FC2ブログ
2018/07/13 21:58
2018.07.13

かつてはクルマが唯一の移動手段であり、公共の乗り物を利用することはほとんどありませんでした。もちろん空と海は例外ですが

還暦も近い50代の後半に自転車で走る楽しみを知ってからは、自転車がクルマに取って代わりました。あれほど好きだったクルマで走る楽しみはすっかり影を潜めました。

この数年は自転車で(あるいは自転車を携えて)行かれないところは基本的に行かず、行きたいとも思わない暮らし。海外旅行への興味も薄れ、パスポートが失効するままに放置して数年が経ちます。我ながら極端から極端への変化でした。

しかし自走で行かれるところは限られ、行き尽くした気分になっていたそんな時でした。
輪行との出会いです。実際には自走で行き尽くしているはずもなく、単にもっと「遠くへ行きたい♪」気持ちに駆られていただけのタイミングでした。

その時以来自転車の一人旅と言えば輪行となりました。その楽しさは10年以上経った今も色褪せることなく、むしろその想いは膨らむばかりです。
新幹線で駆けつければ、遠い友だちと早朝からまるまる1日のサイクリング三昧も可能ですし、始発で発てば東京が朝のラッシュアワーを迎える頃には数百キロ離れた駅から山岳サイクリングのスタートさえ可能です。

輪行は自転車での行動範囲を広げてくれたばかりでなく、電車での移動の面白さも教えてくれました。車窓を流れていく景色であり、ゆくりなく乗り合わせた方との語らいであり、駅弁や車内販売やその土地の名産の楽しみでした。

実は昨年の後半にちょっとした躓きがあって以前ほど頻繁に輪行自転車旅ができなくなりましたが、身に染みてしまった「遠くへ行きたい♪」想いは現在の方がむしろ強くなりました。それをあらかじめ見越していたかのように、この2年は自転車に加えて下手の横好き写真も趣味の一角に加わりました。カメラを持って電車で移動する楽しみです。

何と言っても自転車で走る楽しみに勝るものはありませんが、体力や体調次第では困難なこともあります。家でじっとしていられない人間には写真を撮る楽しみに巡り会えたことは実に好運なことでした。しかも自転車同様に競うことや向上心がないのでストレスフリーです。いいのか悪いのか……

クルマ→自転車→輪行と言う一連の流れの中でSNSを介して知り合った友人の影響は実に大きく、日々の楽しみ方の幅が確実に広がりました。好奇心に溢れたアクティブな人から言わせれば、相変わらず何の冒険も意外性もない暮らしですが…
それでも自走で自転車→輪行で自転車→乗り鉄で撮影という流れは変化が乏しい人生の潮流を大きく変えてくれました。

しかし今でもロードで走るのが最高であることに変わりはなく、そこで巡り会えた友だちは掛け替えがありません。
それに加えての乗り鉄撮影の旅ですから、決して真性乗り鉄にはなり得ません。下車してカメラを携えてその土地を歩くのが目的です。自転車が二足歩行に変わるだけ、或いは逆にウォーキングの代わりにロードで走るだけのこと。本質は同じです。移動手段が異なるだけです。いや移動手段ではなく、移動の楽しみ方が二倍に増えたと思っています。

自転車はホイールを買い足し、コンポを換装するなどしていろいろ試してきました。それでも飽き足らないと新しいフレームを買い足したり……。
しかし自前の足は換えられません。エンジンもですが。

そこで生まれて初めて自分の足を3D装置で計測してもらいました。
なぜ今なのかは以上に書いてきたとおり、移動の楽しみ方を真に二倍にするためです。
asics.jpg
足の3D計測
以前登山靴を買ったときに左右の足の大きさがかなり異なることを知ったのですが、やはり左足の方が7mmほど大きく、幅も左右で異なりました。
小足の上、幅は左足が2E、右足はDでした。さらに甲も低いのでぴったりフィットの靴はこれまで履いたことがありません。今回もぴったりとは行かず、選択の余地もなく「用途を伺ってお客様にお勧めできるのはこの靴だけです!」の店員さんの言葉に従うほかありません。我が家は夫婦揃って華奢な足で、かみさんも選択の余地は無しだったようです。

ランをする方もロード乗り同様、はまればはまるほど、レベルが上がれば上がるほどシューズや機材に拘ると知りました。ランやトライアスロンに傾倒していく友人が周囲に増えてきてシューズの重要性を改めて知りました。

ウォーキングもそうかもしれない、シューズの効果は大きいのかもしれないと専門店へ出向きました。

お店の専門家に相談して、ウォーキングシューズにもいろいろな種類があり、距離や歩行継続時間によって選ぶものなのだと知りました。

購入したのは昨日のこと。早速今日は燃えるような暑さの中、砂浜やアスファルトを12kmほど歩きました。

なんと疲労感が全然違う!
ただのプラシーボ効果ではありませんようにと願う初日でした。

ウォーキングの後「石かわ珈琲」に伺っていいことがあったのですが、その報告は後日に!


Facebook TLへ←こちらをクリックしてお進みください。
Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2018/07/06 23:47
2018.07.06

201605042022001ea_20180706234259def.jpg
2016.05.03暴風が吹き荒れた直江津駅:東京からここまで一緒に走りましたね

人の命は儚いもの、諸行無常は世の常……
わかっていてもこの喪失感は簡単には埋められません。
大切な自転車友だちが彼岸に旅立ってしまいました。

自転車が好きでたまらず、それなしに人生が考えられない少年のような50代でした。
僕もそんな時がありました。だから彼が自転車との訣別を覚悟した昨年の無念さと寂しさはわかりすぎるほどわかります。
痛いほどに……そんな痛さが今でもぼくの胸で疼きます。

お互いの心にはいろいろな思い出が詰まっていますね。
きっと一つ一つ拾い集めて旅立ったのでしょうね。

もう一緒に走れないと思うと悲しみでいっぱいになります。

僕の自転車友だちは我が子同然(気持ちの上で)、実際の齢でも息子や娘と同年代の方が大半です。
若い友だちは絶対に僕より先に旅立たないでくださいね。
先に旅立つ不幸は許しません。

大切なご家族に思いを残して旅立たれた……
N瀬さん、さようなら


Facebook TLへ←こちらをクリックしてお進みください。
Twitter : @pa_hoehoe
2018/06/05 20:46
2018.06.05

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

本格的な梅雨になる前にヤルクコーヒーにお邪魔してきました。
何ヶ月ぶりだろうとブログを紐解くと、前回お邪魔したのは今年の3月7日でした。それは晩白柚と対面した日。思ったほど時間が経過していないのにちょっとほっとしました。時間が飛ぶように過ぎる最近なので。w

今日はお昼ご飯時を狙ってお邪魔しました。
ランチを済ませたお客さんで混み合わないうちにと……
狙いがあたっていつものカウンター席に座れました。ご無沙汰をお詫びしつつ、今日はややのんびりしている様子のマスターと久し振りにゆっくりお話ができました。

01チーズトースト
01 ヤルクコーヒー:チーズトースト
先ずは僕の定番になりつつある「チーズトースト」、そしてマスターおすすめの「コロンビア・トリマ県 エル・ホルダイン生産者組合」をいただきました。
チーズトーストはコメントが不要なおいしさですが、コロンビアはストレートに僕の味覚を直撃しました。これは滅多に会えないお気に入りの珈琲でした。

トーストと珈琲をいただきながら先日行った九州旅行も話題に出たのですが、なんと耶馬溪におすすめのカフェがあったのに!とのことでした。
日ごろから会話に出てくる固有名詞をちゃんと聞いてないので、既にして(今日のことなのに)お店の名前に自信がないですが…そのカフェは「豆岳珈琲(まめたけこーひー)」だったかしらねぇ。
山のてっぺんにある実に印象的なカフェで、一度は訪ねたいお店だそうです。そこのオーナーはヤルクコーヒーのマスターの知人だそうなので、味も間違いないはず。自家焙煎で豆を販売し、カフェを併設しているというお店です。また九州に行くことがあったら是非寄りたいと思います。

02チョコレートシフォンケーキ
02 ヤルクコーヒー:チョコレートシフォンケーキ
珈琲のお代わりはケニア、そしてお伴のケーキは「チョコレートシフォンケーキ」をいただきました。既に食べかけています(^^;
ケニアはマイフェイバリットなので言葉を要しませんが、チョコレートシフォンケーキはしっとりとした食感で大変おいしいです。しかも食べ応えある大きさ!

お店の若い男性スタッフとすっかり顔見知りになっているのに名前が思い出せない……
「小僧でも何でも良いですよw}と仰いましたが「そお、じゃぁそれで」とはさすがにならないので、改めてお尋ねしてスマホのメモ帳に残しました。カンニング竹○と同じ姓で、名前は友達のご長男と同じ。和→一ですが、その後は同じ。これで忘れないでしょうか。わからない…
前回カウンター越しに「自転車を買おうと思っている」と言っていた彼、ラレーのクロモリロードを買ったとのこと。これで自転車仲間が一人増えました。

その後、以前お店でお目にかかったことがある85歳の方が見えてカウンター席で並びました。
しかもお見えになるその直前、バイオリンを習っていらっしゃったお店の奥様のその後の様子を伺い、成果をご披露する様子を動画で拝見し、その時に85歳でピアノのレッスンに通っていらっしゃる方がいるとマスターからお話があったばかり。その方がすぐ後にお見えになるとは!

しばし音楽(バッハを弾きたいのだそうです)と写真の愉しいお話に興じました。

ただ前回に続いて今回も奥様に会えなかったのが誠に残念でした。次回はいらっしゃるときにお邪魔して、久し振りにお話しさせていただきたいと思います。

ヤルクコーヒーの後、梅雨入り前の大宮八幡と和田堀公園を少し歩きました。

03大宮八幡
03 大宮八幡:安産祈願の女性…でしょうか

04和田堀公園あじさい
04 和田堀公園:あじさい

05和田堀公園あじさい
05 和田堀公園:あじさい

16和田堀公園シャボン玉
06 和田堀公園:シャボン玉のカップル

07和田堀公園シャボン玉
07 和田堀公園:シャボン玉のカップル


Twitter : @pa_hoehoe


2018/05/20 21:59
2018.05.20

今日のカメラはCanon PowerShot G7X

昨日に続いて今日も亜煉路館
今日は同年配のY崎さんと輪行サイクリングの打ち合わせでした。
所定の目的は短時間で済み、その後は珈琲を飲みながら話し込んでいました。
……と突然現れたT塚さん。

昨日江ノ島からこちらへまわって会いに来てくださった こばかいちょ と同じRedShoes所属のメンバーです。昨日 こばかいちょ との話しに出てきたT塚さんとその翌日お目にかかれるとは思わぬ事。しかし昨日は話しに夢中で写真は無し!

yamazaki takatsuka1
01 亜煉路館:Y崎さんとT塚さん
昨日は 「こばかいちょ と I さん」、そして今日は「Y崎さんとT塚さん」に互いにお知り合いになっていただけて嬉しい。

yamazaki takatsuka2
02 亜煉路館:Y崎さんとT塚さん
その後みんなでランチをいただき、結局2時半過ぎまで亜煉路館で日曜営業の妨げをいたしました。誠に申しわけございませんでした。(…があまり反省しておりませんw)

皆さんとお別れしてた後はイトイサイクルへ
「しばらく見せてもらってないから、自転車で来てくださいよ!」と梅さんから言われ続けていたのでお言葉に甘えました。実にありがたいことです。

CF4_20180520213457fbb.jpg
03 調整していただいたC59
「凄く調子いいから大丈夫だと思う」というと大丈夫じゃない!という梅さん。
何が?何が……

フロントブレーキのシューがホイールから少しはみ出す感じで、いびつな減り方をしています。もう少しずれていればタイヤと干渉するところでした。
ヤスリで整えて、他もチェックしてくれました。
位置調整してもらったFブレーキシューですがそろそろ交換した方がいいとのこと。カンパのホイールを購入した時に付属していたカーボン専用シューが家に何組かあるので、交換の仕方を教わりました。が僕の作業は信用されていません。根拠があってのことです。(^^;
「今度来るときに持ってきてくれたらやってあげますよ」と。

前日とこの日はなるしまフレンドの付き合いが四半世紀以上になる仲のいい友だちが「蓼科ロングラン」と「糸魚川ファストラン」に参加しています。

なるしまジャージ
04 なるジャーの自撮り(恥)
参加できない僕はせめてと「なるしまジャージ」でポタリングして記念自撮りをしました。恥ずかしい……

「蓼科……」にエントリーしたktyさんは忙しくて自転車から遠ざかっていたので、完走できるか心配でした。専権事項のような脚攣り、ハンガーノックが心配でした。一緒に走ったときに一度ならず目撃したことありますからね。
とは言え、さすがは自転車歴が長い彼のこと。誰もが口を揃えて彼の後ろはとても走りやすいと言います。僕は初めての時から彼の背後を走るのが大好きです。そろそろ弱ってきたなと汗と背中が如実に語るのも彼らしい。w
ブランクがありながらもロングライドを楽しんでくれたこの日。往復350km程を走破して無事帰宅の知らせをいただきました。良かった!

一方「糸魚川ファストラン」にエントリーしたトキちゃんは、体調がイマイチなのでDNSかな?…DNSでした、なんて言ってましたが、また騙されました。いつものトキならぬウソつきサギでした。何度でも騙されます。(^^;
自転車の走りに限っては日ごろからリスペクトしていた彼ですが、やはり見上げた実力者です。しかし他は僕と似たり寄ったりです。
その彼が「糸魚川ファストラン優勝!」だそうです。
我が子の快挙ように嬉しく、しかもそんな猛者がのそのそな僕と自転車を楽しんでくれることが更に嬉しい!

※このたびは親が単純に子の成果を喜ぶような思いでしたが、不適切な表現があったと反省し、少し書き加えることにしました。

トライアスロンに代表される完走者全員を勝者とする競技に、順番とか優勝とかの考え方は相応しくありませんね。「糸魚川ファストラン」もその種の競技です。閉鎖しないままの公道で行われる以上、優先すべきは信号や通行の仕方を含めた日常のルールでありマナーであり道交法です。そもそもこの状況でタイムや順位を至上とする競技の開催は危険な事態を招きます。「糸魚川ファストラン」は公的な記録や順位を競う類いの競技ではく、そうした顕彰もないのではないかと思います。その意味でもブログ記事の一部はやや配慮を欠くものであったと反省し、所感を書き加えさせていただきました。



Twitter : @pa_hoehoe
2018/05/18 19:36
2018.05.18

今日のカメラはFUJI X100F

CF4-1.jpg

第一いろは坂の下り口でのハプニングから三夜明けた今日、イトイサイクルにCF4を搬入しました。珍しくクルマで!

部長さんの「どうしました?」にまともに返答するのも恥ずかしい気がして、「$%&¥*@…!」

夕闇迫る華厳の滝からわずかに下ったところで見舞われたトラブルでした。
結果としては解決するのではなく墓穴を深めたのみでしたが……道端の薄暗がりで意図せずFディレーラーを外してしまったために、小さなパーツを紛失した様でした。

「部品の一部を無くしたみたいですね。多分店にあると思いますよ」と部長さんが用意してくれました。預けて帰るつもりだったCF4、その場で直してくれる様子に大感謝です。

Rディレーラーもリアホイールのスポークと干渉いている状態です。僕の何かの手違い(全てが手違い!)でワイヤをたるませて、Rメカが内側に入ってしまったようです。押し歩きすらできない惨状でした。

どうしてこんなことになったかを一部の悪い友だちには白状しましたが、公的には詳細は藪の中…(^^;

CF4-2.jpg

小さな部品とはいえ無料で、しかもディレーラーの調節も完璧にしてくださいました。
その作業の途中で梅さん登場!
「ブログじゃどうなったのか全然わかりませんよw」と言ってCF4を見つめられると、その目はごまかせません。仕方なく事の顛末を話しました。

CF4-3.jpg

窮地に陥ったCF4を助けていただいて何の支払いもなくそのままイトイサイクルを出るのは忍びなく、倒したり軽い落車で傷んだサドルを新しくすることにしました。
型落ちなのでいつもよりさらなるサービス価格にしていただきました。しかし購入したのはそれが理由ではなく、ブラックにフェラーリレッドのアクセントがある「Fizik-Aliante R3 (K:ium)」はCF4との映りもとてもよいと思ったからです。

作業を完了していただいた後も……
久し振りに梅さんに無駄話にお付き合いいただいて営業妨害する結果となりました。
どこのお店にお邪魔しても、これに関しては「反省すれど改善無し!」

※これまで他のバイクに浮気していたのに、サドルを新しくしたらCF4に乗るモチベーションがアップしたような気がします。

今回のこと(個人的には事件w)を散々面白がってくれた末に、「無事であることだけ願ってましたよ!」とか、「今後の経験として生きますよ!」と辻褄合わせしてくれた友だちもいましたが、果たして今後も無事で済むのでしょうか。これを糧として同じ過ちを繰り返さぬようになるのでしょうか。
う〜〜ん……自信がありません。(^^;


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク