FC2ブログ
2018/10/14 15:21
2018.010.13

今日のカメラはFUJI X100F

一ノ倉沢から写真を撮りながらゆっくりと下り,谷川岳ロープウエイ「土合口駅」でCF4を駐輪します。このあと少なくとも3〜4時間は放置しなければならないので一抹の不安がありますが,これまでの5〜6回の無事を信じてでチャーシュー麺で腹ごしらえして天神峠を目指します。

食後軽く一休みしてから、まず谷川岳ロープウェイで「天神平駅」に向かいます。標高差600m弱,全長2300mありますから,かなりな時間がかかります。しかし着座位置次第で眺望は異なるし,撮影も困難です。この日は不運な席でした。

「天神平駅」でリフトに乗り換えて「天神峠駅」まで。気温もそこそこ(10℃くらいだったか)で、やや肌寒いもののなかなか快適な上りでした。

「天神峠駅」周辺は360度の眺望です。ここから谷川岳山頂までは3kmほど。時間はあったものの、登山靴ではなくSPDシューズ,身につけているのは秋用のニーレングスのタイツと半袖にアームウォーマー、そしてウインドブレーカーのみ。いささか危険でもあり寒すぎます。
僕の格好を見たリフトの乗り場の係員さんがわざわざそばまで寄ってきてこっそり「そのタイツで寒くないんですか?」と尋ねるほど、他の方たちと異なる扮装でした。土合駅に自転車を放置して上ってくる自転車乗りはほかに居ませんでしたから。w

天神峠周辺をのんびり堪能して下山しても時間はまだまだありましたが、ほかへ自転車で回る気力は無く,久し振りに土合駅の下りホームへ行ってみました。階段の総数は上り下り合わせて486×2ですが、自転車で走った距離が申しわけ程度だったので、息を切らせてベンチで休む人を尻目になかなかの快速で上り下りしました。しかしそれが祟って上毛高原までのサイクリングはなかなか厳しい……
途中の交差点で念のためにGARMINでルート検索したのが最大の間違いでした。恐らく距離的には行きよりも短かったのでしょうが,新幹線駅の裏口へと案内する上り坂オプション付きのもの。実はその道が初めてではなかったこと、川沿いの国道よりも走り堪え、いや上り堪えがあることに途中で気づきましたが後の祭りでした。お陰で一つ前の新幹線にわずかな時間差で間に合わず,次は1時間後。

普段の上毛高原駅はその存在理由がよくわからないほど利用客が少なく,終日1時間に1本程度の運行です。通勤や通学時間でも恐らく1時間に2本程度だったと思います。この日は谷川岳行きのバスを利用する老人が結構いましたが、夏の夕方など駅構内で輪行支度するときに寄ってくる蚊を追い払いながらジタバタしたことさえあります。
食べ物屋や土産屋の類いは皆無です。駅構内の駅ソバの店も小さな「New Days」も営業時間は18時頃まで。こちらで上下車する方はくれぐれもご注意ください。


01_201810141502287d9.jpg
01 谷川岳・上りのロープウエイ
谷川岳ロープウエイ「土合口駅」から上に向かいます。列に並んで待つ間にアームウォーマーとウインドブレーカーを着ました。

02_201810141502303e9.jpg
02 谷川岳・天神平
天神平へと下山してきた登山者たち。歳を取っても自らの脚で頂を目指す登山、実にいいなぁと思いました。


03_201810141502311e9.jpg
03 谷川岳・天神峠へ
リフトでさらに上の「天神峠駅」へと向かう途中の光景。高度が上がるに連れて紅葉の色合いが濃くなっていくのがわかります。

04_20181014150233718.jpg
04 谷川岳・天神峠へ
ナナカマドでしょうか。違うか?
真っ赤な実がひときわ目立ちますが、鳥がついばむ様子はありません。鳥が嫌うと言うことでしょうか。

05_20181014150234c5b.jpg
05 谷川岳・天神峠
この時はまだ谷川岳の頂には微かに雲がかかる程度でしたが……


06_201810141502361c7.jpg
06 谷川岳・天神峠
谷底は日差しが翳っていますが,山々は午後の日差しを浴びて実に美しい光景でした。


07_20181014150237046.jpg
07 谷川岳・天神峠
徐々に雲が増えてきました。谷川岳の山頂はすっかり雲の中です。写真のまん中あたりまで尾根伝いに歩いてみましたがそこまで。


08_20181014150238f57.jpg
08 谷川岳・天神峠
雲の流れや湧き上がりと共に辺りの景色も変わります。山肌の明暗や立体感もそれに連れて変化していきます。


09_2018101415024043e.jpg
09 谷川岳・天神峠
谷川天神平スキー場でしょう。木々を切り倒されたスキー場の斜面はどの季節に訪れても痛々しさがあります。


10_20181014150241090.jpg
10 谷川岳・天神峠
ちょっと登山した気分にさせてくれる光景でした。


11_20181014150243e4e.jpg
11 谷川岳・
ぬいぐるみの熊さんが乗ったリフト!ちょっと癒やされました。お隣の黄色くて小さいのは?


12_201810141502444f6.jpg
12 谷川岳・下りのロープウエイ
天神平駅のリフト乗り場のカラーはイエローでした。


13_201810141502463e6.jpg
13 谷川岳・土合口駅
自転車はいつもここに駐輪します。無事で良かった!


14_20181014150247997.jpg
14 谷川岳・水上溫泉へ
ロープウエイ駅から少し下ったところにある瀧,今までその存在を知りませんでした。撮影を目的にすると,それまで目につかなかったものにも気づかされます。


15_2018101415024982a.jpg
15 谷川岳・土合駅
土合駅は入り口からホームまで486段の階段があり,「日本一のモグラ駅」と言われていますが,地下の秘密基地か要塞のような趣です。観光ならともかく,この駅は日常使いたくはないですね。(^^;


16_2018101415025063c.jpg
16 谷川岳・土合駅
土合駅の地下ホームにはこんなノートが用意されていますが,紙が湿気を含んでこの時は文字を書くことはできませんでした。

17_201810141502526ad.jpg
17 谷川岳・土合駅
ピントがなかなか合わず,偶然こんなショットになりました。もう一度狙っては撮れません。


18_20181014150253077.jpg
18 谷川岳・土合駅
ここを実際に電車が通るのです。この地下深い下り駅では1日に5本のみですが、いつか乗ってみたいものです。上りホームは地上にあるので,あえて乗りたい気分にはなりませんが。

19_201810141502554a5.jpg
19 谷川岳・土合駅
地下ホームは全体的にこんな感じです。下り専用の一方通行の線路ですから,列車は向こうから手前に向かってホームに入ってきます。


20_20181014150256a3b.jpg
20 谷川岳・土合駅
線路がなければ要塞そのものです。


21_2018101415030956f.jpg
階段の要所要所に数字が書いてあるのですが,上りきるとこの看板があります。しかし改札口まではさらに24段。合わせて486段になるわけです。
21 谷川岳・土合駅

22_201810141503113f8.jpg
22 谷川岳・土合駅
はい、階段はこれでおしまいです。


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト
2018/10/14 14:59
2018.10.13

今日のカメラはFUJI X100F

写真をたくさん撮り過ぎたので1回では収まりきれません。

諸事情があって、或いは紅葉を外さないためにも、今日行かないと行く甲斐がありません。そんな訳で怪しい天気になりそうな予報も無視して上越新幹線乗り鉄で上毛高原へ。

実はこの日も友だちにサイクリングに誘っていただいたのですが,その時点では既に谷川岳に行く決意が固まっていました。泣く泣くお断り。しかしこんな勝手なことばっかりやってるとお誘いが来なくなるかも……それが心配です。
でも結果的には行きました。

どうしてもその日にせずにいられないとか,行かないと気が済まないとか、そんなことってないですか。(^^;
しかしこの日の朝の東京は絶望的な空模様です。雲がびっしりと空を覆って、日差しは全くありません。
”この空ではやがて雨か……由比の時みたいに拾う神が現れなかったら(現れるはずはない)とんぼ返りかもしれないなぁ…” と半ば覚悟の出立でした。

新幹線車中では車窓を見ずにイヤフォンを耳に突っ込んで目を閉じて音楽に浸っていました。ただし早起きで寝不足だったので寝込んでしまわないようにしながらです。
曲の区切りのいいところで目を開けてふと外を見ると……既に高崎は過ぎていたように思いますが。

何と青空が広がっています。しかも気まぐれに覗く青空ではなく、上越ならではの秋の高い空が確固たる様子で広がっています。思わず心の中でガッツポーズ!
俄然行く気満々!ただし走る気はあまり無し!
今よりもう少し走れた頃ならルートを変更して距離をを延ばしたいところです。
この日は水上溫泉を通過して谷川岳に向かう奥利根ゆけむり街道を走るので,脚さえあればいろいろなコースバリエーションが考えられます。
照葉峡から坤六峠へ、その途中には宝川溫泉もあります。ここの露天風呂はちょっと無いほどのスケールで最高です。
あるいは上毛高原に戻って吾妻渓谷へ、もしくは猿ヶ京温泉、或いは四万温泉も射程範囲です。
しかし口だけです。今回はルートラボに保存した過去のルートから、距離を走らなくても楽しめるコースを選んだのですから、走ったところでせいぜい50km〜60km程度の見込みでした。歩いたりロープウェイに乗ったりリフトに乗ったり、自転車はいつも通りロープウェイの駅に長時間放っておくことになりそうです。
先ずは「谷川岳・一の倉沢」へゆっくりと上りました。一ノ倉沢に向かう林道は、谷川岳ロープウェイ駅から先は歩行者と自転車しか通行できないので、どんなにのろくても交通の支障になるどころか、むしろ登山者やトレッキングをする方の迷惑になりません。

01上毛高原
01 上毛高原駅



02リンゴ畑
02 たわわに実るリンゴたち



03谷川岳へ
03 谷川岳に向かう光景



04トンネルの光
04 天井から漏れる光が描くトンネル内のアート



05マチガ沢
04 マチガ沢



06待ヶ沢
05 マチガ沢



07待ヶ沢
06 マチガ沢



08待ヶ沢
07 マチガ沢



09_20181014144613e6b.jpg
08 一ノ倉沢



10一の倉沢
09 一ノ倉沢



11_201810141446161de.jpg
10 一ノ倉沢



12_20181014144617ff4.jpg
11 一ノ倉沢



13_20181014144619db4.jpg
12 一ノ倉沢



15_20181014144620e86.jpg
13 マチガ沢



16_20181014144622ade.jpg
14 マチガ沢



17_20181014144623bd8.jpg
15 土合口へ


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe


2018/10/09 20:18
2018.10.08

今日のカメラはFUJI X100F

まだ山道が走れるのか試したこの日。結論から言うと以前より全然走れていない。でも納得の1日でした。
この結果に凹んだわけでもがっかりしたわけでもなく,現実を素直に受け入れました。

昨年までは,「茅野〜スズラン峠〜白樺湖〜霧ヶ峰〜三峯展望台〜扉峠〜王ケ頭〜松本」を時間を掛けながらも愉しく日帰りで走れましたが……

今の時点では足つきまくり(撮影のためは単なる言い訳w)、大休止小休止などいろいろしても、もはや同じコースを日帰りでは走れない。翌日は死んでるから2日掛けても走れないことに変わりはないけれど。w
今回は辛くて途中途中で何度コースアウトしてしまいたいと思ったことか。そして口をつくのは呪いの言葉。

白樺湖から大門街道で茅野へ戻りたい、霧ヶ峰から諏訪湖へ下ろうかな、和田峠から楽な道はないかな……分岐点で千々に心が乱れました。
最終的にはなんとか以前のコースだった扉峠経由で松本まで下りましたが、何と時間のかかかかったことか!
しかし松本駅に着いたときの充足感は以前にも増して大きなもの。

比較しても仕方がないが、ついこのあいだ早朝に東京の自宅をスタートして王ケ頭経由で松本まで270km走った若い友だち。
僕が今回走ったのはその3分の1にも満たない90km弱。しかも美ヶ原に行かなかったので、いや行けなかったので、終盤のコースは比較にならないほど楽。しかも松本に着いた時刻は彼の方が断然早い。
現状に満足ではないけれど,これ以上落ちないようにするのを目標にしたい。

『後に遅い人が居れば戻ってきて大丈夫かと慰め、減量作戦をする人がいれば行って無駄だと伝え、雨や風に負けそうな老人がいれば行って助けてあげる。そんな自転車友だちを僕は持ちたい』(笑)

しかし暴風下で現れた救いの神と、雨で立ち往生したときの拾う神にはいまだに感謝しています。


01_20181009234619c16.jpg
01
ご夫婦で収穫作業中

02_2018100923462026d.jpg
02
蓼科のゴルフ場。朝の日差しに緑も紅葉も輝く。

03_201810092346216f9.jpg
03
グラデーションが美しい!

04_20181009234623865.jpg
04
木々を透かして垣間見る遠くの山々も日差しを浴びた紅葉の山肌が美しい。

05_20181009234624071.jpg
05
前方は蓼科山?この時点では頂が雲に覆われているが、白樺湖の先のビーナスラインでは全貌を見せてくれました。

06_20181009234626b09.jpg
06
晴れ渡っている空も良いけれど,この日のように雲が作るまだら模様の山肌の紅葉が好きです。

07_20181009234627ba3.jpg
07
女の神展望台から。ここは雲があっても絶景なのだ!と減らず口。ご本人が行ったときは確かにもっと雲が厚かった。w

08スズラン峠
08
いろいろホワイトアウトするのだけれど、スズラン峠がかくも遠いとは!標高は1200〜300mだと思っていたので、まだかまだかとGARMINの表示に目を凝らす。そこを過ぎてさらに500mでしたから……(^^;

09直線の最後
09
スズラン峠から下る直線路,この場所が好きです。先のカーブで必ず止まります。

10カーブからの眺め
10
カーブ正面の光景。瀧が落ちているのと見まごう真っ直ぐな道路。

11唐松
11
唐松の黄葉にはまだ少し早い様子。黄葉した唐松の並木や林は最高の秋の光景を披露してくれます。

12白樺湖ローソン
12
トキちゃんが前回写真で紹介した白樺湖畔のローソン。新装なってウッドデッキや周囲の草に座ってランチする方がたくさん。この日ここへ来て初めてローディーに遇いました。気持ちよく挨拶をしてくれる人,目を合わそうとしない人……人様々です。

13白樺湖
13
白樺湖と蓼科山…山の名前はほとんど知らないので,間違えているかも

14車山近く
14
この日もライダーが多いビーナスライン。ソロであるいはグループでツーリングを楽しんでいました。
この日ほどエンジン付きの2輪車が羨ましかったことはありません。ススキの銀色の穂が風に波打つ様子が素敵でした。

15霧ヶ峰へ
15
右手にある八ヶ岳連峰は頂が雲の中でした。

16霧ヶ峰へ
16
車山周辺のなだらかな山々が作る光景はビーナスラインの名にふさわしい。

17軽自動車と紅葉
17
紅葉の林の中にひときわ白く目を惹く木の幹や枝!こう言う自然な紅葉風景がいい。もちろん庭園の紅葉には別の美しさがありますが。

18霧ヶ峰へ
18
気温が上がって雲たちも縦に伸びて夏を思わせます。

19霧ヶ峰
19
霧ヶ峰のススキの原!

20霧ヶ峰のバイク
20
霧ヶ峰富士見台にもバイクの集団。景色を撮影する人もいれば、停車する度に愛車を撮っている人も。

21和田峠へ
21
和田峠に向かう道から霧ヶ峰方面を振り返る。

22八島湿原
22
王ケ頭をパスすることにしたので(あの激坂は上れないと覚悟したので)、少し時間の余裕ができて八島湿原へ

23八島湿原
23
雲の隙間から漏れる日差しに草紅葉が輝きます。時間があればぐるりと歩きたかった。新幹線みたいに最終列車に無神経にしていると帰れなくなる中央本線なので。

24三峯展望台
24
三峯展望台の周囲は雲が湧き流れて、あたりの光景が一層ドラマチックでした。

25三峯展望台
25
三峯展望台をあとに扉峠へ向かいます。この時点ならまだ王ケ頭を目指せますが,足も時間も根性も何もない。

26扉峠へ
26
人を小馬鹿にしたように頭をかすめて飛び去ったカラス!

27扉峠へ
27
王ケ頭は深い霧のような雲の遙か向こう側。こんな日の王ケ頭こそ訪れてみたい。荒天の時ほどその良さが……行かれない負け惜しみも含めて。w

28扉峠へ
28
谷間を見ると……夕方でならではの色と霞み具合が素敵な光景でした。

29扉峠への橋から
29
いつも自転車を降りる橋の左手、夕暮れる山々。王ケ頭はさぞかし……とつい思ってしまう。

30扉峠への橋から
30
いつまで見ていても飽きないけれど,遅くとも松本発20時のスーパーあずさには間に合わなければ。

31扉峠
31
この道を真っ直ぐ進めば美ヶ原経由で王ケ頭ですが、右折して松本に下りました。この季節は日没が早い上,山間はさらに暗くなるのが早い。すぐにあたりは闇に包まれました。無事に帰宅していつも思う。下りで転ばなくて良かった,パンクしないで良かったと!


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe



2018/10/07 22:01
2018.10.07

今日のカメラはFUJI X100F

横浜の写真展の最終日であることを思い出し、せっかく友だちが誘ってくれたサイクリングに不参加表明をした昨夜でした。「またお誘いしますよ」の優しい言葉をいただいて安心して出かけたこの日でした。
この日の写真展……
アマチュアの方々の「ちょっと写真を撮ってみました」から「渾身の1枚」と思われる力作までの夥しい数の写真たちに圧倒されました。プロの写真家にはない自由さを期待して行きましたが,そんな写真が撮れれば逆にプロになっているのかもしれません。
日本丸が係留されている「国指定重要文化財 旧横浜船渠株式会社第一号船渠(ドック)」の周囲にも船と海の写真が野外展示されていました。こちらは見応えのある力作揃いでした。
写真を鑑賞したあとの三連休中日のみなとみらい……
あちらのコーナーで、こちらの広場で、はたまた歩道の横でと、様々なジャンルのバンドが演奏を披露していました。それらの多くはいわゆるストリートパフォーマーではなさそう。普段は学生であったり、サラリーマンであったり、はたまたリタイアした後と思われる方たちであったりと様々。同好仲間が集まっての吹奏楽団も。いずれも演奏技術のレベルは高く、聴衆を惹きつけるに十分な力を持っていました。休日に多くの人が集まるところでは普段見られないパフォーマンスを楽しむことができます。
※昨日はX-T2にXF16-55mm F2.8 R LM WR、そして今日はX100F。その便利さに甘えて勉強にならないこの二日間でした。

01バス停のクツ
01 自宅のある町
バス停に置き忘れられた幼児の片方だけの靴……サイクリングロードでも同じような経験があり,持ち主を探したらベビーカーに乗って足をぶらぶらさせている赤ちゃんでした。w


02写真展
02 みなとみらい
ランドマークプラザには50000人の写真はありませんでしたが,夥しい数であることは確か。


03ランドマークのバンド
03 みなとみらい
中年&初老の方たちのバンド。
好きなジャンルではありませんでしたが,ランドマークの吹き抜けでパフォーマンスするだけのことがあり、実に上手でした。


04ランドマークのバンド
04 みなとみらい
聴衆はこんな様子で音楽を楽しんでいた昼下がりでした。


05ランドマークうg0億歩道
05 みなとみらい
動く歩道に乗って移動しました。


06動く歩道から
06 みなとみらい
横浜はこれ以上ない秋晴れ!
渋峠や万座方面は雲の中だった模様。お気の毒に!w


07日本丸
07 みなとみらい
日差しがきらめく横浜港でした。


08金管楽器
08 みなとみらい
吹奏楽団の楽器を撮らせてもらいました。今気づいたのだけれど逆さの自撮りになってる。w


09金管楽器
09 みなとみらい
弦楽器も木管楽器も金管楽器も,楽器は美しい!


10金管楽器
10 みなとみらい
知人にユーフォニアムの演奏を楽しんでいる方がいるので、思わず探してしまいましたが……


11a座る二人
11 みなとみらい
似ている感じですが,たまたま隣りあって座っただけの関係……だと思う。


11灯台のレンズ
12 みなとみらい
灯台のレンズが展示されていました。初めて至近距離で見ました。


12灯台のレンズ
13 みなとみらい
ガラスの向こうの景色が歪んでストライプに。ストールや服の生地にできそう。


13灯台のレンズ
14 みなとみらい
これが灯台のレンズです。


14日本丸
15 みなとみらい
日本丸はレンズの画角を確かめるのにいい被写体です。


15みなとみらいの中華
16 みなとみらい
桜木町駅近の中華でお昼ご飯。食べ過ぎました。客の多くは外国人でしたが,ホールスタッフとのやりとりに耳をそばだてて無責任に面白がりながらの愉しいランチでした。


16横国のモダンジャズセクステット
17 みなとみらい
こちらは横浜国大のモダンジャズセクステットの演奏風景。ジャンル的にはこれが一番好きでした。うまいです。


17横国のモダンジャスセクステット
18 みなとみらい
同じく横国のモダンジャスセクステット。キーボードの女子が隠れて写っていません。orz


18桜木町駅前のバンド
19 みなとみらい
こちらはJR桜木町駅前でたくさんの聴衆を集めていたバンド。こちらも素人離れした演奏技術です。もしかしたら素人ではなかったのかも。


19中山駅前のまつり
21 中山駅前のまつり
横浜市営地下鉄グリーンラインの終点・中山駅前でのお祭り風景です。


20中山駅前のまつり
22 中山駅前のまつり
同じく中山駅前のお祭り風景


21ジム帰りの夕日
23 ジム帰りの夕日


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe
2018/10/06 17:57
2018.10.05

2018/10/05 雨の三渓園
秋麗らとはほど遠い今年の神無月。まさかこのまま秋が終わることもないでしょうが……
雨の日の今日は横浜探訪にそぼ降る雨の三渓園を選びました。「敬老乗車証」の有効利用も理由ではありますが。w

今年は大型台風の当たり年。しかも十月にここまで立て続けに襲来すると正に野分!
それにしても今日のように閑散とした三渓園は経験したことがありません。ここまで人気がない雨の庭園はいささか寂しいけれど、今日の今日気づきました。
雨の散策はただそれだけでいい。カメラを持たずとも、ひたすら歩くだけで、それだけでいいと。
秋霖とは三日以上つづく秋の雨のことを言うらしいですが,この時節に雨を嫌って家に籠もるのは実に惜しいこと。今更のように気づきました。
雨は秋の実りに欠かせないばかりでなく、散策にも楽しみを加えてくれる恵みなのだと。<自転車乗りとは思えぬ発言(゚´Д`゚)

※この日はX-T2+XF16-55mm F2.8 R LM WRという気軽な組み合わせでした。やはり横着スタンスの撮影になりました。(^^;


01_20181006175330ed2.jpg


02_2018100617533253e.jpg


03_20181006175333915.jpg


04_20181006175335424.jpg


05_20181006175336f8c.jpg


06_20181006175339e8b.jpg


07_20181006175340c06.jpg


08_20181006175341388.jpg


09_2018100617534232c.jpg


10_20181006175344400.jpg


11_2018100617534606b.jpg


12_2018100617534747c.jpg


13_20181006175348da9.jpg


14_201810061753508d6.jpg


15_2018100617535161b.jpg


16_20181006175353b4e.jpg


17_201810061753542a1.jpg


18_2018100617535651c.jpg


19_201810061753574b3.jpg


20_201810061753597d8.jpg


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク