマンタに出遭ったことがあります。実にラッキーな経験でした。

※スキューバをしたのは妻で、僕はシュノーケリングでした。そもそもスキューバダイビングのライセンスもってません。訂正が多いなぁ…(^^;

08みなとみらい臨港パーク
みなとみらい 8:臨港パーク
いつもと変わらぬルートで赤レンガ倉庫方面に向かう途中の臨港パークです。
冬の澄んだな空気の遥か向うには、ベイブリッジもつばさ橋も一点の霞もなくくっきりと見られます。

09みなとみらい臨港パーク
みなとみらい 9:臨港パーク

10みなとみらい臨港パーク帆船MIRAI
みなとみらい 10:臨港パーク・帆船MIRAIE

11みなとみらい大さん橋
みなとみらい 11:大さん橋
大岡川沿いに走って黄金町や日ノ出町などの路地裏の光景を撮るつもりでしたが…
ランチの後あまりに高くて青い空に誘われて、ごく自然に大さん橋へと足が向かっていました。

12みなとみらい大さん橋から赤レンガ倉庫方面
みなとみらい 12:大さん橋
空気が澄んでいたので、対岸の赤レンガ倉庫群の微細な部分までくっきり!

13みなとみらい大さん橋
みなとみらい 13:大さん橋

14みなとみらい大さん橋自撮り
みなとみらい 14:大さん橋
先日のktyさんの写真を思い出して、柄にもなく自撮りをしました。
なんだか背が高く見えますが、気のせいか?!ww

15みなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 15:大さん橋
やはり最近の流行りなんでしょうね。結婚の記念撮影をするカップルを大さん橋だけで3組も目にしました。

16みなとみらい大さん橋
みなとみらい 16:大さん橋

17みなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 17:大さん橋

18aみなとみらい大さん橋結婚記念写真
みなとみらい 18:大さん橋

18みなとみらい大さん橋
みなとみらい 19:大さん橋

19みなとみらい大さん橋
みなとみらい 20:大さん橋

20みなとみらい大さん橋
みなとみらい 21:大さん橋

22みなとみらい
帰路:滝の川のカモたち

結局この日のBD-1でのカメラ散歩は、大さん橋での撮影で幕を閉じました。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/11/29 17:34
2017.11.29

今日のカメラはX100F

ほとんど自転車に乗れていない最近…
2017.11.12「朝霧高原サイクリング:富士宮~朝霧高原~蒲原~新富士」以来、移動はもっぱら乗り鉄です。

そんな体たらくの日々を送っていた昨日のこと、「2周年記念 富士山周遊サイクリング」が実現することになりました。

師走となる来月は猫の手も借りたい日々になるにもかかわらず、ktyさんはじめ仲間たちのお陰です。感謝です。

冠の"2周年記念"の意味するところは、「チーム ADT with B」が発足してちょうど2年になることによります。
チーム名は非公式かつ非公開でした。活動らしい活動はせず、少しだけ走ってはしゃべったり飲み食いばかりなので公開する理由もありませんでした。(^^;

年末は他にもサイクリングのお誘いをいただいているので、走れないのを理由に参加できないような事があっては一大事!
今日を境に少しでも走り込むことにしました。
まずはBD-1から…w

一日目はサイクリングというよりも単に撮影のための移動となりました。

「Sさんが参加しないと晴天に恵まれるからかまいませんよw」という憎まれ口を封じるためにも、明日からはロードで!ww

01BD-1_20171129172542278.jpg
港北ニュータウンの紅葉 1

02港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

03港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

04港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

05港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

06港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

07港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

08港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

09港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

10港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

11港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

12港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

13港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

14港北ニュータウン公園
港北ニュータウンの紅葉 1

15東名青葉インター
東名青葉インター


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク