FC2ブログ
2018/12/05 21:34
2018.12.04

昨日のしくじりを早速取り返してきました。門前払いだった新宿御苑に行ってきました。
しかし新宿御苑も今年の紅葉は今ひとつ。葉を散らさず綺麗に色づいている紅葉は実に少なく、好きな桜は既に散りつくしていました。我が町の並木もそうですが、新宿御苑も公孫樹だけが午後の日差しを眩しく照り返して見事でした。

※Facebookをご覧いただいている方には同じ内容なのでスルーしてください。

DSCF1046.jpg
01 新宿御苑


DSCF1051.jpg
02 新宿御苑


DSCF1064.jpg
03 新宿御苑


DSCF1089.jpg
04 新宿御苑


DSCF1104.jpg
05 新宿御苑


DSCF1128.jpg
06 新宿御苑


DSCF1151.jpg
07 新宿御苑


DSCF1166.jpg
08 新宿御苑


DSCF1197.jpg
09 新宿御苑


DSCF1209.jpg
10 新宿御苑


DSCF1214.jpg
11 新宿御苑


DSCF1224.jpg
12 新宿御苑


DSCF1241.jpg
13 新宿御苑


DSCF1269.jpg
14 新宿御苑


DSCF1295.jpg
15 新宿御苑


DSCF1301.jpg
16 新宿御苑


DSCF1305.jpg
17 新宿御苑


DSCF1320.jpg
18 新宿御苑


DSCF1379.jpg
19 新宿御苑


DSCF1407.jpg
20 新宿御苑


DSCF1447.jpg
21 新宿御苑


DSCF1483.jpg
22 新宿御苑


DSCF1485.jpg
23 新宿御苑


DSCF1496.jpg
24 新宿御苑


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト
2018/12/03 21:09
2018.12.03


新宿で友だちに会う約束の延長で新宿御苑に行ってみたら休園日!
実はこういう失敗よくあるんです。皇居東御苑も好きな庭園なのでよく行くのですが、同じような失敗を一度ならず。こちらは金曜が休園日なんですが……
と思って今ネット検索したら月曜日も休みになっていました。(゚д゚)

さらに意外だったのは、入り口で仲間を探したけれども、その種の人は実は多くないんですね。これにも驚きました。月曜休園が周知されているのか、それとも事前に調べるのかはわかりませんが、「人類皆兄弟!」と思っていたのは単なる幻想だったようです。
皆さんもっとしっかりしてます。w

久し振りに浅草寺を訪れたのは新宿御苑の代案です。新宿三丁目からメトロを乗り継いで浅草まで行きました。

浅草寺とクリスマスは当然ながら相容れないので、仲店通りは既に正月飾りが始まっていました。しかもというかその上、正月の晴れ着のようなレンタル着物姿の外国人ツーリストがたくさん歩いているので(男女とも)、ジングルベルの代わりに「もういくつ寝〜る〜と、お正月〜♪」の歌が出そうです。

そしてあちらこちらで嘆きともため息とも取れる声、「平日でこれだからね〜〜」
日本人観光客が吐息混じりに漏らす混雑をぼやく声でした。


それはともかく浅草寺界隈が面白いのは、あんな人こんな人が、枚挙のいとまもないほどあっちにもこっちにもいることです。
写真を撮るのが憚られる光景が多くてカメラを向けることができませんでしたが……


01双子
01 浅草寺
よく似てるな〜。実際は写真以上に似ていました……双子さんでしょうか。
よく見ると年齢が違います。よく似た姉妹かもしれませんね。

02人混みで化粧
02 浅草寺
雷門前の混雑雑踏で口紅を取り出して化粧直し! きっと自撮りの準備ですね。w
日本の女性たちが、電車の中ですっぴんからバッチリメイクアップまでの過程を見せてくれるのでもはや驚きませんが……

03風鈴を撮る
03 浅草寺
日差しのある日はともかくも、木枯らしに騒々しく鳴る風鈴ももうすぐです。(゚´Д`゚)

04_20181203204754add.jpg
04 浅草寺


06迷子
05 浅草寺
迷子になったのかなと心配しましたが、すぐ近くにお母さんがいて安心しました。

07ファミリー
06 浅草寺
ファミリーで自撮り!
この前にお嬢さんとお母さんの二人で弾けるような笑顔で撮っていたのに……笑顔が今ひとつ。w

08スマホチェック
07 浅草寺
連絡が付かないのでしょうか。ちょっと困った様子。

09双子
08 浅草寺
こちらも双子の女性でしょうか……

10双子
09 浅草寺
向こう側の方が振り向いたら同じお顔!

11_20181203204804b8c.jpg
10 浅草寺
日本の若い女性たちと一緒に写真を撮る外国人の男性がいかにも嬉しそう。w

12手水舎
11 浅草寺



常香炉ではいろいろな表情や仕草が見られるのが面白くて……

13常香炉
12 浅草寺


14常香炉
13 浅草寺


15常香炉
14 浅草寺


16_20181203204812adf.jpg
15 浅草寺
願い事なのか御礼なのか,真剣に掌を合わせる女性

17_20181203204814c2c.jpg
016 浅草寺
いくらにする?と言ってる様子。
この後取り出したお金も写しましたが内緒!w

18_20181203204815938.jpg
17 浅草寺


本堂から降りて再び常香炉へ……

19常香炉
18 浅草寺


20常香炉
19 浅草寺


21_20181203204833fae.jpg
20 浅草寺
振り向いてくれてシャッターチャンスでしたが、ややピンボケ(゚´Д`゚)
仲見世通りではすれ違い様に若い金髪の女性がカメラに向かってにっこり笑ってくれたのですが、後ろの別人にピントが…(゚´Д`゚)

22_20181203204835406.jpg
21 浅草寺
後ろに写り込んで撮影の邪魔になってしまったかもしれません。m(_ _)m

23_2018120320483625c.jpg
22 浅草寺
おみくじを引く場所も人物を撮らせてもらうには面白い場所です。しばらく観察していると悲喜交々!

24_20181203204838104.jpg
23 浅草寺
お線香を求めて先ずは本堂に向かって掌を合わせる青年。これから試験を迎えるのでしょうか。

25常香炉
24 浅草寺
煙の向こうでやはり本堂に向かって掌を合わせ、深々と一礼。
丁寧にお参りする方を目にすると、大抵は日本人ではなく東南アジアの方々です。

26_2018120320484185f.jpg
25 浅草寺
自撮りかなぁ……

27_20181203204842eb0.jpg
26 浅草寺
ではなくて,ボーイフレンドを撮影した様です。
顔を寄せて写り具合を見ていますが……イマイチだなぁという感じか。

28_20181203204844e42.jpg
27 浅草寺
伝法院通りの人力車夫の笑顔が素敵です。

29_20181203204845bf4.jpg
28 浅草寺
吾妻橋から隅田川を行き交う船。

30_20181203204847fbc.jpg
29 浅草寺



Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
2018/10/17 20:51
2018.10.16

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

すこしは手伝えることもあるだろうと思ったこの日でしたが,結果全く役立たず!
いつもより遅い新幹線で新富士駅へ。改札口の向こうにはktyさん!のはずですが,この日は新富士駅からバスでJR富士駅へと向かいます。JR富士駅からは身延線で富士宮まで短いながらローカル線の旅。そのまま身延とか甲府まで乗っていってしまいたい誘惑に駆られましたが、かろうじて富士宮下車。しばし富士宮で散策と撮影を愉しんでからktyさんと会うことになっていました。

慣れ親しんだ富士宮の街,この日は駅前通りに露店が並んでいました。チヂミを焼いているおばさん(韓国人のオモニ)が試食させてくれましたが、朝ごはんでお腹が膨れていなければまるごと買って食べたいおいしさでした。
練り物も美味しそう。露店を覗きながらの愉しい散歩のひとときでした。

そのあといつもの富士山本宮浅間大社,富士山世界遺産センターを撮影しながら歩きましたが、何とこの日の世界遺産センターは月に一度の定休日でした。僕はオープンしたばかりの時に高齢者無料パスで拝見させていただいたのでまだしも,幼いお子さんを連れてわざわざ淸水から訪れたご夫婦は残念そう。朝霧の牧場へ行こうかと言ってるので,あさぎりフードパークに友だちの会社もあるので是非寄ってみてと言いましたが……この日は露店営業はないのでした。(^^;

そのあと富士宮からバスに乗り継いで合流場所に行こうと思いましたが、バス便の都合が良くなくて歩いて行くことに。
自転車では距離が伸ばせなくなったものの,歩きならまかせろ!という最近です。
無事ktyさんと合流し,そこからさらに周辺を散策しました。この日に歩いた合計距離はおよそ14km!これはこれで健脚と言えなくもない。

夜はkty家の皆さんが晩ご飯をご一緒させてくださって,小6のご長男もさることながら、ktyさんの猛烈な食欲に煽られていつになくたくさんいただきました。奥さまもカズ君の妹のミキちゃんもなかなかの食べっぷり!たくさん食べる人たちとの食事は愉しい。我が家の中1の孫の食欲も気持ちがいいほど。僕の2倍は優に食べます。食べ盛りの子どもに値段の張るメニューをいいように選ばせることはできませんね。
食べることしゃべることに夢中で,写真は食べかけが数枚ある程度。なので,ktyさんに期待したいと思います。


01_2018101720205091c.jpg
01 富士宮市・新幹線の車窓より


02_20181017202052b0e.jpg
02 富士宮市・新幹線の車窓より
この日は青空はなかったものの,冠雪した富士山は終日見えていました。富士山の撮影ポイントには行かれませんでしたが、街から見え隠れする富士山は良い雰囲気でした。


03身延線
03 富士宮市・身延線富士駅
2両編成の身延線。ローカルなこの路線はかなり好きです。富士川沿いは車窓からの光景も素敵です。


04身延線から
04 富士宮市・身延線の車窓より
車内から富士山を!と思いましたが,なかなか撮らせてもらえません。しかしこんな見え方の富士山は好きです。


05富士宮露店
05 富士宮市・富士宮駅前通りの露店
通りすがりに写真を撮らせてもらうと,試食させてくれました。

06富士宮露店
06 富士宮市・富士宮駅前通りの露店
ご馳走さまでした!


07富士宮露店
07 富士宮市・富士宮駅前通りの露店
おでんの季節!練り物が美味しそうでした。


08富士宮宮町通り
08 富士宮市・富士宮宮町通り
これまで2度富士宮まつりに呼んでいただきましたが、望遠で撮る宮町通りは好きな場所です。お祭りの時は特に!

09神田川と富士山
09 富士宮市・富士山本宮浅間大社
湧く玉池から流れ出る冷たくて透明な神田川の向こうに冠雪した美しい富士山。


10浅間大社池のハト
10 富士宮市・富士山本宮浅間大社


11浅間大社の池とかも
11 富士宮市・富士山本宮浅間大社
お昼寝中……Zzz


12浅間大社の池とかも
12 富士宮市・富士山本宮浅間大社


13浅間大社拝殿
13 富士宮市・富士山本宮浅間大社


14浅間大社拝殿全景
14 富士宮市・富士山本宮浅間大社
富士山本宮浅間大社はシンメトリカルで水平と垂直のバランスが美しい。境内の広さと社の大きさの比率も素晴らしい。好きな神社です。


15浅間大社本殿
15 富士宮市・富士山本宮浅間大社
しばしば拝殿に隠れて人目に触れにくい本殿ですが,浅間大社はしっかりとその姿を見せてくれます。


16浅間大社楼門
16 富士宮市・富士山本宮浅間大社
楼門は参道からではなく,拝殿のある境内から見た方が好きです。


17朝霧乳業配送車
17 富士宮市・富士山本宮浅間大社
浅間大社を後にしようと境内から出てきたら、朝霧乳業の配送車が止まっていて,中から作業している音が響いていました。


18富士山世界遺産センター
18 富士宮市・山梨県立富士山世界遺産センター
晴れていればダブル逆さ富士が映るのが見られますが、この日は空が曇っている上,水面は風でさざ波が立っていました。しかも月に一度の定休日!(゚´Д`゚)


19試食販売
19 富士宮市・朝霧乳業:試食販売@宮原
この時は牛乳の試飲は行っていませんでした,一人で両方はできませんからね。今更それに気づきましたが,たとえリアルタイムに気づいても散歩の格好をしたおじいさんが手伝うわけには行きませんね。(^^;


20試食販売
20 富士宮市・朝霧乳業:試食販売@宮原
長居時間の立ち仕事,お疲れさまでした!最後までニコニコ顔のktyさんでした。


21秋の味覚柿
21 富士宮市・宮原
秋の盛りです。たわわに実った柿はオナガの大好物。弱い小鳥たちは近寄れません。


22富士宮郊外の富士山
22 富士宮市・宮原
富士山のビュースポットを探して歩き回りましたが、富士宮は中心街を離れても人家が多く、遮られて撮影スポットはなかなか見つかりません。やはり富士山撮るなら朝霧高原ですね。


23富士宮郊外の夕暮れ
23 富士宮市・宮原・
富士宮中心街に下る頃は,曇り空にもかかわらず空が燃えるような夕焼けになりました。


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
2018/10/07 22:01
2018.10.07

今日のカメラはFUJI X100F

横浜の写真展の最終日であることを思い出し、せっかく友だちが誘ってくれたサイクリングに不参加表明をした昨夜でした。「またお誘いしますよ」の優しい言葉をいただいて安心して出かけたこの日でした。
この日の写真展……
アマチュアの方々の「ちょっと写真を撮ってみました」から「渾身の1枚」と思われる力作までの夥しい数の写真たちに圧倒されました。プロの写真家にはない自由さを期待して行きましたが,そんな写真が撮れれば逆にプロになっているのかもしれません。
日本丸が係留されている「国指定重要文化財 旧横浜船渠株式会社第一号船渠(ドック)」の周囲にも船と海の写真が野外展示されていました。こちらは見応えのある力作揃いでした。
写真を鑑賞したあとの三連休中日のみなとみらい……
あちらのコーナーで、こちらの広場で、はたまた歩道の横でと、様々なジャンルのバンドが演奏を披露していました。それらの多くはいわゆるストリートパフォーマーではなさそう。普段は学生であったり、サラリーマンであったり、はたまたリタイアした後と思われる方たちであったりと様々。同好仲間が集まっての吹奏楽団も。いずれも演奏技術のレベルは高く、聴衆を惹きつけるに十分な力を持っていました。休日に多くの人が集まるところでは普段見られないパフォーマンスを楽しむことができます。
※昨日はX-T2にXF16-55mm F2.8 R LM WR、そして今日はX100F。その便利さに甘えて勉強にならないこの二日間でした。

01バス停のクツ
01 自宅のある町
バス停に置き忘れられた幼児の片方だけの靴……サイクリングロードでも同じような経験があり,持ち主を探したらベビーカーに乗って足をぶらぶらさせている赤ちゃんでした。w


02写真展
02 みなとみらい
ランドマークプラザには50000人の写真はありませんでしたが,夥しい数であることは確か。


03ランドマークのバンド
03 みなとみらい
中年&初老の方たちのバンド。
好きなジャンルではありませんでしたが,ランドマークの吹き抜けでパフォーマンスするだけのことがあり、実に上手でした。


04ランドマークのバンド
04 みなとみらい
聴衆はこんな様子で音楽を楽しんでいた昼下がりでした。


05ランドマークうg0億歩道
05 みなとみらい
動く歩道に乗って移動しました。


06動く歩道から
06 みなとみらい
横浜はこれ以上ない秋晴れ!
渋峠や万座方面は雲の中だった模様。お気の毒に!w


07日本丸
07 みなとみらい
日差しがきらめく横浜港でした。


08金管楽器
08 みなとみらい
吹奏楽団の楽器を撮らせてもらいました。今気づいたのだけれど逆さの自撮りになってる。w


09金管楽器
09 みなとみらい
弦楽器も木管楽器も金管楽器も,楽器は美しい!


10金管楽器
10 みなとみらい
知人にユーフォニアムの演奏を楽しんでいる方がいるので、思わず探してしまいましたが……


11a座る二人
11 みなとみらい
似ている感じですが,たまたま隣りあって座っただけの関係……だと思う。


11灯台のレンズ
12 みなとみらい
灯台のレンズが展示されていました。初めて至近距離で見ました。


12灯台のレンズ
13 みなとみらい
ガラスの向こうの景色が歪んでストライプに。ストールや服の生地にできそう。


13灯台のレンズ
14 みなとみらい
これが灯台のレンズです。


14日本丸
15 みなとみらい
日本丸はレンズの画角を確かめるのにいい被写体です。


15みなとみらいの中華
16 みなとみらい
桜木町駅近の中華でお昼ご飯。食べ過ぎました。客の多くは外国人でしたが,ホールスタッフとのやりとりに耳をそばだてて無責任に面白がりながらの愉しいランチでした。


16横国のモダンジャズセクステット
17 みなとみらい
こちらは横浜国大のモダンジャズセクステットの演奏風景。ジャンル的にはこれが一番好きでした。うまいです。


17横国のモダンジャスセクステット
18 みなとみらい
同じく横国のモダンジャスセクステット。キーボードの女子が隠れて写っていません。orz


18桜木町駅前のバンド
19 みなとみらい
こちらはJR桜木町駅前でたくさんの聴衆を集めていたバンド。こちらも素人離れした演奏技術です。もしかしたら素人ではなかったのかも。


19中山駅前のまつり
21 中山駅前のまつり
横浜市営地下鉄グリーンラインの終点・中山駅前でのお祭り風景です。


20中山駅前のまつり
22 中山駅前のまつり
同じく中山駅前のお祭り風景


21ジム帰りの夕日
23 ジム帰りの夕日


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
2018/09/26 22:52
2018.09.26

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF10-24F4 R OIS

この日の雨は近づく台風の影響で活発化した秋雨前線によるものでしょう。秋の長雨とはよく言ったもの。しばらくは爽やかな秋晴れは望めそうもありません。
自転車は雨には勝てません。秋を訪ねての輪行も当分お預けになりそうなので、雨の中を散歩に出かけました。江戸川橋から護国寺まで。


家を出るときから今にも降り出しそうな空!しかしあえて傘は持たず。
まずは江戸川橋駅から神田川沿いを歩いて椿山荘へ。
素敵な日本庭園を散策し,豪奢なホテルのパブリックスペースも見学しました。贅を尽くした室内です。

そのあと永青文庫,肥後細川庭園、そして関口芭蕉案を訪ねたのですが、最後の芭蕉庵は「本日休庵」でした。俳句を嗜む友人に資料でも届けられればと思ったのです。散歩だからもともと無駄に歩いているわけですが、目的の処が休業なのは普通に残念。

**********椿山荘**********

01神田川
01 神田川

02神田川
02 神田川

04a椿山荘
03 椿山荘

04b椿山荘
04 椿山荘

4c椿山荘
05 椿山荘

04d椿山荘
06 椿山荘

04e椿山荘
07 椿山荘

04f椿山荘
08 椿山荘

05椿山荘
09 椿山荘

06椿山荘
10 椿山荘

07椿山荘
11 椿山荘

08椿山荘
12 椿山荘

09椿山荘
13 椿山荘

10永青文庫
14 永青文庫

07胸突坂
15 胸突坂

前半の散歩コースが予定とほぼ逆だったため,再び同じ道を戻って椿山荘から護国寺方面に向かったはずでした。そのつもりでした……がどうしたことか。実際に向かっていたのは飯田橋方面…orz
しかもこの時を狙い澄ましたように雨が本降りに!コンビニでビニール傘を購入して、このあとは両手が塞がる羽目になりました。

片手にはビニール傘,もう一方にはカメラ(正しくは首と右手),背中にはカメラバッグで江戸川橋まで戻り、都道435号(帰宅後に調べたて知りました)を護国寺に向かいました。途中の「鳩山会館」にも立ち寄り、広大な敷地と豪華な建物の佇まいに仰天!音羽御殿の名に恥じません。
がしかし、閉館直後だったために内部は見られず。
ここは内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の邸宅であったものを、鳩山会館」として一般に公開しているのです。

11鳩山会館
16 鳩山会館


**********護国寺**********

雨が降りしきる歩道は傘を避けながらなので急いで歩くことはできません。そんなこともあってか、護国寺は思ったよりも遠い。途中空腹に耐え切れず、横断歩道を渡って道の反対側のコンビニでイートイン&ドリンクイン。

コンビニを出る時にうっかり横断歩道をを渡ったことを忘れて,反対方向にしばらく進んで「変だな……」
さすがに反対方向ではないかと気づいてiPhoneナビで確認して戻り道(゚´Д`゚)

迷ったお陰で時間がなくなり、途中にあるはずの「群林堂」に寄り損ねました。ここは「松島屋」「瑞穂」と並んで東京の三大大福の一つと言われているのです。次回は是非賞味したいものです。

ようやく辿りついた護国寺でしたが、時間が遅かったのが幸いしただけでなく,雨のせいもあって人払いしたような境内でした。

都会の真ん中にありながら実に静かな空間です。木の葉やビニール傘に落ちる雨粒が殊の外大きく響きます。その雨音をついて聞こえるのは濡れた路面を走るタイヤの微かな音のみ。それもごくたまに……
静寂が満ちた日没間際の雨の黄昏時でした。

カメラを向けたくなるようなものは少なかったのですが,独り占めの境内に撮影はむしろ不要でした。

ふと見ると雨を避けて縁の下で丸くなるネコが……ここにも,あそこにも

ここのネコは群れにならず、1匹1匹が互いに離れたところで、梅雨寒のような低温を辛そうにして丸くなっていました

12a護国寺
17 護国寺

12b護国神社
18 護国寺

<12c護国寺
19 護国寺

13護国寺
20 護国寺

14護国寺
21 護国寺

15護国寺
22 護国寺

16護国寺
23 護国寺

17護国寺
24 護国寺

18護国寺
25 護国寺

19護国寺
26 護国寺

20護国寺
27 護国寺

21護国寺
28 護国寺

22護国寺
29 護国寺

23護国寺
30 護国寺

24護国寺
31 護国寺

25護国寺
32 護国寺

26護国寺
33 護国寺


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe


プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク