2015/10/01 00:00
2015.09.30

表参道から神宮界隈をふらふら歩いて行きついた先は新宿御苑でした。
御苑の正門の前にやってきましたが…
ヨーロッパ風の大きな鉄の扉は固く閉じられています。中を人が歩いている様子なので開苑していることは間違いなさそうです。

ここから入場した大木戸門までが遠かった…さすがは新宿御苑、広大です。

今日はFUJIFILM X-T10を携えての散歩です。

15a新宿御苑
新宿御苑:大木戸門
構図内に入ってくる白い曇り空をどう処理するか悩みました。設定が難しく四苦八苦して手間取りながらも決め手がありません。難しいなぁ、わからない…

15新宿御苑
新宿御苑:日本庭園かと思いましたが、別のところでした…
しかし撮影の設定に悩んだのは一時で、いつの間にか写真を撮ることより庭園を眺めたり、そこを散策する人々の様子に心が奪われている自分がいます。ダメだなぁ…

16新宿御苑
新宿御苑:プラタナスの並木
神宮の銀杏並木もそうですが、人工的に造られた景色とは言え、シンメトリカルで奥行きを感じさせるところが好きです。

17新宿御苑ボランティア
新宿御苑:ボランティアの高校生たち
ふと見ると、すぐお隣の都立高校の生徒さんたちが御苑のお掃除ボランティアを終えて公園の関係者からのお話を聞いています。
小耳にはさんだ感じでは…褒めているのか注文をつけているのよくわからないお話のようでした。w

18新宿御苑ベンチの3人
新宿御苑:ベンチの外国人トリオ
ここ数年、東京は、というより日本の各観光地は外国人の姿が珍しくありません。島国に育って外国人が珍しかった少年時代に比べるといい時代になったと感じます。

19b新宿御苑
新宿御苑:下の池のほとり
新宿という大都会の一角にあるとは思えない静寂に包まれた御苑ですが、中でも木々の見事さが圧巻です。紅葉の季節はさぞ見ごたえがあるでしょう。しかしその人込みのすごさを想像すると…

20新宿御苑
新宿御苑:下の池
ここの池は平安朝の寝殿造りの池のような人工臭がなく、まるで自然に紛れ込んだかのように感じます。

21新宿御苑
新宿御苑:中の池
と思ったら、池の向こうにはモダンなインテリジェントビルが聳えています。やっぱり東京の真ん中なんです。

22新宿御苑カップル
新宿御苑:芝生でくつろぐカップル
人間がこういう光景に馴染んでいる様子が好きです。きっと日常を忘れて心を解き放っているからでしょう。
若いカップルの写真が多いですが、特別な意図はありません。w

24新宿御苑桔梗信玄クレープ
新宿御苑:桔梗信玄餅クレープ
いつぞやFBで盛り上がった信玄餅!
その時に「信玄餅クレープもおいしいですよ」というコメントをいただいたのを思い出しました。
なぜここに桔梗屋の信玄餅!?

25新宿御苑桔梗信玄クレープ
新宿御苑:桔梗信玄餅クレープ
アイスクリームケースの中に入れて販売されてましたが、アイスの一種としても楽しむものだとは知りませんでした。
溶けるのを待って食べたほうがおいしかった気がしますが、せっかちな性分が待てません。
凍った信玄餅クレープはいまいちでした。

25a新宿御苑新宿門
新宿御苑:新宿門
一部歩き損ねたエリアもありましたが、脚が棒になったので今日は退散することにします。
家を出た当初はヤルクコーヒーで締めるつもりでしたが、ここからおとなしく電車に乗って帰ることにしました。
しかし新宿駅はまだかなり遠い…


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト
2015/09/30 23:55
2015.09.30

長月の晦日に東京渋谷界隈を歩いてみました。
表参道で下車し、なんの下調べもなく、目的もないままふらふらしてきました。
地理に不案内なうえ無類の方向音痴、無駄に長く歩いた一日でした。

今日はFUJIFILM X-T10を携えての散歩です。

01青山通りからちょっと入った神宮前のお寺
青山通りにこんなお寺が…

02青山通りからちょっと入った神宮前のお寺
青山通りにこんなお寺が…

03アップルストア
アップルストア表参道店
アップル一連のガジェットのデザインにマッチしたショップです。
リンゴのマークがまぶしすぎます。

04陶工房
神宮の裏手で出会った陶工房
昔ちょっと陶芸をかじっていた関係もあって、目につきます。

05都営アパート
都営アパート群いつまで…
これよりさらに古い団地群が立ち並び、その総数は25棟を超えているようです。
やがて再開発の波に呑み込まれて風景が一変する日が来るのでしょうね。

06椅子工房
裏通りのそのまた路地の椅子工房
行き止まりの路地の奥にこんな椅子のお店が。今日はお休みのようです。

07椅子工房
裏通りのそのまた路地の椅子工房
ガラス越しに写真を撮らせていただきました。外見とはやや違和感のある椅子たち。

08個性的な住まい
街に住む
都会に住む人々は家でも個性を主張しています。モンドリアン?w

09個性的な住まい
街に住む
塔のような建坪が小さいRCの住まい。さぞ素敵なインテリアで暮らしているのでしょう。

10照明器具
懐かしい照明器具
この照明器具はモダンデザインでありながらクラシック的名品です。
身の程知らずにも、現在の家を建てた時に夫婦そろってほしいと思ったものでした。
大きすぎるし高すぎる。w

11なるしまフレンド神宮店
なるしまフレンド神宮店
バイクショップの雄、なるしまフレンドの本拠。近くを通るたびに寄らせてもらいました。
こちらも今日はお休みです。

12赤と黒とモナリザ
赤と黒と…奇抜な対比
真っ赤な中華の店と炭のように黒いアパート、その間にチェ・ゲバラのような帽子をかぶったモナリザ!(笑)

13茶房ふみくら
文学カフェ?
河出書房新社の1Fにある喫茶「ふみくら」ですが、ここはおしゃべりをするところではなく読書をしにくるカフェなのでしょうか。

14ビルの間の青空
都会の秋の空
ふと空を見上げると、そこにはまぎれもない秋の空!
行方定めぬ散歩故、どこにたどり着くかわかりませんが、まだまだ歩きます。


Twitter : @pa_hoehoe


2015/09/08 00:19
2015.09.07

はっきりしない天気で足止めの今日、自転車で出かけることもできないので近くの内科を訪れました。
このところいまいち調子が上がらないので、どこか悪いのかなと…
(お陰様で普段悪いところや不調に感じるところがなく暮らしているので、ちょっとしたことが気になります)

大体の症状を伝え、喉を見たり横になって腹部を触診したりしてもらいました。
実際に罹患している方は少なくないそうですが、特定できないウイルスの感染で体調不良になることが珍しくないのだそうです。体力が落ちてきたり疲れたりすると、体内に滞留しているウイルスの活動が活発になって様々な症状になって出るのだといいます。

食欲不振(僕の場合はわずかにw)、食後胃が重い感じになる、腸の働きが鈍って便通がいつもと異なるなど、いわばお腹の調子がいまいちになる。その他には、わずかにリンパ腺が腫れる、肩こりがひどくなる、だるくなる、眠くなるなど典型的な体調不良の症状が出るようです。

抗生剤と胃腸薬を処方していただき、「静かに暮らしてください。疲れないのが一番なので、外出を控えて家で静かにしていてください」とおっしゃいます。一番苦手なことなので、「はい、わかりました」とはいうものの、できそうもありません。

込んでいる医者なのでずいぶん時間を食ってしまいましたが、「家で静かに!」ならばカメラの勉強をしようと、テーブルに向かいました。
しかし学んだ機能を試すにも、テーブルの上のものや室内、あるいはせいぜい猫の額程度の庭を撮るしかありません。
せっかく覚えた機能ならすぐに実践するのが定着の悪い者には一番なので、できれば身の回りのものを撮るのではなくアウトドアでと思うのが人情です。

医者の忠告を聞かなかったことにして、隣の駅近くを流れる川沿いに撮影に出かけました。散歩にしては結構な距離を歩きました。12~13km程になりました。まぁ全然疲れないので問題はありません(と自分で判断)。

帰り道、妻から頼まれた食材をスーパーで調達しました。
雨上がりの撮影散歩、悪くないですね。カメラを買ってよかった!

01サルスベリ
サルスベリ
自宅近くの住宅の門のわきに咲いていたサルスベリです。渡良瀬渓谷には立派なサルスベリの木がありましたっけ。

02ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ
これも同様に我が家の近くです。オレンジ色の花が好きなので、ノウゼンカズラは名前を知る数少ない花の一つです。

03イチジク
イチジク
先日食べた「ティグのタルト」を思い出します。フルーツケーキに入っているイチジクは本当においしいです。
結局花より団子で、カメラの操作はかなり疎かになっています。
というよりあまりにも多機能なので、整理しきれずに既に頭の中でごちゃごちゃになっています。

04何の花?
何の花?
川べりに咲く野の花です。名前は知りません。

05クリ
クリ
季節が確実に秋に向かって進んでいるのを実感します。
もう少しして檜原街道を走るとクリが収穫できるかもしれません。道に落ちているのを拾うのですが、地元に住むサルとの競争です。タイミングを誤ると中身のないイガだけしかありません。

06カキ
カキ
カキも秋ならではの味覚ですね。しかし我が家は植木の選定がこの時期なので、カキの実を収穫することがなくなりました。
ささやかな庭のめぐみだったビワの木を処分して藤棚を作った時の家族の不評も思い出しました。

07ジャスミン
ジャスミン
これも珍しく知っている花の名前です。そばを通るだけで香りが漂ってきます。

08ネット越しのナシ
防犯ネット越しのナシ
このあたりにも「浜なし」の生産をしている農家があるのですが、泥棒除けのネットで厳重に囲われています。
スーパーや八百屋でしか果物を見ない郊外の地、梨盗人が横行するのでしょう。
泥棒除けネットでの防御も仕方がありませんね。

09フヨウ
フヨウ
これはフヨウでしょうか。
思ったより花の名前を知っている!のではなく、ありきたりの花しか咲いていないのです。

10ミカン
ミカン
ああ、そう言えば我が家の庭にもミカンの木があるのでした。今年は実をつけているのでしょうか。それさえ知らない。(笑)

11イネ
田んぼ
行きつけの自転車屋さんに行くときは必ずここを通過するのですが、春にはレンゲ畑になったり、初夏には水田になって田植えが行われたり、秋になれば収穫の時を迎えたり、四季折々楽しませてくれます。

12イネ
稲穂
稲穂が実って下がり、収穫の時を待つばかりになっています。

13イネ
田んぼの道
いつもは自転車で走る道ですが、こうして歩くと目につくもののレベルが全く違います。時にはよりゆっくりした移動も必要だと感じました。

14イネ
案山子
ここは小学生の体験水田になっています。春先には子供たちがにぎやかに田植えをしていました。
そして実った稲を案山子に護らせています。

写真の勉強にはなりませんでしたが、気持ちのいい散歩でした。
人は二本足で歩くことを運命づけられているのだから、時には自転車を離れるのも悪くありません。


Twitter : @pa_hoehoe



プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク