2017/01/08 01:01
2017.01.07

今回はX-T2にXF56mmF1.2 R APDをセットしてしての撮影でした。
X-T10にXF16-55mmをセットした1台も携行していたこの日ですが…

ktyさんのEF85mm F1.2L Ⅱ USMの描写力に強い衝撃を受け、Xマウントの中から最も近いレンズXF56mmF1.2 R APDを購入したのが2015年の12月26日のこと。F1.2で、フルサイズ換算84mmなので確かに近い。
しかし機材をそろえたからと言って同じような画が撮れるわけのものでもなく、1年以上の進歩のない月日が流れました。それでもなおこのレンズならではの描写に魅かれる点は今もって変わりません。
撮影する対象の制限、そして開放では紙のように薄い被写界深度。どう考えてもビギナーには使いこなしが困難です。しかし今年も懲りずに機会あるごとに持ち出したいと思っています。

*****************************************

今年の正月元旦は散歩のついでに町田市の熊野神社を訪れましたが、同行の家族の撮影に余念がなくお参りはしませんでした。正直に言えば参拝者の長い列に辛抱できず…
そして翌二日の富士山一周サイクリングの最終地点は富士宮市。富士宮市と言えば富士山本宮浅間大社です。全国に約1,300社あると言われている浅間神社の総本社でもあるのです。
ところが富士山本宮浅間大社に参拝する予定を端折ることとなり、この日も初詣はなりませんでした。
朝霧高原で落車したこともありますが(痛手はほとんど受けないものの)、日没後の寒さにめげて通過することになりました。

生来どちらかと言えば信仰心が薄く、神仏への願いごとはほとんどすることもない日常。
しかしながら建築物としての神社仏閣、あるいは粋を凝らした庭や境内の雰囲気はとても好きです。

平生はともかく、初詣で訪れる時には安寧と無事をお願いし、様々お礼の気持ちも伝えたいと思います。松の内の最終日の1月7日、「大宮八幡」で初詣を済ませることができました。

10大宮八幡
大宮八幡
三が日を数日過ぎたこの日、さすがに人出は多くありません。

11大宮八幡
大宮八幡:手水舎
人出は少ないながら、やはりお正月!参拝者は老若男女、世代を超えた方たちです。普段は地域の中高年の方たちの姿がちらほらあるのみ。

12大宮八幡
大宮八幡:巫女さん
お正月の巫女さんはアルバイトの方が多いと聞きますが。カメラに収まるこちらもそうなのでしょうか。

13大宮八幡
大宮八幡:ジュウガツザクラ
ジュウガツザクラが境内のあちらこちらで咲いていましたが、この木はそれらの中でも一際高くて立派でした。

14大宮八幡
大宮八幡:おみくじ
おみくじは神社を訪れるときの楽しみの一つです。無邪気に一喜一憂する姿が…と思ってカメラを向けましたが、こちらの女性は静かにくじを見つめていました。何が書かれていたのでしょう。

15大宮八幡
大宮八幡:祈る人
そして神木に手を触れ、額を当てて祈る人。
想いが伝わりますように!

16大宮八幡
大宮八幡:擬宝珠
神社のきざはしや橋の欄干の装飾(本来の意味は知りません)の擬宝珠。美しく磨かれた金色に日が当たって、ますます眩しく輝いていました。

昨日アップしたブログ記事にも掲載したこの写真ですが…
それを見たktyさんからのFBへのコメントは「Sさんの自撮り写真、好みです。これは例のレンズですか?」
「自撮りは断固しません!(`Д´)」と返しましたが…
実際ここまで輝いてませんね、残念ながら。www
トキちゃんといいktyさんといい…٩(๑•̀ω•́๑)۶

17大宮八幡
大宮八幡:神楽殿
神楽殿で奏楽や舞が披露されるときに訪れたいと思いますが、なかなかその機会に恵まれません。

18大宮八幡
大宮八幡:ジュウガツザクラ
ここにもジュウガツザクラ。ほのかな色で実に小さくてかわいい花びらです。

19大宮八幡
大宮八幡:和弓の稽古
新春の稽古に励む女性。凛とした雰囲気の道場です。

20大宮八幡
大宮八幡:流鏑馬の稽古
道場の横では師範と思しき方の指導を受けながら、流鏑馬?の稽古をしている若い男性です。
シャッター音を消し忘れました。このタイミングで聞こえてしまったとすれば甚だ申し訳ないと今更思っています。

21大宮八幡
大宮八幡:注連縄

22大宮八幡:幸福撫でがえる石
大宮八幡:幸福撫でがえる石
参道横にあるこの石、参拝を済ませた方たちがほのかな明かりにひかれて次々と触っていかれました。

今年こそ争いごとのない平和な世界に一歩でも近づいてほしいと思います。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2016/12/30 10:54
2016.12.28

江の島の夕日を見に行こうと2台のカメラにそれぞれ単焦点レンズをセットして出かけました。重たいので望遠はやめました。(^^;
仲間との忘年会にはまだ間がある夕暮れ時、1~2時間撮影を楽しむつもりで暖かくして出かけたのですが、日が傾くにつれて気温の下降は激しく、あまつさえ冷たい北風まで吹きつけてきました。

寒さで怯みそうになりましたが、せっかく重い機材を持ってきたのだから何もせずに撤退するわけにはいきません。
手袋を外してかじかむ指での無駄撮りながらも、時間的なタイミングはぴったりでした。暮れ方から日没までの短い時間限定で駅から撮影スポットを一往復できました。

海辺の撮影ですっかり冷え切ってしまい、コンビニで暖かいドリンクを買い込んで小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅に停車する急行に駆け込みました。
平日のこの時刻、乗降客が少なくターミナル駅ということもあってか、各車両のドアは一か所を除いて閉じていました。
ローカル線ではよく見かける光景ですが、ドアが閉まっているおかげで発車を待つ車内で寒い思いをせずに済みました。

01江の島
江の島

02江の島
江の島

03江の島
江の島

04江の島
江の島

05a江の島
江の島

05江の島
江の島

06江の島
江の島

07江の島
江の島

08江の島
江の島

09江の島
江の島

10江の島
江の島

11江の島
江の島

12江の島
江の島

14江の島
江の島


Twitter : @pa_hoehoe

2016/12/27 16:51
2016.12.27

正月は我が家に人が集まる機会。 
しかし今は昔のように正月だからと言っておろしたての服は着て来ないので、よそ行きの写真は撮れません。しかもお屠蘇やお節の後は小汚いチビどもと公園で遊ぶのが我が家の恒例になってますから。

掃除に飽きて(かみさんもジムに出かけて留守なのでww)、人物写真(正月用)を撮る練習台になってもらったMUGIです。
相当に落ち着きがない孫よりもさらに落ち着きなくじっとしていません。速写のいい練習にはなりますが、ピンボケで失敗の山ができました。

MUGI1_20161227193711c59.jpg
MUGI 1

MUGI2_20161227165738fe9.jpg
MUGI 2

MUGI4.jpg
MUGI 3

MUGI5.jpg
MUGI 4

MUGI6.jpg
MUGI 5

MUGI7.jpg
MUGI 6


Twitter : @pa_hoehoe

2016/12/08 22:57
2016.12.08

X-T10からX-T2にグレードアップして何がどうよくなったのか、それとも期待するほどの変化はなかったのか。
XT-2にXF56mmF1.2APDをセットして新宿御苑へ行ってきました。
今年最後の紅葉撮影のつもりで出かけましたが、撮影というよりも練習&新しい機能の確認で終わりました。

一度にいろいろな機能の差異を認識する能力はありませんので、今回は多彩なフィルムシミュレーション(以後FS)の中から、紅葉撮影に推奨されているVelviaに固定してその進化(退化か?)を確かめてきました。
VelviaはACROS(モノクロモード)とともに、進化した或いは新規追加されたFSの一つとされています。また今年はX-T10で多くの紅葉をVelvia設定で撮影したのでその違いが把握しやすいこともあります。

絞り優先AEで撮影、補正ダイアルは一切いじらず、絞り以外はカメラ任せ。画像はすべてJPEG撮って出し、トリミングなし、リサイズのみとしました。

これまでやや過度とも思われたVelviaの鮮やかさでしたが、そのトーンがやや下げられて以前に比べて少しおとなしいナチュラルな画になったように思います。
もっともこれまでのX-T10の撮影では、勉強という名の下に適当に補正をかけたり、画像ソフトの練習だと言ってはちょこちょこいじってかなり画像をダメにしていました。
したがってやや比較にならないところでもありますが、そうしたことをすべて置いといて…

これまで個人的な感想としては派手にすぎるのが難点だと思っていたVelviaですが、安心して使える節度のあるレベルに熟成された感じを持ちました。
しかし一方で撮影の条件や被写体によってもこの辺りの評価は違ってくるものかもしれません。
二つと同じ状況の場面はないので、単純な決まりごとが通用しないのが写真の難しいところであり、楽しいところでもあるのですね。

いろいろな方のブログ写真などを拝見して感じるのですが、コントラストやシャープネスは個人の好みに大きく左右されるもののようですね。
そうした事実に対する無理解への自戒の念も込めて、ここに書いたことや今後記事にすることは、写真やカメラがあまりよくわかっていない初心者の戯言というにとどめておきたいと思います。だからほかの方の参考にはなりません。
あくまでも個人用の覚書というか備忘録としての記事ということで、ご理解ください。

01新宿4丁目の黒猫
新宿4丁目の黒猫

02新宿御苑
新宿御苑:1

03新宿御苑
新宿御苑:2

04新宿御苑
新宿御苑:3

05新宿御苑
新宿御苑:4

06新宿御苑
新宿御苑:5

07新宿御苑
新宿御苑:6

08新宿御苑
新宿御苑:7

09新宿御苑
新宿御苑:8

10新宿御苑
新宿御苑:9

11新宿御苑
新宿御苑:10

12新宿御苑
新宿御苑:11


13新宿御苑
新宿御苑:12

14新宿御苑
新宿御苑:12

15新宿御苑


16新宿御苑
新宿御苑:14

17新宿御苑
新宿御苑:15

18新宿御苑
新宿御苑:16

19新宿小田急ハルク
新宿小田急ハルク


Twitter : @pa_hoehoe

2016/11/25 15:56
2016.11.25

発売日1か月前からアマゾンに予約をし、22日に届いたこの雑誌。以前にも購入したことがあるこのシリーズです。待っていたはずなのに読む暇がありません。
いや大したようもないのにフラフラ出歩くのが理由で、実際は暇はあり余るほどたくさん。(^^;

X-T2写真3
X-T2+XF56mmF1.2APDで撮影しました
X-T2を購入してから早くも1か月以上が経過しましたが、カメラとまじめに向き合う時間がありませんでした。唯一本番と練習を兼ねて持ち出したのは「富士山本宮浅間大社:例祭」の撮影の時でした。
ブログにもしたためましたが、この日は友だちのktyさんと一緒に撮影現場に立てたことで、撮影のいい勉強(ただし機材は除く)になりました。機材の勉強(機能や設定)はこれからまじめにやろうと思います。

先日のこと、「カメラも2台態勢だし、レンズもすごいの持ってるし本格的ね~」と妻に言われました。
プロ写真家も顔負けするほど時間だけはかけている妻。ろくに使わないことへの皮肉か、下手なくせに機材にかけすぎという嫌味か、下手の横好きから脱出できないことへのからかいか…
胸に手を当てるとどれも思い当たる節があるから…たぶん全部当たってます。((^^;;

X-T2写真2
弟分機のX-T10+XF23mmF1.4で撮影しました
表紙に写ってるのと同じレンズをセットしてみました。
雑誌が手元に届いただけで安心していた毎日ですが、自転車であまり走れなくなるこれからの季節、ちゃんと勉強しようと思います。師匠はじめ写真の諸先輩方、よろしくお願いいたします。


Twitter : @pa_hoehoe


プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク