FC2ブログ
2018/08/28 22:49
2018.08.18

ブログの更新が滞りがちで、というかサボりがちで日にちの順番もやや適当。備忘録としての体をなしていません。周囲のブロガーの中には撤退もしくは休筆の方も多く、記事がたまってちょっと気持ちの負担になっている最近、その方たちに便乗したくなってます。みなさんブログの限界を感じてなのか、より楽なSNSへと流れているのか。ぼくも潮時かなぁと思うことしもばしば……

********************

つづくときは続くもので、前週の朝霧高原につづいてこの日は北鎌倉まで走りました。お相手は同じトキちゃん&ビビさんです。
我が家は孫を4日間も引き取ることになっていたので、その週末はダメだなと諦めていたのですが、1日勘違いしていたお陰でご一緒できました。

東京の西部からクルマで我が町まで輪行し、北鎌倉目指して走ります。

00_2018082822455905e.jpg
いつも騙して先行するトキちゃんですが、この日は先回りして一緒にスタートできました。

01_201808282246006c1.jpg
トキちゃんの優しい牽きでビビさんを間に挟んで走るのはいつものスタイルです。なれないとクルマとの並走は怖いし危険ですからね、こんな時しか役に立てませんので、このオーダーでビビさんに安心して走ってもらえればいいのですが。

02_20180828224602809.jpg
緩いけれど長い坂をゆっくりと上ります。この坂道は幾度となく上りそして下りましたが、桜が咲きそして散る頃にはなかなか素敵なロケーションになります。

03_20180828224603628.jpg
ややクルマの交通量が多い横浜環状4号を進んでランチタイムです。以前同じメンバーでここに立ち寄ったときには行列の長さに仰天して、同じ敷地内にあるジョリパスタでスパゲッティをいただきましたが、この日は待ちの人数もそこまでではなく、サービスの水で渇きを癒やしながら外のベンチで待つことに。

04_2018082822460590f.jpg
「辛味噌ラーメン」だったかな。ぼくとビビさんはこれをいただきました。

05_20180828224606565.jpg
そしてトキちゃんがオーダーしたチャーシューがたっぷり乗った高カロリーなラーメンです。カナダでジャンクフード漬けになっていたので、お好きなものをどうぞ! でもラーメンもジャンクと言えばジャンクですがw

06_20180828224608d68.jpg


07_20180828224609a7a.jpg
ここは大船に向かって下る小雀の信号(公文国際学園入り口)ですが、いつもここで感心することがあります。
信号を渡って直ぐに歩行者信号ボタンを押して後続のクルマを遮断するトキちゃん。下りで背後から迫ってくるクルマの恐怖感からビビさんを護ってあげるとの配慮です。立派です!
しかし写真を撮ろうとするとこんな風に隠れたり、何もなければ手で覆ったりします。写真嫌いな子どもみたいですね。それとも魂が抜かれるとでも思っているのでしょうかね。w

08_20180828224611c7e.jpg
明月院参道の明月川沿いの道。この先にカフェがあるとは思えず、途中で引き返した人もいます。

09_20180828224612e3a.jpg
引き返さずにもうすこし辛抱してくださいね。明月院から300mほど奥まったところです。

13_20180828224618b2c.jpg

10_20180828224614061.jpg
やはり週末のこの日、席がいっぱいで入り口先の階段に腰を下ろして待ちます。

11_20180828224615984.jpg
この日はいつものカウンターの端っこではなく、窓際の席にテーブルを繋げて4人掛けの席にしていただきました。ま、実際に座っているのは3人でしたが。

12_20180828224617fef.jpg
先ずはみんな「コーヒーゼリーパフェ」を注文。美味しい!いやホントに美味しくて、メニュー誕生3年目になりましたが、夏の定番メニューになったのが実に嬉しい。
そしてお代わりもコールドドリンク、同じく全員「アイスコーヒー」をいただいて愉しい話題に花を咲かせながらのんびりしました。


と、そこへ話題になっている「冷蔵庫」のお届け業者が現れました。外階段が長い上(30段くらい?)、中階段もやや狭く業者泣かせのようです。

そろそろCLOSEの時刻、邪魔になってもいけないのでそろそろ席を立つ我々。

14_20180828224620d3a.jpg
そしてこれが噂の「冷蔵庫」です。

15_20180828224621c4e.jpg
帰りはどうにも調子が上がらないビビさん。小雀の長い坂を上るのもしんどそうです。
途中も背中に疲労感が感じられて辛そうでしたが、なんとかパーキングまで無事に戻りこの日のサイクリングは終了となりました。この日もお誘いいただいて、というか無理矢理一緒に走らせてもらってありがとうございました。
次の機会を楽しみにしています。

※結局ビビさんは2〜3日不調がつづいたようで、計画していた乗鞍岳エコーラインサイクリングは中止になったようでした。僕が行かれない日を選んで企画するからですね。次回は事前に僕の都合を伺うべしです!ww


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2018/07/16 22:51
2018.07.15

この日の写真は全てiPhone、一部kudouさん提供

連日の暑さで記事のアップも遅れがちですが、これは7月15日(日曜日)のことです。

亜煉路館に集合したのが午前10時。
なんとお店はサイクリングステーションになったかのような様相でした。
チームRSのメンバーが6〜7人?7〜8人?が集合していました。そのほとんどは存じ上げている方たちでした。
今日のサイクリング仲間の席に着く前にRSの方たちに簡単にご挨拶させていただきました。

先にお店を出るRSメンバーを見送った我々、さらにまったりのんびり会話を楽しみました。この日のメンバーはT長さん、kudouさん、K藤さん、I藤さん、そしてぼくの5人でした。

この日は横須賀市の「南葉亭」でスープカレーランチを楽しむことになりました。住所は横須賀市ですが、お店の名前の通り南葉山と言った方が馴染みやすい地理的位置にあります。

この数日燃えるような炎暑の日々が続いていましたが、この日はさらに輪をかけた烈日でした。汗が出始める前は焙烙で煎られているような暑さ。焙煎される珈琲豆か!ww
一旦汗が噴き出しはじめるともはや止める術はなく、身体全体を滝のように汗が流れます。腕を伝ってグローブを、太股から脛を伝ってソックスを濡らすほどでした。

いつもは水分補給がおろそかになりがちですが、この日は小まめにと言うよりガブガブと水分補給せずにはいられませんでした。

10_20180718100310bf3.jpg
01 背中を焦がす日差し:photo by kudou-san
一人で走ることが多かった最近、この日のグループサイクリングは新鮮でした。気づいてみれば、以前のように自然に二番手を走るぼくでしたが、T長さんが適度なペースで牽いてくれたので遅れることなく走ることができました。後方を護ってくれたkudouさんが「Sさん、回ってますね〜!」と褒めてくれましたが、きっと励ましてくれたのだと受け止めています。

「南葉亭」に到着すると駐車場はいっぱい、席もいっぱいでした。
しばしおしゃべりしながら待つこと20分くらい?
通されたのは個室のような趣の絶好の席でした。

一通り注文を済ませて、互いの近況を語り合うにはまたとない部屋と待ち時間でした。

01_20180718100258e93.jpg
02 南葉亭

12_201807181003130d9.jpg
03 南葉亭:photo by kudou-san

11_201807181003110d2.jpg
04 南葉亭:photo by kudou-san

02_201807181003006d1.jpg
05 南葉亭

05_20180718100304618.jpg
06 南葉亭
やがてテーブルに運ばれてきたスープカレー。
真夏はスパイシーで辛いものは食欲を刺激してくれます。

kudouさんと僕は「イカスミのスープカレー」、ほかのメンバーは「彩り野菜のスープカレー」「角煮と煮玉子のスープカレー」などそれぞれの好みで注文。辛さはみんな中程度の4で。
03_201807181003015ea.jpg
07 南葉亭

04_20180718100302bb8.jpg
08 南葉亭

06_20180718100305cc4.jpg
09 葉山の海
腹を満たした帰路も途中でドリンク休憩。さほどに暑さ厳しいこの日でした。
しばしまったりと海を眺めました。

帰りはやや飛ばすT長さん。そこもなんとか切れずに二番手をキープできましたが、いっぱいでした。

07_20180718100307fbb.jpg
10 たまらずコンビニ休憩!
余りの暑さにたまらず藤沢のコンビニでアイス休憩! お代わりしました。w

境川CRでは、ディスクホールを履いて見当違いな速度(我々を抜くときだけ)の先頭に牽かれた若いグループが抜き去っていきました。
抜き去るのはともかくエチケット知らずなので、仲間のメンバーは一様にムッときたようです。やや大人気ないと思いつつも、彼らを追い詰めるように我々も加速しました。歩行者やポタリングの自転車に脅威を与えるような走りはいけないとわからせる必要があります。内心その速度に千切れたらどうしようと少し焦りましたが、幸い若いグループは速度を維持できずにまもなく落ちてきました。

08_20180718100308270.jpg
11 亜煉路館
追い詰めライドで余計な汗をかき、その日の朝に集合した亜煉路館にヨロヨロと戻ってコールドドリンクをいただきました。

それにしてもいったん落ちた力(ただの年令による衰えか)は容易に取り戻せるものではありません。
天気に恵まれすぎたこの日は、日差しと高温のせいでダメだったことにしておきましょうかね。w


Facebook TLへ←こちらをクリックしてお進みください。
Twitter : @pa_hoehoe
2018/06/20 12:57
2018.06.19

今日のカメラはFUJI X100F

北鎌倉の石かわ珈琲で偶然出会ったオープン前のベイサイドベースの方。ハンバーガーショップを開店するに当たってお店で提供する珈琲の豆を探していらっしゃるときでした。
お店でお出しする珈琲に石かわ珈琲の豆を使わせてほしいというお話をしているときに、偶然客としてその場に居合わせたて小耳に挟んでいたのでした。

その後金沢文庫でご兄弟でオープンなさったと聞いていたのでいつかはと思っていました。

我が家からおよそ40km弱の距離。最近ますます乗れていないロードの足慣らしにもちょうどよい距離なので早速出かけていきました。

01ベイサイドベース
01 ベイサイドベース
13時半到着を目安に、まずまずのペースでお店に到着です。
先客がいらっしゃいましたが隅っこの席がが空いていたのでそちらへ。

02ベイサイド
02 ベイサイドベース
朝寝坊していたので遅めの朝食が効いて、お腹はペコペコというところまでは行きません。食べ残しはお行儀が悪いのでややボリューム抑えめのものを選びました。
「アボカドバーカー」を注文、ドリンクはコーラ。

新鮮で食べ頃のアボカドと肉本来のおいしさを活かしたパティとの相性が抜群でした。パティのおいしさはちょっとほかにありません。
フライドポテトをかじりながら、コーラを飲みつつおいしくいただきました。

接客を担当なさっている奥様(弟さんの)と少し言葉を交わすことができましたが、北鎌倉の石かわ珈琲での出会いは覚えていてくださいました。

03ベイサイドベース
03 ベイサイドベース
お店を出たあとは近くにある金沢文庫と称名寺を訪ねることにしました。


******称名寺と金沢文庫**************

称名寺と金沢文庫は小さなトンネルを介してつながっているので、両方同時に愉しむことができます。

金沢文庫では特別展「御仏のおわす国」が開催されていて、数多の国宝や重文が展示されていました。

やや文化的な香りに包まれた金沢文庫での展示のあと、文庫本来の書籍の閲覧室を覗いてみました。テーブルで抜粋作業に専念する方や静かにページをめくる方など、通常の図書館とはやや趣を異にします。
仏教関係や日本の美術などで調べ物があるときにはこちらを利用させていただくとよいと思いました。

日本人の姓氏を学術的に網羅した巨大な本が何冊もありましたが、目にするのは初めてのこと。
友人の珍しい姓を調べてみましたがいずれにも載っていませんでした。やはり極めて希な姓なんですね。聞いた方は一様に驚き、一様に忘れません。

04称名寺
04 称名寺

05称名寺
05 称名寺

06金沢文庫へ
06 称名寺境内から金沢文庫へ

07金沢文庫
07 金沢文庫

08称名寺全景
08 称名寺

09称名寺裏山
09 称名寺・市民の森


******黄金町〜みなとみらい**************

そのあとはひたすら自宅へと思いましたが、夕飯を外で済ますことにして横浜界隈をぶらぶらしました。
東京も面白いところ満載ですが、横浜は横浜で全く違う魅力で惹きつけられます。「明」と「暗」は都会につきものですが、横浜はそれが狭い地域に凝縮されています。

黄金町界隈から伊勢佐木町界隈のやや猥雑な路地から路地への散策は実に興味深いものがあります。

そしてみなとみらいに歩を進めれば、そこはあっけらかんと明るく開けた地域。

どちらが好きとかどちらがいいとかではなく、時刻次第でそのどちらも固有の魅力は大きく変化します。
何度来てもいつ来ても、その時その時の雰囲気に浸れるのがいいところです。

10黄金町アート
10 黄金町のアート

11黄金町アート
11 黄金町のアート

12黄金町アート
12 黄金町のアート
これはアートではありません。失礼しました。w

13黄金町アート
13 黄金町のアート

14大桟橋
14 大さん橋

15大桟橋
15 大さん橋

16大桟橋
16 大さん橋

17大桟橋
17 大さん橋

18大桟橋
18 大さん橋

19大桟橋
19 大さん橋

20大桟橋
20 大さん橋

21大桟橋
21 大さん橋

22大桟橋
22 大さん橋

23大桟橋
23 大さん橋

25象の鼻公園
24 象の鼻公園

26象の鼻公園
25 象の鼻公園

27象の鼻公園
26 象の鼻公園


Twitter : @pa_hoehoe

2018/06/10 20:47
2018.06.08

今日のカメラはCanon PowerShot G7X

この日はkudouさんにお誘いいただいて内容充実のサイクリングでした。
鎌倉〜葉山〜佐島…

いつもの亜煉路館に9:00に待ち合わせて…
あれっ!オープン前の時刻でした。マスターゴメンなさい!
しばし自転車や仲間の話で盛り上がりました。やがてほかのお客さんが入店してくるのを潮時に亜煉路館を後にして佐島を目指しました。

01コンビニ休憩
01 いつものコンビニで休憩
例によってドリンクボトルが空のまま家を出たので、いつものコンビニに寄ってもらってドリンク補給と軽くエネルギー補給。
まだほとんど走ってないよ! 燃費の悪さを競う二人でした。w

かなり風が吹いていたので海岸線を避けて片瀬山経由で七里ガ浜へと下りました。その後は当初予定の「海辺」でのランチは風次第と言うことにしました。

02七里ヶ浜
02 七里ヶ浜
七里ヶ浜に向かって景色が開けるこの場所はフォトスポットなのだそうです。(kudouさん談)
ほとんどの方は海を背景に入れたいのでしょうが、あえて江ノ電で!w

03七里ヶ浜
03 七里ヶ浜
景色も天気も最高! いやちょっと暑かったか。

04トマト
04 八百屋CAFEヤサイクル
逗子の小坪のトンネルを抜けて少し先の「八百屋CAFEヤサイクル」に立ち寄りました。
kudouさんもぼくも大のフルーツ好き! 小ぶりのパイナップルがおいしそうだったのですがやや食べづらそうで見送り。

05トマト
05 八百屋CAFEヤサイクル
で選んだのがこちらのミニトマト。フルーツトマトのように甘くはないけれど実に美味!

06海辺
06 佐島の「海辺」
海沿いながら予想したほどの風は吹かず、気持ちよく走って佐島の「海辺」へ

07海辺
07 佐島の「海辺」
昨年の台風で傷んでしまったデッキは改修中!
それでもアウトドアテーブル席を選んで正解でした。

08海辺
08 佐島の「海辺」
kudouさんは「特選海鮮丼」、ぼくは「天ぷら盛り合わせ」

09海辺
09 佐島の「海辺」
二人揃って話し好きなので、周囲の客がすっかり出払ってしまったのに気づかず……
話題はとりとめないものの、爽やかな海風に吹かれて実に楽しい会話のひとときでした。

その後ダメ元で北鎌倉の石かわ珈琲に向かいました。
案の定北鎌倉の明月院参道は相当な人出です。とは言っても最高潮の人出ではないのでもしかしたら入れるかも……

10石かわ珈琲
10 石かわ珈琲
何と好運なことにさっきまで混雑だったんですけどねとKさん。

11石かわ珈琲
11 石かわ珈琲
しかもいつもの「指定席」wがちゃんと空いていました。
がその直後にお客さんがぞろぞろやってきてたちどころに満席になりました。

12石かわ珈琲
12 石かわ珈琲
お代わりをいただいたときに「チョコレートサラミ」を出していただき、相変わらずの濃厚な味わいとバラエティーに富んだ食感を楽しみました。
話に花が咲きすぎて写真に撮らず……どうもごちそうさまでした。


実に久し振りだった100km超のサイクリングを楽しませてくださったkudouさんに感謝です。
翌々日には朝霧高原サイクリングに誘われていたので、この日のサイクリングが本当に気持ち的に良い自信になりました。
凄く速い本物の一流自転車乗り二人が参加するとのことでややびびっていたのでした。

kudouさん、次回は梅雨の晴れ間を狙い澄して「道志みちサイクリング」でしょうか。楽しみにしています。
おっとその前に走れるようにしておきますね。


Twitter : @pa_hoehoe

2018/04/12 23:13
2018.04.12

今日のカメラはFUJI X100F

今日は散々悩んだ挙げ句ロードを諦めてBD-1でふらりと出かけました。
走りの調子は相変わらずぱっとしませんが(元々ぱっとしないw)、ここまで自転車に乗らなければ当然のこと。
そろそろロードに乗らないと止めたんじゃないかと誘ってもらえなくなりそう。
明日からと思ったら天気はやや曇りがちに向かいそう。BD-1は「万金餃子」に向かいましたが……大幅に方角違い&行き過ぎ!

03万金餃子
01 万金餃子
ようやく店に着いたら「……売り切れにつき、午後2時半から個数限定で販売します」との貼り紙!
実は貼り紙の読み違いで、お店ではいくつでも食べられました。

00万金餃子
02 万金餃子
この店は昨年の7月にktyさんにご家族と一緒に連れてきていただき、誰もが賑やかに食べたその時のおいしさが忘れられず「またみんなで来ましょう!」と言う約束になっていました。
ktyさんは若い頃に何度も通ったお店だからいいとして、奥様は「また行きたいですね!」と仰っていたので、やや抜け駆けというか裏切った気持ち。
しかし今日は食べたいという気持ちに負けて人のことは忘れました。(^^;

01万金餃子
03 万金餃子
食べながらその日のことを思い出しながら一人ニヤニヤしてしまいました。

食事を楽しんだ後、僕は電車で帰るからみなさんにはそのままご自宅に向かっていただくつもりでしたが、わが家まで送っていただきました。

お子さんの希望でいつも通り後席の二人の間に乗っていました 。わが家に着いて車道側のドアを開けたのは僕でした。
運転席のktyさんに「誰だよ、そっちを開けるのは!」と叱られましたが、最初からご長男が犯人と確信してのことでした。彼は叱られるのが好きなんじゃないかと思われるところも確かにあるので。w

とは言うものの、僕のせいで彼が叱られたのはこの時で2回目。しかも前回もクルマで新富士駅に送っていただく車中でのことでした。以来kty家では彼と僕は同レベルということになっています。


02万金餃子
04 万金餃子
そんな記憶にニヤニヤしながらカウンター席の隣のおじさんを見ると、焼き餃子をわかめスープに浸しながら食べています。しかもやや小さめとは言え丼飯も。明らかに60は過ぎている様子。食欲旺盛です。
それはともかく真似して浸けて食べてみましたが、それはそれでおいしい。
しかしパリッとした熱々を食べる方がやはり好きかもしれません。

「こんどはロードで来るね」と言う僕に「メンテしますからこんど見せてくださいよ」とUさん。こんなやりとりをしていたにもかかわらず今日もBD-1。イトイサイクルは次回に延期しました。

04亜煉路館
05 亜煉路館
少し走ろうと思い、その脚(BD-1)でいずみ中央の「亜煉路館」へと向かいました。
知り合いにはお目にかかれませんでしたが、まずはたどり着く前から食べると決めていたパフェをいただきました。
そしていただいた珈琲はコロンビア! ほのかな苦みとフルーティーな酸味のバランスが最高でした。

05亜煉路館
06 亜煉路館
手が空くのを狙い澄ましたように自転車のことや写真のことで話し相手になっていただきました。
マスターは去年まではスギ花粉アレルギーだったようですが、今年はスギが終わってからの花粉症で苦しんでいる様子。ヒノキでしょうか。

06境川
07 境川CR
帰りは境川CRを走りました。
写真のこの場所はkudouさんと走るときにお別れする場所です。が今日は一人です。

07ピンクのハナミズキ
08 ピンクのハナミズキ
恩田川に出る少し手前で傾いた日を浴びるピンクのハナミズキに出会いました。

08ピンクのハナミズキ
08 ピンクのハナミズキ
わが家には4本のハナミズキがありますが全て白です。うち1本は引っ越しされた知人の庭にあった立派なものです。当時庭の剪定をお願いしていた植木屋さんに移植していただきました。


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク