2017/11/21 22:51
2017.11.21

今日のカメラはFUJIFILM X100F

富士フィルムサービスステーションに行くついでに、東京ミッドタウンでX100Fの試し撮りをしてきました。
早々に用件を済ませ、1Fにある富士フイルムフォトサロンで開催されている「アンセル・アダムス写真展」を鑑賞しました。

作家を説明する副題に「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家」とありましたから、これはよほど有名な写真家に違いありませんが、存じ上げません。
下手の横好き写真を撮り始めたばかりの初心者であるにしても、無教養にして恥ずかしい。
1902年生誕、1984年死没とのこと。82年の生涯であったようです。

その生涯撮り続けたヨセミテの風景写真が展示されていましたが、もっとも古いものは100年近く前のもの。もちろんすべてモノクロでした。

撮影者の自然に対する畏敬の念、神が宿るかと思われる自然の荘厳さ…それらを放射するような風景写真でした。

その後で試し撮りか!? いつにもまして手元が狂いっぱなしでした。

この日ばかりは下手な鉄砲も湿りがちで、数撃てずにすごすごと退散しました。

00東京ミッドタウン
六本木

01東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 1

02東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 2

03東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 3

04東京ミッドタウン檜町公園
東京ミッドタウン 4

05東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 5

06東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 6

07東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 7

08東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 8

09東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 9

10東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 10

11東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 11


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2017/10/21 22:41
2017.10.21

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR、XF60mmF2.4 R Macro

関東周辺では紅葉の見ごろを迎えたところ。折しも超大型台風が日本列島を窺う動きを見せています。
秋雨前線が刺激されて飽きもせず雨が降り続く毎日です。
直撃を受けたり、大雨や大風で被害が出る地域がないことを祈るばかりです。

個人的に残念なのは、日曜日の富士山一周のイベントも流れ、下手すれば台風の通過後はせっかくの紅葉も傷んでしまう可能性があることです。

家に籠っているといまいちの体調。
単に出かけたいだけなのか、本当に少し不調なのかよくわからない…

途中でカメラ屋に寄る予定をすっ飛ばして、雨が激しくならないうちに北鎌倉へと向かいました。
今日は北鎌倉駅の円覚寺口ではなく、正面から鎌倉へと向かう県道に出ました。
しかし雨が降り続く中、傘を差しながらの撮影はできません。
浄智寺をちらりと覗くにとどめ、横須賀線の線路を渡って明月院へとUターンしました。

明月院の参道を歩く人影はまばら…

00石かわ珈琲
石かわ珈琲 1
雨降りのお昼時と言うこともあり、さすがに到着してしばらくは独り占めの石かわ珈琲でした。
1杯目の珈琲はまだ正式販売前のエチオピアをいただくことにしました。

01石かわ珈琲エチオピアとパウンド
石かわ珈琲 2:エチオピア・ジンマ・ナノ・チャラとパウンド ケーキ
パウンドケーキとともにいただいているとカップルが一組また一組とお店に入ってきました。

これまで味わったエチオピアとは全く異なる香味。珈琲の利き分けは全くできませんが、もしも聞かれたら、知ったかぶって「コスタリカとかコロンビア?」なんて答えたかもしれません。
それほどいつものエチオピアとは異なる印象でした。
区別はできませんが、おいしいものはおいしいです。

02石かわ珈琲シンフォリカルポス
石かわ珈琲 3:シンフォリカルポス
絶対に名前を覚えられないお花、「シンフォリカルポス」が実に愛らしいピンクのグラデーションの実をつけています。
花は7月から9月にかけて、9月から12月にかけては実が楽しめるとネットにあったので、これは実で間違いないのでしょう…ね?

個人的に目下定番になっているケニアをお代わりにいただき、お客さんで席が埋まってきたにもかかわらずお話し相手になっていただきました。

お花の教室に通ったり花屋さんで働いた経験があるという奥様のKさん、切り花の扱いに詳しくいろいろと教えていただきました。
それをちゃんと今後に活かせるか…それはわかりません。ww

今日はブログに載せる写真がないので、帰宅後にレンズをマクロに付け替えてついでの写真を撮ってみました。

03MUGI.jpg
MUGI
もはやおばあさんになってしまった我が家のネコ。
あと半年もしないうちに15歳になります。
月日の経過とともにネコらしいプライドは失っていくばかり(もともとない)。
人間、特に飼い主の僕に甘えることに迷いはありません。

b蔵六
蔵六の灰皿
もう数十年前、吉祥寺の住宅街で隠れるようにひっそりと営む骨董屋で買いました。
京都の金属工芸士 六代目・秦蔵六(はたぞうろく)作です。
もともと大した値打ちはないのですが、箱がないので価値はさらに下がります。

Twitter : @pa_hoehoe

2017/10/14 20:53
2017.10.14

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

ここまで無沙汰したことはこれまでなく、実に久しぶりのヤルクコーヒーでした。
間違いでなければ前回お邪魔したのは6月1日、まだ梅雨に入らぬ時でした。
8月に身体の不調があったことをブログやFBでご存じのようでしたから、無用なご心配をいただかないためにも、もっと早めにご挨拶しておかなければいけませんでした。申し訳ないことでした。

00ヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー 1
いつものカウンター席に座れるといいなぁと思いながらお店に着いたのはほぼ正午でした。僕自身食前にコーヒーをいただくことは稀で、やはり食後にゆったりと味わいたいと思っているので、世間もそうではないかとこの時刻に伺いました。

01aヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー 2
いちばん好きな席が空いていました。珈琲を淹れてくださる奥様と話をするのは本当に久しぶり。このカウンター席ならではです。
今年の2月から新しく始めたというお稽古を愉しく続けられて、ずいぶんと上達なさった様子です。いつかご披露していただきたいと思っています。
そしてヤルクコーヒーの常連になっている知人や友人の最近の様子も聞かせていただけました。

03ヤルクコーヒーフルーツケーキとコスタリカ
ヤルクコーヒー 3:フルーツケーキとコスタリカ
実は昨日のヤルクコーヒーのFBで早生の紅玉を使った「リンゴのケーキ」を始めたことを知って、かすかに期待してきました…が、今日は仕込んでいる最中でした。
その代わりに新しいメニューのフルーツケーキがいただけました。1杯目の珈琲はマスターにおすすめを聞いて、まだご本人も試していないという「コスタリカ: ロス・クレストネス エル・セロ区画」をいただきました。
「酸味が強くなかったですか?」とマスターから聞かれましたが、特にそうは感じませんでした。コクがしっかりと感じられる飲みごたえのある味わいでした。とてもおいしかったです。

※フルーツケーキの感想を書き忘れました。僕はお酒が飲めないのでその正体はわかりませんが、(多分)お酒が加えてあるからこその深い味と香り、そしてとほど良い甘さ! 大変おいしくいただきました。今後も定番にしてほしいケーキです。

04ヤルクコーヒーチーズトーストとケニア
ヤルクコーヒー 4:チーズトーストとケニア
ややお腹が空いていたこともあり、他のお客さんに出すのを見て思わずオーダーしてしまいました。これすごくおいしいんです。パンにもチーズにもこだわって、何よりも手間をかけて焼いてくれるチーズトースト。小腹が空いたときには本当にお勧めです。
そして珈琲は「ケニア ガクイ ファクトリー」。個人的な好みとしては、この安定したバランスと素晴らしい香味、そして口当たりの良さは一押しです。

マスターにもいろいろな楽しい話題でお話し相手になっていただき、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
しかしヤルクコーヒーを辞してこのまま帰宅するのが惜しくなり、同様に久し振りの大宮八幡へと足を向けました。

05大宮八幡手水屋
大宮八幡 1
今日の大宮八幡は七五三の親子連れ、そして中にはおじいちゃんおばあちゃんも加わってのお宮参りの方がたくさんいました。
たくさんの目が見ているのでさすがにレンズは向けにくく、撮影は遠慮しました。

手水舎で手を清め、口を漱ぐご婦人…

06大宮八幡十月桜
大宮八幡 2
十月桜が枝の先にごく遠慮がちに花をつけています。雨に濡れてとても可憐な花びらでした。

07大宮八幡弓道場
大宮八幡 3
いつもの弓道場。どうやら女性が師範を務めている様子でした。お三方とも背筋がピシッと伸びて緊張感に満ちた姿でした。

08大宮八幡神木
大宮八幡 4
雨の大宮八幡。境内はしっとりとした空気に包まれ、いつもより静寂で厳かな感じがします。

09大宮八幡拝殿
大宮八幡 5
社殿に上がり、神職に祝詞を奏上していただいている方たち…七五三のお祝いではない様子です。
孫の初宮詣り以外にはこういう経験はありません。

10大宮八幡BMW Z4
大宮八幡 6
BMW Z4ロードスターを撮影したわけではありません……鳥居や灯籠の映り込みがほとんどなく失敗!


Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/30 22:21
2017.09.30

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

8月末から9月にかけて走るはずだった東北サイクリング。
それを企画し、仲良しの二人を誘い、延期にした張本人は僕でした。

「三人揃わないと行く意味がない」、「三人揃って一人前だから」…と嬉しいことを言って置いて行かずに見合わせてくれましたが、今はそれが無期延期にならないことを祈るばかりです。

3泊4日の輪行サイクリングの代わりにはならないけれどせめてランチを一緒にということで、中華街で待ち合わせることになったこの日でした。

01横浜公園
横浜公園
早めに現地に行って撮影を愉しむことにしました。
レストランの予約は12:00でしたが、関内駅で下車したのは10時少し回ったところでした。

02桂宮
横浜中華街 1:桂宮
まずは行きつかないと困るので予約してあるという「桂宮」を確認しました。本日の予約案内に「Yzk様」とあったので間違いありません。

03中華街横丁
横浜中華街 2:路地
その後カメラを首にかけて歩くものの気持ちが乗りません。下手の横好きなので写りに差はないかもしれませんが、愉しくないとそれがそのまま写真に出るものなのでしょうか…。

ブラブラしながら撮影を楽しむつもりでしたが、どうにも疲れやすい最近…と言うのは正しくなく、これまでが疲れ過ぎなかった反動かもしれません。
疲れやすい気がするのは薬の副作用かもしれませんが、薬が効くということは副作用も強いということなのでやむを得ないのか…次回診察を受けるときに相談してみようと思っています。

04中華街横丁舞台裏
横浜中華街 3:調理場裏手
レストランの裏口にシェフや調理の方たちが出てきて、戦場のように忙しくなるお昼前のひと時のゆとりを楽しんでいる様子でした。

05中華街北京ダック
横浜中華街 4:北京ダック
北京ダックがずら~っとぶら下がっています。顔やくちばしがそのままなので食べたい気持ちが萎えます。

06中華街関帝廟
横浜中華街 5:関帝廟
関帝廟を掃除する方たち。水を流しながらブラシで丁寧に汚れを落としています。
我が家の風呂掃除の何倍も丁寧です。風呂掃除担当は僕なのですが…

07中華街胡麻団子販売
横浜中華街 6:胡麻団子を買う女(ひと)
1~2年前山下公園でTTKさんにばったり出会い、おいしい胡麻団子のお店に案内していただいて道端で食べたことを思い出しました。が店の名が思い出せません。有名なお店だったはずなのですが…重慶飯店だったか、華正樓だったか?

08中華街立ち食いカップル
横浜中華街 7:立ち食いのカップル
中華街は年中お祭りのような雰囲気で、立ち食い歩き食いは通常です。
中華街と言えば…街全体が美しく保たれているサンフランシスコで、チャイナタウンだけが散らかって汚れていました。
その点横浜のチャイナタウンは整理整頓され掃除も行き届いて清潔です。

09中華街レストランの接待係
横浜中華街 8:とあるレストランの女(ひと)
レストランの前でお客さんを案内している女性の笑顔が素敵でした。

10中華街赤い提灯
横浜中華街 9:土産物店
軒を連ねる土産物店とやや怪しげな占いの店…土産物はともかく、そんなに自分の現在や未来を他人に占ってほしいものなのでしょうか。
宝くじと占いは人生70年を経た今も知りません。


そんなこんなで早く来過ぎたことを後悔しました。くたびれても都会には公園でもない限り腰を下ろす場所さえありません。
適当に撮影散歩を切り上げて座ろうと場所を探していると「神奈川県加賀町警察署」に行きつきました。警察の横ならばと道路の縁石に座って時間をつぶしました。目の前にはコンビニ。しかしそこに出入りする人々を眺めながらの時間の流れがいつもより遅い…

11中華街桂宮
横浜中華街 10:桂宮・個室
15分前になったので気の早いYzkさんは来ているに違いないと「桂宮」に戻りましたが、「まだお連れ様はどなたも見えていません」とのこと。一人個室で待つことに…

12中華街桂宮山崎さん
横浜中華街 11:桂宮・Yzkさん
ほぼちょうどに現れたYzkさん。彼とは時々会うので懐かしいということもないのですが…

13中華街桂宮前田さん山崎さん
横浜中華街 12:桂宮・MongさんとYzkさん
そのすぐ後に現れたMongさん。こちらは懐かしい。お互いに相変わらず話好きでそれが楽しくて、飲み物を注文するいとまもないほど話が途切れませんでした。

いろいろな話をしましたが、一番びっくりしたのは延期になったはずの東北輪行サイクリングに一人で行ったというMongさん。相変わらずの方です。でも僕自身その血を受け継いでいる気がしてなりません。
東北には仕事でしか行ったことがないというYzkさんには申し訳ないと思いつつ、東北ならではの温泉の素晴らしさを語り合いながら、遠くないいつか三人で走ろうということに。

この十数年間でこの三人で楽しんだお泊りサイクリングは数知れず…改めてそれぞれの記憶に鮮明に残っていること、そしてそれがいかに愉しかったかを再確認し合いました。

この秋の紅葉サイクリング、そして来春の台湾サイクリングの話も直ちにまとまりました。

今年の八月はやや不運もありましたが、自分がいかに周囲の人々に恵まれているかを知りました。
どの話をしても必ず誘われて参加していたこと、そしてそれとは別に強い絆で結ばれ(ていると信じている)若い友だちに誘われて全然別の愉しい自転車の世界を持てたこと、そして今はそれが中心にあること。

料理の味も覚えていないほど楽しい語らいの時間でした。Mongさんは良くも悪しくも僕の人生を変えた人です。
このことはいずれまた書くとして…

大笑いしながら確認したのは「通常営業」はやはり今に始まったことではなかったことです。
「ここはいいねぇ、こういうとこ好きですよ!」というと「ええ~~っ、これで3回目だよ!」なんてことはざらでした。
前方に雨雲が垂れ込めているのに行くんだと言ってきかず、大雨に降られて唇は紫に顔は土色になって秩父のコンビニに駆け込んで暖を取ったこと…帰宅が午前0時を過ぎてMongさんの奥さんが捜索願を出したこと…枚挙にいとまがありませんでした。

同じところへ何回言ってもSさんはいつも新鮮でいいねとか、どこへ行っちゃうかわからないとか、計画性がないとか、燃費がすごく悪いとか…ktyさんやトキちゃんと同じことを言われました。

14中華街前田さん山崎さん
横浜中華街 13:長いランチの後…散歩
月餅を買いたいというMongさん。月餅は仲秋の頃に製造販売されるもので、日本のように年がら年中あるものではないとのこと。
どこの店のが美味しいのか思い出せないまま探しながら歩きました。

15中華街中華菜館 同發 本館
横浜中華街 14:華菜館 同發 本館・仲秋月餅
同發なら間違いなかろうとお店に入りました。「お土産はともかく歩き食いしたい」というと「3種類買って三等分に切って袋に入れてもらおう」とMongさん。「こういうことは任せなさいw」と選んだ三個を持ってレジに行きました。

16中華街中華菜館 同發 本館
横浜中華街 15:華菜館 同發 本館・仲秋月餅
「ちょっと頼みがあるんだけど、これ三つに切って別々の袋に入れてくれませんかね」と彼が言うと、レジの方が「わかりました」と。さすがですね。

レジの男性が店の女性に三つに切ってと言うと「三つとも全部ですか?」と言うやり取りが聞こえます。
めでたく切り分けてくれましたが、「三等分かやや微妙ですがw」、と笑いながら3つの袋を渡してくれました。

17中華街仲秋月餅
横浜中華街 16:華菜館 同發 本館・仲秋月餅
月餅は食べでもありますが、お値段もそこそこ。一番高いのは1000円近い値段です。
やはりおいしいですね。しかしさすがに歩きながら全部は食べられません。カロリー的に1食分を超えているかもしれません。半分ほど残して家に持ち帰りました。

18中華街前田さん山崎さん
横浜中華街 17:チャイナドレスw
チャイナ服がおよそ似合いそうもないですが…

19中華街パンダ
横浜中華街 18:京劇装束…パンダ顔
石川町駅へ向かう中華街のはずれの店に京劇の衣装を着たパンダ顔の客寄せ…
本来は関内駅から横浜市営地下鉄に乗りたいところでしたが、二人が石川町駅から根岸線に乗るというので一緒に行きました。大船に向かうYzkさんとは石川町駅で、一駅で乗り換えた僕は関内駅でMongさんとお別れしました。

なんとも愉しい土曜日の午後でした。

Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/16 18:05
2017.09.15

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

休祝日が固定されていた時代、9月15日は「敬老の日」でした。
週末に休みを集中させるようになった今、「敬」はともかく「老」になってしまったことは間違いありません。ww

00用賀駅
用賀駅 1
かつては目に入れても…というほど可愛がっていた孫でしたが、ここ2~3年は自分の遊びや時間を最優先させる日々でした。
この8月にちょっと心を入れ替え、この日は孫と興じる一日になりました。
敬老の日を孫孝行の日にしました。

01用賀駅
用賀駅 2
小学2年生のKouが学校から帰るのに合わせて、弟のKaiを保育園に迎えに行き、彼らの家で待ち合わせることにしました。
が、のっけから失敗!

お迎えの約束時間を勘違いしてしまい…"早めでもいいだろう…"と勝手に解釈して保育園にお迎えに参じました。
「○○のお迎えに来ました」とインターフォンで告げて中に入れてもらうと、先生たちは車座になって翌日の運動会の打ち合わせの真っ最中でした。
お部屋に通していただく前にタッチパネルでお迎えする園児のクラスや名前をタッチして許可をいただくのですが、その時名前を間違えてKouと…
彼も同じ保育園に通っていたので先生方は覚えていてくださって「Kai君ですねw」。もちろん僕のことも覚えていてくださいます。


02用賀駅
用賀駅 3
さらに悪いことに時間が早すぎたために園児たちはお昼寝の真っ最中! こんな時間でなければ先生方はミーティングをする時間は取れないんですね。誠に申し訳ございませんでした。
何度もお詫びし、頭を下げながら、眠い目をこするKaiを引き取ってきました。お愛想に決まってますが「お若いですね!」と先生が言ってくださいました。
翌日も運動会で先生方にお会いする…なんだかまずい。

03スゴイ料理本
スゴイ料理本
家でKouの帰りを待つことしばし…こんなすごい本がありました。
我が家の男はみんな包丁を持つのですが、義理の息子が総合力で一番です。
でも本が立派過ぎ!ww

2時40分くらいに帰宅したKouとKaiを連れて、大人なら20分くらい?子供の脚だとおよそ30分ほどかかる「砧公園」に出かけました。
久し振りにおしゃべりをしながら、公園へ…

04砧公園 1
砧公園 1
自販機で飲み物を買ってあげるから選べというと「カフェラテが好き」とKou。兄弟は同じものを欲しがります。kaiも…
一口飲んだKouが「これ苦い!全然甘くないよ!」というので見ると「無糖」となっています。
結局僕が2本引き取り、別のを買い与えました。ただし自分の分は自分で持つことを条件に。

05a砧公園 2
砧公園 2
この公園は一族揃ってのお花見や機会があれば集まって子供連れで散歩など、思い出がたくさんあります。そんな時一番たくさんお弁当を用意してくれたのも義理の息子でした。
一時は僕の自転車友だちと一緒に峠を走りました。今でも彼をご存知の方が何人かいらっしゃいます。

05砧公園 2
砧公園 3
孫たちは幼いころこの公園に連れてきてやったことをほとんど覚えていません。通常営業の遺伝ですかね…ww

06砧公園 3
砧公園 4
3時間も歩き続けました。Kaiは昆虫などに関心があるのはいいけれど、ず~っと遅れるのでしばし待たなければなりません。
Kouは話好きで、並んで歩きながら、サッカーボールを蹴りながら、学校のこと、学童のこと、サッカークラブのことなどいろいろなことを聞かせてくれました。

07a砧公園 3
砧公園 5

07a砧公園 4
砧公園 6:隣接の世田谷総合運動場

08砧公園 5
砧公園 7:隣接の世田谷総合運動場

09砧公園 6
砧公園 8

10砧公園 7
砧公園 9
最後に晩ご飯を三人で食べて自宅に送り届けたこの日、
少し自分の遊びをセーブして孫との時間も持ちたいと思ったことでした。

翌日はKaiの保育園最後の運動会、Kouはサッカーの公式試合。
なので、二日続きで彼らと過ごすことになります。

*****************************************

三人の孫がいますが、いずれも男子!
息子の長男のYusukeは小学校6年生ながらすっかり大人びて、今では大人に近い関係で話ができるようになりました。
娘の子供たちのKouとKaiとは良い海釣り友だちになれればと思っています。義理の息子に海釣りに誘ってもらえることになっています。

Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク