2016/12/04 10:55
2016.12.03

多摩境のスタバに8:30集合のこの日のサイクリング。天候にも恵まれ、朝からさんさんと降り注ぐ陽光と風もない師走の初旬です。

少し早めに到着。朝食に「キャラメル マキアート」と「アボカド&ツナサンドイッチ」を注文してカウンターで待っているとお二人が到着。

01朝のスタバ
朝のスタバ
簡単に朝ご飯を済ませてきたのにお付き合いしてくれました。
熱心にフードケースを見つめるトキちゃん。w

02朝のスタバ
朝のスタバ
お二人が注文したカフェラテにはハートの絵! いいですね。w
これらのほとんどをトキちゃんが平らげ、その結果ビビさんはランチを待てずに軽いハンガーノック状態になってしまうのでした。

03朝のスタバトキちゃん
朝のスタバ
今日は持てる力の10分の1くらいの出力で十分のトキちゃん。余裕にあふれた顔つきですね。

04朝のスタバビビさん
朝のスタバ
どなたかに連絡をする様子のビビさん。

05朝のスタバビビさんトキちゃん
朝のスタバ
軽く朝食を済ませていつもの儀式、記念撮影です。
後方に止めてあるお二人の自転車の前でと思ったのですが、日陰なので僕の自転車が主役のようになってます。
ビビさんは乗ってる自転車でニックネームをつける人。僕が初めてご一緒したときにこれに乗っていったので、「デローザさん」というイタリア人のような呼び名をいただいてます。
GIANTを持ってなくてよかった。
名は体を表さないどころか真逆になるところでした。(^^;

05a朝のスタバビビさんトキちゃん
朝のスタバ
GIANTとは対極にある僕です。

06a_20161204103909da5.jpg
湘南へ
トキちゃんが設定してくれた今日のルート、これまでお二人は何度も走っているそうですが、試行錯誤あってのルートでしょう。地元の人みたいに裏道を案内してくれました。
交通量が少なく、路面はきれい、そして何よりものんびり安全に走れます。これもすべてビビさんのため!
普段のトキちゃんなら決して走らない道でしょうね。

06b.jpg
湘南へ:猿ヶ島
最近話題になった「猿ヶ島」もルートに入っていました。農道のように(実際農道なのだと思いますが)、広い農地を縦横に走る道です。
きれいなアスファルト舗装、完全なフラット、しかも見通しが利いて周回コースとしても走れます。
しかし本来の道路の用途からは予想もしないレース志向のサイクリストたちの走りに地元の方からオブジェクションが出たのは自然の成り行きだったでしょう。
農作業や地元の方たちの作業や通行を妨げない配慮なくしては、自転車への理解は望むべくもありませんね。

06c
湘南へ:猿ヶ島
ここで事件勃発!
前を走りながら振り向いてカメラ取り出しては後方を撮影してくれるトキちゃん。
リュックの肩ベルトの前部に取り付けたカメラ用の小さなバッグに収めたつもりが入っておらず、カメラをアスファルトに落下させてしまいました。
全員事故現場に急いで戻り、手にとってカメラを子細に調べるトキちゃん。ボディーの底の角が衝撃で削れてしまいました。
on,offにしたり液晶をチェックしましたが、そちらは大丈夫そう。その後も撮影を続けたので基本的な機能はダメージを受けていないようでしたが…
その後の詳細は聞いていないのでわからず…外側の傷だけで済めばいいけど。

06相模川の堤防
相模川沿いの道
相模川の堤防の上を走る道。場所によってはダンプなどの往来が激しく危険な道ですが、そういう部分は巧みに別のルートへと案内するトキちゃんです。

07相模大橋
相模川沿いの道
相模川を渡る橋の上でも後ろにカメラを向けて撮影してくれます。たぶん自転車コントロールに余裕があるからでしょうが、撮影結果は水平がきちんと出ています。
僕にはできない技です。だから後姿を撮るか、ダッシュして前に出て後方を待って撮影するかどちらかです。

08相模川厚木辺り
相模川沿いの道
ここは海老名とか厚木とかのあたりでしょうか。地元でもないのに路地のような道をよく知ってます。ビビさんと僕は安心して後について走ります。

09相模川厚木辺り
相模川沿いの道
今日は本当にいい天気! 師走の上旬とは思えない日差しと暖かい空気!
写真ではよくわかりませんが、右手のゴルフ場のネットに木の影がくっきりと映っています。

10茅ヶ崎の海
茅ヶ崎の海
ようやく海まで南下してきました。
この季節の相模湾、眩しいほどに陽光を反射して煌めいています。海の色も空の色もすっきりと透明度が高い。

11サザンビーチ
サザンビーチ
かねてよりビビさんが記念写真を撮りたかったポイントです。
まずトキちゃんとビビさんとのツーショット!

12サザンビーチビビさん
サザンビーチ
ビビさん、念願かなってのポーズです。


13サザンビーチトキちゃん
サザンビーチ
そして「シェー」のポーズのトキちゃんだけど…どこか違う。w

13a.jpg
サザンビーチ
そして60代最後の記念写真になるか!ww

14a.jpg
湘南サイクリングロード
しばらく湘南サイクリングロードを走って江の島に向かいます。
この道はロードに乗り始めたばかりのころ憧れていた道でした。
C40にフラットペダルでスニーカーといういで立ちでした。
今となればかわいいもんでした。

14江の島へ
湘南サイクリングロード
二人で仲良く走るサイクリングロード! 若いっていいなぁ…としみじみ思うのでした。

途中からR134に出てペースを上げます。やはりロードは車道だなと思う一方で、江の島が我が家から遠かった時代を懐かしく思い出しました。

15江の島へ
江の島入り口
江の島大橋入り口には軽車両走行禁止の標識がありますが、守っている自転車乗りはまずいません。警察官も取り締まりません。
しかも標識の「大八車」は今どきの若い人の理解を得ているのでしょうか。はなはだ疑問です。
いい加減にあの古色蒼然としたピクトグラムは廃止した方がいいと思うのですよ。

という次第で我々も当然のように通行します。ww

予定通り「しらす問屋 とびっちょ 本店」でお昼ごはんです。例によって順番待ちの客がぞろりといます。
トキちゃんが順番待ちの札をもらったら、40分ほどの待ち時間らしい。

16江の島ビビさん
湘南大堤防
「江ノ島 湘南大堤防」で時間調整することにしました。
ビビさんの視線の先にある白い灯台…
この灯台の足元はウッドデッキになっていて、僕の自転車の原点でもあります。
そこで何人もの人と出会い、今もお付き合いが続いている方が少なからずいます。

17江の島ビビさんトキちゃん
湘南大堤防
自転車を束ねて鍵をかけてくれたトキちゃんがやってきて、お二人のツーショットです。
楽しそうで気持ちのよさそうな笑顔です。こんな風に愉しんでいる若い友だちに誘ってもらって一日が過ごせることに感謝の気持ちいっぱいです。

18江の島ビビさん僕
湘南大堤防
娘よりも若いビビさんであり、トキちゃんも僕の息子よりも若い!
実の息子や娘はこんな風に父親と過ごしたいとは決して思わないでしょうね。僕自身がそうでしたから…w

18江の島とびっちょトキちゃん
とびっちょ
とびっちょに戻りましたが、順番にはまだ間があります。ショーケースに並ぶ見本をにらみながら何を食べるか迷うトキちゃん。

19a江の島とびっちょ
とびっちょ
店頭で呼び込みをする女性の口上にすっかり乗せられて、試食すうるちに財布の紐が緩んでお土産を買っています。
トキちゃんたちは瓶入りの岩海苔を買っていました。とてもおいしかったのですが、それは次回に回して、今しか買えない期間限定品を二品求めました。「限定」の二文字に弱い。w

19江の島とびっちょトキちゃんビビさん
とびっちょ
ビビさんが櫛を取り出したら、わざと自分の頭をめちゃくちゃにするトキちゃん!ww
少年だなぁ(笑)

20a江の島とびっちょ三食丼
とびっちょ:とびっちょ丼
そしてこれが迷った末にトキちゃんが選んだ「とびっちょ丼」
いろいろ乗っているのが決め手になった模様。

20江の島とびっちょ三食丼
とびっちょ:釜揚げしらすいくら生桜エビ丼
ビビさんと僕はこれ!「釜揚げしらすいくら生桜エビ丼」です。
ビビさんは迷わず、僕は迷いに迷ってこれに決めました。
うまいです! このために走ってきたような本日のサイクリングでした。
いや、トキちゃんとビビさんはこの後のコーヒーブレイクも本日の目的でしたね。

海鮮を堪能した後は渋滞のわきをすり抜けるR134サイクリング。ビビさんを間に挟んで進みますが、こういう道はあまり走らせたくないですね。

21a石かわ珈琲
石かわ珈琲
石かわ珈琲にやってきました。やっぱりお客さんが階段まで並んでいます。
僕一人なら出直すところですが、お二人は最初から並ぶのを覚悟。おしゃべりしていれば待ち時間なんてあっという間というトキちゃん。確かにね。

21石かわ珈琲
石かわ珈琲
僕のブログやFBを通じて石川さんご夫妻とトキちゃんビビさんは知り合いのような感覚です。
「ようこそ!」という感じで出迎えていただけました。

おいしい珈琲とケーキを楽しみながら楽しいひと時を過ごしましたが、接客が忙しくて互いに話をする時間はありませんでしたが、それでいいのです。
次回僕と一緒でなくてもこの距離感なら楽しんでいただけそうです。

22石かわ珈琲
石かわ珈琲
僕はようやく「なめらかプリン」にありつけました。懐かしくておいしい!

22a石かわ珈琲
石かわ珈琲
いつもの席に座る僕のショットを撮ってくれました。

23北鎌倉駅
北鎌倉駅
電車の時刻が迫ってきたのでお店を後にして横須賀線の「北鎌倉」に向かいました。
彼らは特定の時期の週末だけに運航される特別列車(自宅のある駅まで乗り換えなし)の切符を購入していたのです。鎌倉までいったん戻ってから、鎌倉を始発にするその列車に乗った模様です。
他の乗客の迷惑にならない位置に自転車を置くためには北鎌倉からだとやや不安がありますからね。

いつも通りトキちゃんが2台分の輪行支度をする間、ビビさんとあれこれ話をしていたらどうやら耳がいいらしく、離れたところにいるトキちゃんもニヤニヤしています。
鼻の良さはさらに優れているとのことですが、犬じゃないからね…でもきっと何かの役には立ちますね。

トキちゃん、ビビさん、今日はお誘いいただいてありがとうございました。
邪魔にならないときにはまたお声をかけてくださいね。次回ご一緒できるのは、ktyさんを交えての朝霧高原の厳冬サイクリングでしょうか。


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
ロードレーサーをこよなく愛し、60代半ばを過ぎました。いよいよ古稀が近づいてきました。
若い人にお誘いいただける幸せをかみしめています。頑張りますから、もう少し見捨てないでくださいね。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 31 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

訪問者数