2017/10/12 18:18
2017.10.12

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

福島の磐梯吾妻スカイラインはおそらく今が紅葉の真っ盛り…

烈風に遭遇して浄土平でAbeさんとAkeさんに助けていただいたあの日、そして梅雨の晴れ間にリベンジに出かけて40度(GARMIN表示で)の超高温の返り討ちに尻尾を巻いてコース変更を余儀なくされた猛暑のあの日

今日の福島県地方は天気がよくないので断念せざるを得ず、電車に乗り、慣れないバスを乗り継いで三渓園に撮影に出かけました。

横浜市民で且つ65歳以上だと入園料はわずかに200円!
1~2年前に自転車で出かけた時にもあまりの安さに感激したのですが、今日は忘れていました。

この日の三渓園は花もなくイベントもなく、紅葉はまだまだ先。
平日なので空いた園内は散策を楽しむには最高ですが…

何度訪れても素晴らしい庭園なのですが、どちらを向いてもさすがに惹きつけられるほどの新鮮味はなく、人が少ないだけに何を撮っていいのかわかりません。

01ボイラー室
三渓園 1:レンガ造りのボイラー室
今は中にボイラーの残骸すらはありませんが、庶民が藁を燃やして竈で飯を炊き、薪で沸かして風呂に入っていた時代に既にボイラー設備があったのですね。

02ボイラー室
三渓園 2:レンガ造りのボイラー室
しかしそういう時代に財を成した人(原 富太郎 号は三渓)がいたからこそ今日の三渓園があるわけです。

03お点前
三渓園 3:三渓記念館でお点前
記念館でお点前とお菓子をいただけますが、客はご婦人だけだったので勇気が出ませんでした。

04臨春閣
三渓園 4:臨春閣
数寄屋風書院の趣豊かな建物です。寝殿造りを思わせる池の配置も素晴らしい!

05亭樹
三渓園 5:亭樹
池へと流れ込む水に架けられた橋の真ん中にある(亭樹と言うらしい)檜皮葺きの唐様式?の破風が美しい。

06臨春閣
三渓園 6:臨春閣
二棟の平屋と一棟の二階建てからなる臨春閣ですが、その見事なバランスはいかにも茶人好みの佇まいです。

07臨春閣 亭樹から
三渓園 7:臨春閣 亭樹から
亭樹に腰を下ろせば、池越しに臨春閣と庭園が楽しめる仕掛けになっています。

08天授院 月華殿から
三渓園 8:天授院 月華殿から
移築されたいずれの建物も実業家にして茶人であった原三渓ならでは。

09聴秋閣前で絵を描く人
三渓園 9:聴秋閣前で絵を描く人
こんな日には、絵を描く才能に恵まれていないのを実に残念に思います。
今日の三渓園には、秋の日差しを浴びながら鉛筆や絵筆を走らせる同年輩の方たちが少なからず…

10秋の日差し
三渓園 10:秋の日差し
しかしカメラを持っているからこそ気づくことも少しはあります。
光る蜘蛛の巣が、よく晴れた秋の日差しに気づかせてくれていることに気づきました。

11三渓園内の茶屋
三渓園 11:園内の茶屋
お腹が空いたので、園内の茶店でお昼にしました。
外のテーブルで「天ぷらそば」をいただきました。

すぐ向かいのテーブルでは四人連れの年配の方たちが愉しく語らいながらの食事中でした。

12秋の兆し
三渓園 12:葉先に秋の色

13秋の兆し柿
三渓園 13:秋… 柿の実

14合掌造りの土間入口
三渓園 14:合掌造りの土間入口を飾る花
合掌造りの農家が移築されているのですが、土間の入り口に飾られた和風の花に目を惹かれました。

15秋の兆しほおずき
三渓園 15:秋… ほおずき
ほおずきの朱色は日本の秋を表す一色と言えるかもしれません。
ほおずきの中の種を抜いて口で鳴らした子どもの頃の思い出があります。
種をきれいに抜くにはコツがあるのですが、気が短いのでしばしば途中で破いてしまったものです。

16三重塔
三渓園 16:旧燈明寺の三重塔
三渓園の三重塔は見事なものですが、その移築された位置は遠目にはともかく、近くに寄って鑑賞するにはどうなんでしょう…といつも思うのです。
全容をフレームに収めることはもちろん可能ですが…

17保護色のネコ
三渓園 17:秋の地面色のネコ
「あら、何かいるわっ!!」と驚くご婦人の目線の先にいたのはこのネコ。
確かに保護色で気づきにくいです。

18新郎新婦
三渓園 18:新郎新婦
秋の日差しを受けて記念撮影をする新郎新婦。便乗して後姿を撮らせていただきました。
専属のカメラマンとアシスタントがいたけれども堂々と撮影させていただきました。後姿だからいいでしょう。

19大池
三渓園 19:大池
日が傾いた分だけ入園した時よりもいい雰囲気の大池です。
舟に乗って羽を乾かすのか温まっているのか、カモたち。

20新郎新婦
三渓園 20:新郎新婦
出口近くには別の花嫁さんと花婿さん。
最近は撮影のためだけに衣装を着て庭園や寺社を訪れるスタイルが流行っているのですね。

暑からず寒からず、いやちょっと暑い秋の午後でした。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2017/10/02 21:02
2017.10.02

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF90mmF2 R LM WR

北鎌倉駅を出ると「円覚寺」の前にオレンジ色のウインドブレーカーを着た自転車ツーリストが…
目が合うとニコッと笑って会釈をしてくれるフレンドリーさが嬉しい。


01北鎌倉外国人自転車旅行者
北鎌倉 1
実にのんびりと急がず、降りては歩き、歩いては少し乗る…そんなペースに気持ちが和みます。

02北鎌倉外国人自転車旅行者芙蓉の撮影
北鎌倉 2
スマホで写真を撮ってはまた進む…急がずに楽しむ余裕を持つ若者に好感が湧きます。芙蓉を撮っています。この芙蓉は僕も何度か撮影しました。やはり目を惹くのでしょう。

03北鎌倉幼稚園のお迎え
北鎌倉 3
細い路地の小径を選んで明月院の参道へと向かうと、前に幼稚園のお迎えをして家に向かうお母さんと坊や。

04北鎌倉白萩
北鎌倉 4
鎌倉にも確かな秋の訪れがあちらこちらで窺えます…白く咲く萩が清々しい。

05北鎌倉草の蔓で電車ごっこの兄弟
北鎌倉 5
明月院横の人通りが少ない道。こちらにも幼稚園帰りのお迎えの親子。
兄弟はお母さんが蔦でこしらえた輪で電車ごっこをしています。
懐かしい遊び!

06北鎌倉オレンジの花
北鎌倉 6
この花の名は知りません。季節の移ろいを教えてくれる花が好きですが、名前はほとんど知りません。教えていただいてもすぐに忘れます。

07a北鎌倉石かわ珈琲
北鎌倉 7
石かわ珈琲の長い階段。心なしかここも仄かに秋の様子。

07北鎌倉石かわ珈琲
北鎌倉 8
入口の看板を思い切り体を引いて撮りました。これでいっぱいです。
この書体とかな交じりの文字の配置、とってもいいです。

てっきりお店は空いているだろうと…
ドアを開けてびっくり。僕の席wはもちろん先客がおいでになり、かろうじて最後の席に着くことができました。

08北鎌倉石かわ珈琲北側の窓
北鎌倉 9
一組のお客さんがお店を出ると、「こちらの方が涼しいですよ。よかったら」と窓際の席を勧めてくださった奥様のKさん。
滅多に座らない席、引き戸のガラスにお店の照明が映り込んでいるのを何とかうまく撮りたいと…しかしこの程度が限界でした。

ご主人のISさんが、「Sさん、何か気づきませんか?」と。
窓の外を熱心に見ていると勘違いされたのでしょう。しかし僕が見ていたのはガラスに映る照明だけ。
頻繁に来るのに、だからか、これまでも変化に気づいた試しがありませんでした。今回も…

「鳥の巣箱がないでしょ。風雨に晒されて傷んで落ちてしまったんですよ。新しいのを作りますw」とおっしゃいました。
なるほどあたりの光景になじみ過ぎていた古い巣箱がありませんでした。

09北鎌倉石かわ珈琲コロンビア&パウンド
北鎌倉 10
「今日は若い女性のお客さんばかりでよかったですねw」とKさん。おっしゃる通り華やいだ様子でよかったです。
久し振りにいただいたパウンドケーキはやはり好みです。「これは抹茶にも合うお菓子ですね」と言うと、そうなんですよねとKさん。
和菓子の風味もあって実においしい。カフェでは決してお目にかかれないケーキです。しっかりとした食べごたえも嬉しいです。

珈琲は1杯目にコロンビア、お代わりにケニアをいただきましたが、それぞれの個性を楽しんでおいしくいただきました。順番は逆の方がよかったような気もしますが…どちらにしてもケニアは外せないですね。

席が空くたびにいつもの席の近くへ移らせてくださいました。「だんだん近づいてきますね!ww」と。
余程話を聞いてほしい顔をしていたのでしょうか。席の移動でいったん途切れた話の続きを促してくれました。忙しいのに…

結局いつもの席にあと一歩のところでお店を後にしました。

帰りも住宅の路地を通って北鎌倉駅へ向かいました。
花や、門や塀の上の置物などを撮りながらのんびりと駅へ…

10北鎌倉駅へ
北鎌倉 11
花は相変わらず名前がわかりませんが、お宅の入り口には思い思いの小さな飾り物が置かれています。
鎌倉には大きなお屋敷が多いですが、慎まし気なお宅の門口に置いてある置物が実に個性的で素敵です。

11北鎌倉駅へ門の置物
北鎌倉 12
これはいいですね。今まで気づきませんでした。自転車を降りてみるといろいろな物が目に飛び込んできます。

12北鎌倉駅へ門の置物
北鎌倉 13
このお宅は旧家の趣いっぱいのお宅です。

13北鎌倉駅へ蜘蛛
北鎌倉 14
極彩色の蜘蛛!獲物を捕らえるの不向きな感じがしますが。

14北鎌倉駅へバイク
北鎌倉 15
古びて錆びたバイクの向うには風雨ですっかり白んでしまった椅子が…でもこれ以上引いて撮れません。
狭い路地では中望遠の単焦点では撮れないものがたくさん。しかしそれが逆にいい経験になります。

15北鎌倉駅へ白い花
北鎌倉 16
名も知らぬ白い花…

16北鎌倉駅へ夏の終わり
北鎌倉 17
秋が訪れる一方で、夏の終わりを自らの命を閉じて知らせる蝶々

17北鎌倉駅へ門の置物
北鎌倉 18
こちらも門の脇に置かれた植木鉢の様子です。
宅地造成された歴史のない街の住宅で、こうした余裕を目にすることはあまりありません。

18北鎌倉駅へ秋の始まり
北鎌倉 19
横須賀線が通過するたびに揺れるススキ。
線路わきにも確かな秋の訪れです。

19北鎌倉駅運転手の交代
北鎌倉 20
横須賀線「北鎌倉駅」の向かいのホームを歩く駅員の方がちょっとユーモラスな感じでした。
運転手さんの交代かと思いきや、客室に乗り込んでました。

駅までの遠くもない往復の道ながら、カメラをしまう暇がないほど次々と被写体が現れる北鎌倉です。
このような場所に通い詰めたいカフェがあるのは実に幸せなことです。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/29 22:28
2017.09.29

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

夏の名残のような喉の風邪がだいぶ和らいだので午後からカメラをもってぶらぶら出かけました。
しかし風邪をぶり返してまもなく訪れる紅葉シーズンを棒に振っては元も子もありません。
あまり無理をしない程度に歩くと決めて出てきたこの日でしたが、せめてシャッターはたくさん押したいと思って予備バッテリーを忘れずに持ちました。
Fujiのカメラはそもそもバッテリーのもちが良くないのですが、大きめのレンズだとその消費量はさらに加速します。

千代田線の「乃木坂駅」で下車したのは今日が初めてです。
乃木希典の復元された住居や馬小屋があり、彼を祀った乃木神社もあります。

せっかくだから立ち寄ってカメラを向けましたがあまり興味を惹くものがありませんでした。そもそも乃木希典に関心がないので彼の業績や人生にも興味が薄く、だいたいが武人に親しみが持てないのですから話になりません。

バッテリーの残量が気になるほどは撮っていないのにカメラの表示では三分の一程度しかありません。フル充電したものに入れ替えず、使いかけをそのまま持ってきたようでした。
6個あるバッテリー(FujiのXシリーズはすべてバッテリー共用)は常にフル充電しているつもりでしたが…もしやと思って予備バッテリーをカメラにセットしてスイッチオンしたら、何とほとんど空です。
バッテリーが切れたら何のために出かけてきたのかわからないので、乃木神社はやめて六本木へと向かいました。
そんな事情なので途中で無駄撮りするわけにはいきません。

ビルの谷間の小路を通り抜けるとミッドタウンガーデンに出ました。
そこの縁にある「21_21 DESIGN SIGHT」でイベントが行われているようでした。

01ミッドタウン21デザインサイト
Tokyo Midtown 1
中に入って見たかったのですが「ただ今の待ち時間30分」とあり、この晴天に室内の列に並ぶなどできるはずもなく、周囲を歩くにとどめました。

02ミッドタウン21デザインサイト
Tokyo Midtown 2
もともと六本木界隈は外国人比率が高いのですが、ここでの比率はただ事ではありません。
そもそもがミッドタウン周辺そのものが国籍不明な都市空間です。新しい都市ならどこにでもありそうな…

03ミッドタウン21デザインサイト
Tokyo Midtown 3
自分が住む町のようなラフな格好でベビーカーを押す若いお父さん…カメラ目線に!

04ミッドタウン21デザインサイト
Tokyo Midtown 4
こちらのブロンドの若い女性はアジア系の外国人と東京を楽しんでいる様子でした。

05ミッドタウン21デザインサイト
Tokyo Midtown 5
そして木陰のベンチで憩うお齢を召したご夫婦。
今日はいかにも爽やかな日本の秋の気候ですが、ここで真夏にお見かけした外国人は、一様に冷たいものを片手にげんなりした様子でした。

06ミッドタウン21デザインサイト巨大風船
Tokyo Midtown 6
野外展示の超巨大なこれは何を表現しているのでしょう。穴が空に向かって開いていて、近づけばそこから丸い青空が望めます。
なにかブスっと刺したい!

07ミッドタウンロンドンバス
Tokyo Midtown 7
「SKY BUS TOKYO」と書かれたロンドンの市内バスを模した観光バス。
からりと晴れ上がった秋空の下、外国人ツーリストたちが気持ちよさそうに風に吹かれていました。

08ミッドタウン
Tokyo Midtown 8
ここが「Tokyo Midtown」の中心。
「ザ・リッツ・カールトン東京」や「富士フィルム スクエア」などが建ち並ぶ地区です。

09ミッドタウン
Tokyo Midtown 9
広場にある巨大な円形の穴はガラス張りの蓋で覆われています。

10ミッドタウン
Tokyo Midtown 10
円形のガラスの蓋のそばにあるオブジェは子供たちに人気の的です。
石のように見えますがメタル製です。
ここは撮影のお気に入りスポットです。

11ミッドタウン
Tokyo Midtown 11
入れ替わって若いお父さんと1歳すぎたばかりの女の子。こちらもカメラ目線で応えてくれました。
軽く会釈をして広場へと戻りました。

12ミッドタウン
Tokyo Midtown 12
おいしそうなベーカリーカフェです。写真を撮っただけで通り過ぎました。
「Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)」という名のお店。フランス語で「日々の糧」という意味だそうです。

13ミッドタウン読書老人
Tokyo Midtown 13
どなたかと待ち合わせしている風でもなく、ずっと新書版に目を落としているおばあちゃん。この後どうするのでしょうか。

14ミッドタウン
Tokyo Midtown 14
ガラスの蓋に覆われた穴の真下の様子です。こちらはメタルではなく、大理石の大きなオブジェです。いや、触ってみなければ素材はわかりません。次回確認することに…
ここの光が好きで毎回写真に撮っています…が全く変わり映えしません。

乃木坂駅に戻ろうと地下を歩き始めたらこんなオブジェが…
15ミッドタウン
Tokyo Midtown 15
これの好き好きはともかく根気がいるんだろうなぁというのが実感でした。
乃木坂駅は遠そうなので六本木駅に戻ることにしました。復路で見ても感想は同じでした。
根気…僕にいちばん欠けているものww


Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/19 23:56
2017.09.19

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

01江戸六地蔵
霊厳寺(れいがんじ) 1:江戸六地蔵の第五番

02松平の墓
霊厳寺(れいがんじ) 2:松平定信の墓

03大鵬
大鵬
江東区役所白川出張所が入っている建物には「深川江戸資料館」があるのですが、資料館入口に偉大な横綱・大鵬を記念する展示がありました。
ここまでは無料、資料館はもちろん有料です。

深川周辺に松尾芭蕉の史跡があるのは知っていましたが…
近くに大嶽部屋(大鵬道場)があることを帰宅して知りました。事前リサーチがお粗末すぎる。

「巨人・大鵬・卵焼き」は、まだ子供だった昭和時代の流行語でした。
大鵬と卵焼きに限っては大好きでした。中でも大鵬は特別でした。
大鵬は強いだけでなく優しい面差しで美男でした。僕の中では史上最高の横綱です。
大横綱白鵬がいる現在も少しも変わりません。

えっ、巨人ですか?(笑)

子供だったというのは事実と異なります。10年サバ読んでました。
青春時代でした…w


*****************************************

いかにも作り物で偽物感満載ですが…
深川江戸資料館も相当に好きです。江戸の目抜き通りや路地裏が原寸大、実物大と言うべき?で再現されています。

04深川江戸資料館
深川江戸資料館 1

05深川江戸資料館
深川江戸資料館 2

06深川江戸資料館
深川江戸資料館 3

07深川江戸資料館
深川江戸資料館 4

08深川江戸資料館
深川江戸資料館 5

09深川江戸資料館
深川江戸資料館 6

10深川江戸資料館
深川江戸資料館 7

11深川江戸資料館
深川江戸資料館 8

12深川江戸資料館
深川江戸資料館 9

13深川江戸資料館
深川江戸資料館 10
これは読み書きなど知識のある人の住まいです。おそらく長屋の一部なのでしょうが、寺子屋のようにここで子供たちに読み書きを教えていたそうです。

14深川江戸資料館
深川江戸資料館 11
一方こちらは江戸に出てきたばかりの人の住まい。畳すら敷いてない板敷です。作る、食う、寝る…この狭い空間が全てです。
まず茶碗小鉢から借りて(有料だったから、今でいうレンタルかリース)、江戸での生活を始めたそうです。

15レトロな建物
レトロな建物
清澄庭園と清澄通りに挟まれた一続きのレトロな建物。今ももちろん現役です。

ちょっと面白いことがありました。
清澄通りに沿ってシャッターを切りながら歩いていると、すれ違いざまにニコニコ笑いながら何事か語りかけて通り過ぎた40歳くらいの外国人男性。
あっちこっちにカメラを向けていたので僕の存在が気になったのかもしれません。
笑顔が素敵な方でした。

さらにしばらくふらふら歩きながら3~40分ほど撮影して、清澄白河駅から半蔵門線に乗りました。
車両端っこの優先席で短い脚を組んで座っていると、ドアを開けて隣の車両へ行こうとする人…邪魔になるので脚を下ろしてふと見上げると先ほどの外国人! お互いに目を見開いて「おぉ!!」という表情をしましたが、今度もニコニコ笑いながらそのまま隣の車両へ行かれました。再び出遭ったのは偶然過ぎる偶然でした。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/19 21:03
2017.09.19

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

昨夜までは「箱根にしようか日光にしようか」と馴染みのコースを走るつもりでしたがそこまでの元気はなく、カメラを持って都内をぶらぶら…

電車の乗り換えもなく混雑することもないので、清澄庭園とその周辺を歩くことにしました。

まずは「清澄庭園」へ
なんと9月15日~21日まで「65歳以上の方 + 付き添い1名様 入園無料」となっていました。元々65歳以上は70円ですが、ありがたく無料で入園させていただきました。

01清澄庭園手水
清澄庭園 1

02清澄庭園
清澄庭園 2

03清澄庭園
清澄庭園 3

04清澄庭園
清澄庭園 4

05清澄庭園アオサギ
清澄庭園 5

06清澄庭園
清澄庭園 6

07清澄庭園カップル
清澄庭園 7

08清澄庭園曼殊沙華
清澄庭園 8

09清澄庭園曼殊沙華
清澄庭園 9

10清澄庭園カメラ男子
清澄庭園 10

11清澄庭園
清澄庭園 11

12清澄庭園
清澄庭園 12

13清澄庭園
清澄庭園 13

14清澄庭園
清澄庭園 14

15清澄庭園
清澄庭園 15


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク