FC2ブログ
2019/04/01 12:46
2019.03.28

この日のカメラとレンズはFUJIFILM X-T2 + XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR

※写真をクリックすると拡大表示になり,再びクリックすると元のサイズに戻ります

01_201904011242384a8.jpg


02_201904011242398e6.jpg


03_20190401124240c92.jpg


04_2019040112424217a.jpg


05_201904011242430c0.jpg


06_20190401124245486.jpg


07_20190401124246b26.jpg


08_20190401124248445.jpg


09_20190401124249657.jpg


10_20190401124251384.jpg


11_20190401124252068.jpg


14_20190401124254d66.jpg


16_20190401124255588.jpg


17_201904011242577c8.jpg


18_201904011242597e6.jpg


20_20190401124301d47.jpg


21_20190401124303fc2.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト
2019/04/01 12:29
2019.03.26 & 27

この日のカメラはFUJIFILM X100F


※写真をクリックすると拡大表示になり,再びクリックすると元のサイズに戻ります


***** 新宿御苑 * * * * * * * *

01_201904011219590fc.jpg


02_20190401122001d07.jpg


03_20190401122002440.jpg


04_20190401122003d53.jpg


05_20190401122005c82.jpg


06_20190401122007df2.jpg


07_201904011220087ff.jpg


08_20190401122010684.jpg


09_20190401122011571.jpg


10_20190401122013468.jpg


11_20190401122014871.jpg


12_20190401122016d8b.jpg


13_20190401122017d09.jpg


14_201904011220187c3.jpg


15_20190401122020b60.jpg


16_20190401122021e10.jpg


17_201904011220234bc.jpg


***** 二ヶ領用水 * * * * * * * *

01_201904011220540f5.jpg


02_20190401122056844.jpg


00_20190401122053448.jpg


03_20190401122057b4d.jpg


04_20190401122059be2.jpg


***** 東郷寺 * * * * * * * *

05_201904011221008c2.jpg


06_2019040112210242c.jpg


07_20190401122103d2a.jpg


08_20190401122105ef2.jpg


09_201904011221067ca.jpg


10_20190401122108708.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe

2019/03/23 20:52
2019.03.21

今日のカメラとレンズはFUJIFILM X-T2 + XF 56mm F1.2 R APD

※写真をクリックすると拡大表示になり,再びクリックすると元のサイズに戻ります


********* * *  *  *   *

昨日訪れた『国道駅』は色の要素が極めて少なかったのでモノクロ撮影にチャレンジしてみたのですが……
初めて同様のモノ!どう扱っていいのかわからず、以前に無料でDLした「Silver Efex Pro 2」で遊んでみようと思いましたが……「Silver Efex Pro 2コマンドは現在使用できません」とウォーニングウインドウがでて使用できず。
Photoshop Elementsでコントラストや明暗の調整を試してみました。
それにしても,京浜地区にはまだまだ摩訶不思議なところがあります。


時の経過から忘れ去られてしまったかのような『国道駅』でしたが、その歴史を紐解いてみたら……
1930年 開業
1971年 無人駅化
つまり開業したのは僕が生まれる遙か以前。
そして2002年からICカードが使用できるようになったという。


a_201903232045580aa.jpg


b_20190323204559cee.jpg


c_201903232046019a7.jpg


01_201903232045473ba.jpg


02_20190323204549b16.jpg


04_20190323204550193.jpg


05_20190323204552e4c.jpg


06_20190323204553b8c.jpg


08_20190323204555ed1.jpg


09_20190323204556ada.jpg


********* * *  *  *   *

『国道駅』のインパクトが強すぎて、そのあとの撮影散歩はほとんど惰性でしたが、さらについで散歩を続けました。
鶴見駅から1つめが『国道駅』なのですが、そこから1駅先の『鶴見小野駅』まで徒歩、再び乗り鉄して終点の『海芝浦駅』で下車です。
この日の『海芝浦駅』のホームは春の嵐が激しく吹き荒れ、帽子は飛ばされないように手に持ち、持ち物もしっかり抱えていなければならないほどでした。
『海芝浦駅』は海に面していると言うよりもむしろ海上の駅という趣。ホーム柵の直下には波が打ち寄せています。
しかも改札の外はいきなり東芝工場の敷地。つまり私有地なので、一般乗客は改札の外へは出られません。そこには守衛さんが立っていて、改札口が東芝工場への入り口であることがわかります。
改札口には撮影禁止の貼り紙。つまり私有地の撮影はまかりならぬと言うわけです。
では乗客たちは何のためにここまで乗ってきたかと言えば、こぞって海を眺めては写真を撮るだけ。
鶴見へ引き返す列車の発車時刻までのつかの間をホームで或いは車内で過ごすわけです。一般乗客にとって、ここは来ることが目的の駅なのです。
電車の本数は極少なく、そのまま引き返しの列車に乗らなければ次の列車は1時間半とか2時間後になります。
到着した海芝浦駅では「上りの列車にお乗り遅れのないように発車時刻をご確認ください」と車内放送で注意を促していました。
海を見て鶴見駅へ引き返し、遅めのお昼ご飯を済ませてから『総持寺』の広い境内での散策をこの日の撮影散歩の終着点としました。


01_20190323204615bdc.jpg


02_20190323204617185.jpg


05_2019032320462018e.jpg


06_201903232046213d9.jpg


07_20190323204623f45.jpg


08_20190323204624931.jpg


09_20190323204626408.jpg


10_20190323204628882.jpg


11_20190323204629b57.jpg


12_2019032320463044e.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe


2019/03/19 11:35
2019.03.18

今日のカメラとレンズはFUJIFILM X-T2 + XF 50-140mm F2.8 R LM OIS

※写真をクリックすると拡大表示になり,再びクリックすると元のサイズに戻ります

年に数回罹患するウィルス性の体調不良。症状がはっきりしないものから、胃腸炎のように身体が明確な反応を示すものまで様々。

今回は土曜の夜から日曜いっぱいまで横たわっている状態でした。昨夜も早々と床について10時間近く眠りました。しっかり睡眠を取って身体を休めたお陰で元気になった今日でしたが、週末で医者に行けなかったので昼近くに医者へ……混んで待たされること1時間半! 友だちのFBにコメントを入れて過ごしました。

念のために血液を採取して検査することになりましたが、明日の午後には結果が判明します。恐らくたいした問題があるとは思われず、抗菌剤の投与を続けるか否かの判断のためでしょう。ともかく4時半〜6時頃に結果を聞きに行くことになったので、明日は自宅謹慎も同然です。

元気になると家に籠もっていられない性分ですが、医者から戻ると妻は外出中。留守中に黙って出かけたので途中でメッセージを入れると「疲れているのに出かけたの?」との返事。
そもそも遊びすぎが元で発症することが多いので、こんな時は家にいろという意味でしょう。がしかし、本人も無理を押して出かけることが多いので強くは言えない事情があります。その意味では似たもの夫婦です。

特に宛てもなかったので、交通費がかからない横浜へ出かけました。
桜木町から三渓園までバス乗車。今日は乗車中何事もなく平和に到着しました。
園内をのんびりと散策しながら気が向いたらシャッターを切る。気合が入らない撮影だけれど、だからこそ愉しい。

帰路は桜木町でバスを降り、野毛へと向かいました。
最近定番になっているコースです。


01_2019032220372412c.jpg


02_20190322203725bda.jpg


03_201903222037279e2.jpg


04_20190322203728100.jpg


05_201903222037303d4.jpg


06_2019032220373102d.jpg


07_20190322203733f6c.jpg


08_2019032220373443d.jpg


09_20190322203736bcb.jpg


10_20190322203737947.jpg


11_20190322203739499.jpg


12_20190322203740394.jpg


13_20190322203742602.jpg


14_20190322203744332.jpg


15_20190322203745f0a.jpg


16_201903222037469ab.jpg


17_20190322203748910.jpg


18_20190322203749156.jpg


19_20190322203751418.jpg


20_201903222037521c5.jpg


21_20190322203810aa8.jpg


22_20190322203811d23.jpg


23_201903222038134b5.jpg


24_2019032220381430a.jpg


25_20190322203816cef.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe

2019/03/16 10:04
2019.03.15

今日のカメラとレンズはFUJIFILM X-T2 + FUJIFILM XF 16-55mmF2.8 LM WR

※写真をクリックすると拡大表示になり,再びクリックすると元のサイズに戻ります

最近ちょっとはまっているこの地域。しかし方向感覚が悪すぎて、或いはそのものが無さ過ぎて、無駄歩きや目的地未到達が多いのです。

今日の終着点近くの深川不動堂は千葉県成田市の成田山新勝寺の東京別院なのですが、これまであまり興味が湧かずほぼ素通りでした。

しかし当不動堂に到着したこの日この時刻に「お練り行列」が行われるという絶好のタイミングでした。
仏教の儀式については全く無知ではありますが、経験として軽い気持ちで本堂内での「特別法楽」にも参列させていただきました。
先日の聖マリア大聖堂で経験した「晩の祈り」のことが思い出されました。

深川不動堂の本堂での法要では、経を唱和(声明?)し、或いは護摩を焚きながら朗々と語るのですが、いつもながら若い僧たちの見事な声には魅了されます。
山伏姿の僧によるホラ貝の奏上や太鼓の連打,僧侶のよく通る強い声,鈴のような金属の澄んで響く音色……それらが渾然一体となって実に音楽性豊かなものでした。決して賛美歌のようにメロディアスではないけれど、モダンジャズにさえ通じるような、それでいて古来から人類に欠かせなかったであろう深い音楽性までもが感じられました。

写真撮影に関してですが……
「お練り行列」の準備や参列者の整理をなさっている不動堂の方(恐らくお坊様のお一人)に「写真撮影は許されていますか」と尋ねると、「基本的にはご遠慮いただいていますが,お帽子をお取りいただいて、合掌して導師職衆の方々のお迎えにご参列いただけます」とのご返事でした。
もちろんr本堂内は撮影禁止ですが…

基本的にでもいけないものはいけないのだとカメラをバッグに納めました。
がしかし、いざ「お練り行列」が近づいてくるとスマホやデジカメを向ける人が少なくなく、お咎めもありませんでした。
そんな様子を目にして急いでカメラを取り出し、シャッターを切りました。気が弱い割には、決まりが守れない…orz

※今日は全て絞り開放で撮ると決めて出かけてきました。F2.8通しの標準ズームレンズでの撮影です。 一部は絞り変更しました。


01_20190316095939f0a.jpg


02_201903160959409bb.jpg


03_2019031609594237f.jpg


04_201903160959435c4.jpg


05_20190316095944942.jpg


06_20190316095946931.jpg


07_20190316095948859.jpg


08_20190316095949fd2.jpg


09_2019031609595014f.jpg


10_20190316095952127.jpg


11_20190316095953286.jpg


12_20190316095955fb8.jpg


13_20190316095956b3c.jpg


14_20190316095958c3b.jpg


15_20190316095959971.jpg


16_20190316100001293.jpg


17_20190316100002280.jpg


18_201903161000044df.jpg


19_20190316100005077.jpg


20_201903161000077f0.jpg


21_201903161000283ed.jpg


22_2019031610002959a.jpg


23_201903161000302c5.jpg


24_20190316100032655.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク